So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Tlicolity Eyes Vol.3(トリコリティアイズ) 感想 [その他オトメイト作品]


みなさんこんにちはー!
めっきり寒くなってきましたね!ゲームがはかどる季節だわ、うん!!


先日プレイしたシャレマニが面白かったので、このままどんどん乙女ゲームプレイするぞー!と意気込み、ようやく開封しましたのは、こちら!!


Tlicolity Eyes Vol.3 限定版 予約特典(ドラマCD)付

Tlicolity Eyes Vol.3 限定版 予約特典(ドラマCD)付

  • 出版社/メーカー: オトメイト
  • メディア: DVD-ROM




トリコリティアイズ!!

……ただし3巻からだッ!!!


というのも……実は1巻が起動しないんですよね。基本的に最後の巻から封を切るとかなんとなく許せない性格をしている私なんですが、まあ別にどの姉妹からでもいいだろうと思って、欲望に忠実にキャストが好みな3巻からプレイすることにしました。


ひとこといっていいですか。

今年プレイしたCV松岡さんの乙女ゲキャラのなかで一番萌えた。

嘘でしょって??
2018年、今年なら絶対凝部ソウタ@シャレマニでしょって???

私もそう思ってたんだよ……?!
自分でもびっくりだよ……もちろんソウタくんもいじらしくって切なくって、めっちゃかわいかったけど!めちゃめちゃ萌えたんだけど!!!

榊原コウくんはノートPCに突っ伏して震えながらプレイしてたら、だんだん「かわいいかわいい」しか言えなくなってきて最終的に、なんていうんですかね、頭が悪くなりました。どストレートなかわいさに殴られ続けたんですよね。ああ、そうか、かわいさって暴力なんだ。

ごめん、ついついコウくんのことばっか書いちゃったんですけど、ユウくん(CV木村良平さん)も超かわいかったですからね!!!タイプの違うかわいさっていうか……もうなんか、久々に頭がくらくらしました……。トリ愛ルートではひたすら、かわいい双子ちゃんたちが俺が先だ、私のほうが先だと兄弟を牽制しながらじゃれついてくる……もうそれなんてパラダイス??

まあつまりだ。

めっちゃ楽しみました。

私がこうやって感想書いてしまうと“ボイスで萌えるタイプの作品”か……ってなっちゃうかなって思うんですが(いやそれも間違ってないけど)、シナリオが普通に面白いから萌えられるんじゃないかなーと。短いのでコンパクトに王道ストーリーがまとまってるから、それが甘さをひきたててるというか。全編あまーい感じにするんじゃなくて、甘いシーンをひきたてるために、その他のシーンはみんながそれぞれの立場で頑張ってて甘さ控えめ。その辺の塩梅が心地よかったですね。だらだら甘くないところがよかった。
あとシチュ的にエロくなりそうなのに、台詞が全然エロくない。これ重要ね。あ、色気はたっぷりだよ!

また、ヒロインが「相手のステータスを一部上げる」超能力者で、それを使った相手をトリコにしちゃう副作用がある、という設定以外はへんなファンタジー設定がないところも好感もてました。
マネージャーとアイドルの恋愛なので、結構ヒロインが合わないとキツいタイプの作品かなと思うんですが、個人的には最後の最後の最後まで自分の気持ちが揺れ動きながらも「私はマネージャー、彼はアイドル」って頑なに線引きし続けるヒロインちゃんが好みでした。

あんまりヒロインより年下の攻略対象って好みじゃないんですけどね……。25と19の双子ですよ……?設定からして全然好みじゃなかったんですよ、別にサンプルボイスきいてもそんなでもなかったんですよ……。でも、プレイしてみるとなんかかわいい子犬が2匹、仕事が出来るお姉さんを落としたくて、一生懸命背伸びでして、恋の駆け引きしまくってて、それがもうかわいくってかわいくってかわいくってかわいくって(永遠に続く)

トリコリティモードも、好感度によって微妙にいろいろバージョン違ったり、全然違うところで違うイベント始まったりとなかなかに細かい。しかも好感度低いほうが結構強引な感じとか、恋に盲目な感じのが入ってたりと、いろんなニーズに応えてる感じも嫌いじゃない……。面白いのは、あまりいちゃいちゃが過ぎるとハッピーエンドにいかなかったりするところですよね、ちゃんとオンオフきっちり切り替えないと……可愛い子犬ちゃんたちにほだされないように気を付けないと意外とハッピーにいけないところも面白かったですw

それと、さらちよみさんの絵がやっぱいいですねえ。2人ともほんと、顔がいい……。

あー。
やばい、書いてるともっかいいろいろ聞きたくなる、見たくなるわ……。もう、ほんとかわいかったんですよ。2人とも。もっかい遊んでこよ。

はぁい!!
もうずっとこのまま壊れたようにかわいいかわいい書き続けてしまうんで、続きはネタバレ感想で!!!

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

オクトパストラベラーを遊びつくした!!! [その他]







オクトパストラベラー、各キャラ全章&クリア後。

DqWFWvpUwAAuySA.jpg

すべてクリアしましたー!!!!!!
王冠ついた♡


いやああああああ……さみしいいいいいいい!!!!

ほんと8人ともかわいくってかっこよくって、みんなまとめて大好きです♡

結局。
全員レベル80くらいまで育てちゃいました……。

2018102614384600-EC1951C1CF03769053B9622056A16777.jpg


全員のアビリティボイスがききたくて頑張った結果、ですかね!!!(まあここまでやらなくてもよかったんだけど……)

クリア後はパーティチャットもにぎやかなものが多くて面白かったし、ほんと色々充実してて面白かったですね!90時間もプレイしてしまったよ……ww

では、ざっくり各キャラクターのストーリー&クリア後ネタバレ感想です☆



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

軍靴をはいた猫 キティ・シェド・真相 感想 [その他乙女ゲーム]



軍猫、フルコンプしましたー!!!

うーん……。

面白いルートもあったことにはありましたが、相対的に乙女ゲームとしてはとくに何か秀でた面白さがある作品だとは思いませんでした。

なんていえばいいのでしょうか。
ファンタジーでありながらもリアリティは大事だと思うタイプではあるのですが、リアリティ貫いてるところと、ファンタジーが過ぎるところの、その塩梅が……絶妙に微妙、な感じがしました。

他作品を出して大変申し訳ないのですが印象としては「戦場の円舞曲」の逆っぽいなと。
「戦ワル」はキャラクターの恋愛描写やシーンにはリアリティがあって好きなのですが、それが展開される世界観があまりにファンタジーだった印象があります。一方、「軍猫」は和国や帝国のスタンスには人間社会に通じるものもあって好みなのですが、キャラクターに関しては若干記号的な感じを受けました。
だから、キャラクターについてあまりとくになにも印象に残ってないというのが本音かもしれない……。本筋の”種明かし”よりも、それぞれのキャラクターの印象が強く残っている「対アリ」と今作は、やっぱり全然違う作品になりましたね。

それでは。
最後に、キティ・シェド・真相、ネタバレ感想をば!!

続きからどうぞ♪






続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

軍靴をはいた猫 ユズ・くーにゃん・コタロウ 感想 [その他乙女ゲーム]



乙女ゲームに気持ちがちょっと戻ってきたので、これを機会にこちらをさっそく開封してプレイしてみましたーーー!!



軍靴をはいた猫

軍靴をはいた猫

  • 出版社/メーカー: Primula
  • メディア: DVD-ROM




軍靴をはいた猫だー!


そんなにボリュームもないのでざっと3人攻略しましたが。
うん。
うーん……。

むずかしいなあ……。

もうそこらへんの乙女ゲームと比べたら十分面白いっちゃあ面白いんですけど……「対アリ」作ったところの最新作って期待しすぎるとちょっと違うかもしれないなあ……って思いました。正直な感想は。


すごく普通に面白いんですよ。ノベルゲームとして。
ヒロインはとってもかわいいし、攻略猫たちもかっこいい男の子たちばっかりだし、流行りの(わざといってます)異世界転生ラノベ主人公と異世界の人たちの話を、“異世界”側から見ていくストーリーっていうのも、乙女ゲームとしてはちょっとエッジが効いてるし、キャストも合ってるし、素敵な作品だと思うのです。

ただなあ……。
エンドをひとつひとつ埋めていくたびに退屈になってきちゃって……。
どのルートもだいたいお話の軸は一緒だからなのでしょうか、それとももう最初っから攻略対象→タマちゃん&タマちゃん→攻略対象の好感度がマックスから始まってる、お約束的展開がそう思わせる所以なのか……。

まだ2人&真相ルート残しているのでわからない部分もあるんですが、キャラクターもストーリーも、意外性がほぼないのがなんとなく退屈に思えちゃう要因なのかなと。
お話的にはまとまっているんだけど、恋愛することで男の子たちが変わっていったり、ヒロインが違う一面を見せたり、二転三転するストーリーに翻弄される、というようなこともなく、プレイヤーが、それはもうとても安心して見守れちゃうストーリー&キャラといいますか……。
うーん、すごくむずかしいですけど、手放しで絶賛できるようなタイプの作品ではないかな、とは思いました。


では、とりあえず姫様大好き!な和国の猫ちゃん3匹分。
ネタバレ感想です♡

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

CV松岡禎丞さんキャラが攻略可能な乙女ゲームについてまとめてみた。(2018年追記) [その他]

(前置き……というか、言い訳?がかなり長いので、「どんな乙女ゲームにご出演なのかしら?」という確認だけでありましたら、飛ばして続きからどうぞ)

ノルンノネットFDをまるっと終えて、次はヴァルプルガの詩、プレイ予定です。
発売から結構遅れてしまったね……。

と、その前に。

「グラスハートプリンセス」という作品で、そのお声がむちゃくちゃ自分の好みだということに気づいて、早2年。
あれからついに私は、ずっとその長さ故に敬遠していた「源狼」に手を出し、やり遂げました。

松岡さんがメインでご出演の乙女ゲーム、全部プレイしたったどー!!\(^o^)/

なんという自己満足!
だがしかしなんという達成感!

うっわあ、ごめんなさいそこのお嬢さんひかないで。

松岡さんがマイブームです、とは何度かブログでも触れたような気がするのですが、もう最近ただのマイブームじゃなくなってきたような気がしています……?
そのお名前をパッケージで見かけて、プレイするたびに新たな発見があって、なんだかもういつの間にか、その演技と声の虜になってしまいまして。
近年の当ブログの乙女ゲー上下期まとめ記事を見ても一目瞭然。
松岡さんが演じられているキャラクターに、あかりは落ち続けているような気がする昨今です。

実は最初は全然意識して購入していなかったんですが、ふと振り返ってみると結構松岡さんがご出演の乙女ゲームをプレイしていたんですよね。それに気づいてから「どうせなら全部やるか」と勝手に目標を立てて、あまり食指が動かなかった過去作もちょこちょこ遡ってプレイしてみた次第でございます。

13作品(本数で言えば15本)+αなのでそんなに多くありませんでしたね。
たぶん……。
たぶん、アプリ系を除けばこれだけの、ハズだ。(2015年4月現在)
他にあったら教えてください。勉強しなおしてきやす!

……と2015年4月時点では書ききりの記事にするつもりだったのですが、そんなに次々出るわけでもありませんし、せっかくここまできたので、随時更新していきますね。


すみません脱線しました。
なおサブキャラクターでご出演されている作品(十三支演義2など)は割愛させて頂きました。

前置きが長くなりましたが、なぜこんな記事を書いたかというと、せっかく全部プレイしたし、マイナー作も結構あると思ったのでオススメの意味も込めて、自分なりにまとめてみたかったからです。また、フォロワーさんからのご依頼もあったりして、その方に背中を押して頂いたのもあって(私なんかがまとめていいものかと)迷いもあったのですが頑張って書いてみました。

というわけで、いわゆる自己満足な雑記であることを念頭に楽しんでいただければ幸いでございます\(^o^)/

と、いうのも、ぶっちゃけかなり主観的に語っています

「こんなゲームじゃない!」「こんなキャラクターじゃない!」というご意見はたくさんあると思いますが、意見のひとつとしてご理解いただけますと嬉しいです。また「中の人的なネタ」や「この作品ならこっちのキャラクターの方が良かった」「アニメ作品だったらもっとこういうのがある」という説明の仕方、作品の楽しみ方ももちろんあると思いますが、ここはやはりテーマを限定して書きたかったので、ご本人のことや乙女ゲーム以外の作品については言及しておりませんのでご了承くださいませ。

さらに、松岡さんの演技や声の感じなどについてもサンプルボイスなどがすでにないゲームもたくさんありましたので言葉を尽くして説明してみましたが、管理人の文章センスに限界があり、巧い言葉で表現できている自信はありません。

ですので、イチ乙女ゲーマー、イチ松岡さんファンとしてのまとめであることを胸に楽しんでいただけるとものすごくうれしいです(^u^)

また個々の作品のネタバレはしていないつもりですが、オススメポイントを書きたいために簡単に冒頭のあらすじを明かしている場合もあります。
その点もご理解いただけると助かります。

1ヶ月近くに亘ってちょこちょこ書き溜めてったら、久しぶりに1万字を超えてしまった記事なので、ほんと、興味ある方だけどうぞ(笑)
何かの参考になれば幸いです。(なるのかな、ならなかったらごめんなさい)

それでは。
よろしければ続きからどうぞ☆



続きを読む


nice!(5)  コメント(6) 

殺し屋とストロベリー アモン&ノイン 感想 [その他乙女ゲーム]


殺スト、無事トロコンしましたー!

フツーに面白かったですよ……?

正直、なんであんなにあまぞーんの評価が低いのかいまいちわかりませんでした。
カズキヨネさんじゃなかったけど、絵もべつにこれくらいのはあるし、音楽はなかなかいいし、シナリオは普通に面白かったしなあ。強いて言うなら、システム面がキツいかな。ロードがめちゃめちゃ長いし、結構不安定です。でも選択肢スキップもついてるしまあまあ快適でしたよ。

個人的には積極的に「面白かったよ!!やってやって!!!」というほどハマったわけではありませんでしたが、出演している声優さんが好き、とか、殺し屋が喫茶店やってる、みたいな設定が好きな感じだったらプレイしても損はないかもしれないなあと思います。

まあ、ヒロインがだいたい頷くかおじぎするか、スマホで会話の三択なのでそこも結構特殊だし、あんまりドンパチやりあったりはしないので地味な作品だとは思うのですが……!


それでは。
本日はラスト、アモン&ノインの感想です♡

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

殺し屋とストロベリー ツキミ&長谷川 感想 [その他乙女ゲーム]



殺スト、短いのでさくさくすすめてまーす。
オクトパストラベラーしながらね!(メイン全部おわりましたー!)
あとギル祭もね!!!!


うーん、この日常:仕事が9:1のバランスのシナリオがいいなあ。
だって、ずっと仕事の話だといくらフィクションとはいえ嘘っぽくなるでしょ?
ああいう裏稼業って、地味な手回しとか情報収集とかそんな作業がほとんどだと思うんですよね……その辺が、わかるようなわからないような微妙なラインで、喫茶店パートでうまくグレーにしてる感じがなかなか好きです!

それでは、ツキミさんと長谷川、簡単にネタバレ感想でーす。


続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

殺し屋とストロベリー イズナ&クラマ 感想 [その他乙女ゲーム]




みなさんこんにちはー!
シャレマニがなかなか面白かったのと、先週はオトメイトパーティにも縁あって参加したので、ちょっと乙女ゲ熱が戻ってきた! 
……ので、さくさく乙女ゲプレイ中です!

今プレイ中の作品はこちらー!


殺し屋とストロベリー 通常版 - PSVita

殺し屋とストロベリー 通常版 - PSVita

  • 出版社/メーカー: ブロッコリー
  • メディア: Video Game




殺し屋とストロベリーです。

正直、ブロッコリーに「????」なシナリオはつきものなんで、今回も見送ろうかしら……と思っていたんですが、話の好みがめっちゃ似てるお友達がプレイしてて、とっても楽しそうだったので、ついつい食指が動いてしまいました!


端的にいうと。
私がプレイしたなかでは今作が一番面白い。

というか、ブロッコリーさん関係なく、普通に面白いですねえ、今のところ。


“声を失った”ヒロインをどう料理するのか、そこが一番不安な部分だったのですが、巧いなあと。特殊な境遇を持つヒロインの“日常”と、殺し屋さんたちの“日常”が、出会ったことによりゆるやかに変化していく様が描かれているところがこの作品に魅力ですよね。もっとドンパチやり合うのを想像していたんですが、キレイに予想を裏切られたというか。
そういう意味でも面白かったのかもしれない。

まだ2ルートしかプレイしていないんで、わからない部分も多いのですが、何度も言うようにヒロインが“特殊”なので、“わからないまま”が正解。
彼女自身が「知ろうとしない」「わかろうとしない」ことがプレイヤーにわかるはずがない。
それが描写不足かというと全然そんなことはなく、だからこそ殺し屋さんたちと恋に落ちるというか、殺し屋さんたちに興味を惹かれていくのだと思います。

大筋の流れは全員同じですが、恋愛の流れはそれぞれなかなか丁寧。
職業柄、ハードな恋愛を描くのかなと思いきや、とってもピュアなんですよね。

なんていうんでしょう。“裏社会”の人間である前に男だから、とかそういう感じで描かれるのかなと思っていたのですが、違うのですよね。
“裏社会”で生きているけど、特別そのことになにか深い過去があったりするのでなくて。(あるキャラもたぶんいるのだと思いますが)たぶん、そう、簡単に言うなら、いろいろ覚悟はできてるというか、すでに地獄に落ちることは承知済みな生き方をしている感じかな。もうなんか割り切ってるんですよ。みんな。

そんな大人たちが、イチゴちゃんの登場により、とうの昔に捨ててきた“何か”を思い出してしまうような、そんなラブストーリーなんですよね。

案外、若いお嬢様よりも大人のお嬢様の方が好みの物語かもしれません。
それは刺激的だったり、ハードだったりする恋愛という意味ではなく、なんとなくどこかノスタルジックな感情を想起させる感じというか……。うまくいえないんですが、イチゴちゃんとのやり取りのなかで、自分の知らなかった一面を引き出されてびっくりする男性陣がかわいいですよ。ほんと。恋愛って本来そういうものじゃないですか。ねえ。


というわけで、普通に楽しんでいます、殺スト。
まあ、絵がね……ぜんぶカズキヨネさんじゃないのは残念だけど、音楽もけっこういいし、素敵な作品だと思いますよ!!

では、続きからは簡単にネタバレ感想です!

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

【ネタバレあり】CharadeManiacs(シャレマニ) 射落ミズキ 感想 [CharadeManiacs(シャレマニ)]




シャレードマニアクス、ラストの個別感想は、ミズキさんです♡

ほんっと、ミステリアスと安心感のバランスがなかなか素敵なかっこよくて……。

まさに王子様でした!!

シャレマニの感想は、とりあえずここまでとなりますが、久しぶりに感想書いててもとっても楽しかった乙女ゲーム作品でした。
ちょっと乙女ゲーム熱戻ってきたかも?
この調子で、いろいろ積んでるのやってしまおうかな!


では、お決まりのご注意です。

必ず「真相ルートまでクリアした状態」でお読みくださいませ。

基本的にはタイトルにあるルートキャラクターについての感想にはなりますが、ストーリーをすべて読み終えた後だからこそわかる部分についてもいろいろ言及した感想になりましたので、その点はご了承くださいね!
よろしくお願いします!!

ただ、うっかり目にはいったらアレなんで一応ぱっと見、文字が目に入るとやばそうな部分は反転しておきますね!

それでは。
以下からどうぞ!








続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

【ネタバレあり】CharadeManiacs(シャレマニ) 廃寺タクミ 感想 [CharadeManiacs(シャレマニ)]






今日は、廃寺くんでーす!
この子も、なかなかつかみどころがなくって、最初っからわかりにくいキャラクターでしたけども、ミズキさんとかソウタくんとかとの会話はとっても面白くて、笑ってしまいましたねw

ほんと面白い子でした。




さて、お決まりのご注意から。

必ず「真相ルートまでクリアした状態」でお読みくださいませ。

基本的にはタイトルにあるルートキャラクターについての感想にはなりますが、ストーリーをすべて読み終えた後だからこそわかる部分についてもいろいろ言及した感想になりましたので、その点はご了承くださいね!
よろしくお願いします!!

ただ、うっかり目にはいったらアレなんで一応ぱっと見、文字が目に入るとやばそうな部分は反転しておきますね!

それでは。
以下からどうぞ!




続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -