So-net無料ブログ作成
検索選択
あやかしごはん ブログトップ

あやかしごはん 総評 [あやかしごはん]




あやかしごはん 初回限定版

あやかしごはん 初回限定版

  • 出版社/メーカー: honeybee
  • メディア: DVD-ROM








① シナリオ ☆☆☆☆

「おいしいごはんを食べれば、みんな幸せ」

このコンセプトから全くそれることのない、切なくて優しい、秋の夜長にぴったりの作品でした。
若干物語の「真相」部分がふわっとしている部分もありますが、少女編によって二分されるヒロインの意味がしっかりと生かされた内容になっていて、相対的にとても面白かったです。

恋愛によって、キャラクターやヒロインがきちんと成長していく様子が描かれており、非常に微笑ましい恋愛が多いです。甘さに欠けるかもしれませんが、じんわりくるエンドが多くて個人的にとても気に入っています。
キャラによって若干温度差や展開の濃淡、毛色の違いみたいなところもあると思いますけどいろんなニーズに応えているといえばそうかな、とは思います。
浅葱攻略後じゃないとベストエンドが出ないところも面白かったですね。
どことなくプレイ中は結末を予想して切ない気持ちでいっぱいになりますね。
というわけなので、もの悲しいゲームが嫌いな方にはおすすめできないタイプの作品でした。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

枚数は少ないですが、ものすごく美麗。
見惚れちゃいます。ほんと。構図もすごく素敵で、飾りたいくらい……!
線などは敢えて粗い感じになさっているみたいですが、その絵の雰囲気と、作品全体のデザインがマッチしていて、とても綺麗でした。

ただ、枚数がどうしても少ないので、4つに。
ここも見たかった!あそこも見たかった!みたいなシーンがとてもあるのです……!!


③ キャラクター ☆☆☆☆☆

攻略キャラクターもさることながら、このゲームのMVPはやはり吟ちゃん(CV緑川さん)ですね。
ヒロインの物語でもあり、彼の物語でもある「あやかしごはん」。
その割にヒロインが空気になることもなく、とてもうまく全員の立ち位置が割り振られていたように思います。
非常に王道的な攻略キャラクターばかりですが、飽きることなく楽しめましたね。
可愛らしい恋愛が比較的多いのですが、その中になんともいえない美しさがあったように思います。
高校生同士(一部違いますが)が、どこに「この人のことが好きだな」と感じるか。
それをすごく丁寧にダイアローグのみで表現してあるなあと感じました。
また、サブキャラクターの多彩さが、物語に奥行を出していたように思います。


④ システム ☆☆☆☆

快適でしたね。

また、おまけがとっても多いです。
後日談シナリオもとても素敵なものが多かったです。
綴という少年の描いた絵からいろんなおまけに飛べるのですが、キャストトーク、スタッフ寄せ書きなどまであり、作品が作り手さん側からもとても愛されていることがわかるものがあり、そこでも「ほっこり」できましたね。
発売のタイミングが少し悪く「演出軽減パッチ」が出されています。そうした対応の細やかさにも個人的に評価されてほしいなあと感じております。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

コンセプト、デザイン、テーマ、シナリオ、すべての匙加減がなかなかいい塩梅で、この作品自体が「素材」がいいものをうまく調理した、という感じがしましたね。
どうやらハニビさん悲願の「○○もの」だったみたいでかなり力が入っていたらしい今作品ですが、それ相当の完成度だったと感じました。

特に、浅葱ルート悲恋エンドの流れはものすごく好きですね。
大団円エンドが好きな方にも、そうでないシビアなエンドが好きな方にもおすすめできる、珍しい作品だと思います(両面の顔をもっているので)。

特に「ごはんを食べるシーン」を描くことによって生まれる愛おしさ、切なさ、悲しみ、怒り、苦しみ、喜び、そして幸せ。
その表現はなかなかに秀逸で、スチルがなくてもはっとさせられるものがたくさんありましたね。
もっとグルメゲーになるかと思いきや、そこと乙女ゲーとのバランスがとても良かったです。
他ゲームでハニビさんが合わなかった、という方でも安心してプレイできる作品のひとつだと思います(゚∀゚)☆



nice!(0)  コメント(2) 

あやかしごはん 木邑浅葱(あやかし編)感想 [あやかしごはん]

あやかしごはん、隅から隅までフルコンプです!!

ここまで来ちゃうともうねえ……。

分かってても、泣きました。


秋の夜長にプレイするのにぴったりな作品ですね。
若干たぶん人と泣きポイントがずれてるように思いますが、たぶんドコに感情移入するかによるでしょうねえ。
私は完全に吟ちゃん目線で楽しみました(*´ω`*)

おまけまですごく充実していて、とても楽しかったです。
あと印象的なのは、スチルの美しさですね。
枚数はとても少ないけれども、スチルの美しさには、もうため息がでます。


それでは。
ラストになりました。
真相ルート、浅葱くん。
ネタバレ感想です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

あやかしごはん 伊吹萩之介・花蘇芳(人間編)感想 [あやかしごはん]



あやかしごはんの前に。
「幸の天秤」体験版プレイしてきましたー!

(個別感想をご覧になりたい方は飛ばして続きからどうぞー!)



正直、紅花体験版プレイして「うほあ!」ってなってた身としては。

な、なんて、み、短い……!?

さすが、価格設定が安いだけあって、おそらく本編が短いのだと思います。

体験版の部分は完全にプロローグでしかありませんが、雰囲気を掴むだけなら十分かな?
輝(おそらくCV魅皇楽さん)との出会いと、そこから玲人(おそらくCV髭内悪太さん)に復讐を始める計画を立てる、という部分でおしまいでしたね。
たぶん10分もかからないかも……?

まあ、なにはともあれオペレッタさんには期待!期待!です!
それにしてもオペレッタさんは毎度のことながら、キャスティングがお上手ですねえ。
キャラクターに声がぴったりでした。

愛憎に満ちた復讐劇、倒錯した関係……楽しみです(*´ω`*)

それでは。
すみません、R18作品の話をしておきながら、あやかしごはんの感想に参りたいと思います!
萩之介、蘇芳、ネタバレ感想です(゚∀゚)








続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

あやかしごはん 雑感&犬嶌謡(人間編)感想 [あやかしごはん]



北欧の旅も終えて。
季節的にこれから……という感じがする今タイトル。



あやかしごはん 初回限定版

あやかしごはん 初回限定版

  • 出版社/メーカー: honeybee
  • メディア: DVD-ROM




あやかしごはん。

プレイ中でーす!

人間編3名を終えたところですが、とりあえずよかった。

キス顔スチルがなくて。
(いやまだわからんか……)

ハニビといえばスタスカ、スタスカといえばキス顔スチル……。
と……あかりさんにとってはトラウマなんです!!
大爆笑したトラウマがあるんです!!(笑)

だから、今回すっごくあやかしごはん、プレイするのは怖かったんですが、杉山さんご出演だし、BGMはMANYOさんだし……最後まで、うじうじ迷ってんですが、知らんうちにオフィシャルで予約しておりましたわ……www

すみませんね。
マジメに雑感を書きます。


秋が深まる季節に相応しい、ハッピーエンドにたどり着いてもどこかせつない物語ですね。
石田さん演じる浅葱がおそらく物語の真相のキーを握っていると思われるのですが(夏空のモノローグの綿森のような雰囲気ですね)、発売前の効果軽減パッチなどの件から、なんとなくラストが想像できるだけに、余計にもの悲しい雰囲気を纏っております。

「あやかしごはん」というだけあって、ものすごく食事のシーンが大切に描かれていますね。

食材に、作ってくれた人に感謝する気持ち。
誰かと食べると幸せだと思える気持ち。
ごはんがおいしい時、おいしく感じない時。
ごはんが喉を通らない時、ごはんをみんなで食べるのが辛い時。

そんな「食事」にまつわるシーンを丁寧に描くことで、「ごはんは心の栄養であり、心のバロメーターなんだよ」というようなメッセージを強く感じる作品ですね。

各キャラクターのお当番、個別ルートで描かれる「事件」ひとつひとつはものすごくシンプルかつ単純なもので、あまり凝ってないところも個人的に好ましく思いました。
端的にいえば、ヒロインと彼が「お互いを想う気持ち」を確認するかのようなイベントでしかありません。
若干それぞれの「事件」の起こり方が物語によっては唐突ではあるのですが、短いのでしょうがないかもしれませんね。

まあそういう点をしっかり補うように、あやかしとヒロインとの関係の深まりが、丁寧に描かれているので、これからあやかし編プレイするのが楽しみです(*´ω`*)

スチルは枚数がとっても少ないのですが、とても綺麗ですね。
うっとりしますね。
少なくても破壊力がありますね。うん。本当に。
やっぱ絵は大事だなあ……。

体験版もあるので、気になる方はぜひ公式からどうぞ。


それでは。
簡単にではありますが、人間編共通ルートに関してと、犬嶌謡。
ネタバレ感想です。




続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
あやかしごはん ブログトップ