So-net無料ブログ作成
検索選択
図書室のネヴァジスタ ブログトップ

四月の魚 感想 [図書室のネヴァジスタ]





fish_b.jpg



これは本編をプレイしたからこその萌えなのか。
それとも、キャラ初見でこれをプレイしても、ここまで萌えるのか。

もう本編をプレイしてしまった後の私には皆目見当はつきませんが、すべて抜きにしても図書室のネヴァジスタエイプリルフール企画フリーゲーム「四月の魚」は「えっ、いや、お金、払いますううう!!」な面白さでした。

1時間ほどでプレイ出来てしまいますが、非常にスタイリッシュな短編ノベルゲームだと思います。設定などがごそっと違いますので、本編をプレイしていなくても全く大丈夫です。

なんって表現すればいいのでしょうね?
このタースさんのセンスの良さは、一体なんなのでしょうね?(笑)

なんとかこの感動をお伝えするために、センスのないブロガーはとりあえず、言葉を尽くすしかありませんな……!!

まずびっくりしたのは。
ラブコメなんだ……!という点。


雰囲気はイギリスのラブコメかな?
妹に呼び出されてある館にいくと、それぞれ200万円を持った7人の男がいた……というところから始まるドタバタ劇なのに、どこか展開はオシャレ。
短い中にも緩急ある展開、ダイアローグのテンポの良さ、シニカルだったり、かっこいい台詞の数々……。

もう、うっとり。

あとタースさんの作品はほんと、つかみがものすごくうまいですよね。
開始5分くらいでしっかり作品の中にプレイヤーを引き込んでくれる。

なかなかそういうゲームってないんですよね。
ゲームなら10分、小説なら開始100ページかな。
その辺りで、自分がこの作品にハマるかハマらないか、だいたいわかります。

いやー、ほんと素晴らしいです。

余談ですが図書室のネヴァジスタ関連の作品は、もったいなくて一気にプレイできないです、ホント。ざーっとやってしまいたいような……終わらせてしまいたくないような……(涙)


それでは!
続きからプレイ後感想で内容にはあまり触れていませんがネタバレ&突っ込んだ感想になりますので、ご興味のある方だけどうぞ!!



続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

図書室のネヴァジスタTHE FOOL(フルボイス版) 感想 [図書室のネヴァジスタ]






あまりにわたじゅうー!しすぎてTHE FOOLの記事を書くのを後回しにしておりました……!
不覚……!


わたじゅうより前にプレイしたのがこちら。



THE FOOL フルボイス版

THE FOOL フルボイス版

  • 出版社/メーカー: タース・エンターテインメント
  • メディア: DVD-ROM




TARHSさんの「図書室のネヴァジスタ」のスピンオフ作品です。
スピンオフといっても、本編をプレイしていなくても単体で楽しめるハンドルネーム当てノベルゲームです。

ドラッグパーティをしよう。
――と、ある裏チャットのホスト、ネヴァジスタのもとに集った8名の若者たち。
彼らはTHE FOOLと呼ばれる最高級のドラッグ5キロを賭けて、全員のハンドルネームを当てる、というゲームに興じます。

さまざまな「視点」から「彼ら」の様子を捉えた複数の「章」と、視点が固定されていない「幕間」、チャットログを読みながら、ラストに、誰がどのハンドルネームかをプレイヤー自身が解答する、という形式になっているゲームです。

5時間ほど……かかったかな?
もうちょっとかかったかもしれません。

私はフルボイス版アップデートが初プレイでした(*´ω`*)
正直、TARHSさんがゲームに施す演出という演出が素晴らしくて、舌を巻くしかないれす。

ゲーム自体のデザイン、構成の仕方ももちろんなのですが。
細やかですよね……。相変わらず……。
ゲームをプレイして確かめて頂きたいのであまり詳しくは書きませんが、展開に沿って移り変わる背面の様子とか、BGMの使い方とか、アンダーグラウンドな雰囲気作りとか……。
やっぱり素敵でした……♪

なにより素晴らしかったのは、やはりバイノーラル効果の使い方。

この録音方式でトリップ状態を表現したところは、もうさすがとしかいいようがなかったです。
巧いですね。また、ここぞ、という時の台詞に使われていて、そのメリハリが秀逸でした。
とにかく声オタには……たまらんかった……。
ダミーヘッドマイク慣れてそうな声優さんが多かったですしね、それもきっともちろんあると思うのですが……!なにせぞわぞわ、ぞわぞわきました。

肝心の「ハンドルネーム当て」というゲーム性についてはどうなのかといいますと、こちらもとても丁寧に作られているなあという印象です。
かなりのヒントが作中にちゃんとあるので大変フェアです。
丁寧に読めば解答する局面で答えはおのずとわかると思います。また解答も丁寧。
そこからのエピローグもとっても雰囲気があってぐっときました。

ミスリードもたくさん散りばめてあって、叙述トリック的に仕掛けられているものも結構ありましたし、難易度どうこう、ではなく、それを探すのがとても楽しい作品でした。
特に本編での「彼ら」を知っていると、いろいろと意識してしまって、それこそがまたミスリードにつながるようなところもありましたし(だからこそのオイシイ台詞もあるのですが)TARHSさんやってくれますねふふふ、的な楽しみ方もできるようになっていましたね。

声優さんたちの演技にも、ものすごく惑わされる仕掛けになっています。
叙述トリックを生かすためなのか、感情をオーバー気味に表現するのではなく、ある意味ものすごくリアルに感情を抑えてある部分があったりして、それもまたドキドキさせられました。

ちなみにあかり個人的なキャスティング感想ですが。
難しいのは重々承知なのですが……。

……いやあ……もうこのメンバーでぜひ本編を……(涙)

と思えるほど、ナイスキャスティング!!!すぎて、カウントダウンボイスの段階から涙目でした。

(若干私、最愛の辻村だけには少々イメージのすり合わせに時間がかかったのですが、THE FOOLプレイしてみると「うん、アリだな(*´Д`)」ってなってしまったのですよさすが鳥マジック)

個人的になによりも素敵だったのは、茅晃弘CV櫻井孝宏さんでしょうか。

はじめ、櫻井さんと伺った時には「ああインテリ系の堅めの声だろうな」とか勝手に思ってたんですけど、櫻井さんご存じでした?ってくらい「茅」にぴったりでびっくりしました。
絶妙のトーンと雰囲気ですよね。
低すぎず高すぎず、ちょこっと甘えた雰囲気を残した、どこか不安定なんだけど優等生っぽい、という独特の声色。
櫻井さんのおかげで、ますます茅が好きになりました……。ありがとう……!

あとは、賢太郎。
もう、まさに賢太郎は三次元だったの…!?って錯覚するくらいイメージ通りの声だったので、野島健児さんにはいくら御礼をいっても言い足りないくらい嬉しかったです。
とにかくかっこいい。
もうその一言につきます。

他のみなさんも、本当に素敵だったのですが、私が素敵だったところをいろいろ書きだすともうそれこそいろんなネタバレに抵触しそうなんで、とりあえず差し障りのないところでこれくらいにしておきます。

ほんと、楽しかったです……!
ネヴァジスタのネの字もしらない相手に、意味もなくゲームの面白さを語ってしまうほどに面白かったです(笑)

……ああ。
ハニカムするのもったいないわー……もうますますもったいなくなってきたわー。
ネヴァジスタ熱は当分冷めそうにありませんな……(*´ω`*)




nice!(1)  コメント(2) 

図書室のネヴァジスタ 総評 [図書室のネヴァジスタ]


図書室のネヴァジスタ

図書室のネヴァジスタ

  • 出版社/メーカー: タース・エンターテインメント
  • メディア: DVD-ROM





bb.jpg



※ネヴァジスタ総評ですが、どちらかというとフルコンプ後ネタバレなし感想、みたいな感じで書きたいと思います。

「最近乙女ゲーム飽きてきたな……」とか。
「ガチでサスペンスなやつをやりたい!」という方には、諸手を上げてオススメしたいこの作品。

登場人物はほぼ男性ですが、BLというわけではありません。
BLゲームに手を出すのは若干抵抗がある私(魅力は理解しているつもりですw)も、彼らの複雑な友情関係、さまざまな形の精神的な繋がりをいろんな角度から描いたストーリー、エンドの数々を存分に楽しみました。
ただ、恋をすることに近いエネルギーで、親愛の情や憧憬を同性に向けるので、それだけで苦手な方は回れ右かもしれません。設定、彼らの置かれる状況を考えるととても自然なので、俗にいう「狙っている」という印象はありませんでした。

また、作中に出てくるネヴァジスタという本の七不思議と同様、おそらくこの「図書室のネヴァジスタ」という物語の中に「自分」を見る瞬間が誰しも必ずあると思います。登場人物(大人、子供含めて)の発言、行動の中に、過去の自分、また今の自分を重ね合わせてしまうこと請け合いです。
ほとんどの人にとって、身近なものだった(身近な)高校を舞台にしていることが、さらにその感情の部分でのシンクロを深めているように思いますね。また、登場人物たち全員それぞれとっても奥深く、丁寧に作りこまれているので、非常に感情移入しやすい点もあると思います。
プレイヤーの感情を揺さぶるように試行錯誤されていることがものすごく伺える作品ですので、そういう作品をお探しの方にもぜひおすすめしたいです。


サスペンス系ミステリとしても十分面白かったです。

この作品は「多くを語らないこと」で雰囲気を演出している部分があるので、どうしても細かいところまでは理解できなかったり(知りえない)、センチメンタルに描かれる部分が多いので、冷静に事象について分析されている場面が少ない(雰囲気が壊れてしまうためでしょう)ので、プレイヤーにとって「謎解き」の面から見ればアンフェアであることは間違いありません。最後の最後まで、ある程度の「なぜ?」が残るゲームだと思います。
しかし、ネヴァジスタの謎を解くお話ではなく、彼ら登場人物の心の底を覗くことに重きを置くプレイスタイルになっているので、これはこれで素晴らしいミステリです。

若干根本的な設定が苦しい(複雑すぎる嫌いがある)気がしますが、フィクションは面白ければいいと思うし、なによりもそれは創造力の賜物なので、私は賞賛したい気持ちでいっぱいです。

スチル、BGM、立ち絵のバリエーション、効果音、驚異のエンド数、ボーナストラックに至るまで、本当にこのお値段でいいのですか……といってしまいそうなクオリティでしたね。すっごい計算されているし、やはりこれだけの愛をもって制作されたゲームが面白くないわけがないなと感じます。

余談ですが、図書室のネヴァジスタや、ファタモルガーナの館なんかをプレイしてしまうと、正直大手ゲーム会社さんって何やってんだろうごにょごにょ、って思うところもあったりしますが(UMDディスクが高いんですかね、そうなんですよね?(笑)同人ゲームというものの面白さを再発見させて頂きました。

初出からだいぶ経つのに、色あせない面白さ、そしてまだ「未完成」なところがいいですね。
物語としては完結しているのですが、「コレから先」を想像させる作品でした。
今年はスピンオフっぽい作品もボイス付きで発売されるみたいですし(気になる方はコチラ)ますますこれからも楽しみな作品のひとつになりました!

かなりネヴァジスタ熱拗らせてしまったので、衝動的にネヴァジスタ関連の書籍(服毒本やら短編集やら)を大人買いしてしまったくらいです。(滅多にないことです)
まだ知らない部分、勘違いしていた部分など発見がたくさんあって、楽しいですー(*´ω`*)

とにかく言いたいのは。

ありがとう、タースさん……!!!(涙)

ほんと、それだけです(*^^*)




nice!(0)  コメント(0) 

図書室のネヴァジスタ 辻村煉慈ルート感想 [図書室のネヴァジスタ]







ネヴァジスタ、ボーナストラックまですべてようやくフルコンプです!

チャプターコンプリートまで必須とは思わず……(笑)
しかし、ベストな選択肢以外にもいろいろとネタが仕込まれていて、回収してよかったです!うん!


いやー、面白かったです。
ミステリとしての出来はそこそこ(紐付けが若干弱い)かもしれませんが、ストーリーテリング(と表現するのが正しいのかはわかりませんが)が巧みです。ルート始まりのつかみであったり、シーン倒置、W主人公で時間軸の差異を出して話を進めていく手法も、ものすごくうまいなと思いました。

でも、なによりも、台詞や情景描写、心理描写に至るまで。
とにかく、言葉のチョイスがすごく素敵な作品だったと思います。

カッコつけすぎず、無難すぎず。
くすりと笑えるほど、おどけてみせたりもする彼ら。
かと思えば、繊細な単語が飛び出したり、瞬時に泣き出してしまうほど胸をえぐる一文が出てきたり、と。
そうして彼らが語る言葉に自分の感情を委ねるのがとても心地よかったです。

コンプするのに結構時間もかかるし(精神的にもボリューム的にも)、非常にかみごたえのある作品でしたね。

ルート的に好きなのは、茅、辻村かな。
キャラ的に好きなのはやっぱり、賢太郎ですね。あ、犬じゃない方w

かっこいい。
普通に付き合いたい。
さすが、合コンで黙ってれば、女から腕を組んでくると豪語する男wwww


ようやく萌えをね。
感じられる境地にまで回復してきました(笑)


それでは、最後!
辻村煉慈、ネタバレ感想です!


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

図書室のネヴァジスタ 和泉咲ルート感想 [図書室のネヴァジスタ]





個別ルートはやっと。
あと煉慈のみとなりました。

キャラクター的に一番好きなのは賢太郎なのですが、幽霊棟の5人の中では一番辻村センセがヴィジュアル的にも好きなので、楽しみで……す、嘘。

うー……ん。そうだ、最後が、な、……(苦笑)

和泉くんは結構第一印象から「私の苦手なタイプ」だなあ……と思っていたので。
蓋を開けてみてもやっぱり、そうだったなあ……という。

茅、白峰では感じた憤りも、和泉に関してはあまり感じず。
おそらく、あまりにも「私の世界」の中で、リアリティがなかったからなんですかね?
このテの話は正直ちょっと……理解することは出来ても、あまり感情移入がしにかったです、個人的に、なのですが。

それでは、和泉咲、ネタバレ感想いきまーす!






続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

図書室のネヴァジスタ 白峰春人ルート感想 [図書室のネヴァジスタ]




周回を重ねるごとにようやく、ある程度冷静にプレイできるようになってきたネヴァジスタ。

うーん、うーん。
しかし、毎度、感想は難産ですなあ……。

難しいのです。
感情のもっていかれ具合を表現しつつも、演出、プロットの素敵さを文章にするのがですね……。

非常に面白い物語なのですが、ものすごくネガティヴイメージの強い作品なので、うまくそれが言葉にならないです(笑)
ものっすごく、人間的な部分でこの話の流れに不満を感じつつも、展開が気になって気になって、面白くてやめられないといいますか。
ラストシーン、数々のエンドで憤りを感じながらも、いくつもの闇、破滅を覗きこむ楽しさにハマるといいますか。

……うん。

まあいっか!www


それでは、白峰春人ルート、ネタバレ感想です。




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

図書室のネヴァジスタ 茅晃弘ルート感想 [図書室のネヴァジスタ]



え。

なんで?

なんでこんな、ことに??


なんでなんで?
え、なんで、本当に、なんで……?

もう……嫌だあ……。
キーボードに沈むようにして、泣きじゃくってから、ちょっと時間が経ちまして(笑)


あかりさん!
あなた、間違ってるわ!
うん、これはやはりサスペンス!

トラウマティックな彼らの過去に、ずるずると引き込まれてはいけないの!
サスペンスADVなのだから、そういった演出の面白さや、二転三転する物語のスリル感に着目して感想をかかないと!!


と思い直してですね(笑)
こうして、泣き濡れたキーボードにもう一度向かっておりますwww


本当に不思議なのは、自分が幽霊棟の事件に関わる一員のようにして、自分の感情入れ食い状態でプレイしちゃうところですよね。
すごく淡々と物語が進んでいくのに、まるで自分のお友達のことのように気持ちを動かされてしまう。
恐るべしネヴァジスタです。



というわけで。


とりあえず、茅晃弘、感想書きたいと思います……!
ぐすん。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

図書室のネヴァジスタ 雑感&主要ルート感想 [図書室のネヴァジスタ]



図書室のネヴァジスタ

図書室のネヴァジスタ

  • 出版社/メーカー: タース・エンターテインメント
  • メディア: DVD-ROM




bb.jpg


先日までプレイしていたあさき、ゆめみしから一転して。
雰囲気のがらっと変わったゲームをプレイ中です。

図書室のネヴァジスタ。

この作品を、ひも解いてよかったような、よくなかったような。
正直、今そんな気持ちです(笑)

まさに「もう終わりだ……」。

文句なしに面白い。

文句なしに引き込まれる。

ただ。
引き込まれるというより、引きずり込まれる、という方が正しいような気がします。

文字数としては、かなり少ないのに。(シナリオヴォリュームはあります)
台詞であったり、言葉であったり表現であったり。
そのひとつひとつが、的確に、プレイヤーの致命的な部分を突き刺すような、そんな印象を受けます。

映画のような雰囲気を感じさせるのは、フォントのチョイスと、ライターさんが限られた文字数の中で、どの言葉が読み手の心に最も作用するか、考慮されているからだと思います。
英文を翻訳する時のようなイメージで。
詞を書く時のようなイメージかな。

あと音楽が素晴らしいですね。
音楽鑑賞システムがないのがもったいないくらいです。
どれも美しい。そして切ないです。
スチルなどのクオリティも高く作品にとてもよく合っていると思いますし……正直、いうことないです。

ではなぜ、ひも解いたことをちょっぴり「後悔」したような表現をしたのかというと。
それは、無意識に忘れていた、自分の心の奥底にある錆びついた引き出しを開けてしまうからです。


別にトラウマ、というほどのこともない。
別に人生最大の後悔を、というほどのことでもないのです。

そういうターニングポイント的なものではない。

日常のどこにでも落ちているような「言葉」。
誰でも持っているような「夢」。
さまざまなことについて語りあった「あの日」。
教壇に立っていた先生の「姿」。
地域欄にしか載らないような「出来事」。
学校でしか広まらないような「噂」。
友達や親が自分に向ける「表情」。


何気なく生きてきた人生の中で、見て見ぬふりをしてきたこと。
知っていたのに、気づいていたのに、手を離したこと、忘れたこと。
またその逆もありますね。
見て見ぬふりをされたこと。
知っていたはずなのに裏切られたこと。
忘れられたこと。

そういうことを。
力ずくで暴き出されて。
泣きたくなります。

「私」という「子供」は、もう私の中にはいない。
でも、子供だった記憶は、あります。
もう「大人」なのに、「子供」の頃の瑣末だけど確かに残っている記憶を暴かれるのはこんなにしんどいことだとは思わなかったです。


で。

……初回ルートでコレです。
今後どうなるのか、自分でも怖いです。

しかし、やめられない。
生傷に爪を立てるようにして、スクロールする手は止まらない。
フルコンプまで頑張りたいと思います!


……続きから、初回本編ルートのネタバレ感想となります。
が。

今回この作品については、ゲーム内容については詳しく書く予定はありません。
ただ、単純にあかりが思ったことをつらつらと書き連ねているだけのつまらない文章だと思います。作品のネタバレを読んでからプレイするかどうかを参考になさる方には向かない記事かもしれません。ご了承くださいませ。

というのは、そうして要約したり、端折ったりしてしまうことによって、彼らの「顔」が見えなくなってしまう作品だからです。概略だけを書いてしまうと、彼らの苦しみがここに残らないと思ったからですね。
ぜひ気になった方は、体験版からプレイされることをオススメします。


それではどうぞ!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
図書室のネヴァジスタ ブログトップ