So-net無料ブログ作成
ニル・アドミラリの天秤 ブログトップ

ニル・アドミラリの天秤 総評 [ニル・アドミラリの天秤]







ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 限定版

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 限定版

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game







① シナリオ ☆☆☆

乙女ゲームというジャンルにおいてのシナリオ自体のクオリティは決して低いものではないと思いますが、個人的に、かなり今回は「恋愛のお膳立て」という雰囲気が前面に出ている物語であったという印象が強かったことを明記しておきたいと思います。

なんと表現すればいいんでしょうね。
大正時代設定、そして稀モノという本にまつわる事件、華族令嬢のヒロインなどなど……世界観、キャラクターをとりまく環境という入れ物は大層素晴らしいものでしたが、蓋を開けてみると、その設定や時代をほとんど生かしきれてないように感じました。なんだかメロドラマみたいなコンセプトで作られた作品になってしまっていて、ごめんなさい、個人的には結構がっかりでした。

しかし、ひとつひとつのシチュエーションを切り取ると濃厚で素敵なところもありますので、割り切って楽しむ分には十分なお膳立てだったかな、とは思いました。

若干気になったのは、かなりシーンが細かく切り分けられているところ。
ショートシナリオのつなぎ合わせみたいなシナリオなので、没入感にかなり影響していたと思います。

② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

さといさんのスチルはとても美しく、背景やムービー、色づかいなどもノスタルジックでとても大正時代という雰囲気に合っていたと思いました。
タイトルなど、字が浮かび上がる演出とかもキレイで。

枚数も結構ありましたね、キャラによってばらつきはあったような気がしますけども。
構図もとても甘く、見てるだけできゅんきゅんしました。
表情もとても色っぽくて、素敵でした。

いや、もう、語るまでもないですねwwww

③ キャラクター ☆☆☆

うーん。
それぞれキャラは立っていたような気はしますが、全員頭の中がピンクだったことしか覚えてない。
だから、とにかくエロいです。
そこまで直接的ではもちろんないのですが(コンシューマーだしね)なにせ、台詞回しとかがもう……いやらしい。それを楽しみたい方には本当におすすめ。

ただ、どうしましょうね。
個別ルートで結構組織的な話というよりかは、プライベートな話に流れていくはずなのに、あまりそれぞれのキャラクターのことを覚えてないんですよね。全体的に恋愛過程が見えないからだと思います。だから、脈絡のなさが目立ってしまうのかな?
その割にはエロさが際立ってて(笑)
なので、とても簡単に女性に手をだすような感じが否めないところは残念でしたね。
もう、選択肢で入るルートを決定するところからして、若干お手軽な恋愛観全開ですけどね……。

④ システム ☆☆☆

オトメイトさん的には普通のシステム。トロフィーコンプが結構厳しいかもしれないですね。
システムボイスがランダムで、それを全部聞く必要があるようです。私はなぜかほぼ鴻上のターンだったので、あんまり他キャラクターを聞けた試しがありませんでした。
行路の使い方が私、イマイチわかりませんでしたね?
あと、章タイトルがかなり先の展開をネタバレしているので、あれもない方がよかったと思います。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

非常に悩ましいところですけど、率直に答えるならば、そんなに面白くは、なかったです。

理由としては、私自身が乙女ゲームは恋愛過程を楽しみたいタイプだからですね。恋愛成就してからのいちゃいちゃを主に楽しみたいタイプではないので、そこを全部すっ飛ばして濃い展開をいきなりもってこられても萌えられない、という点は大きいです。
また、恋愛過程重視じゃなくても、物語の構成や、描き方を工夫したりして軸になる物語の楽しさでぐいぐい読み手をひっぱってくれるタイプの作品でもない(サスペンス仕立てだけれども、かなり展開が読める描かれ方をしているであまりワクワク感はない)ので、読んでいて高揚感はありませんでした。

しかし、どこに軸を置いて楽しむかで180度印象は変わると思います。
最低限だけれども、非常に美しい枠組みの中で、その濃いシチュエーションにどこまでのめり込めるか。
プレイヤーの妄想力にかかっていますね。

キャスト買いという方にはものっすごいオススメです。
みなさんお声が本当に甘くて。さすが乙女ゲームに慣れた方ばかりです。素敵でした。
余談ですが、サブキャラクターまでキャスティングが素晴らしく、どの方もキャラクターにぴったろで聴いていてとても楽しかったです。みなさんの濃い演技は堪能させて頂きました。

お気に入りは、ヒタキと小瑠璃ちゃんかな。あと薔子さん。
特にこの3名の演技には引き込まれました。



nice!(0)  コメント(2) 

ニル・アドミラリの天秤 尾崎隼人 感想 [ニル・アドミラリの天秤]








ニルアド、おしまいでーす。

システムボイス全部集めるとかいうよくわからないトロフィーがあったので、もういいやと思いまして、終了させて頂きました。


うーん。

エロかったな……。

妖艶だとか色気があるとかではなく、えろい。
エロです。
さすがCEROD。

なかなか脈絡のないエロさなので、楽しめるか楽しめないかはかなり、キャラクターへの愛、キャストへの愛による……かもしれません???

エロさを楽しむためのお膳立てとしてはまあまあじゃないですかね。

それくらいしか感想がないな……。

キャラクターみんな頭んなかピンクなので「そんな恰好されたら我慢できない……!」とか「もうこれ以上俺の理性がもたない」とか、「そんな顔して……誘ってんのか」とか「お前の身体ってどこも甘いな」とか、ただしイケボに限るみたいな台詞、なんかそういうのを、こっちも頭ピンクにして楽しみましょう!

ねっ!!!

戦ワルやらプリアサやらとは結構毛色は違うような気はしますので、単に片桐さんの作品だからー!と思ってプレイすると、あれれ??となるかもしれません。

あとはまた総評でいろいろ書きます。

とりあえず、尾崎ルート、忘れないうちに感想です。
(隼人がお好きな方は……ごめんなさい、たぶん読まない方がよろしいかと思われます)

隠しルートはあってないようなもんですし、省略。
いろいろと、ごめんなさーい!!



続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

ニル・アドミラリの天秤 汀紫鶴&鷺澤累 感想 [ニル・アドミラリの天秤]




だいぶ、飽きてきた、ですね……。

とりあえずトロコンまで突っ走ります!

では、紫鶴、累。
ネタバレ感想です(*^^*)









続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

ニル・アドミラリの天秤 鴻上滉&鵜飼昌吾 感想 [ニル・アドミラリの天秤]




3人やってだいたいわかってきました。

話の展開がそう、3人ともかわらない(゚∀゚)

さくさく攻略できますね。


それでは、滉、昌吾ネタバレ感想です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ニル・アドミラリの天秤 雑感&星川翡翠 感想 [ニル・アドミラリの天秤]










ノリで買ってみました。
ニル・アドミラリの天秤。

最初に断わっておきますね。


片桐さんの恋愛の描き方であったり、表現のチョイスであったり、サブキャラクターを駆使して物語を広げる感じはとても好きなのですが、如何せん個人的にひっかかるところがあるのも事実なので、手放しに褒めるような感想にはなっておりませんので、ご了承くださいませ。



今回も1ルート早速やってみましたが、やっぱり恋愛中心に物語が回っているなという印象はありましたね。
でも戦ワルやプリアサのように、風呂敷広げすぎた感は弱まっていると思います。

というのも、今回は各ルートの物語がかなり個人的な話に焦点があてられているように感じたからですね。
大きな軸になる物語を動かすための彼と彼女の話、というよりかは「稀モノ」の取り締まり、何か不穏な動きがある、というバックボーンがある上で、彼と彼女だけの物語が動き出すのが個別ルート、というような雰囲気がありました。

ありましたが、それにも関わらず若干恋愛する過程が弱いように感じました。
これまでの作品で、そこをあまり物足りなく感じた記憶はないんですが、今回は特に誰のルートに入るのかを選択肢で決めるからなのか「特定の彼と恋をする前提」で物語が進められているので、何故ツグミが彼に惹かれていくのか、彼がなぜツグミに惹かれていくのかが、あんまりよく掴めないまま、好きだ嫌いだという話になってしまった印象ですかね。

ただ、今回特に、何物にも染まっていない白色のような没落華族のお姫様がヒロインなので、その点でこれまでの我が強いヒロインとは一味違う味わいを出していましたね。
それがいいか悪いかは完全に好みなのですが、私はこれまでのヒロインも、今回のヒロインも趣がちがって興味深かったです。

恋愛描写に関しては安定の片桐さんですね。
ひとつひとつを切り取るととても濃く、美しい。
キャラクターが好きになれるかどうかにはよりますけれども、特に惹かれなくても読んでいて楽しかったです。

あとシナリオで気になったのは、すんごい細切れだった点かなあ……。
こんなにチャプター分けする必要あったのかな……?これが一番ひっかかりました。
シナリオに対する没入感にかなり影響しているように思います。
あとタイトルでだいたいその章の話がネタバレるというのもちょっと頂けなかったかな。

スチルはむちゃくちゃ綺麗だし、デザインもとっても素敵。
BGMもジャジーでおしゃれ、雰囲気はとてもある作品なので、プレイしていて楽しいですね。

乙女ゲームとして良作であることには違いないでしょう。

私としては、珍しく櫻井さんのキャラが気になるので(あまりないこと、私の好みのキャラに櫻井さんが声をあててくれるのは)最後まで楽しみたいと思います(*´ω`*)

それでは。
星川翡翠くん、ネタバレ感想です。


続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
ニル・アドミラリの天秤 ブログトップ