So-net無料ブログ作成
検索選択
I DOLL U(アイドールユー) ブログトップ

I DOLL U(アイドールユー)総評 [I DOLL U(アイドールユー)]







I DOLL U 限定版 予約特典(ドラマCD)付

I DOLL U 限定版 予約特典(ドラマCD)付









① シナリオ ☆☆☆☆

今、乙女向け界隈でものすごく流行っている「アイドルもの」にのっかったゲームなのかなと思いきや、意外としっかり組まれていた印象です。キャッチーな部分は残しつつ、共通&個別→真相、ときちんと繋がりを意識して組み立てられているシナリオだった思います。
どうして「問題児アイドル」になったのか、その理由と、彼らがヒロインに溺れていく描写がきちんとリンクしていて説得力のある内容になっているかな、と個人的には思いました。

ただどうしても「兄の代わりに男の子のフリをしているヒロインに恋心を抱いていく攻略対象」という部分で、若干リアリティに欠ける部分(また人によってはBLっぽいものも彷彿とさせて苦手かもしれない)はあるとは思います。まあでも、実際は「女の子」なので、それをプレイヤーが解っているという前提で「甘さ」が演出されているだけ、と考えられれば普通に問題ないレベルではあると思いましたね。
飽きたり、ダレる部分もなく(というかダレるほどの長さもないので)結構面白かったです。
こういう、ライトだけど萌えも恋愛描写も丁寧な乙女ゲームって最近あまりなかったので、さすがオトメイトさんだなあと思いました。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

藤原ここあさんのキャラクターデザインは、とても可愛らしくこのゲームの雰囲気にはぴったり。
スチルはオトメイトさんにしては少し差分などがあまりないので、少な目??とは思いましたが、キスモードの分などを入れたりするとそうでもないかもしれませんね。
一番個人的に面白かったのは「トラックタイトル」画面のこだわり
フォントやデザインが細やかで、シーンタイトルが表示されるのが結構楽しみでしたね。


③ キャラクター ☆☆☆☆☆

「ねこみみ」とか「悪魔」とか、薄そうなキャラ付けなんじゃ……??と思わせておきながら、中身がしっかり詰まっていて、どのキャラクターも非常に攻略していて楽しかったです。
アイドルとしてのきらきらした部分だけじゃなく、芸能界で生き残っていくためにシビアなものの考え方をしていることが解ったり、逆に甘さが命とりになったり……と、意外と「仕事」としてのアイドルが描かれている部分が多かったのが印象的ですね。
フィクションなので多少は綺麗に描かれていますけれども、重すぎず浅すぎず、キャラクターのコミカルさや可愛さを殺さない、ちょうどいい感じだったように思います。

特にストーリーとして新しかったのは「炎上アイドル」でしたね。
あれは、今の時代だからこそ世の中に出てきたアイドルじゃないかなあと思いましたね。
また、あくまでも「ビジネス」なので、簡単には問題児から脱却できない。
そんなもがく彼らを眺めているのがとても面白かったですね。


④ システム ☆☆☆

だいたいいつものオトメイトさんシステムなのですが、ミニゲームとキスモードがこのゲームの特徴ですね。
ミニゲームが2周目以降、スキップできたらもっと攻略が簡単だったかもしれないなあと思ったので、☆3つにしました。I DOLL U、個別キャラソン、両方とも素敵な楽曲で、何度プレイしても楽しい、と、は思うの、ですが、さっさと攻略したい時に何度も音ゲーをプレイするのはね、疲れちゃうので……(笑)キスモードで完全に好感度調整できるようになっていればもうちょっと楽にプレイできたかな、とは思いました。
まあでも、些細なことですね。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

あまり期待していなかった、という点が作用しているのかもしれませんが、それを抜きにしてもとても面白かったですね。
方向性がはっきりしている作品はそれだけで面白いです。

ノベルゲームとしてシナリオもきちんと組まれていて、ヴィジュアル面でのこだわり、アイドルものとして楽曲面でのこだわり、乙女ゲームとしてある意味一番大切な、キャラクターの奥行、どれも申し分なかったと思います。
あとは、合う、合わないの問題かなあと思いますね。
意外とシビアな物語ですし、キラキラした、カッコイイ男の子たちにセクシーに攻められたい!というシチュエーションを求めてプレイするには向かないゲームであることは確か。
どちらかというと、ヒューマンドラマに近かったです。
「リライズ」というアイドルグループの中で、ヒロインとその仲間たちが人間的に成長する過程を楽しむタイプの作品でした。
個人的には、そうした「性別」とか、いろいろ超えた先にある絆を求めて、彼らが切磋琢磨する様子がとても興味深かったです。




nice!(1)  コメント(2) 

I DOLL U(アイドールユー)ツバサ・イツキ・真相 感想 [I DOLL U(アイドールユー)]










アイドールユー、トロコンです♡


はー、楽しかった。

流行りのアイドルものにのっかった、ふわふわしたゲームなのかなと思いきや、共通、個別→真相、と流れがしっかり組まれた、中身も萌えもきちんとある乙女ゲームだったと思います。
問題児アイドルだけれど、ただ単に問題児というだけではなく、何か彼らなりの譲れない信念や目的があって「問題児」になっている、その理由が「そんなことで!?」という内容ではないところがとても好感がもてましたね。
描かれ方はライトではありますが、いくらでも重くしようと思えば出来た感じはあります。
キスモードなどのあまーい感じと、彼らの中身の描かれ方、そのバランスがとてもよかったように思いました。

個人的には、全員攻略して魁イツキさんにころっと持って行かれましたね。

なんか……目覚めそうです♡

それでは!

残り、ツバサ、イツキ、真相にもちょこっと触れて、ネタバレ感想です☆



続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

I DOLL U(アイドールユー)雑感&ルカ・レオ・セイヤ 感想 [I DOLL U(アイドールユー)]












あいどーるゆー♪を楽しくプレイ中でございます。

さすがオトメイトさんというべきか。

これぞ乙女ゲームだ。

最近ね。
シナリオがなかなか面白いものをプレイしていたせいなのか、ちょっとね、見方がおかしかったのかもね、ヴァンクロに関してはね、なんかプレイ順的なものかな、申し訳ないね、とか思ってたんだけど。

やっぱり違ったわ。

乙女ゲームの良さは、多少、使い古された設定だったり、シナリオのつじつまが合わなかったり、明らかに現実的じゃなかったり、唐突に脈絡のないラブ♡なイベントが挟まれたりしても「作品」がそれを許していれば普通に受け入れられるところだと思います。

まさに、I DOLL Uはそれ。

どっかの韓国ドラマかな?と思わせるような、双子の妹が兄の代わりにアイドルを、という設定。明らかに「いや芸能人それおかしい」的な展開。何度も何度も男同士(ヒロインと攻略対象)でハプニング的なキス事案が発生するというリアリティのなさに、何故かキスモードは(まだ恋愛に発展していないにも関わらず)少しセクシーに汗ばんでいて裸(!)な攻略対象にタップしまくって吐息を頂きまくるという、脈絡のなさ。

それでも。

いいんです。

キャラクターを可愛いと思えれば。
恋愛模様が楽しければそれで。

いいんですッ……!!!!!

ただ、この「さじ加減」というのはとても微妙で、ある一定のラインを超えてくると冷めてしまうし、ただイケメンにキスして楽しむ、ただの馬鹿っぽいシチュエーションゲームのようになってしまうんですね。

そうなることを避けているのは、作品自体のコンセプト、筋がきちんと見えているところと、キャラクターたちそれぞれに説得力があるからだと思いました。

アイドルとして問題児である彼らが、何故兄と入れ替わったヒロインを「リーダー」として認めていくのか、心を開いていくのかというストーリーと、何故「問題児アイドル」となったのかというキャラクターの軸の部分がしっかりとリンクしているんですよね。

そういう、押さえるべきところはしっかり押さえているからこそ、「遊び心」が映えるゲームなのだと思います。
エイベックスさんが関わっているだけあって、音楽方面のクオリティは高いですし、ここあさんの可愛らしいキャラデザはキャラクターの魅力をとてもよく表現されていると思いましたし、さらにスチルなども効果付で、とてもきらきらしていて作品にはぴったりでしたね。

また、キャストさんのファンの方にはぜひプレイして頂きたい作品ですね。
キャラソンが聴けるというだけではなく、個人的にすごく「キスモード」楽しいです。
あんまりこういうの得意じゃないほうなんですが、照れたり恥ずかしがったり(?)するキャラクターたち、可愛いです。

しかも男だとおもってんですよ、ヒロインのことを。

その照れ方、意味がわからない。

その、何故か男同士だという認識の段階からデレる、という部分が嫌な方もいらっしゃるとは思うのですが、もうこの子たち、みんなちょっとヘンなので、人類愛的なものを何かと錯覚してるんだと思っちゃえばいいんだと思います(そういう問題ではないのですが)


まあ、うだうだいってないで個別感想いってみまーす。
気になる方は気軽にお手に取ってみくださいませませ~☆

とりあえず、本日は、ルカ、レオ、セイヤ感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
I DOLL U(アイドールユー) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。