So-net無料ブログ作成
検索選択
剣が君 ブログトップ

剣が君 総評 [剣が君]






剣が君

剣が君

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD-ROM









① シナリオ ☆☆☆

まあまあかな……?

「暴力、流血表現に注意してください」とある割に、その表現は非常に乙女向けで、優等生なシナリオでした。
よっぽど「無理!」っていう方でなければ大丈夫だと思います。

非常に視点切り替えが多く、モノローグ形式も多いためか、なかなか集中させてくれないところもあれど、無難に纏まっている印象です。

それぞれのキャラクターが背負う使命であったり、志す道はしっかりと描かれていますが、攻略対象キャラクターの立ち位置が非常に近いため、結局は「何のために剣を振るうか」という部分が共通したルートになっています。
それなのに、6ルート×2もある。
そのせいもあって途中でちょっと飽きてしまうシナリオだったかな、と個人的には思いました。

つじつまが合っていない部分があったり、時代を動かす(であろう)大きな1つのうねりと、ヒロイン香夜の物語が、イマイチなめらかにリンク出来ていないところがあったりするので、そこがちょっと残念でした。

② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

ハイクオリティ。

枚数も申し分ないと思います。
非常に綺麗で、正直スチル見るためにプレイしてもいいんじゃないか、と思うくらいです。
きちんとCGクリック機能もあります。
立ち絵も豊富だし、目パチ口パクあり。こういうところの拘り方がリジェットさんは毎度のことながらハンパないです。
カットなどもあり、非常に丁寧でした。

③ キャラクター ☆☆☆☆

それぞれに何かを覚悟したお侍さん6名です。
その「覚悟」を、ヒロインが揺らがせたり、また強固なものにしていく、という感じなのですが、正直なところ、あまり変わり映えはしません。
キャラクターの個性、正体、目指すものはもちろん違うのですが、感覚的に同じようなものが多かった印象を持ちました。
ワンサイドゲームならぬ、ワンサイドストーリー。
もう少し、キャラクターの立ち位置を変えても面白かったんじゃないのかな、と思いました。
また、剣ルート、君ルートで全く別の顔をのぞかせる攻略対象を受け入れられるかは結構好みの分かれどころだと思います。

④ システム ☆☆☆☆

プレイしやすかったです。
ジャンプ機能もありますし、システム的には何も問題はなかったです。
ただ、ちょっと重いかな……???

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

乙女ゲームとしては、非常に優秀で、良作だと思います。
音楽やヴィジュアルデザイン、スチル、効果演出など非常に凝っている割に、ゲームとしてものすごく安定していて、素晴らしいと思います。
ただシナリオ面で「優等生」な作品をお求めじゃない方には、向かないかもしれません。
あと、泣きゲーをお求めの方にも、ちょっと違うかな??
お話の中身の割に結構プレイ時間がかかるので、そこまでキャラクターや、イラスト、キャストさんに興味がないのであれば見送った方がいいかもしれません……(高いしね……)




nice!(0)  コメント(0) 

剣が君 黒羽実彰 感想 [剣が君]






剣が君

剣が君

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD-ROM





剣が君、フルコンプ―!

お疲れ様でした(*´ω`*)


音楽よし。演出よし。グラフィックよし。
声優さん豪華。シナリオもそこそこ。

というほとんどの項目でオール4以上な秀作、良作ではありますが、面白かったかと聞かれると、正直あんまり……でした。
キャラクターにハマれないと辛いかもしれません。

ただ、キャラクターにハマれるかハマれないかは、プレイしてみないとわからないものなので、どうしようもないですねwww

みなさんの乙女ゲーム選びの道しるべの一端を担えたら、という気持ちで個人的に合わなかった点を書き記しますね。

リジェットさんのゲームには珍しく「優等生すぎる」内容です。

それぞれの侍が、己が道にどのような意味を求め、剣を振るうのか。
というようなことが軸になるこのゲーム。

この部分について攻略対象それぞれの決断、覚悟があるのですが、どうしても「君」ルート(恋愛色の強いルート)があるからか、彼らのいきつくところがだいたい同じで、ちょっと飽きてしまいました。またみんながみんな、芯のところではとても真面目なお侍さんなのでその点でも面白味がなかった。
何名かくらい、キレてるヤツ、立ち位置が違うヤツがいても面白かったと思います。

全体的に、ストーリー導入部分こそ波乱を予感させるものの、ふたを開けてみるとどのルートでも結構あっさり解決してしまうことが多い、またプレイヤーの予想の範疇を出ない、というなかなかにこじんまりしてしまっているイメージでした。

扱うパーツそのものは、ひとつひとつが壮大なんです。
さらにはそこまで到達するまでが長い。
しかし、その奥行をあまり感じない結末が多かったかなあと個人的には思いました。

あとはシナリオの視点切り替えが多いところもあります。
ヒロイン目線だけでなく、彼目線、また敵目線、友達目線。
結構ころころ切り替わります。
全体的なお話を俯瞰できるので良いのですが、ヒロイン目線ばかりじゃないため、気持ちがんまり恋愛に乗っていかないんですよね。

あかりはちょっと苦手なシナリオのテイストでした。
しかしこれは好みの問題だと思うのでその辺はご自分の好みと照らし合わせてみてくださいませ♪


一番乙女ゲームを選ぶにあたって「バクチ」な部分は、シナリオの波長が合うか合わないかですので、あかりの、おそらく少数派な意見がどこかのお嬢様の参考になれば幸いです(*´ω`*)


それでは、ラスト。
黒羽実彰、ネタバレ感想です!





続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

剣が君 螢 感想 [剣が君]





ようやくあと実彰さんだけになりましたねー!
ふー!

残り一人頑張ります☆

それでは。
本日は螢ちゃん、ネタバレ感想ですー!






続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

剣が君 鈴懸 感想 [剣が君]





ちょっと別のゲームで遊んでおりましたので、ちまちまと進める感じになっておりました。
鈴懸ルートです!

(余談ですが、もしこのブログをお読みの方で、ACインフィニティプレイされてる方でフレンドなったげるよ♪という方がおられましたらぜひコメントにひとこと、よろしくお願いいたします……!!)

ようやくゴールが見えてきた……剣が君です。

もう早速次は何して遊ぼうかなあとか考えているのですが、当分は新作で欲しいものもないので(ツインワールドなアリスはちょっと放置で)積んでるやつをほいほい崩していく予定です(*´ω`*)

とりあえず次は螢にいきましょうかね!

続きからは鈴懸ルート、感想です!




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

剣が君 縁 感想 [剣が君]






縁まで終わりましたー!

あとは、実彰、螢、鈴懸の3人ですね!


大変……申し訳ない……。
ちょっと剣が君、疲れました……(笑)

ちょっとフルコンプ厳しいかな、と思うくらいに疲弊したんですが(笑)
なんか3人まできて放り出すのはちょっと悔しいので、一旦寝かせてから帰ってこようと思います。

あいるびーばっく!

うーん。
長さ、的なものはあまり気にならないのですが、やっぱり自分が「ここは来てほしい!」って思うところで盛り上がらず「そっち!?そっちいくの!?」とシナリオが遠ざかる背中を何度も見続けるというのは精神的にキますね。
このシナリオの波長が合う人は、剣が君とても楽しめると思うのですが、私にはどうも……。

うまく言い表せないのですが、ちょっとこの君ルートと剣ルートの分かれ方にも、私にとっては問題があって。

この2ルートで攻略対象は全く別の顔をのぞかせてくれます。
それこそがこの「剣が君」の醍醐味だとは思うのですが、私にはどうしても根本のところから枝分かれしてしまってるように感じるんですよね。
例えば、彼らの過去などについての見つめ方が180度変わるような。
そんなイメージで。
だからイマイチ、九十九丸はこういうキャラ、とか掴んだはずだったのにわからなくなるといいますか……。

それが人の持つ「二面性」で、ちょっとしたことでどちらが出てくるかは、真央ちゃん風にいうとハーフハーフなんだ、と言われればそれまでなのですが、こればっかりは個人の感じ方による差異でしょうね。

まあそんな深く考えるなよ!と言われればそれまでなのです(*´ω`*)


では、とりあえず。
縁さん、忘れないうちに感想かいておきますー!!!



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

剣が君 鷺原左京 感想 [剣が君]





それでは本日は、鷺原左京さん。
ネタバレ感想でーす!







続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

剣が君 雑感&九十九丸 感想 [剣が君]




剣が君

剣が君

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD-ROM




そろそろプレイせねば……。
と、引っ張り出してきた「剣が君」です。


個人的にこういう時代モノが苦手なので後回しになっていたのですが、うん。

やっぱり……苦手ですね!(遊ぶな)

……ごもっともなツッコミでございます。
うんでも、プレイしてみたかったんだもん。

どうしてもね……私はこういう設定の作品のシナリオは感情移入しにくくて……。(緋色とか……)

それでもこの楽曲の壮大さ、スチルの美しさと。
多数のモブ、サブキャラが登場して、それぞれにきちんと立ち絵があり、さらには各々にきちんと背景があり……と、とっても丁寧に作られたゲームだということは理解しております。

シナリオボリュームもそこそこあるし、エンドは君ルート2つ、剣ルート2つ。

リジェットさんはネタゲーが多いようなイメージですが。
PCゲームは結構面白い、というか趣があるものが揃ってるイメージなので、まさにその感じですね。
BWSもTYBもタイニーも、全部それぞれに新しい感じがする作品でした。
剣が君もそういう匂いがするゲームですね!


それでは、だらだらいってないで。
九十九丸感想です!


続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
剣が君 ブログトップ