So-net無料ブログ作成
検索選択
絶対階級学園 ブログトップ

絶対階級学園~Eden with roses and phantasm~ 総評 [絶対階級学園]











① シナリオ ☆☆☆☆

庶民の少女が場違いにも、セレブエリート学校に編入学しちゃったラブコメ、という雰囲気を醸し出しておきながらも、実際はシビアなスクールカーストをモチーフとしている作品です。また単純にそうした「いじめ、いじめられ」「利用し、利用され」「だまし、だまされ」という中に、真相へのカギがちりばめられていて、作品に煽られている感じがして、相対的に飽きることなく楽しませて頂きました。

セレブ学校にしては、なんともリアリティの欠ける(ある意味でリアルではあるのですが)理不尽な階級制度も、真相まで読み解くと納得の作りになっており、個人的には読みごたえのある作品でした。
ただ、「身分」を乗り越えて(またはそれに飲み込まれて)明暗両パターンに発展する恋愛模様が楽しめる1周目、真相を絡めて2人の絆の深まりを描いた2周目、という構成自体はそんなに悪くないような気がしますが、波乱に富んだ1周目と比べて、2周目がどのルートも大して流れに違いがないので、飽きてしまうところが少し残念でしたね。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

PCゲームにしては差分も多く、なによりも美しい。
スチル見てるだけでも結構楽しかったですね。
あと、立ち絵のバリエーションがどの子もとても多く、非常にキャラクターたちが表情豊かでした。ヒロインの表情も含めて。
結構ルートによって(薔薇ルート、石ころルート)温度差が違うゲームなので、その辺りの、シナリオとのギャップが出ないように創意工夫が凝らされているなあと感じました。
あと個人的にですが、涙の表現がとても美しかったですね。
綺麗なスチルばかりで、本当に素敵でした。
あと制服が可愛いですよね、男女ともに。薔薇、ミツバチ、石ころ、どれもそれぞれに可愛くて……♡


③ キャラクター ☆☆☆☆

立ち位置の違う5名、それぞれに良さがあって個人的にはとても楽しかったです。
真相プレイするまで☆5つでもいいかなとは思ったんですが、フルコンプしてみるともうひとひねり何かが欲しかったという気持ちが強いので☆4つにさせて頂きました。
最後までプレイしてしまうと、もう少しキャラクターごとにそれぞれの「物語」があれば嬉しかったかなと思います。(ネタバレになるので詳しく掘り下げられませんが)

ただ、石ころルートでは「自分」を保っているキャラクターたちが、薔薇ルートでは、愛憎、嫉妬、依存、溺愛、所有……と、己の欲に駆られて少しずつ歪み始める様子を丁寧に表現しているところは他にはない面白さかなと思いました。
転落し堕ちていくヒロインというのはよくあるのですが、出世しておかしくなるヒロインというのは珍しいですよね。
権力を行使できる立場になったからこその「狂い方」がそこにはあって、素敵でした。


④ システム ☆☆☆☆

ボイスを保存できるボイスコレクションなどもあり、キャスト買いのみなさんにとっては素敵な仕様となっております。
選択肢ジャンプ、バック可能、イージーモードではどの選択肢がどのキャラの好感度に関するものかもわかりますし、かなり攻略はしやすかったです。
欲を言えばエンドリストが欲しかったかな。
エンドロールもすごく細かく演出が分かれていて、作品の空気を作っていたように思います。

また、こちらのゲームはディスクレスでプレイできません。
そこは、少し不満かな。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

☆4.5くらいのイメージで……!!!!!

ものすごく面白かったですし、読み応えはあったし、音楽は素敵だし、キャラクターも可愛いし、スチルは綺麗だし、サブキャラクターに至るまで声優さんの演技は素晴らしかったし、もうほんとこれで文句言ってたら怒られると思ってます。

思ってますけど、0.5点分は「真相」。

個人的には、ちょっと拍子抜けしてしまったので(単に想像していたよりもあっさりしていただけなのですが)その1点のみ、ですね。完全に好みの範疇ではありますが。
ちくちく綿密に編まれていた1周目を、2周目ざあっと崩してしまう感じがしてしまいました。
いやそれでも、きちんとそれぞれのキャラクターに合わせて真相を解き明かしていて面白かったのですが、どうしても行き着く場所が同じであったのが面白味に欠けましたね。

まあしかし、私この作品はハルくんに会えただけで大満足でした。
なにあのこかわいすぎる。
赤バ……いや、赤薔薇様も可愛かったしね!!!

なんだかんだ言ってきましたが、大満足でした。
フルコンプ画像まできちんとあって、お腹いっぱい。

ごちそうさまでした(*´ω`*)







nice!(0)  コメント(0) 

絶対階級学園~Eden with roses and phantasm~ 真相ルート 感想 [絶対階級学園]





絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ 初回限定版

絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ 初回限定版

  • 出版社/メーカー: Daisy2
  • メディア: DVD-ROM




絶対階級学園フルコンプじゃーい!!!!!


ひとことでいうと面白かったです。

理不尽な階級制度に翻弄される思春期の「高校生たち」の言動を生々しく描いているだけでなく、物語を構成する歯車ひとつひとつがネガであり、ポジであり……という、見方を変えるだけであっという間に世界がひっくり返るような、そんな仕掛けが隠されていて面白かったですね。

ただ、惜しいなあと思った1点は、各キャラ、全員1周した後に、各々の真相ルートが開くというシステムにも関わらず、結構真相ルートが金太郎飴さんだったことくらいですかね。
明かされる事実、結末が基本的に変わらなかったので、その点が途中で飽きてしまうかな、とは思ったのですが、ここまでのお膳立てがなかなかに素敵だったので、私は結構気に入っています。

音楽も凄く素敵だし、スチルはとても美しいし、メインだけじゃなくサブキャラクター(サブの中でもメインの養護教諭、学園長を除いても)を担当されている声優さんたちの演技も素晴らしかったし、バグもないし、個人的にはもう「これで文句言ってたら怒られるな」と、いうくらいのクオリティだったと思います。

だがしかし。
プレイヤーの好みによっては、地雷を踏みまくられる可能性がアリ。

バッドエンドがなかなかに凄惨(精神的、身体的両方イケル感じ)だと思います。
乙女ゲームでは結構珍しい形でのバッドエンドもちらほら。
あと、メインキャラクターの設定や言動、真相の方向性も、地雷の人はキツいかなというような内容が含まれています。

ですので、エリート学校に間違えて入学しちゃったら、金持ちのお坊ちゃんに目をつけられちゃった☆にゃは☆的な作品では全くなかったので、その点はご注意くださいませ(笑)



ここから先は余談になりますが。

三国恋戦記が好きで、こちらのゲームを遊んでみたいという方で。
私は、ハッピーで甘い物語を遊びたいんだ!
という方には、私はどちらかといえばヴァルプルガの詩の方をお薦めしたいですね。
絶対階級学園は、ビターだと思います。

結局どちらの作品も「三国恋戦記」とプレイ感触はだいぶ違うゲームになっていますので切り離して考えられる方がよろしいかと思います。
しかし、かのゲームと同じく両方とも読みやすさは抜群だと思います。
物語の組み上げ方は断然絶対階級学園なのですが、乙女ゲームとしてのニーズに応えているのはヴァルプルガの詩かもしれませんね。


それでは。
最後にざっくりと全キャラ真相のネタバレ感想をば。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

絶対階級学園~Eden with roses and phantasm~ 五十嵐ハル 感想 [絶対階級学園]





赤薔薇様も大好きだけど。
ごめん。

ハルきゅんにはかなわなかった。

どうしてこんなに可愛いのか。
あんま年下キャラにハマらないんだけど、ハルは久しぶりに、柄にもなくときめきました。
胸を躍らせました。

……ああっ!!
もうっ!!!

それでは。
五十嵐ハル、ネタバレ感想です(*^^*)



続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

絶対階級学園~Eden with roses and phantasm~ 鷹嶺陸 感想 [絶対階級学園]





はー、赤薔薇様、本当に可愛かったです。
よかった、残しといて。


本日は、赤薔薇様こと鷹嶺陸。
ネタバレ感想でございます!

よろしければ続きからどうぞー!



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

絶対階級学園~Eden with roses and phantasm~ 鷺ノ宮レイ 感想 [絶対階級学園]



はあ。
ちょっと私、紋白ちゃんのキャラクターCD聴いて癒されてきますわ……。

この学園、真相ひも解くのちょっと気持ち悪そうなんだけど……?


それでは!
気を取り直して。

詐欺、いや、鷺ノ宮レイ、ネタバレ感想です!


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

絶対階級学園~Eden with roses and phantasm~ 七瀬十矢 感想 [絶対階級学園]





薔薇様方の方にいくのが怖くて、石ころ階級の彼に逃げました。

……だって、一番マトモそうじゃあん??

というわけで、七瀬十矢。
ネタバレ感想です☆


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

絶対階級学園~Eden with roses and phantasm~ 雑感&加地壱波 感想 [絶対階級学園]









はじまりました。

5月かーらーのー乙女ゲラッシュ!
購入した商品は、大正×対称アリス2絶対階級学園ポゼッションマゼンタでございます。

とりあえずかるーい気持ちで絶対階級学園から始めてみました。

体験版を「赤薔薇様wwww」とか呟きながら、まるっと楽しんだのもいい思い出。

プレイを始めて数時間後。


えっ、えっ。(おろおろ)
なんか、思ってたんと違う……!!!(涙)

……と、ハラハラしながらいろんなエンドを探しております。


「思ってたんと違う」とはいいましたが、決して面白くないわけではありません。

楽しいです。(にや)

父の失踪をきっかけに、父親のツテで入学することになる全寮制櫂宮学園。
そこは絶対的な存在である女王を頂点とした、完全なるカースト制度により統治された学園でした。
ヒロインが入学後にとる行動により、ミツバチ階級という中流階級から、薔薇階級(上流)、石ころ階級(下流)と階級が変化します。
そのどちらになるかによって、攻略対象との個別エンドが違う、という流れのお話。

設定としてはものすごくシンプルで、タイトルにあるファンタズムという言葉が似合う通りに、非常に作り物めいた学園なのですが、その学園で繰り広げられる、人間らしい行動の数々、集団心理、思春期まっただ中の青少年たち独特の万能感といいますか、そういったものが複雑に見え隠れするシナリオ運びは、かなり面白いと思いますね。

さらにこうした感情を扇動している閉鎖的な学園が作られた真相、ヒロインの父親が何故失踪したのか、なぜ彼女がここに呼ばれたのか……そうした謎に繋がりそうな伏線が、一人攻略するごとにじわじわ増えていく、という仕組みも結構楽しいです。

楽しいですからね、どうぞみなさんいらっしゃいませ、かいきゅうがくえん!(棒読み)

まだ1人しか攻略していないのですが、これからどうなっていくのか、真相を解き明かすのがとっても楽しみでございます。

余談ですが、三国恋戦記のもう一人のライターさんが担当された「ヴァルプルガの詩」の方が「こっち」系の作品ではないかな、と思っていたのですが、両方プレイしてみるとまるで逆でしたね。

絶対階級学園の方がダークでシニカルな世界観です。
逆に、ヴァルプルガの詩の方がセクシーでスイートな世界観です。
非常に対象的な2作品だと思いました。

それでは!
加地ク……いや、加地壱波。
ネタバレ感想です♡


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
絶対階級学園 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。