So-net無料ブログ作成
検索選択
鏡界の白雪 ブログトップ

鏡界の白雪 総評 [鏡界の白雪]






鏡界の白雪 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

鏡界の白雪 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game







① シナリオ ☆☆☆☆

作品全体から受ける印象からは想像がつかないほど、意外や意外。

中身は大変丁寧な純愛ストーリーでした。

白雪姫という童話をモチーフに、絵本的なコンセプトで描かれた各ルートストーリーは好みはあれど、どのルートもとてもそれぞれ面白かったです。「狂気」とひとくちにいっても、この物語で描かれる狂気はどこか普遍的なものです。
人が日常抱える苦しみ、怒り、痛み、悩み。そういうものを絵本のように(子供にわかりやすいように誇張して描かれているような雰囲気)ファンタジーに落とし込んである感じですかね。

ファンタジーですが、恋愛過程はとてもリアリティがあり、こちらもとても普遍的な恋物語だったと思います。
何気ない仕草や、何気ない言葉にどきどきしたり、きゅんきゅんしたり。
現実側の彼らは、特別に飾り立てた言葉で末白ちゃんに迫ることがないので、とてもナチュラルに想いあう2人が描かれていたと思います。
鏡界側は「敢えて」乙女ゲームにありがちな台詞を突っ込んであって、両方のニーズに応えているともいえるかもしれませんね。
鏡界側と現実側にいい意味でも、悪い意味でもメリハリがあるので(だからこそ設定が雑な印象をうけるのも確かなのですが)その辺りは、プレイするたびにだんだんと好印象に変わっていくと思います。

ただ、かなりプレイヤーには優しくない(ほとんどのことが説明されない)作品ですので、ぶっちゃけ1周目は「はあ?」と言いたくなるほど意味不明だと思います。なので、できれば2~3周はプレイできるように、公式攻略順は敢えて無視して好きな順でプレイすると良いと思います(^^)
個人的には、初回推奨の壊音くんからいっても、他からいっても大差ないと思いますのでw


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

絵が苦手……と言われてしまえばそこまでなのですが、作品にはぴったりでしたね。
独特の雰囲気があって、素晴らしい。
キャラクターデザインも大変個性的で、イケメン……?って感じではあるかもしれませんけど、どの子も、プレイすればするほどヴィジュアルも可愛く見えてきてしまうから不思議ですね(笑)

とにかくキナコさんのイラストは、表情表現は秀逸ですね。乙女ゲームでこんな表情みたことない。
いい意味で乙女ゲームという枠にとらわれない描き方をしてくれるので(かっこよさを崩すことを厭わないといいますか)、とっても新鮮で、文面だけでは、声だけでは伝わらない、場面ごとの魅力を最大限に引き出していたように思います。

あと、引きのスチルがものすごく綺麗ですね。
ヒロインや男性たちの身体のラインとか、ポージングに目を奪われました。美しい。


③ キャラクター ☆☆☆☆☆

正直、プレイするまで全員興味なかったけど、トロコンした今ではヒロイン含めて8人まるっと可愛くて可愛くて仕方ありません。
攻略対象同士の関係性もきちんとあり、その辺りから見えてくる攻略対象の側面もあって、そこも面白かったです。(彼らの仲の良さがシナリオに生きているようなお話が好みの方にもおすすめできますね)

恋する相手としての好き嫌いはもちろんあるかもしれませんけど、どのキャラクターも非常に個性豊か。
8人もいるのに、誰ひとりとして方向性が被っていないので、その辺りも好感がもてました。
全員、男性としての魅力であったり、逆に人としての弱さであったりが、きちんと描かれているので、人間味があったように思います。

また、その中心にいるヒロイン末白ちゃんも、なかなかに個性的だったのがよかったですね。
ただの愛されヒロインじゃない。
彼女の方から、積極的に相手に働きかけていく、でも嫌味じゃない。
そんな絶妙なバランス感覚をもった少女だったと思います。


④ システム ☆☆☆☆

オトメイトさんの作品にしては珍しく、選択肢に意味がある作品だったと思います。
基本的にはどの子も攻略方法は変わりませんが、何名かトリッキーな子たちがいました。きちんと彼らの鏡界に向きあって選択しなければならないようになっていたところは、ただの好感度をあげる乙女ゲームではなかったという意味で、面白かったです。
罪と罰を選ぶシステムについても、周回するごとに意味合いがつかめてくると思います。

1度攻略するとどこのチャプターからでも始めることができるので、攻略するのも簡単でしたね(^^)


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

4.5くらい!です!
この作品の枠組みが若干雑で最後冷めてしまったのもあって、この評価になりました。
ほんとそこだけですね、最後までテンションがもってたら嬉しかったのだけど……!!

でも、満足度は文句なしに☆5つです!!!!!

どの子も、素敵なラブストーリーでしたからね。
ただその、ラブストーリーをはめ込んだ枠組みが若干お粗末だったかなとは思いました。
もうちょっとだけ、ちょっとだけ、捻って欲しかったかなと思います。

しかし、OPEDムービーや、SEなどの演出面、各キャストさんの演技、個性的なヴィジュアル面、コンプ画像やおまけコンテンツの気合の入り方などなど……どこをとっても、とても丁寧で美しく、作品のコンセプトを非常に大切に作られている印象を受けました。

なにより、8人も攻略対象がいるのに、これだけのボリュームと中身。
内容はもちろん、スチルが少ないと思ったこともなかったし、エンドもバッドエンドがいくつかあったりと(エンドリストは欲しかったかもよ!)お値段以上堪能させて頂いた気がします。

制作者さん側の、作品への愛を感じられるゲームでしたね!
ほんと、楽しかったです(^^)
何か新しい展開があったらいいなあ、久しぶりにそう感じた作品でした!



nice!(0)  コメント(0) 

鏡界の白雪 王崎眞記 感想 [鏡界の白雪]





鏡界の白雪 限定版 予約特典(ドラマCD)付 & Amazon.co.jp限定 PS Vita & PC壁紙メール配信

鏡界の白雪 限定版 予約特典(ドラマCD)付 & Amazon.co.jp限定 PS Vita & PC壁紙メール配信

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




鏡界の白雪、トロコンですー♡
お疲れ様でした。

とっても面白かった。
シナリオ内容は、多少強引なところもあったように思いますが、コンセプトを大事されているのが伝わるので、とっても楽しめましたね。

個性的なヴィジュアルデザイン、狂気というヤンデレっぽさを彷彿とさせるテーマの割には、内容は純愛に近く、とってもナチュラルに2人が想いあう様子が描かれていました。
鏡界世界で「噛む」以外はみんなとても、ヒロインである末白ちゃんを大切にしてくれます。
その辺りもとても好感がもてました。

あとは、とにかく。
アイスが食べたくなる。

いろんなフレーバーのアイスが出てくるので、その辺が目に毒です。

それではラスト。
王崎眞記、ネタバレ感想でーす!!


続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

鏡界の白雪 在間虚 感想 [鏡界の白雪]







真相解明ルートのひとつである虚くん終わりました。

うーん。

真相がわかるまでの方が面白かったかも☆


もうここまで5ルートも通ってると、さすがに、何で罪と罰によって分岐していくのか、誰にとっての罪と罰なのか、というのはわかってるので、もうそんなにこれ以上突っ込んだ真相もいらないような気がするのが正直なところでしたね(笑)

まあでも、なぜ末白が「白雪」なのか。
鏡の精の正体、的なハナシはなかったらなかったで「ないんかい!」って突っ込まれるところでもあると思うので、この辺りは好みかもしれませんね(^^)

個人的な感触だと、絶対階級なんちゃらの真相とおんなじ感触……?
これ、べつにいらんかった的な?(笑)

しかし、ここまで恋愛過程を、キャラクターを楽しませてもらったのはひっさしぶりなので、最後まで楽しみたいと思います(^^)


それでは。
ヴィジュアルは超絶好みの、在間虚。

ネタバレ感想です(/・ω・)/


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

鏡界の白雪 善野世裏 感想 [鏡界の白雪]







世裏さん終わりましたよっと♡

このルートはいままでやったどのルートとも違う、一味変わったアプローチで面白かったですね!
「裏切り続ける男」の意味がようやくわかりました!!
なるほどねー。
世裏さん最初だったら、ちょっと穿った見方をしちゃうかもしれないですねえ……それはそれで一興かもしれないけれど!

ではでは。
善野世裏、ネタバレ感想です(^^)



続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

鏡界の白雪 欠屋左慈 感想 [鏡界の白雪]





えーあと3人で終わっちゃうよー。
ちょっともったいなくて、ゆっくりプレイになってきちゃいました(笑)

左慈くんは、おそらくお好きな方はすっっっごい好きなキャラクターだと思います♡
私には、彼を満足させてあげられそうにないですが♡

それにしても斎藤さんの演技&キナコさんのお力で、ホラー度が増してた気がします……さじくん、ああこわい。


それでは!
欠屋左慈、ネタバレ感想ですー!




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

鏡界の白雪 墨府刺君 感想 [鏡界の白雪]




私が乙女ゲームにのめり込むきっかけとなったのが、ハートの国のアリス(まだターン制だったPS2)のボリス=エレイというキャラクターだったのですが、刺君くんは、まさに彼に感じた萌えと同様の高揚感をくれたキャラクターでした。
ほんっとうにありがとう……!!!!(内容的に、というよりも、個人的な感覚の話です)

私はなんて幸せなんでしょう。
自分にとってど真ん中なストーリーを演じる中の人が大好きな声優さんだなんて……。

やー、もう、楽しすぎて最後、終わらせたくない感でいっぱいでしたわ。

それでは!
墨府刺君、ネタバレ感想です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

鏡界の白雪 組島壊音 感想 [鏡界の白雪]





それでは本日は、壊音くんの感想になりますー!

公式では初回推奨されてるけど、ぶっちゃけこのゲーム、どこからはじめても「ぽかーん」に違いないので、好きなキャラ(虚、眞記は2周目から解放)からいって大丈夫だと思います(^^)


あー、甘酸っぱい恋愛だったわ……。
大学生、青春……してる!!

ステキな杉山さんキャラでした…♡

気になる方は続きからどうぞ♡


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

鏡界の白雪 心条無月 感想 [鏡界の白雪]

3ルート終わりました。
うん、うまく言えないけど、もう大丈夫そう。

私このゲーム、最後まで楽しめそう。

リアリティとかそういうの全くないし(もう考えるだけナンセンスです)、完全なるファンタジーなのだけれども、恋におちていく描写がとってもナチュラルで素敵。

恋愛描写に、お互いの距離の近づき方に、また逆にその関係性の壊れ方に、末白ちゃんの気持ちこそにリアリティがあるからこその楽しさですね。

それぞれのテーマは自体はシンプルで解りやすく、個人的には、そういう意味でキャラの闇を売ってる作品ではないかな?とは思いました。(個人的な感覚ですが)ホラ……月華なんちゃらロマンスとかさ、そういうやつ……(笑)

フォロワーさんが確かおっしゃってたのですが、この作品、大なり小なりキャラクター差はあれど、どこにでもあるような苦しみや痛みを、フィクションとして面白くなるように、膨らませて描いてあるような気がします。

物語自体にリアリティはなく、彼らが抱える痛みや苦しみはかなり過剰演出気味にプレイヤーには映ります。

でも、それらを通して、どの部分を、どのルートを、どのキャラクターをどう解釈し、受け止めるかをプレイヤーに委ねている。どんな感想をもたれても、それを作品側が許容している、そんな作品かなあと漠然と思います。
だから、心にいい意味でも悪い意味でもひっかかるポイントとか、思わず苦笑いしちゃったり、共感しちゃったりするポイントが、だいぶ人によって変わりそう。

かなりプレイヤーの人生経験であったり、今おかれてる境遇であったり、自分のそれこそ他人に知られたくない内面であったり、そういうものに左右される作品ですね。

この辺りにどこか「絵本」的なコンセプトを感じられて、好みですね。


それにしても、無月さん。

予想外の萌えをありがとう……。


それでは、心条無月。
ネタバレ感想です。








続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

鏡界の白雪 雑感&混堂優等 感想 [鏡界の白雪]





鏡界の白雪 予約特典(ドラマCD)付 & Amazon.co.jp限定 PS Vita & PC壁紙メール配信

鏡界の白雪 予約特典(ドラマCD)付 & Amazon.co.jp限定 PS Vita & PC壁紙メール配信

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game





キャスト的に絶対に外せなかった……んです!!!

という言い訳をしつつ、アレな設定、アレな世界観、「噛み」推しなプレイデモ……に感じる不安をぐぐっと飲みこんで、限定版購入しました、鏡界の白雪。

2ルートほど終わって(公式順無視しました)

意味が、わからねえ。(まだ予想通り)

でも。

気付いたら萌え転がってた。


……不思議。
すごく不思議。というか、奇妙???

この作品、大前提、根底にある設定に関してなんにも開示されない、つまりヒロインと全く同じ状態で恋愛をさせられるわけですが(半ば強制的といっても過言ではない)、そんな枠組み、ご都合主義が気にならなくなるくらいに、彼らとの対話のみで萌えさせてくるチカラがあります。
大学構内、カフェ、バイト先、街中でのデート。
そんなものすっごい日常的なイベントしか起きないのに、叫び出したくなったり、唸りたくなる一瞬がありましたね。

もうエンドまで終わっても。

はぁ?(゚∀゚)

というのが、ぶっちゃけ、感想。

でも「はぁ?」と頭がいいながらも、すんごい胸が疼くというか。
なんだろうね、乙女ゲーマー5年やってきたけど、こういう萌えは久しぶりだよ。

ただ、なんというか、何もわからないところにぽーんと放り出された1周目、「こういうものなのだ」と受け入れてプレイした2周目……とするうちに、なんとなく「何がやりたいのか」がわかってきます。

彼の狂気を映した世界が鏡界の世界という設定だけを見ると、いくつもの乙女ゲームの世界を渡り歩いてきた私たちからすれば「病むんだろ?病んで噛むんだろ?知ってる!!」という先入観をもって当然ですよね。

しかし、蓋をあけてみると、ものすごく普遍的な狂気のお話。
その狂気を、とても普遍的で、日常的な恋愛シーンの中に落とし込んであります。

だからヤンデレゲーというには少し違う。
恋をすることによって「生きていることの苦しみ」を知覚する。
うまく表現できないけど、そういう感じかもしれない。
恋愛感情における数ある側面の中で、こちら側を描く乙女ゲームはなかなか珍しいかもしれませんね。

しかし、だ。

かなり「察してくれ」系のゲームだと思います。
それは構成からも感じるし、全く説明する気がないシナリオからも感じられます。
プレイヤーが積極的に、歩み寄る必要がある作品、といえばいいのかな。

1周目終わって、つまんねー、と投げる方が少なからずいらっしゃるだろうな、とはすごく思いましたね。
それくらい、なんにも説明されない。

なんも説明されない。

そこを説明不足と切り捨てられるか、周回すれば明らかになるのか?と興味をそそられるかはかなりプレイヤーの積極性に、ね、左右されますね。

メインライターさんがトムさんなので、ほら、あの、ヴァルp……とかを思い出すと「うん、たぶんラストまで投げっぱなし!!」と、酷い予想をしてみたりもするのですが(笑)……でも、投げっぱなしでも、十分こちらは楽しいですよ。

会話で恋に落ちていく。
その過程がちゃんと描かれているように思います。

なんだろう、記号的な恋じゃないというか。
「恋は落ちた時にはもう遅い」
この理屈じゃない感じはすごく出ていると思いますね。この「理屈じゃない」というところを表現するために、鏡界設定があるのかな、そう感じられるようになってきますね。(マヒしてくる)

作品の系統としては、ガーネットクレイドル、ジュエリックナイトメアに近いかな?(お話の善し悪し関係なく設定的なもので)個人的にはガネクレが一番感覚としては近いかもしれません。

まあなんだ。
端的に言うと、好きってことだな……!!!

面白いよ。

意味不明だけど面白い。

完全に騙されてる気がしますもん、なんかね。
このざっくりした設定をゴリ押されたまま、恋愛させられて(何度もいいますが半ば強制です)なんで楽しめてるんだろう。
そんなに伏線が張られてるわけでもないし、ラスト超解釈だし、もうわけわかんない。
まあ、キャラクターデザインからそうだけど、何か新しい感じの作品を作ろうとしている感じはすごく伝わります。でもそんな奇抜な設定でもないんだけどなあ。ほんと不思議。

ゆっくり、彼らとの邂逅を噛みしめながらプレイしていきたいと思います。

あっ。

あとこれ大事。


エロく、ないよ!!!!!!!



それでは。
とりあえず初回に攻略しました、混堂優等。
ネタバレ感想です。



続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
鏡界の白雪 ブログトップ