So-net無料ブログ作成
検索選択
科学ADVシリーズ ブログトップ

ROBOTICS;NOTES 感想 [科学ADVシリーズ]




シュタゲ、カオヘ、カオチャとプレイしてきまして、ロボノです。



ROBOTICS;NOTES ELITE (通常版)

ROBOTICS;NOTES ELITE (通常版)

  • 出版社/メーカー: 5pb.
  • メディア: Video Game





科学ADVシリーズ第三弾だけ後回しになっておりましたので、夏だ!海だ!ロケットだ!(?)ということでプレイしましたー(^^)

最初あんまりエンジンかからずにゆっくりゆっくりプレイしていたんですけれども、フェーズ5での強制終了エンドを迎えてからは、先が気になってあっという間にプレイしてしまいました。

うーん!
あんまりレビューがよろしくないイメージだったので、期待はそんなにしてなかったんですが、普通にとても面白かったです。

面白かった!と書いてあるレビューも面白くなかった!と書いてあるレビューも、両方いろいろと読ませて頂いて感じたのは、プレイヤーの、科学ADVシリーズに対する期待が非常に高いことが裏づけられたかのような評価だったんだなあ、ということでした。

シナリオのクオリティはノベルゲームとしては高い方だと思いますからね、普通に。(この前にルートレターやってるのも関係してそうだけどねw)ただ、きっと、普通に面白いだけじゃ、だめなんだろうな、科学ADVのシリーズ作ともなると。
すごいですねえ。

でも。
それでも少し思ったのは、ロボティクスノーツ以前の世界の広がりを知っているからこその「たぎり」だったのかも?というところですかね!(アキちゃんにならってみました)
シュタゲやカオヘで描かれたあのアツい物語の続きに、彼らの物語があるのだと思うと、それだけで胸が熱くなるといいますかね……!!

個人的には、青春と、シリーズ通して根底にあるテーマをうまくマッチさせて描かれた物語だと思いましたね。
オカリンとタクには出せない清々しさ、爽やかさだったように思います。

あ、と、は、そうだ。
攻略の難しさには、びっくりした……!

攻略サイトのお世話になっても、なおやり直したポイントがたくさん……!!
(ポケコンを出せるタイミングが難しい日が結構あります、よね!?)

発売当時、自力でルート分岐やら、トロフィー条件やらを見つけた方々はすごいなあ……!と思ってしまいました。
しかもツイぽの返信選択肢が三つもあるというのもツラいですよね……!!(乙女ゲームに飼いならされたぬるいノベルゲーマーの叫び)
間違えたら戻れないし……!デイリーレコードはあってもね……!!


うん、でも総合的にとっても面白かったです(^^)
プレイしてよかった!!


それでは。
以下、ネタバレ感想です!




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

STEINS;GATE 0 (シュタインズゲートゼロ) 感想 [科学ADVシリーズ]


少しずつ日も長くなってきましたね♡
春が近づいてきてるのですかね……楽しみです!
さむいのやだー!

そんな私がここ最近こたつに潜りみかんを食しながら。
「くりすー」と涙でこたつ布団を濡らし濡らし、プレイしておりましたのが、こちらになります。







シュタインズゲートゼロ。

アニメの再放送で「世界線」が変更され、そのシーンをみた直後から「はよプレイしたい!プレイしたい!!」と思っておりましたが、今になってしまいましたね……。

うん。
個人的にはとても面白かったです。

個人的に、と構えてしまうのはなぜかと申しますと、たぶんシュタゲシリーズをすべて……他のメディア化されたもの、例えば書籍だとかコミックだとかCDだとかですね、そういうものを追いかけてきた方にとって新鮮味があるのか、ないのかについては私には判断しかねるからなんですね。

私自身は、正直シュタインズ・ゲート本編自体のオハナシに、若干もやっとしたものを抱えているせいか(もちろんとても面白いとは思うのですが)この岡部倫太郎の物語にそこまで惹かれなかったんですね。
好みの問題なんですけどね。

しかし今回「正当続編!」という謳い文句で広報されていたこともあり、続編というのであれば……と思って、プレイしてみたくなった次第でございます。
キャラクターはみんな大好きだし、彼女たちと紡いだいろんなエンドもそれぞれインパクトがあって覚えていたし。

というわけで、私の感想はシュタゲ本編→シュタゲゼロしかプレイしていないプレイ感想として参考にしていただけたら嬉しいかな、と思います。

で、ですね。
トロコンした結果。

私はどちらかというと「続編」というよりも「まゆりルート外伝的ファンディスク」のような印象が強かったです。

厳密には本編まゆりルート、では、もちろんありませんが、クリスではなく、まゆりを救った世界線からスタートしているからかな?そういうイメージでした。

ファンディスクという意味で、非常に面白かった。
それはやはり「本編を殺していない」この一点ですね。
ファンディスクというか続編に位置づけられる作品に関しては、本当にこの点が一番大事だと個人的には思っております。

新しいキャラクター、新しい伏線が撒かれようとも、本編の面白かったところを殺していないところが素晴らしかった。
今回は、ものすごくあっちへいったりこっちへいったり、キャラクターが持っていた設定が世界線によって変わりまくるので、なんだか前回よりもリーディングシュタイナー体感できた気がするくらい若干フクザツでしたが、それでも根本のところはブレてない安心感がありましたね。

既存キャラクターの色とか、影が深まるファンディスクだったかな、と思います。

ボリューム的には、間違いなく本編を考えると短いのですが、これくらいでいいかな、私は。
本編がしっかりしているので、シンプルに、描きたい部分を描いてくれてるなという感じが好きでした。

まあなんだ。
なんにせよだ。

クリスティーナ、大好きーーーーー!!!!


では。
簡単ではありますが、ネタバレ感想です!



続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド) ネタバレあり感想(ヒロイン編) [科学ADVシリーズ]





よし。
今回の記事で、カオスチャイルドに関してはおしまい!

私の中で、だいぶ消化出来てきた気がします。

なんかブログを始めてから、好きなゲームであればあるほど、記事を書いてある程度自分なりにですが満足しないと次の作品に行けなくなってしまいましたね。
書く、という作業の中で、自分がどこに感動をしたのか、逆に自分がどこに苛立ったのか、どこに疑問をもったのか、どこスルーしてしまったのかを確認出来て楽しいですね。

出来る限り続けていきたい所存でございます。


それでは。
カオスチャイルド、ネタバレ感想ヒロイン編。
拓ちゃんについてはもう前回の記事で書いたので彼についてはもう、満足したからいいかな!


以下からどうぞ。




続きを読む


nice!(1)  コメント(8) 

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド) ネタバレあり感想(物語編) [科学ADVシリーズ]





昨日からトゥルーエンド終盤~エンドロールへの入りを数回繰り返しては、余韻にひたってしまう……。
ふえー、本当に面白かったなあ。

そろそろ、切り替えて次のソフトを遊ぼうかな!
とは思っているのですが。

私にしては結構最近積んでるんですよね(笑)

こないだ衝動的にロボティクスノーツも買っちゃったので、科学ADV熱高まる今、この勢いでやっちゃいたい気持ちもありますが、とりあえず本業(仕事じゃないけどw)に戻ろうかな、と思います!

次は、戦場の円舞曲をプレイ予定です。
まあ、そこまでプリンセスアーサーにはハマれなかったのですが、普通にプリアサも面白かったので、楽しくプレイしたいと思います(*^^*)


それでは、本日はカオスチャイルド、ネタバレありの感想になります。
やっぱり長くなりました。

トゥルールートにまで言及して語っておりますので、ネタバレ必至!
フルコンプ後推奨!です!

推奨?いやいや、というか、まだの方はぜひ!
その目で、耳で!
物語を味わい尽くしてから、もう一度ここでお会いできればこれ幸いでございます。

トロコンしたよ!
トゥルーみたよ!
という方で、ご興味のある方のみ、以下へお進みくださいませ。
それでは、どうぞ!



続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド) 感想(ネタバレなし) [科学ADVシリーズ]





トリガーキスをプレイし終えてから、ずーっとこちらを夢中でプレイしておりました。






※18歳未満の方はプレイできません。




カオスチャイルド。
無事にトロコンいたしました……。

カオスチャイルドはシュタゲを超えたかとかはぶっちゃけどうでもいい。
(たぶん好みだろうと思います)

素晴らしかった。
圧巻のトゥルーエンディングまでたどり着いた今。
私もスタンディングオベーションで「彼ら」を讃えたい気持ちでいっぱいになりました。

ノベルゲームでここまで号泣したのは、久しぶり。
というか、ノベルゲームに泣かされたのはこれで3回目。

ちょっとうるっとくらいの作品は小説にしろ映画にしろ結構あるんですけど(涙腺緩いんでね)タオルに顔をうずめて思わずしゃくりあげて泣いたのは、自分としては珍しい。

悲しいとかじゃなくて、嬉しいとかじゃなくて、可哀想とかじゃなくて。
なんだろうな。
うまく言えないけれど、心の奥底を揺さぶられるような作品でした。
このような筆舌に尽くしがたい感動を味わえたことは、ノベルゲープレイヤーにとって至福でした。
本当に楽しかったです。

個人的に、前作「カオスヘッド」がそこまでツボにハマらなかった(普通に面白かったけれども)、というか、こういう超能力とかが出てきちゃう男の子向けSFファンタジーがあまり得意ではないことから、そこまで期待はしてなかったんですよね。

どうしてもシリーズ2作目ですから、ギガロマニアックスたちがディソードを振り回して物語を進めていくことになるであろうということが予想出来るので、正直ここまで楽しめる自信がなかったんです。

でも、カオスチャイルドは、そこが物語の肝じゃなかった。
SF、ファンタジーの色味が強かった前作を超えて、さらに今作はホラーサスペンスであり、きちんとサイコミステリだった。

丁寧なロジックに支えられた上での「ありえない」展開と「予想外」の結末。
その構成とそれを肉づける演出の美しさにはため息しか出ませんでした。

取り留めもない場所でちょっとひっかかったり、回りくどすぎるという点はもちろんあるのかもしれませんが、フィクションなんだから飾ることは物語を盛り上げるのと同義だと個人的には思うのであまり気になりませんでしたね。

またボリュームについてですが(ロボティクスノーツだけまだ未プレイなのですが)個人的な感覚としてはシュタインズゲートよりも、カオスヘッドよりも、分量は多かったと思います。
それくらい今作品は読む部分が圧倒的に多かったです。

しかしそれを読む上で「飽き」を全く感じさせない作りになっていました。

ストーリー自体の面白さはもちろんなのですが、妄想トリガーによって「シリアスな面白さ」だけではなくエッジの効いたちょっとマニアックなアクセントがあったり(これは前作同様ですね)マッピングトリガーシステムがいい具合に主人公とプレイヤーの理解力の「溝」を埋めてくれるので、非常に解りやすかったです。

物語というものは、大抵ひとつのクライマックスシーンに向かって盛り上がっていくものですから、どうしても中盤で「お膳立て」の時間が続きます。
そこで飽きてしまったり、「お膳立て」が丁寧過ぎて逆に物語の先を想像できてしまったり……と、没入感を失う部分が少なからず大抵のゲームにあると思います。それでもクライマックスであったり謎解き、真相、結末が素晴らしければ、それはそれで許容できたりする……ので特にあまり個人的には「そういう時間帯」があることを気にしないのですが、カオスチャイルドは素晴らしいことにそういった「お膳立ての時間」がなかった。

すべてのシーンが、ある意味で「山場」でした。

それは物語を前に進めるための「山場」であったり、主人公とヒロインたちの関係性を進めるための「山場」であったり、プレイヤーの理解を深めるための「山場」であったり、思いっきり“お遊び”してる「山場」であったり。

どのシーンを切り取っても、一切無駄がなかったように思います。

山場をひとつひとつ越えていくたびに、この作品はどこまで連れてってくれるだろうと、わくわくしました。

起きる事件の残虐性かつエンターテイメント性の高さにドキドキし。
物語のキーとなる「ノック音」と「力士シール」にビクビクし。
手を取り合って事件とその裏側にあるものを暴こうとする主人公たちの危なっかしさにハラハラさせられる前半戦。

畳みかけられるようにして、絞られるようにして真実を次々と喉元に突きつけられ、あまりの悪趣味さに怒りすら覚える後半戦。

その後、個別ルートからトゥルーエンドへ。
ひとつ、またひとつと「彼らの世界」がヴェールを脱ぐ頃には、いつのまにか客観的に新聞部のメンバーを見られなくなっていました。

みんなに幸せになってほしいと。
みんなが救われて欲しいと。
そんな願いを抱きながら、ここ数日ずっとプレイを進めていたように思います。


シナリオについてばかり書きましたが、素晴らしいのはそれだけではありませんでした。
ヴィジュアル的な美しさ(ショッキングさ)、ヒロインたちの可愛らしさ(もちろん拓留ちゃんも可愛かったですが)、さらには音楽の素晴らしさ、キャストさんたちの演技力の高さ。
どれをとっても凄まじく印象的でした。

ヴィジュアル的な面に関しては、そのインパクトは一目瞭然なので特に語れることもないかと思うのですが、何よりも私にとっては今作、ヒロインたちを愛せたのがとても嬉しかったです。

女である私から見ても、どの子もとても素敵な女の子でした。
女性としての可愛らしさであったり、人間としての強さであったり。
またそれぞれの、大事な人の愛し方であったり。
惹かれるところがたくさんありましたね。

余談ですが前作カオスヘッドは特に惹かれたヒロインがいなかったのもあまりハマれなかった一因です。また、シュタインズゲートのヒロインたちも大好きなのですが、私の中でいろいろとくすぶっているものがあり……(おそらく自分の性が女だからでしょう)

主人公、宮代拓留を愛せたのも大きかったですね。
結構、この「女として主人公を愛せるか」は、このテのゲームを楽しむ上で非常に重要なファクターであることを最近痛感したので……。
彼も他シリーズと同様に非常に理解されにくい性格をしているけれども、素敵な男の子でした。
彼の芯の部分にあるやさしさであったり、純粋さ、素直さがとてもまぶしかったです。

そうしたキャラクターを表現した声優さんたちの壮絶な演技も本当に素晴らしかったです。
どの登場人物たちからも「熱」を感じて、普段はある程度音声を飛ばして読んじゃう私が、今回ほっとんど飛ばさなかった。

というか、飛ばせなかった。
飛ばさせてくれなかった、という方が正しいかもしれません。
ちょっとした息遣いや、息をのむ演技、愛した彼の、彼女の名前を呼ぶだけという台詞の中に、たくさんのニュアンスの違いがあって、そこに想いが込められているのを感じて、聞き逃すのがもったいないと思うくらいでした。

特に主人公の松岡さんに関しては、正直この作品プレイしてから声を聴くのが辛いですね(笑)
それが冗談じゃないくらい、私は宮代拓留というキャラクターが人間的に愛おしくてたまりませんでした。ヒロインは……そうだなあ……ほんっとみんな好きで、もう甲乙つけがたいです。
キャラクター的には雛絵ちゃんが好きですが、物語的にはやっぱり乃々が好きかな。
うーん、でもやっぱり世莉架……個別まで見てしまうと華ちゃんも捨てがたいです。ああ迷う。


音楽についても、本当に素敵で……。
大抵、ノベルゲームってプレイしてると、用意されている曲数が少ないこともあるのか「ここにこれかい?」っていうのがあったりしますが、そういうのも全然なかったし、逆に、音楽が切れる、変わるタイミングを計算して作ってある感じが強かったです。
BGMなしで物語に緩急をつける演出も巧みで、怖さや切なさに拍車をかける素晴らしい立役者だったと思います。


……と長々と書いてきましたが。
困った。

全然語り足りないな……(笑)

とにかく。
とにかく、すごく面白かったです。
プレイしてよかった。
ほんっと、楽しかったです。

また、「カオスヘッド未プレイでも楽しめるか」という点については、個人的には十分楽しめるけどプレイしてからの方がベターだと思いました。
どうしても続編的な位置づけであり、カオスチャイルド本編はカオスヘッドで起こった出来事を受けて発生するものなので、知っているのと知らないとのでは印象が結構変わると思います。
まあ知らなければ知らないでどんな風に見えるのかがわからないのですが……。

また、カオスヘッドプレイ済で予備知識があるからこそ、カオスチャイルドでミスリードされる確率が上がってしまうのでは……?と思える部分もあって、そこがなんとも面白い作りになっている作品でもあるので、それを楽しみたい方には先にカオスヘッドをおすすめしたいですね。


ちょっと長くなってしまったので、キャラクターそれぞれに焦点を当てた感想は記事を分けたいと思います(*^^*)





nice!(0)  コメント(0) 

CHAOS:HEAD NOAH(カオスヘッドノア) 感想 [科学ADVシリーズ]






ちょこっとCZ記事から時間があきまして。

ヴァルプルガくらいから、ちょっと糖分摂取しすぎてしまい。

そうだ、ギャルゲをやろう。

……と。



CHAOS;HEAD NOAH

CHAOS;HEAD NOAH

  • 出版社/メーカー: 5pb.
  • メディア: Video Game




いそいそと前からプレイしてみたかったカオスヘッドで遊んでおりましたあかりです、こんにちはー!\(^o^)/

まあ、今、なぜ、カオスヘッドというチョイスなのか……。
それはね、うん、まあ、ね!
だって6月発売のカオスチャイルドやりたいしね(゚∀゚)えへえへえへ。


……まあ、不純すぎる動機は置いておきまして。


科学ADVシリーズの第一弾、2008年初出のゲームではありますが、今2015年プレイしても十二分に面白かったです。
ただ、やはり昨今のノベルゲームと比べると演出の点でどうしてもあっさりしてしまう印象ではありますが。それは仕方ないですよね。

しかし、ストーリー内容、設定、ネーミングセンスなどはなかなか。
物語のキーワードである「その目だれの目?」もかなり効果的に使われていて、それでいてキャッチー。
渋谷で起きる猟奇的連続殺人事件とその裏側にある陰謀に、人畜無害なネトゲ廃人引きこもり高校生(主人公)の日常がだんだんと重なっていくという物語なのですが、ストーリーテリングが巧いですね。
一見乖離している描写、話であったはずなのに、いつの間にか「すぐ後ろにいる」かのように話の方向性が決まってしまったり、逆に一気に違う話になっていたり。
プレイヤーを翻弄するのがとても上手だなあと思いました。

また、妄想トリガーというシステムによって、主人公の頭の中を覗ける仕様になっているのも面白いですよね。
ここが唯一のゲーム性といってもいい部分だけれども、この「ポジティブ」「ネガティブ」どちらを見るかによって次のシーンの心象がだいぶ違ったりするのが面白かったです。

さらに、主人公目線の時のカメラワークであったり、他者視点から語られる部分があったり……とをうまく使い分けて、プレイヤーを精神的に追い詰めていく感じ、恐怖を煽る感じにも結構クセになりましたね。

欲を言えば、もうちょっと物語をあっちへこっちへ振ってほしかったかなとは思いましたね。
ミスリード的なものが少なくストーリーの軸が結構シンプルだったので、半分くらいプレイするとだいたいの物語の想像がついちゃったといいますか。

でも、ある程度予想は出来ても、普通に面白かったです。

あと、私が女だからなのか?どうかはわかりませんが、イマイチこの作品はヒロインたちに惹かれませんでした。
そもそも……ヒロイン(メイン以外)と主人公の拓巳が絡んでるシーンが、物語全体の割合から考えると少ないような気がしてならない……?
梢ちゃんなんか、なんでアレだけの接触であんなエンドになるのか謎すぎて……(笑)

まあ、それこそ妄想で補完しろってことかな!

では、以下からネタバレキャラ別感想です。


続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

シュタインズゲート ざっくりと感想 [科学ADVシリーズ]






Steins;Gate(通常版)

Steins;Gate(通常版)

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Video Game




だいぶ前の作品なので、ネタバレというほどではありませんが多少内容に抵触した感想になっております。
何も知らずにプレイしたい方はお読みにならないことをお勧めします。




シュタゲ終わったどー。

いやー、素晴らしかったです。ぱちぱち!!
なんていうんですか、ほら、そう。

折り紙のようなシナリオです。
一生懸命最初の6章?くらいまではせっせと折っていくんですよ。
もくもくとね。
で、ある出来事を境に完成し、そこから、一気にその作品を一枚のただの紙に戻していく。
あーでもない、こーでもないって。
でようやく一枚の紙に戻るんですけど。

その折った紙についた折りしわは消えませんからまっさらの状態に戻るわけじゃない。
でも。

その刻まれた「しわ」を参考にしながら、ちょっと折り方を変えてみると。
「シュタインズゲート」の世界の出来上がり。

みたいな。


すみませんww
意味不明ですねwww

とにかく、すごいのは。
エヴェレットの多世界解釈やコペンハーゲン解釈、シュレディンガーの猫など……よくよくSF作品などで見られる、現実にある理論や考え方の中に、アトラクタフィールド解釈という「架空の理論」が混ぜてあるんですね。この作品。

世界線はひとつのより糸のようなもので、一本の世界線を構成している糸の数だけ、可能性の幅がある世界である。
という理論なのですが。(説明が下手です)

すごいな、考えた人www

つまりはその世界線を構築している「糸」をひとつひとついじって構築しなおしていくと、別の世界線になってしまう、ということで、つまりは、よくあるパラレルワールド的な解釈の世界ではない、という点が、ものすごく「泣けてくる」要因のひとつなんです。

これがこのシュタインズゲートの世界では基本になっているので、この新しい理論によってお話が、単なるタイムリープ、タイムマシンものというだけではないドラマティックさがあるなぁと感じました。

そして、なによりも素敵だなぁと思ったのが。
この話、秋葉原から場所は絶対にブレないんですよね。
ものすごく壮大なストーリーであるにも関わらず、です。
なんだか、「イベント・ホライズン」的です。
あれ、意味あってる?



さらに、素晴らしいと思ったのは、ヒロインたちとの距離感とエンド内容が比例していることです。

岡部は、ヒロインたちひとりひとりと、それぞれにある覚悟を持って「ケジメ」をつけていくのですが、この距離感だったからこその、エンド。
急に甘くなったり、急に好きになったりするのではなく、「ああ、こういう結末もあるかもしれないな」という感じがして、ものすごく巧いなぁと感動しました。

あんまりかくとネタばれちゃうからアレですけど、私はそうだなぁ。
やっぱりクリスが好きですね。あと鈴羽かな?

男性メンバーもちゃんと好きだよ!
オカリンとダル。
あの最初はなんかめんどくさいなぁと思ってた「鳳凰院凶真」という人格にもちゃんと意味があって……ラストには、「凶真」がいてくれてよかった、と泣けるまでになるとはちょっと心外でした(笑)
ダルは最初関さんだと気付かなかったくらいでしたwww
……彼もとてもすばらしいバイプレイヤーでした。

とりあえず、忘れないうちに各ヒロイン感想書いときますー♪
こっちはネタバレなので、お気をつけて!

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
科学ADVシリーズ ブログトップ