So-net無料ブログ作成
検索選択

悠久のティアブレイド 総評 [悠久のティアブレイド]





悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game





① シナリオ ☆☆☆☆☆

乙女ゲーム×ロボ、このコンセプトを最初から最後まで熱い展開で描き切ってくれた心意気に☆5つです。

正直な話、かなり好みは分かれる設定&ヒロインの立ち位置ではありますが、コードリアライズとほぼ同じテキスト量だとは信じられないほどに、あっという間に読み終わってしまう感じがしましたね。
体感的には半分くらいだった気がします。

どの章、どの話もきちんと「見せ場」があって素晴らしい。
各話、入りも引きもとても上手だし、少々の展開の強引さが気にならなくなってくるつくりでした。
さすが、中村D作品らしく、王道展開。
GHP、トリガーキスが楽しめた方なら間違いなく大丈夫だと思います。テイストは全く違いますが、中村さんらしい安定感のあるプロットが光る物語だったと思います。

一周目はなんだかテンションとアツさでトゥルーまでもっていかれた気がしたのですが、ゆっくり復習していくと、一周遊んだだけではわからなかったこともいろいろと見えてきて、意外とスルメゲー。
最近、「恋愛のために作られた物語」が多いオトメイト作品でしたが、ティアブレイドは久しぶりに「物語の中で出会い恋をする少年少女の物語」でした。(例外はいる、が、それがいい)
Wヒロインですが、おそらくプレイヤーの目線はスタート時から物語を一緒に歩むイヴの方に固定されると思いますので、あまりそこは心配なさらずとも大丈夫だと思います。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

W原画なんて、なんてオイシイことをやってくれたんだ……!!!
ここまで絵が物語の要素として組み込まれているゲームがかつて乙女ゲームにあっただろうか。
その発想に脱帽です。

攻略キャラがかっこいい、背景が綺麗、スチルが麗しいのが当たり前のオトメイト作品で(それだけでも十分に素晴らしいのに)、それを超える「何か」を+αしてきたチャレンジャー精神が本当に素晴らしいですね。

お2人ともとても素敵なキャラクターデザインをされる方ですが、そのお2人の個性と特徴を潰さずに、同じ世界に生きるキャラクターを無理なく、自然に表現されているところに感動しました。
スチル枚数も多いし、キャラコンプ画像、おまけ画像などは、古き良きオトメイトだなあと懐かしく感じられるほど、とても可愛らしかったです。

③ キャラクター ☆☆☆☆☆

なによりも素晴らしかったのは、どのキャラクターも、自分のルートではまぎれもない「主人公」「運命の人」だった、そこが本当に最高によかったです。
おそらく、ひとりのルートでヒロインがもう一方になるのも、コレを損なわないことが理由な気がしますね。

どのキャラクターも、背負っているものがかなり重い、というか厚みがあってよかったです。
ひとつの歴史の、終焉とはじまりに大きく関わっていくキャラクターであるにふさわしいバックボーンとキャラクター性がきちんとあって、思わずヒロインよりも攻略対象に感情移入しそうになりました。(特にアタルヴァとロウ)

ヒロインのイヴはどちらも、とても可愛らしく、強い。
3000年という途方もない時間を過ごす間に、彼女に何があったのか。
そこにきちんと入り込めると、たぶんラストまで物語を楽しめると思います。
彼らが愛するに値する少女たちだったと思いますね。

個人的には、キャラクターの台詞がそれぞれにとてもキャラが立っていてセンスがよく、そこに惹かれたのもありますね。そのキャラクターにしか絶対に言えない台詞がきちんと、ありました。アツいですよね。
地の文よりも、台詞のかっこよさ、力強さ、そういうものがとても印象に残っています。
短い言葉に彼らの彼女の想いがぎっしり詰まっているような。
そんな感覚は久しぶりでした。
それに感情をのせてくれるキャストさんの演技もですね。
みなさん本当にアツかったです。最高でした。

④ システム ☆☆☆☆

システム面はいつものオトメイトさんですね!
特にティアブレイドだけが違うという面はありませんでした。

ああ、でも、システムボイスの多様さとそれがいちいちキャラクターにきっちり寄せてあって面白かったですね。進行度合いによって地味に増えたりするのもすごく楽しかったです。ゲームスタート時の「しかけ」などもすごく、お、面白かったですwww
あと、全体的なデザインもとっても作品に合っていて良かったですね。
白で統一されている感じもとても好きでした。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆☆

文句なしの秀作。

ど真ん中に据えたテーマもなかなか挑戦的だと思いましたが、なによりオトメイト作品でこんなに行間のある物語を読んだのは、久しぶりでした。

この物語は、答えを敢えて伏せたまま、ある意味で「未完成」のまま終わらせてあります。
このゲーム本編「悠久のティアブレイド」で描かれているのは、きっとこの壮大な物語のほんの一部。
そう思わせてくれる物語の広がりを感じましたね。
その余地を、無理なく、無駄なく残してあるところは本当に素晴らしかったと思います。

さらにトゥルールートは、間違いなく、ここまで積み上げてきた彼らと彼女たちの物語があるからこそのルートでした。これからプレイされる方は、いろいろひっかかったところをメモを取っておくと面白いかもしれません。

ただ、たったひとつ言いたかったのは、ここまで乙女ナイズする必要はなかったんじゃないだろうか。
ほんとそれだけですね。
例えば「封印する」というひとつの表現をとっても、もっと使いたかった言葉、用語はたくさんあったのではないでしょうか。そう感じさせるような設定だったし、物語だったと思います。
解りやすさ、読みやすさとのバランスをとる、ギリギリのレベルだったのかもしれませんね。
それでも、十分かみごたえのある作品であったことは確かなので、なかなかこの辺りは難しいですね。
まあ個人的に思ったことなので、未プレイの方にはあまり伝わらないかもしれないです……!
乙女ゲームにしておくのがもったいない、そんな矛盾する感想を抱いてしまいましたw

いやー、久しぶりにオトメイト作品で、心から面白いと思える作品でした。
これはFDでるでしょう!!
期待してます♡



nice!(0)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド トゥルー 感想 [悠久のティアブレイド]


悠久のティアブレイド、無事にトロコーン!でございます!!


私がイマイチ、こういうストーリーに疎いからなのか、一通りまるっとプレイするだけでは理解が追いつかない部分、というか、わかってない部分が多くて、トゥルーはちょっとついていくのにいっぱいいっぱいでしたが、全ルート2回プレイして(幸い短いので結構楽です)いろいろ、ティアブレイドの世界観に想いを馳せることができました。
まあなんていうか。

強くてニューゲーム楽しかったですよ。

それでは!
ざっとですが、トゥルーの感想、またそこからいろいろと感じたこと、考えたことなどをテキトーにまとめて記事にしてみました。

あ、そうそう。
公式さんもおっしゃってましたので、コレをしておかなければ。

続きから畳んである部分はすべて。

ティアブレイド全ルートのネタバレになります。

なので、全てのルートをプレイされた方のみご覧くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


それでは!
トゥルールート、ネタバレ感想になります(^^)







続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド ロウ 感想 [悠久のティアブレイド]

ついにロウまできちゃいました……!
実はもうトロコンしてるんですけど、いろいろとひっかかった点があるので、ざっといろいろ確認してから、トゥルーも感想書こうかなーと思っています!

いろいろと思うところはあるけれど、面白かったですね♡ティアブレイド♡
FDこないかなー♡
たぶんあると思うなー♡
まだまだいっぱい謎残ってるしなー!!
中村Dきっと設定いっぱいまだまだおありでしょ、頑張ってー頑張ってー!!!!


それでは!

アルカディアのことについてもいろいろ書いたから長くなりました。
ロウのネタバレ感想になります。






続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド クレイドル 感想 [悠久のティアブレイド]




クレイドルってサブ攻略キャラクターだったんだね!?
知りませんでした……!!

だからなのか、このルート、ものすごくあっさり風味。

せ、せやな、それ以外に道はないわな……!!
というような、ど真ん中なルートでございました(^^)

それでは!
クレイドル、ネタバレ感想でーす!!


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド ヤジュル 感想 [悠久のティアブレイド]


あー!!!
終わらすのもったいない、わーーーーー!!!!!


あとクレイドルとロウしかのこってない……うっ……。

でも、続きが気になるのでがんばっちゃおー!!

それでは。

ヤジュル、ネタバレ感想です♡





続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド アタルヴァ 感想 [悠久のティアブレイド]

1ルートプレイすると、とても早いティアブレイド。
でもボリュームの少なさは感じさせないですね。
スキップがちょっと長いけど、そんなことは気にならないくらい楽しませて頂いているので、文句はねえんだ!!!


それでは。

中村Dラインではずるい(ことが多い)青キャラ。
アタルヴァ、ネタバレ感想です。


(余談ですが、こいつも相当ずるかった)


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド シュド 感想 [悠久のティアブレイド]



実はアタルヴァまで終わっているのですが、とりあえずシュドの感想をば。

はー、素敵ですねえ、ティアブレイド。
なんだろうな。

かっこいいよね。

乙女ゲームやってて、にやにやしたり、かわいいー!っていうことは結構よくあるんですけど、私は今回プレイしながらだいたい「かっこいい……!!」って言いながらプレイしておることに気づいたんですね。

かっこいい……なんか、かっこいいんですよね。

キャラクターの生き様とか、ロボが粋すぎる、とかそういうのももちろんありますが、台詞がいちいちカッコイイというか。

飾りすぎてない、飾った台詞といいますか、すごく絶妙ですね。
いや素晴らしい。

すごくたくさん素敵なやり取りをゲーム内に見つけられて、私は幸せです♡


それでは。
シュド、ネタバレ感想です('◇')ゞ




続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

「悠久のティアブレイド」を1周遊んでみた。 [悠久のティアブレイド]


この日を……!!!どれだけ待ちわびたか……!!
待ってたんだ!
待ってたんだよおおおおおお!!!!

ティアブレイドォォ!!!!!


悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game





ここのところ、あんまーい、あんまーい乙女ゲームばっかりやってたからか、新鮮です。

なので、ちょっと全体的に評価が甘いかもね!!
でももういいよね!!!!

ボーイミーツガール!
少女を守るためにロボに搭乗!
目の前に次々と現れる正体不明の敵!!
果たして彼らの目的はァ!?


とかいう、もうベッタベタの王道ですけど、だがそれがいい。

きてほしいところで必ずきてくれるシナリオ全体の流れもアツいし、台詞もとってもアツいし、バトルシーンもアツいし、声優さんたちの演技もアツいし……とにかくアツい。

アツい!

萌えというよりかは燃えなのかな。
ぶっちゃけ「恋愛そっちのけ」で、1周目からかなりの情報量でもって紡がれていくので、わけわからないまま壮大な物語にぶん殴られてるような感じがしましたね。
(いや、意味も筋もおおむね通ってるんだけれど、たぶん他ルートでやるべきところをふわっとさせているからそういう風に感じる)

そのこぶしから、企画されたDさんの、これでもかというくらいの作品愛が感じられて、少々ざっくりしてようが、力技でひっくり返されようが「お、おう、そうだな……」と、まるっと許せてしまう。
そして、これだけ提示された物語が、まだ1周目だなんて……!!

嘘だろ……?
わくわくしてきたぜ……!!!

ちょっと!あれとかそれとかで、「真相」の名を冠したルート作ったえらいひと見習って!!!!!!


全体通して、物語の見せ方が上手だなあと思います。

雑に流しちゃった部分はきちんとワードシステムで補われているし、ここも乙女向けなのかクレイドルの言葉で最低限が説明されている感じで、疲れちゃう感じもないですね。
また、???と思った単語、台詞、展開があって、その説明がなされなかった場合、それは基本的に物語の布石になっているところもとても面白かった。
この布石がきちんとあるからこその、「きてほしいところできてくれるシナリオ」になっている、そう感じますね。

さらに、ロボものだといいながら、その物語の根底にあるものはとても切ない
だから、乙女ゲームの題材としてとても適切だなあとは思いましたね。

ただ、なんだろうな、ロボバトルが結構あるので、トリガーキスのあの「キャラ別戦い方の違いによる見せ方(勝ち負けは変わらない)」みたいなのが苦手だ……という方は共通が辛いかもしれませんね。

でも、さすがというべきか、トリガーキスでもバトルの描き方はうまいなあと思いましたが、こちらでもそのセンスは健在かなと思います。ロボだから多少もっさりしますけど、オトメイトさん作品にアリガチな、押しきるだけのぶつかり合い、切り合いではないところはかなり好感がもてましたね。

システムもものすごく細やかで、ガラクタ集めも楽しいし(パスワードロックされているものばかりで、後の楽しみがたくさん……!!)W原画だけれども、世界観もあってか、違和感なくお二方の絵がマリアージュしてるし(なんの話や)素敵です♡
システムボイスもいっぱいある!

あとは、とにかくロボかっこいい。

あと、すごくカットの絵や表情も多いね……!!
すごいや!ティアブレイド!
(ロボの戦闘シーンはプレイヤーの妄想に委ねられていますが、あそこアニメだったら最高に楽しいだろうねえ)

キャラクターもみんな、みんな、背負わされているものがなんとも……アレで、私は今から残り4名とっても楽しみです!!!
攻略制限はかかってるけど、決して初回攻略可能なキャラが「前菜」ってわけじゃありません。
踏み台ってわけでもない。
そういうところがとっても好みです♡

イヴたんも可愛いしね!!!!!

ありがとう、ティアブレイド。
乙女ゲームに疲れていた私も救ってくれたね、ありがとう、ティアブレイド!!


ちょっといろいろ雑感書きすぎたので、シュドの感想は別の記事にしますね♡


nice!(1)  コメント(0) 

Collar×Malice(カラー×マリス) 総評 [collar×malice]





Collar X Malice 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

Collar X Malice 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game





① シナリオ ☆☆☆

大変読みやすく、内容としても最近(2016)の完全新作乙女ゲームの中では骨のある方だなという印象を受けました。ラブ×サスペンスAVGと言う通り、ラブ要素もサスペンス要素も乙女ゲームの中にうまく落とし込んであったと思いますね。

ただ、かなりオトメイトさんらしい「優等生」系乙女ゲームであることは確かなので、手堅く勝ちを取りに行った感じは拭えない、つまり内容的にそんなに冒険していない感じはしました。逆にいえば、かなり安定感のあるゲームです。(個人的な感触ですが)

サスペンス作品でありながら、乙女ゲームでありながら、その恋愛過程や物語の経緯に意外性は特にありません。これでもかというくらいXday事件についての検証、考察している部分を周回させられるので、1ルート通ってわかってしまえばあとのルートは(柳ルートも含めて)自明の展開となってしまっているところは残念でした。しかしまあ、物語の性質上、これ以上どうしようもなかったのかもしれないなという思いがあるのも事実ですね。

あと、大前提である新宿封鎖、銃刀法廃止というそもそもの舞台に説得力に欠ける点も若干気になるかな……!まあそこまでこだわっちゃうともう何のゲームやねん、ってなると思うのですが(笑)

さらに余談ですが、「なんか設定とかがアレとか、ソレに似てるなー、やだなー」と思われていて躊躇されていらっしゃるお嬢様方にはぜひ安心して頂きたいですね。内容としてはかなり違いますので、興味がおありでしたら、プレイしてみるも一興!だと思います(^^)


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

大変キレイですね。
眼福眼福♡
構図も素敵だったし、背景もとてもリアルで美しかったです。
スチルもたくさんありましたし、コンプスチルもかっこよかったし、ヴィジュアル面ではなにも文句はないですね!


③ キャラクター ☆☆☆☆

それぞれ個性が立っていて、素敵なキャラクターだったと思います。
乙女ゲーム的な甘さもあったし、お嬢様好みの男性がきっと一人は見つかると、思います!
今回はサブキャラクターたちもとっても豪華なので、その点でも楽しめると思いますね。

が、やはり個人的には新鮮さはなかったかな、とは思いました。

彼らが大事にしている正義、アドニス(犯人側)の正義、ヒロインの正義を3本柱として、それぞれのルートが描かれていくのですが、想像以上にふわっとしているというか……なんというか、森はそこにあるけれども、木の輪郭が見えてこない……みたいな、そういう感じがあるので(人数分の「正義」を用意しようとするとどうしてもぼやけるのかな)どこか使い古された言い回し、展開などになっているのか、新鮮味を感じなかったのかな、と思いました。

恋愛の展開についてもですね。あまり新鮮さはなかったかもしれません。

オトメイトさんらしい、鉄板シチュエーションのカードが切られている感じがします。そのため、オトメイト作品をたくさんプレイした方はよほどキャラクターに入り込めなければ、シチュエーションを楽しむことも若干厳しいかもしれません。(シチュエーション自体はさすがオトメイトさん、素敵ですが)
でもたぶん、敢えてこの作品は、鉄板のシチュエーションで勝負しているようにも感じますので、個人的な好みの範疇ですね。


④ システム ☆☆☆☆

バッドエンドの多さに驚きました。(しかもぜんぶ拾えてませんすみません)
これだけ、バッドエンドが多い&トロフィー取得に影響するのであれば、エンドリストがあるほうが親切設計かも。
攻略はとても簡単だし(一発バッドもわかりやすいし)チャプターで好感度調整してスタートできるところも相変わらず楽ちんですね。
個人的には、クイックセーブ&ロードが、一度タイトルに戻っても生きているところは助かりました。(たまにそうじゃないゲームがあるので……)

あとシステム面じゃないかもしれませんが、気になったのはボイスチェンジャーかな……w
演技や発声?の癖?だけでいろいろとわかってしまうプレイヤーがどれだけいるかはわかりませんが、今回のボイスチェンジャーVS声オタの結果を、TwitterのTLなどを見ている限りでは声オタの方が勝率高めだったようですので、そろそろ他の方法を考えた方がいいのでは……と思ったり思わなかったり(笑)それとも敢えてなのかな……?敢えてわかるようにしてる??真意はわかりませんが……ww


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

シナリオ、絵、演出、コンセプト、雰囲気、どこをとっても不味くない、良作だと思います。
久しぶりにオトメイトさんの、オトメイトさんによる、オトメイトさんらしいゲームをプレイしたな、という満足感はありましたね。
うーん、でもどうしてもxday事件の提示の仕方、それぞれの「正義」、真犯人にたどり着くための材料などが全体的に弱いので、サスペンス風味、という感じが拭えないかなというのが正直な感想でした。
それでも、そうしたスリリングなお話の中での恋愛という醍醐味はあったとは思いますね(^^)

最後に言わせてほしい。

最高の浪川さんをありがとうございます。
私にとってカラマリは完全に笹塚ゲーだったので、最高に(笹塚ルートは)楽しかったです!!!!



nice!(0)  コメント(0) 

Collar×Malice(カラー×マリス) 柳愛時 感想 [collar×malice]


カラマリ終わりましたー!

いや、厳密には終わっていませんね。
トロコンは……ちょっともう勘弁してもらいました(笑)

エンドリストもないのにバッドエンド全部拾うのは無理ー!!!
でも、主なものは全部拾えていると思うので(ギャラリーはコンプしたよ!)大丈夫でしょう!!!


それでは!
ガチガチ攻略制限のかかってた柳愛時さん。
ネタバレ感想です!!


続きを読む


nice!(0)  コメント(4)