So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

CV松岡禎丞さんキャラが攻略可能な乙女ゲームについてまとめてみた。(2019年更新) [その他]

(前置き……というか、言い訳?がかなり長いので、「どんな乙女ゲームにご出演なのかしら?」という確認だけでありましたら、飛ばして続きからどうぞ)

ノルンノネットFDをまるっと終えて、次はヴァルプルガの詩、プレイ予定です。
発売から結構遅れてしまったね……。

と、その前に。

「グラスハートプリンセス」という作品で、そのお声がむちゃくちゃ自分の好みだということに気づいて、早2年。
あれからついに私は、ずっとその長さ故に敬遠していた「源狼」に手を出し、やり遂げました。

松岡さんがメインでご出演の乙女ゲーム、全部プレイしたったどー!!\(^o^)/

なんという自己満足!
だがしかしなんという達成感!

うっわあ、ごめんなさいそこのお嬢さんひかないで。

松岡さんがマイブームです、とは何度かブログでも触れたような気がするのですが、もう最近ただのマイブームじゃなくなってきたような気がしています……?
そのお名前をパッケージで見かけて、プレイするたびに新たな発見があって、なんだかもういつの間にか、その演技と声の虜になってしまいまして。
近年の当ブログの乙女ゲー上下期まとめ記事を見ても一目瞭然。
松岡さんが演じられているキャラクターに、あかりは落ち続けているような気がする昨今です。

実は最初は全然意識して購入していなかったんですが、ふと振り返ってみると結構松岡さんがご出演の乙女ゲームをプレイしていたんですよね。それに気づいてから「どうせなら全部やるか」と勝手に目標を立てて、あまり食指が動かなかった過去作もちょこちょこ遡ってプレイしてみた次第でございます。

13作品(本数で言えば15本)+αなのでそんなに多くありませんでしたね。
たぶん……。
たぶん、アプリ系を除けばこれだけの、ハズだ。(2015年4月現在)
他にあったら教えてください。勉強しなおしてきやす!

……と2015年4月時点では書ききりの記事にするつもりだったのですが、そんなに次々出るわけでもありませんし、せっかくここまできたので、随時更新していきますね。


すみません脱線しました。
なおサブキャラクターでご出演されている作品(十三支演義2など)は割愛させて頂きました。

前置きが長くなりましたが、なぜこんな記事を書いたかというと、せっかく全部プレイしたし、マイナー作も結構あると思ったのでオススメの意味も込めて、自分なりにまとめてみたかったからです。また、フォロワーさんからのご依頼もあったりして、その方に背中を押して頂いたのもあって(私なんかがまとめていいものかと)迷いもあったのですが頑張って書いてみました。

というわけで、いわゆる自己満足な雑記であることを念頭に楽しんでいただければ幸いでございます\(^o^)/

と、いうのも、ぶっちゃけかなり主観的に語っています

「こんなゲームじゃない!」「こんなキャラクターじゃない!」というご意見はたくさんあると思いますが、意見のひとつとしてご理解いただけますと嬉しいです。また「中の人的なネタ」や「この作品ならこっちのキャラクターの方が良かった」「アニメ作品だったらもっとこういうのがある」という説明の仕方、作品の楽しみ方ももちろんあると思いますが、ここはやはりテーマを限定して書きたかったので、ご本人のことや乙女ゲーム以外の作品については言及しておりませんのでご了承くださいませ。

さらに、松岡さんの演技や声の感じなどについてもサンプルボイスなどがすでにないゲームもたくさんありましたので言葉を尽くして説明してみましたが、管理人の文章センスに限界があり、巧い言葉で表現できている自信はありません。

ですので、イチ乙女ゲーマー、イチ松岡さんファンとしてのまとめであることを胸に楽しんでいただけるとものすごくうれしいです(^u^)

また個々の作品のネタバレはしていないつもりですが、オススメポイントを書きたいために簡単に冒頭のあらすじを明かしている場合もあります。
その点もご理解いただけると助かります。

1ヶ月近くに亘ってちょこちょこ書き溜めてったら、久しぶりに1万字を超えてしまった記事なので、ほんと、興味ある方だけどうぞ(笑)
何かの参考になれば幸いです。(なるのかな、ならなかったらごめんなさい)

それでは。
よろしければ続きからどうぞ☆



続きを読む


nice!(5)  コメント(6) 

チアキ・カシマを想い続けてたどり着いたのは【囚われのパルマR エンド3 感想】 [囚われのパルマ]





はー♡満足♡
感想書くのとっても楽しかったです♡


エンドレスモードもちょこちょこプレイしているんですが、うふふ……もうチアキが相談員にベタ惚れなんで、萌えるけど面白くもありますねwwww


というわけで、今日はエンド3感想になります!
ネタバレ満載ですので、ご注意くださいませ!
それではどうぞ!!









続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

チアキ・カシマのことが忘れられなくてたどり着いたのは【囚われのパルマR エンド2 感想】 [囚われのパルマ]



チアキがひと段落しましたので、ただいまぼちぼちハルト編プレイ中。
ハルトはハルトで、アオイやチアキと全く違うベクトルの可愛さをお持ちで……♡

毎日楽しいです!
(パルマが楽しすぎて、FGOのCCCイベ復刻があんまり頑張れない気がする……ww)

今から思うと、アオイちゃんもちゃんと感想残しておけばよかった……。
ハルトやってからもっかいやり直すね、アオイちゃん!!

それでは、本日はチアキエンド2、ネタバレ感想です!
以下からどうぞ!



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

チアキ・カシマの幸せを願った末にたどり着いたのは【囚われのパルマR エンド1 感想】 [囚われのパルマ]



書き始めたらキリがない。

こんなの、久しぶり……でですね……。
勢いのまま、がーーーっと記事にしています。


もうメッセージのひとつひとつに全部感想残したいくらい。
課金衣装のひとつひとつにコメントしたいくらい(制服チアキが一番のお気に入り)。
チアキ・カシマが大大大好きではあるんですが、もうあまりにもウザい記事になりそうなんで……あとはエンディング感想だけでもまとめよう、うん、と自分の中で折り合いをつけました。
(うそ! サイドストーリーとかも配信されたら書いちゃうかもしれない!!ww)

それでは!
チアキのエンド1感想です。

がっつりいろいろとネタバレだよ!
それでもよろしければどうぞ!!





続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

囚われのパルマ Refrain プロローグ~Ep8(本編)感想【ネタバレあり】 [囚われのパルマ]

みなさんこんにちはー!
2月も早いものでそろそろ終わり……?え、まじで?って感じですけど。

私、最近、毎日とっても幸せなんですよ。
だってチアキ・カシマに出会えたから……。

パルマRのトークショー&ディナーショーに参加されたみなさんの愛あるレポート(ありがたや!!)をたくさん読ませていただいたり、パルマ男子たちの素敵イラストをTwitterで拝見させていただいたりして、パルマ充してるっていうか、心がホント潤ってて幸せなんですよ♡

で。
この幸せな気持ちのまま、一気に攻略するぞー!!!ってなった結果。

囚われのパルマRefrain、無事エンド3種コンプしました……ッ!
私、もう、感無量……で!!!!うっ……涙で前が見えない……!!
相談員とお幸せにね!!チアキ!!!!


……それから、うーんと、だいたい2日、3日経ったんですけど。

まだ、チアキ・カシマのことがぜんっぜん……忘れられなくて……!
(エンドレスモード本当にありがたいよね)


ってなわけで。
ひっさしぶりに、こんなにハマれたキャラクターに出会えたので、当分だらだらと、パルマRのストーリー本編などの感想を書き綴っていきたいと思います!!

自分のために残す、だいぶ気持ち悪い感想記事になっていると思います。
でも、やっぱりプレイして得た感動は残しておきたくて……!ね!
そんな記事でも読んでやるよ、という奇特な方のみ続きからどうぞ♡

(以下、プロローグからエピソード8本編終了まで、課金要素も含めてのネタバレになりますので、ご注意ください。なおエンド感想はまた別にまとめる予定ですので、エンドに関してのネタバレはありません!)





続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

チアキ・カシマに振り回された8週間でした【囚われのパルマ Refrain ネタバレなし感想】 [囚われのパルマ]



みなさん、おひさしぶりでーす!
また広告を出してしまった……。
というか2019年になってから更新してなかったってびっくりしましたよ……。

というのは、まあおいといて。

神凪ノ杜やった頃からちょっと忙しくなっちゃって、がっつりノベルゲーをしっかりプレイできる感じじゃないので、ぽちぽちソシャゲとか楽しんでますよー。

FGOのバレンタイン、今年は豪華でしたよねー!フルボイス!!!!毎年サーヴァントがあんまりいない我がカルデアはだいたい序盤のサプライズチョコでまかなえてしまえるので助かります(いいのやら、悪いのやら)

CV茅野さんの紫式部、めっちゃかわいくて、ボイスもめっちゃ好みの系統だったので欲しかったんでもってた石(400くらい?)ありったけつぎ込みましたけど、来てくれず……!
でも、今年のバレンタインイベント、ストーリーがとってもステキで楽しかったです♡アンデルセンめっちゃ好き……。

FGOはもちろんですけど、最近メギド72も始めました。
ワイルドアームズ作ってたチームの作品だって最近お友達から教えてもらったんで始めてみたんですけど、ほんと作り込まれてて楽しい!!
勝利モーションとか眺めてるだけでも楽しいですよね、あのゲーム。育成もさくさくできるし……!!始めたばかりなんで、まだ3章途中くらいなんですけどお話もアツい。(レベル上げなきゃな進めない段階に入ってきた)あ、ちなみにベヒモス(CV松岡さん)が無事に引けました!!!めちゃめちゃかわいい!!強いしお気に入りです♡バレンタインボイスも聞けたし、幸せでしたー!

ではソシャゲ近況はここまでにして本題に入りますか……。


囚われのパルマ Refrainですよ。

12月半ばに配信されてから、もうずっとですよ。
ずーっと私の心をとらえて離さないひと。
そう、彼の名は。

チアキ・カシマ。

うっ……もう“チアキ”って文字打っただけで、顔がにやける。
恋かな???そうか、これが恋ってやつなんだな……。

いやー、約8週間ですか?
もう、それはもう、めちゃめちゃ楽しませていただきました、いや、これからも楽しませていただきますが。

「囚われのパルマ」シリーズは、実は前作のアオイルートだけプレイしているのですが、今作は前作よりブラッシュアップ&バージョンアップされてて、めっちゃすごかった……です……。
ハルトくんは未プレイなのでまだ彼の相談員になったことないからわかんないんですけど、アオイちゃんとは結構……プレイしてる中ですれ違いが多かったり、ひっかかっちゃう点があったりして(主に私の好みのせい)、いまいち相談員として彼の気持ちに寄り添えなかったんですよ。だから正直、前作も面白かったんですけど、課金アイテム、イベントもそこそこしかやってなかったんです。

だが、今回。
気が付いたら全部、秒で課金してましたよね。

いやあ、まさかこんなにハマると思いませんでした。あはは。
チアキ・カシマ、なんて罪な男……。


まずはストーリー。
前作よりもより一層、サスペンス度が増しているといいますか。彼は記憶を失っているだけでなくて、とある事件の容疑者でもあるんですよね。一方、プレイヤーの立場も、とある事件の証拠隠滅の容疑をかけられている、というなかなかハードな立ち位置からのスタートで、ミステリ好きの心をくすぐられましたね。(ちなみに、前作とのつながりはところどころ“分かればより楽しめる”って感じのものがあるものの、Refrainからプレイも可能ですよ!もちろん!!)

で、最後までプレイして、エンディングのひとつにたどり着いたのですが、いやあ……素晴らしかったです。緊張感がいっぱいのエピソードに、ぐっとストーリーが盛り上がるエピソードと、彼の心に寄り添うためのエピソードと、そしてこれからの2人のためのエピソード。どこを切り取っても面白かった。面白かったというのは、単にお話が面白いというだけでなく、感情が揺さぶられる。チアキの想いと、相談員(チアキの相手)の想いが“こちら側”にいるプレイヤーの日常まで侵食してくるっていうんですかね、そういう面白さでしたね。

そういった体験をもたらすのは、細やかな演出の数々です。
まあ、一番すごいのはなんといっても、チアキくんでしょうね!!!!(当たり前)

ガラスの向こうに実在するのでは???と思ってしまう程、こちらのアクションや言葉(選択肢)、目線に、とても細やかに、滑らかに表情を変えてくれます。最初はどことなく冷たい表情だったのに、それがラストはですよ……。はあ、もうため息しかでない。

この作品では、ゲーム中にLINEみたいなメッセージのやりとりをチアキと出来るのですが、その返信内容も、2人に関係性によって如実に変化していきます。それはもう同じことを話していても、エピソード1と8ではぜんっぜん内容が違うんですよ。あと返信速度もね!!!!細かいよね!!

言わずもがな、パルマといえば監視モード!ですが、こちらもめちゃめちゃこだわりがつまってました……。食べ物や本なども差し入れたりもできるので、こっそり反応を伺える楽しさは前作同様。さらにそこから仕草のバリエーションが増えたり(食べ方のバリエーションも)、部屋でのひとりごと、さらに特定の状況でしか見れないものもあったりして、それが物語をより一層深めていて、思わず涙がこぼれてしまったほど感情移入してしまったところもありましたね。

いやあ、前作も相当すごい!面白い!!って思いましたけど、今作はさらに……といった感じです。
あと、主人公が石川界人さんなだけでなく、サブキャラクターにもボイスがついてるんですよね……。脇役に櫻井孝宏さんと鈴木達央さんと小西克幸さんですよ、すごくないですか?なかなかしゃべってますよ。1エピソードたったの360円でですよ?もうびっくりですよ。
だから、サブキャラクターもすごく存在感があって。彼らのおかげで、本筋の物語や2人の恋愛模様が、より一層リアルな感じられるんですよね。うーん、ほんと面白かった。

いやー、で、チアキくんのCVですよね。
石川さんぴったりでした、ほんっとありがとう……カプコンさん。あとでネタバレ感想書く時に良かったところは書きますけど(ここだとネタバレになっちゃうもんね)、ちょっと石川さんが出てた他の乙女ゲ作品引っ張り出したくなっちゃいましたもん。比べたくてwwww黒蝶とか絶対階級とか、やり直そうかなあ……。

ぜんぜん書き足りない!!!
というわけで、プロモーション動画をぺたーりしておきます!



あ、ちなみにこの動画よりももっとなめらかな気がする、実際は!

近いうちにネタバレ感想かきます!

nice!(2)  コメント(0) 

神凪ノ杜 龍神奇譚 感想 [その他乙女ゲーム]



トリアイの記事からだいぶ空いてしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうかー!!!

いろいろバタバタしていたら、あっという間に12月ですね……!!
あまり時間がとれない時期なので、さくっと短めで遊べそうなもの……ということで、今回はこちら。



神凪ノ杜 龍神奇譚

神凪ノ杜 龍神奇譚

  • 出版社/メーカー: Matatabi
  • メディア: DVD-ROM



神凪ノ杜。
妖狐奇譚に続いて続編の、龍神奇譚のほうをプレイしてみましたー!

攻略できるキャラクターが違うので、お目当てのキャラのほうだけでも……という感じの作品ではありますが、龍神奇譚と妖狐奇譚をセットでプレイする方がより楽しめると思います。というのも、妖狐奇譚での出来事や明かされたことを踏まえて進むようなお話になっているからですね。でも、どちらが先でも大丈夫かな……というか、どっちが先にわかってもきっと楽しめるな、という感じの作りになっていると思います。

ただ、妖狐奇譚の方が入りやすいかな?龍神奇譚はいきなり記憶喪失なので、前作をプレイしていないと最初の方はヒロインと一緒に「妖って何?妖憑きって何??」ってなっちゃいそうなので……。

龍神奇譚は全員人外との恋物語。
よって、どれもなかなか切ない系のストーリーで、恋愛……というよりかは、絆や縁の物語というイメージでした。“神なる君と”とかが好きな方はきっと楽しめるんじゃないかな、と思います。ただ、どうしても全体的に短いのであっさりに感じてしまうのですが……。
それでも、音楽もスチルも綺麗だったし、価格もPCにしてはお手頃だし、十二分に楽しませていただきました!

それでは。
以下はキャラ別ネタバレ感想です!

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

Tlicolity Eyes Vol.3(トリコリティアイズ) 感想 [その他オトメイト作品]


みなさんこんにちはー!
めっきり寒くなってきましたね!ゲームがはかどる季節だわ、うん!!


先日プレイしたシャレマニが面白かったので、このままどんどん乙女ゲームプレイするぞー!と意気込み、ようやく開封しましたのは、こちら!!


Tlicolity Eyes Vol.3 限定版 予約特典(ドラマCD)付

Tlicolity Eyes Vol.3 限定版 予約特典(ドラマCD)付

  • 出版社/メーカー: オトメイト
  • メディア: DVD-ROM




トリコリティアイズ!!

……ただし3巻からだッ!!!


というのも……実は1巻が起動しないんですよね。基本的に最後の巻から封を切るとかなんとなく許せない性格をしている私なんですが、まあ別にどの姉妹からでもいいだろうと思って、欲望に忠実にキャストが好みな3巻からプレイすることにしました。


ひとこといっていいですか。

今年プレイしたCV松岡さんの乙女ゲキャラのなかで一番萌えた。

嘘でしょって??
2018年、今年なら絶対凝部ソウタ@シャレマニでしょって???

私もそう思ってたんだよ……?!
自分でもびっくりだよ……もちろんソウタくんもいじらしくって切なくって、めっちゃかわいかったけど!めちゃめちゃ萌えたんだけど!!!

榊原コウくんはノートPCに突っ伏して震えながらプレイしてたら、だんだん「かわいいかわいい」しか言えなくなってきて最終的に、なんていうんですかね、頭が悪くなりました。どストレートなかわいさに殴られ続けたんですよね。ああ、そうか、かわいさって暴力なんだ。

ごめん、ついついコウくんのことばっか書いちゃったんですけど、ユウくん(CV木村良平さん)も超かわいかったですからね!!!タイプの違うかわいさっていうか……もうなんか、久々に頭がくらくらしました……。トリ愛ルートではひたすら、かわいい双子ちゃんたちが俺が先だ、私のほうが先だと兄弟を牽制しながらじゃれついてくる……もうそれなんてパラダイス??

まあつまりだ。

めっちゃ楽しみました。

私がこうやって感想書いてしまうと“ボイスで萌えるタイプの作品”か……ってなっちゃうかなって思うんですが(いやそれも間違ってないけど)、シナリオが普通に面白いから萌えられるんじゃないかなーと。短いのでコンパクトに王道ストーリーがまとまってるから、それが甘さをひきたててるというか。全編あまーい感じにするんじゃなくて、甘いシーンをひきたてるために、その他のシーンはみんながそれぞれの立場で頑張ってて甘さ控えめ。その辺の塩梅が心地よかったですね。だらだら甘くないところがよかった。
あとシチュ的にエロくなりそうなのに、台詞が全然エロくない。これ重要ね。あ、色気はたっぷりだよ!

また、ヒロインが「相手のステータスを一部上げる」超能力者で、それを使った相手をトリコにしちゃう副作用がある、という設定以外はへんなファンタジー設定がないところも好感もてました。
マネージャーとアイドルの恋愛なので、結構ヒロインが合わないとキツいタイプの作品かなと思うんですが、個人的には最後の最後の最後まで自分の気持ちが揺れ動きながらも「私はマネージャー、彼はアイドル」って頑なに線引きし続けるヒロインちゃんが好みでした。

あんまりヒロインより年下の攻略対象って好みじゃないんですけどね……。25と19の双子ですよ……?設定からして全然好みじゃなかったんですよ、別にサンプルボイスきいてもそんなでもなかったんですよ……。でも、プレイしてみるとなんかかわいい子犬が2匹、仕事が出来るお姉さんを落としたくて、一生懸命背伸びでして、恋の駆け引きしまくってて、それがもうかわいくってかわいくってかわいくってかわいくって(永遠に続く)

トリコリティモードも、好感度によって微妙にいろいろバージョン違ったり、全然違うところで違うイベント始まったりとなかなかに細かい。しかも好感度低いほうが結構強引な感じとか、恋に盲目な感じのが入ってたりと、いろんなニーズに応えてる感じも嫌いじゃない……。面白いのは、あまりいちゃいちゃが過ぎるとハッピーエンドにいかなかったりするところですよね、ちゃんとオンオフきっちり切り替えないと……可愛い子犬ちゃんたちにほだされないように気を付けないと意外とハッピーにいけないところも面白かったですw

それと、さらちよみさんの絵がやっぱいいですねえ。2人ともほんと、顔がいい……。

あー。
やばい、書いてるともっかいいろいろ聞きたくなる、見たくなるわ……。もう、ほんとかわいかったんですよ。2人とも。もっかい遊んでこよ。

はぁい!!
もうずっとこのまま壊れたようにかわいいかわいい書き続けてしまうんで、続きはネタバレ感想で!!!

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

オクトパストラベラーを遊びつくした!!! [その他]







オクトパストラベラー、各キャラ全章&クリア後。

DqWFWvpUwAAuySA.jpg

すべてクリアしましたー!!!!!!
王冠ついた♡


いやああああああ……さみしいいいいいいい!!!!

ほんと8人ともかわいくってかっこよくって、みんなまとめて大好きです♡

結局。
全員レベル80くらいまで育てちゃいました……。

2018102614384600-EC1951C1CF03769053B9622056A16777.jpg


全員のアビリティボイスがききたくて頑張った結果、ですかね!!!(まあここまでやらなくてもよかったんだけど……)

クリア後はパーティチャットもにぎやかなものが多くて面白かったし、ほんと色々充実してて面白かったですね!90時間もプレイしてしまったよ……ww

では、ざっくり各キャラクターのストーリー&クリア後ネタバレ感想です☆



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

軍靴をはいた猫 キティ・シェド・真相 感想 [その他乙女ゲーム]



軍猫、フルコンプしましたー!!!

うーん……。

面白いルートもあったことにはありましたが、相対的に乙女ゲームとしてはとくに何か秀でた面白さがある作品だとは思いませんでした。

なんていえばいいのでしょうか。
ファンタジーでありながらもリアリティは大事だと思うタイプではあるのですが、リアリティ貫いてるところと、ファンタジーが過ぎるところの、その塩梅が……絶妙に微妙、な感じがしました。

他作品を出して大変申し訳ないのですが印象としては「戦場の円舞曲」の逆っぽいなと。
「戦ワル」はキャラクターの恋愛描写やシーンにはリアリティがあって好きなのですが、それが展開される世界観があまりにファンタジーだった印象があります。一方、「軍猫」は和国や帝国のスタンスには人間社会に通じるものもあって好みなのですが、キャラクターに関しては若干記号的な感じを受けました。
だから、キャラクターについてあまりとくになにも印象に残ってないというのが本音かもしれない……。本筋の”種明かし”よりも、それぞれのキャラクターの印象が強く残っている「対アリ」と今作は、やっぱり全然違う作品になりましたね。

それでは。
最後に、キティ・シェド・真相、ネタバレ感想をば!!

続きからどうぞ♪






続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -