So-net無料ブログ作成
検索選択
その他オトメイト作品 ブログトップ
前の10件 | -

KLAP!! ~kind Love And Punish~ 感想 [その他オトメイト作品]



お久しぶりですこんにちはー!

ちょっといろいろバタバタしてたらほんと、ゲームする時間が最近とれなくて……あれれ……な感じでございましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうかー!

こないだまでプレイしていたのが、結構長めのゲームだったので、ずーーっと積んでたこちらのゲームに着手しました!!



KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game



KLAP!!です!!!

正直……あんまり乙女ゲームプレイしたい気分でもなかったんですけど(笑)
短めのものを少しつまんでみたくなったんですが……。

やってみたら、意外と面白い\(^o^)/

KLAPという作品が今のプレイスタイルにちょうど合ってた感じはしますけれども、非常にコンパクトにぎゅっと内容が詰まってて、素敵ですね(*^^*)

この、コンセプトがはっきりしているところと、ストーリー内容が簡潔にまとまっている感じは、最近の作品では「喧嘩番長乙女」に近いかな、と思いましたね。確かKLAPの方が先に発売している作品なのですが……私の中でこの2作は結構近いですね。

ムチなどでの調教システムに、SM選択肢……と、若干イロモノっぽい雰囲気を醸し出してるにも関わらず、ストーリーは意外にも真面目に切なく、それでいて冗長でもない。とても、まとまっているところにも好感が持てました。

調教パートはエロ面白く。
ストーリーは、甘切なく。
ギャグあり、シリアスあり、萌えあり、セクシーなところもあり……という、このメリハリの効いた感じが、飽きのこない構成になっているなあと純粋に感動。
やっぱり遊んでみないとその良さがわからないところが、乙女ゲーム。
久しぶりに、そのことを痛感した次第でございます(笑)

ストーリーの方向性としては「カエル畑DEつかまえて」とか「神なる君と」に似ているかなと思いました。

余談ですけど、KLAPはキャスティングも最高だったよ……各キャラクターかなりハマってて素晴らしかったです!!好みもあるけどね!!!

FDも発売されましたし、またこの生徒たちに会いたくなったらプレイしたいと思っております!!

それでは、ざっくりとですが以下ネタバレ感想です。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

7'scarlet(セブンスカーレット) 感想 [その他オトメイト作品]




7'scarlet 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

7'scarlet 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game








セブンスカーレット、あっさりトロコン!
ということで、まずはざっくり感想をば。


(まず、私はミステリーと名の付く作品にうるさい、ということを念頭に置いて、話半分で聞いてくださいね!!!)



うーん、怪奇モノノベルゲームという点では、好みの点で左右されるところはどうしてもあるけれども演出も含めて考えるなら可もなく不可もなく、普通に楽しめましたが、これを乙女ゲームというジャンルで考えるなら、どうなのかな……??と首をかしげたくなる内容ではあったかな、と個人的には思ってしまったのが正直なトコロでございます。

乙女ゲームとして考えるのであれば。

かなりテンプレートな作品だと思います。

キャラクターもかなり記号的。
というか、たぶん物語の歯車としての役割を重視されたのだと思います。

なんだろうか。
キャラクターを知る前から、もうだいたいこのキャラはこういうキャラだからこうなるだろうなーっていうのが想像できてしまう。その点で新鮮味がないというか、もうこういうの何回もみたなー、こんなセリフも何回も聞いたことあるなー、とか、そういうことを考えながらプレイしてしまうのもあって、乙女ゲームプレイ本数が多いプレイヤーほど、恋愛に入り込むことができない乙女ゲームであることは確かだと思います。

シチュエーションが濃いから、そこが楽しめればいけるんじゃないの?と言うご意見もありそうなのですが、個人的には切り取ったシチュエーションすらテンプレートな感じがするので、ちょっと……その辺りもキビしいかもしれません。

あと、おそらくプレイヤーがこのような伝奇ミステリー×乙女ゲームに対して期待するような、こう……つりばし効果的な恋愛の着火?というのでしょうか、そういうものが全くなかったのはちょっと辛かったかもしれないですね。
ヒロインも、基本みんなに愛され、みんなの意見に流され系なので、物語の駒でしかありません。


シナリオがどうとかいう問題ではなく、乙女ゲーム×ミステリーの醍醐味がまったくなかった(と私は思いますね)ところが結構残念でした。

伝奇ミステリと恋愛が完全に乖離していて、正直個別ルートではなにがやりたかったのかわかりません。
伏線を貼るためだけに個別ルートが用意されているような感じでしょうか。
その伏線をプレイヤーに披露するためにルートが必要で、そのために攻略対象にヒロインを好きにならせる、みたいな。
軸にある、これから明かすべき設定が、強制的に物語や恋愛をすすめているような感触がこちらには伝わってくる構成になってしまっているように感じました。

ミステリーが好きな私の、独断と偏見に満ちた意見ではありますが、「伏線を貼っている」ということをプレイヤーに初回から悟られている時点でそれは伏線とはいえないと思うんですよね。

基本、こういうテイストの作品でもっとも大事なのは、ミスリード。
真相から目をそらすことなんですよ。

なのに、この作品は、真相を読み解かせることを軸において、恋愛ルートがおざなりなのも影響して、まったくその軸からプレイヤーの目を逸らせることに成功していない。だからこそ、伏線が目立つんですよね。

確かに真相をプレイした後に思い出すことができるいろんな伏線が作品全体に散りばめてあるので、「唐突にこの設定を持ち出したわけではない」という証拠を各ルートに残しているとは言えるとは思いますが、ぶっちゃけ、その部分がプレイヤーの想像、推理、またその向こうにある恋愛でもいい、それを掻き立てるような内容にはなってなかった。
後からみた時に単なる「答え合わせ」にしかならないような、そういう感じがしましたね。
(伏線の張り方は最近のゲームでいうなら圧倒的に絶対階級学園などの方が上手だったと私は思いました)

また、好みが分かれる点としては、プレイヤーのミステリー観(?)かな、と思います。
今作品は恋愛×ミステリーということでしたが、プレイヤーがミステリーというものをどう定義しているかによって、プレイ後の感想はかなり、かわってくるかと思います。

京極さんとか北森さんとか、あのあたりの民俗学っぽいミステリを乙女ゲームに求めて、というのであれば、このストーリーはまったく違いますので、その辺りはご注意くださいね。

しかし、演出やムービーなどは一風変わっていて面白かったですね!
あと名作ノベルゲームなどのネタを盛り込んで(やりすぎてるところもあれど)雰囲気つくってるところも。

キャラ同士の掛け合いなどは特別面白いとも思いませんでしたが、非常に読みやすいことは確か。
どことなくちょっと昔のゲームを彷彿とさせるかなwこの辺りも好みが分かれるとは思いますね。



それでは。
ざっとネタバレ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(10) 

ピリオドキューブ~鳥籠のアマデウス~ 総評 [その他オトメイト作品]



ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~ 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~ 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game






① シナリオ ☆☆☆

非常に読みやすく、シンプルなシナリオ運びでした。
また、オンラインゲームの世界に親しみのある人ほど、あるある的な楽しみ方もできるかもしれませんね!
たくさんのサブキャラクターが出てきて、仲間になったりパーティを組んだりして、目的地に乗り込むまでの話を丁寧に描いていると思います。

ただ、やはりRPG設定と乙女ゲームは個人的には相性が悪いと思いましたね。
マルチエンディング系ならまだしも、基本目的はどのルートも変わらないので、それに対するアプローチも(例外のキャラもいますが)基本的には変わらない。また、RPGなので、システムメッセージや、ミッションに対する説明、アイテムや場所などに関する説明などがどうしても必須となってしまうので、ルートごとに「前周回」と同じ現象、疑問点について別のキャラが繰り返し説明する、というようなところがたくさん見られます。(これはどのルートからもプレイ可能、という乙女ゲームの自由さが裏目に出てしまうパターンですね)

しかし、シチュエーションCD先行型の作品ですので(私はすべて未聴ですので)、そちらの情報を加味してプレイされるとまた違った感触の作品かもしれませんね。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

オトメイトさんらしく、キレイでスチル枚数、差分も多く素敵でした。
あと、そういうオンラインゲーム画面を意識したエフェクトであったり、ステータス表示、コマンド表示なども素敵でしたね!
独特の色使いで、青を基調とした雰囲気で統一されていたところもキレイでしたね!
背景や、モンスターのバリエーションの多さ、MAP演出などにも力が入ってました。
MMORPGの世界観の演出に大きく貢献していたデザインの数々だったと思います。


③ キャラクター ☆☆☆

さすがシチュエーションCD派生というべきか、それぞれキャラクターの立ち位置が違うところは好感が持てました。(いまだにディメントのオマケ感にはびっくりしてはいるのですが)
個人的に誰かにのめりこむことはなかったけれども、現実世界での設定、そこから作ったアバターキャラに意味があるキャラクターもいたりして、オンラインゲームという世界だからこそ描けるキャラクターの萌え、というものは理解できました。
サブキャラクターの数だけでなく、一人ひとりのキャラも濃いし、みんなでオンラインゲームをしている雰囲気は出ていたと思います。

☆がいまいち伸びてないのは、ヒロインの設定に起因しています。

あまりにもチートすぎる。

もうそのひとことです。
でも、これもまた、CDの時からの設定云々の問題がありますので、なんともいえないですね……。


④ システム ☆☆☆☆☆

非常に遊び易かったです。
選択肢ジャンプ搭載(しかもきっちり未読で止まってくれる)、さらにチャプターから好感度など調整できますので、メリーバッド回収もらくらく。
また、オンラインゲームに疎い人(つまり私だ)には用語集もきっちり用意されていて、非常にプレイヤーにもやさしかったです。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

CD先行作品ということを考えれば、ファンのための作品なのですから評価は変わってくるとは思うのですが、私としては特にそこまで何か惹かれるものもなかったのでこうなっちゃいました。
ただ、キャラクターのかっこよさ、可愛らしさであったり、オンラインゲームの風味は生かせている作品だとは思います。

思うのですが、うーん、あまり内容がなかったかな……。
メリーバッドもそこへ入るまでの過程もどの子も一緒なので、攻略しやすかったのはあるけど、ちょっと面白味がなかったかな……。
設定のせいもあって、物語にイマイチ幅がないところが気になってしまいましたね。
しかし、何度もいいますがCDの時の設定覆すわけにはいかないので、難しいところかも?


nice!(0)  コメント(0) 

BAD APPLE WARS 総評 [その他オトメイト作品]






BAD APPLE WARS 限定版

BAD APPLE WARS 限定版

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game







① シナリオ ☆☆☆

初回でだいたい6~7時間くらい。
共通ルートの方が長いので周回プレイはさくさくっと1~2時間ほどで終わるので、きっと早い方なら2日はかからないんじゃなかろうか、というくらいの内容でした。
今年(2015年)の「死後モノ」乙女ゲーの中では若干オリジナリティに欠けるかな?と感じざるを得ない物語だったと思います。

基本的には、不慮の事故で亡くなってしまったヒロインが、NEVAEH学園という、生きることに何らかの形で未練を残しているさまよえる魂が集う場所で、出会った男の子たちとともに「生きるということは何か」について探求していくお話となります。
個人的な感覚なのですが、自らの「生きる意味」を問うというなかなかに重いテーマで勝負したにもかかわらず、それを見つける物語としては軽くあっさりとしたものになってしまっていたかなと思います。逆に言えば、その「ダイジェスト」的な物語は簡単に攻略できるというメリットもあると思いますので、この辺りは好みかなと思います。
ほぼダイアローグのみで進むので読みやすく、とんとんと話が進んでいくところもそう感じさせるひとつの要因かなと思いますね。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

キャラクターデザインが好みであれば、スチル等にも特に違和感なく楽しめると思います。この作品のウリである「禁忌魂触システム」の好みはぶっちゃけ分かれるかな……。
らぶらぶなシーンで入るわけではなく、結構シリアスなシーン(生前の彼の本質に触れるような場面)でこの、いわゆる全裸スチルをあーでもないこーでもないとタッチして、ダミーヘッド吐息をきく、みたいな感じなので、そこを目当てにプレイするならイイのですが、普通に物語を追うプレイヤーとしては、その温度差に大爆笑、みたいなことが起こりかねない諸刃の剣のようなシステムでした(笑)


③ キャラクター ☆☆☆

大変申し訳ないが、どれもどこか既視感があるキャラクターでしたね……。
ワルイ子、イイ子、カワッタ子。
立ち位置は違って面白かったのですが、基本的にはどちらサイドの子であっても、「何故この学園にきたのか」のルーツを、彼に触れることによって垣間見ていく、というスタンスは変わらないので、あまり学園生活の中で彼にときめいたり、素敵だなと思うシーンは少なかったですね。

基本的に生前の彼がどうだったかを知ったヒロインが、同情して、彼の気持ちに寄り添いたい……という目線からしか、キャラクターが描かれていないような気がしました。そのため、単純に全員、ああ可哀想な子なんだなあ、というくらいの印象しかもてず。(個人的にサトルはちょっと毛色が違いましたけど)
その辺りがちょっと残念だったかなと思いました。
しかし、サブキャラクターたちがわいわいしているのはとても可愛かったですし、脇カップリングなんていうのもあり、個人的にはヒロインよりそちらの方が気になっちゃったり。

あ、そうだ。
ヒロインについては、彼女自身が「私はからっぽ」と言っている通り、彼女の背景はほぼ見えてきません(というかたぶんない)。なので、ヒロインの個性重視な方にはおすすめできない作品であると言えるでしょう。


④ システム ☆☆☆☆

フローチャートなどもあり、非常に周回しやすいつくりにはなっていたと思います。どのセーブからでもフローチャートを利用すればすぐに分岐する前からプレイできるので、とってもらくちん。
あとはだいたいいつものオトメイトさんですね。若干、スチルタッチの反応が悪いかな……?(どこをいつタッチすれば反応するのかがいまいちつかめない)とは思いましたが許容範囲です。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

さくさくっとプレイ出来るわりには面白い、のかもしれないのですが、もってきたテーマがテーマなだけに「こんなにあっさりでいいの?しかも全裸スチルで笑いを誘って大丈夫なの?」と思わず心配になってしまうという、作品の温度が非常に掴みにくいゲームでした。

あと、全体的に物語が狭いんですよね。
舞台が学園しかないのでしょうがないといえばしょうがないのですけれども、基本的な学園イベントはどのルートも同じで、しかも展開もそう変わらないので……。
好きなキャラクター、キャストのルートだけ、という遊び方でも全然大丈夫な作品という意味では、プレイヤーに易しいのかもしれないのですけどね!

「禁忌のリンゴ」というメタファーを用いて描かれた物語の割には、ここがこうつながるのかな?この人がこういう立ち位置なのかな?と思ったところにまったく設定がなく単純に、ヒロインと彼の魂の触れ合い、という部分にしか物語がないので、その辺りも浅く感じられてしまう原因かもしれないですね。ちょっと泣きゲーというには厳しいかもしれません。
しかし、お目当てのキャストさんがいらっしゃるのならば、無難に纏められた上でセクシーなボイスを堪能できる内容となっているので、損はしない作品だとは思いました!





nice!(0)  コメント(0) 

ゆのはなSpRING! 総評 [その他オトメイト作品]





ゆのはなSpRING! 限定版 予約特典(ドラマCD)付

ゆのはなSpRING! 限定版 予約特典(ドラマCD)付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game





① シナリオ ☆☆☆

バッドエンドはありません!

そのキャッチコピー(?)が示す通りに、ぬるま湯のような温度で甘さに浸れるザ☆オトメイトさんな作品でした。
ただ物語としては、焦点を若女将の成長、攻略キャラクターの成長、どちらにおいてみても、全体的に描写の中途半端さは否めないかな、と思いました。
読み切りの少女漫画が、クライマックスシーンに向かって話をよせていく感じに似ていて、この作品も甘いシーンありきのストーリーです。
その「甘い」シーンが好みじゃなかったら……かなり致命的かもしれませんね。(私がそうでした)
最近流行りの○○ドン、がどのキャラも一回ずつあって(確か……)……そういうところからも、どこかシチュエーションごとに切り取って楽しむべき、なゲームかな、という印象を受けました。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

RiRiさんの絵は本当に可愛らしくて素敵でした。
ここに至った経緯を考えなければ(酷)セクシーに迫ってくる彼らのスチルはいくらでも眺めていたいです(笑)
特にゆのはちゃんが、いろんな衣装に着替えるので、その点でもとても眼福。
可愛かったです♡(男性陣は不思議な服装してたような気がするけど……)
スチルもたくさんあったし、なによりゲーム自体のデザインがとってもかわいい。
あと、縦書きのテキストや、章ごとに幕がでてきたり……と和モダンな雰囲気はとても素敵だったと思います。


③ キャラクター ☆☆☆

久しぶりに付き合いたい子がいない乙女ゲームでした……(笑)

みんなそれぞれキャラは立っていて可愛いとは思ったのですが、恋愛が絡むとからきし……乙女ゲームとしてシチュエーションへと導く駒になっているような気がしました。
という点からみても、あまり彼らの人間性が見られなかったと言えるかな。
「キャラクター」を描いている感じがものすごくするゲームだったと思います。

ヒロインに関しても、こちらもザ☆オトメイトさんヒロインといいますか、物分かりのいい、可愛いヒロインでしたね。
個人的にはもうちょっと彼女自身の「葛藤」を知りたかった。
ファッションデザイナーの夢と、家業。
彼女が抱いているハズの、漠然とした将来に対する不安と焦りのようなものがあまり見えないんですよね。確かにシリアスにしすぎないためにはさじ加減は必要だと思うのですが……。
そうした葛藤と、攻略対象のストーリーを重ねて楽しみたかったですね。


④ システム ☆☆☆☆

攻略はものすごく簡単で、さらっと遊ぶには向いている作品だと思います。
EDは2種類ですが、セーブなどをしなくてもチャプタージャンプで女将度調節してやり直せるので回収はとっても簡単でした。
ゲーム性という意味では易しすぎるような気はするのですが……。
いつものオトメイトさんという感じのシステムでした。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

面白いといえば面白い、かもしれない。
けれども、何か残ったかと言われれば私には何も残らなかった……。
ラブコメっぽい雰囲気ですが、あんまりコメディ色は強くなかったかな。
グラハ、トリキスのような面白さを期待して……というであれば少し肩透かしを食らうと思います。

王道ストーリーとよく言われる作品ですが、よく言えば「王道」、しかし悪く言えば「テンプレ」ととられかねないかもなあという内容だったと思います。
もう、ひとひねり、ふたひねり欲しい。
あまりにも予想した通りに話が進み、予想した通りに話が落ち着くので、安心感はありますがお話を楽しいと思える瞬間があまりなかったように思います。
あとは、彼らの恋愛観とプレイヤーの恋愛観のズレがあったら結構ツラいです。
私はそのタイプだったので……まあでも年齢的なものもありそうなんですがね(笑)
ネタバレになるのであまり書けないのですが、個人的な見解ですけれども、そんなにゆのはに対する深い愛を感じなかったです(金ちゃん以外)

しかし、シチュエーションそれぞれは非常に甘く、EDや後日談などもとっても甘いので、そういったニーズには申し分なく応えているゲームだったと思いますね!
好きキャストがいらっしゃるなら、ぜひおすすめです。
私も甘く可愛いボイスはたっぷり堪能させて頂きました(゚∀゚)




nice!(0)  コメント(0) 

ゆのはなSpRING! 泉高平&片桐金太郎&隠し 感想 [その他オトメイト作品]






ゆのはなSpRING! 限定版 予約特典(ドラマCD)付

ゆのはなSpRING! 限定版 予約特典(ドラマCD)付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game






ゆのはな、トロコ……いえ。

チェックアウトのお時間でございまあす♡


うーん。
申し訳ない。

誰ひとり萌えなかったという時点で、個人的には乙女ゲームとして非常につらかった作品でした……。
人気投票すら投票したいキャラがいない……というなんとも、珍しい……。

面白くないわけではないんですが、全体的にあまり恋愛にリアリティがないなあと思いました。
若女将としてのお話にリアリティがあるか、という点ではなく(そこはフィクションなので楽しければいいと思うので)やはり、恋愛模様にはちょっとリアリティは欲しいかな。
というのが個人的な意見です。

読み切りの漫画っぽいですよね。
連載モノじゃなく。
尺がこれだけしかないから、こうやってゴールイン!!!みたいな(笑)

まあでもライトなノリではあるので、さらっとプレイするには向いている作品かもしれません。
あと、どのキャラも甘さがありますね。
この甘さがちょっと「シチュエーションCD」的な甘さなので、そういうのを求めてプレイされるならオススメです。

スチル、ゲーム全体のデザイン、ゆのはちゃんの若女将姿などはすごく凝っていて、可愛らしかったです。しかもゆのはちゃんいろいろお姿にバリエーションがあるので、その辺りも眼福眼福でした♡

ゲームのデザインや絵柄が好きなだけになあ……。
ちょっとシナリオ面が個人的には合わなかったです……。
でも結構他では評価は高い作品ですので、購入を予定されている方はぜひ他の感想もご覧になってみてくださいませ♡


それでは残り。
泉高平、片桐金太郎、隠しルート。
ネタバレ感想です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ゆのはなSpRING! 佐伯宏太&葛城直昌 感想 [その他オトメイト作品]






すみませ……。
私、ゆのはな発売日に手に入れておきながら、若女将になる前にボスになってアフガンを麻酔銃(基本チキンです)片手に馬のって駆け回ってました(訳:メタルギアソリッドVやってました)

ようやく本分を思い出し我に返って、さあさいよいよプレイでございます。




ゆのはなSpRING! 限定版 予約特典(ドラマCD)付

ゆのはなSpRING! 限定版 予約特典(ドラマCD)付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




ゆのはなSpRING!

2人エンドふたつずつ、まるっと終えて思ったのは。

久しぶりにザ☆オトメイトさんど真ん中☆な作品だなあ……。

デザインは相変わらずの凝り様、スチルはとっても綺麗だし、台詞や構図も甘い。
物分かりのいい、可愛いヒロインに、恋に己を乱される攻略対象たち。

うん。
ほんと、もうまさにオトメイトさん!!って感じの作品ですね。

作品的には十分だとは思うのですが、個人的にもっと若女将があーでもないこーでもない、慣れない女将業に奮闘しちゃう落ちこむこともあるけれど私はげんきですドタバタコメディ!!!……なのかなーと思いきや。

思ったより旅館の規模が小さいからなのか。

あんまりドタバタしませんね(笑)

ゆのはが巻き込まれる、というよりか、ゆのはが積極的に巻き込まれていく(または発端)ので、どうしても意外性は少ないですよね。
(個人的には共通パートのお客さんはもっと濃かったり、面白いお客さんが泊まりきてもよかったと思う)

少ない従業員でほっこりなおもてなし、がコンセプトなのはすごくわかりますし、それでこそこの、ゆのはちゃんの「お節介」にリアリティが出てくるのは確かなのですが、ゆのはちゃん自身の成長というか自分の夢を追いかけるか、家業を手伝うかという葛藤というか、そういったものがあんまり感じられなくて、物語全部がさらっと流れてしまう印象がありました。ゆのはちゃんがあまりにも受け入れすぎてるからかな……。

「もう旅館なんてやだ!!」って飛び出したのに、それがまったく見えない、さらに「若女将」という仕事のいい面ばかりが描かれているような気がして、その点でも「ゆのはちゃん本当に嫌だったの?」と首をかしげてしまうところですかね。

あと、共通ルートはそれなりにいろいろと2人が「気になる?」「気になるかも?」みたいな描写が可愛いのに、個別ルートになるととたんに恋愛脳になるというか、その辺りもちょっと不思議なゲームだなあと思いました。

うーん、難しいなあ、王道って。


それでは。
佐伯宏太、葛城直昌、ネタバレ感想です!


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

熱血異能部活譚 Trigger Kiss 総評 [その他オトメイト作品]






熱血異能部活譚 Trigger Kiss 限定版

熱血異能部活譚 Trigger Kiss 限定版

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game







① シナリオ ☆☆☆☆

トリガーキスがちょっとでも気になる方はぜひ気軽にプレイしてみましょう。
これもまたブログでは伝わらない面白さでした。

個人的にはオススメしたいゲーム。
重ためな真相があったり、シリアス路線の乙女ゲームが多い中、このコメディという路線で勝負をするチームのみなさんを称賛したい気持ちでいっぱいです。
どうしてもコメディは乙女ゲーム的に分が悪いんだなというのを痛感しましたね。
物語の壮絶さや悲惨なトラウマなどで、恋愛に深みを持たせられないから。
それが一番の厳しさだと思います。

でも、それを全力でカバーする「楽しさ」が個人的にはあると思います。
さすがグラハチームです。
ただ前作が恋愛を軸のコメディーだっただけに、乙女ゲームとの相性がよかったですね。
今回は部活を軸にしたコメディーですので、その一点で不利だったのかなと。
個人的には、きちんと恋愛はしているなあと思ったし、ゲームとしてとても完成されている&クオリティの高い作品だなあとは思ったのですが、どうしても「部活」ありきの作品だから……試合の連続、という似たような展開の仕方をするので、ストーリーの起承転結がね……。
ただ、それを差し引いても、テンポのよいダイアローグ、マンガ調の演出、背景や吹き出しタイプを選択肢してルート分岐していく面白さはやっぱり素晴らしいなと思いました。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

物語がベタな熱血モノにも関わらず、スチルがとても乙女ゲームらしくきらきらしていて、とても綺麗でした。でもタイトルが筆字だったり、厳ついデザインもあったり……と、「定番」をちょこっと外してくるセンスのよさはやはり素晴らしいですね。
そのミスマッチにも思える両方をうまく組み合わせて「面白い」に変化させるのが上手だなあと思いました。


③ キャラクター ☆☆☆

ライバル校のメンツも含めて、キャラクター全員に嫌味がなく、アツく可愛い。
どのルートもすっごく面白かったし「可愛い~♪」ときゅんきゅんさせてもらいました。
☆3つにしたのは、大変申し訳ないのだけれど「萌え」の観点から個別感想を書こうと思った時に、書けなかったからです。
それぞれにいいところがあり、テーマがあり、それぞれがとても可愛かったのだけれど、ひとまとめにしてしまうのであればどの子も「青春」しているという印象が強い。
自分の限界、仲間との絆と亀裂、選手生命と試合の天秤、過去の因縁、代々守ってきたものと責任感、積年の夢……などなど。本当に構成する要素が「青春」そのもの。
その中で築かれていくのは、恋というよりもどちらかというと仲間としての絆です。
部活一筋で生きてきた男の子たちが、そうして仲間として自分を支えてくれたり、時に叱咤してくれるヒロイン(しかも試合中キスをしてくれる女の子)を好きにならないはずがない。
悪く言えば、その「型」からは基本的に全キャラクター外れないところが、あまり心に残らないのかもいしれないですね。

しかしフルコンプして「あー面白かったー!!」と叫べるほどにはみんなひっくるめて大好きだし、みんな可愛かったです(*´ω`*)


④ システム ☆☆☆☆

基本的はいつものオトメイトさんのシステムですね。
まあでもこの作品。
一番笑えるのはやっぱり「トリガーキス」発動時の手のひら(手の甲)にプレイヤーに実際にキス(タップ)させるという演出ですよね(笑)
Vitaならではだと思いますし、この辺りの遊び心は素敵。
あと前述しましたが、背景や吹き出しタイプを選択肢してルート分岐していく斬新さにも驚かされました。
おまけなどもあって、大満足でした。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

ただ、純粋に面白かった。

トリキスは、会話劇の中にキャラクターの可愛さがあり、かっこよさがあり、愛おしさがあるので、ブログでは面白さはそう、伝わらないと思います。
ですので、気になった方、キャストさんのファンの方はぜひ遊んでみて頂きたいですね(*´ω`*)

少年漫画のアツい展開がお好きなら、たぶんほっとんどの方に受け入れられるタイプのゲームです。
ベタだけど気持ちいい。
読めるけど、面白い。
そんな展開をしてくれます。

それぞれの持つ「異能」をうまく使った、絶体絶命的展開やその突破口を描き出したバトルシーンの面白さもきちんとあったし、その中で「この人頼りになる♡」「こいつデキるな!」と双葉ちゃんがきっと感じたであろうドキドキも、しっかりと伝わります。
決して「なんちゃって部活」じゃないし、部活ばっかりやって、途中で唐突に恋愛シーンが入る感じではないので、そこはご安心を。
短い期間の中で、すごく自然に「仲間」から「好きかも?」の過程が描かれていたように思います。

その点がものすごく健全で、微笑ましい物語でした。



nice!(0)  コメント(0) 

RE:VICE[D](リヴァイスディー) 総評 [その他オトメイト作品]






RE:VICE[D] 限定版

RE:VICE[D] 限定版

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game





① シナリオ ☆☆☆

魔王の側近、四天王の一人がヒロイン……の割には、全体的にぬるい印象を持ちました。
基本的には、魔王選定までが恋を育む「起」の部分、個別ルートで「承」「転」「結」を急ぎ足で駆け抜ける感じの構成になっておりました。その点から、簡単に攻略ができる一方、どうしてもどのエンドも印象に残りにくかったです。
また、個人的な感想なのですが「魔王選定」というテーマが意外ときっかけでしかなかったので、少しびっくり。
ですので、少しネタバレになるかもしれませんが「魔王育成計画」「魔王とその側近」的な恋愛を楽しもうとしてこのゲームに挑むと、肩透かしを食らうかもしれませんのでご注意を。

② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

ここに関しては、さすがオトメイトクオリティというべきか。
絵に関しては好みが分かれるとは思いますが、綺麗ですし、枚数的にも十分だと思いました。
(最近いつもこう言ってる気がするw)

ただ、あんまり甘いスチルはなかったかな?
まあでも、ゲームの雰囲気からすれば、十分かなと思いました。
個人的に凝ってたなあと思ったのは、選定の書に描かれたラクガキを選択することからイベントが発生したり、クリア状況やイベント前後でラクガキの内容が微妙に変わっていくところです。
あのあたりはすごく芸が細かいなあと思いました。

③ キャラクター ☆☆☆

毒舌で、ツッコミもなかなか容赦のないヒロインは、オトメイトとしては新しい感じはするのですが、あまりそれが生かしきれてなかったかなと感じました。
「魔族」と「人間」という種族を分けているにも関わらず、あまりその違いを感じられなかったところが残念でしたね。
人の世の常識が通じない、というところはある程度描かれていたように思うのですが、魔族だからこその残忍さとか、狡猾さとか、そういったものがもうちょっとあれば面白かったかなと思いました。

攻略対象はみんななかなかいい性格をしています。
しかしルートによって結構お話の濃い薄いがあるので不利なキャラクターが出てきてしまって、可哀想でしたね。(特にユキネ)
キャストさんが好きで、公式に上がっている情報だけでキャラを可愛いと思えるなら、プレイする価値はあると思います(*´ω`*)

④ システム ☆☆☆

Vitaにした割には、オトメイトさんは大してあんまり変わらないんだなあ、と……。
タップでテキスト繰れるくらい??
あとスチルが綺麗……なくらいで、他はほんと特に新たな試み、みたいなものはないんですねえ。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

無難なところでまとめられた、普通に楽しめる作品だと思います。
かなりオトメイトさんが宣伝に力を入れていたのと、魔族なヒロイン、結構キツめのヴィジュアルで、新しい感じのゲームをやろうとされているのかな?と思いきや、中身をあけると、やっぱりハッピーエンドにどうにかして落ち着かせる感じのお話だったので……。
ゲーム全体から感じるイメージとストーリーに結構ギャップがありましたね。

魔界と人間界、という結構大きなスケールでありながら、描写があっさりしているので、その辺りもいまいち私はのめり込めなかった原因かなと思いました。
しかし、非常に短時間で遊べて、サブキャラクターにもきちんとエンドがあり、そんなキツいエンドもないですし、プレイヤーに易しい作品ではあると思います。




nice!(0)  コメント(0) 

RE:VICE[D](リヴァイスディー) クロダ感想 [その他オトメイト作品]





本日は、隠れてない隠しキャラクロダの感想……。


とその前に。
(ネタバレ感想をお読みになりたい方はすっとばして続きからどうぞー!)


鈴木千尋さんと杉山紀彰さんの「ふたりだからできること」いってまいりましたー!!
久しぶりのイベント参加で、とっても楽しかったですー(*´ω`*)

いつも仲良くしてくださるブロガーさんと一緒に参加させて頂いたのですが、ワタシ、個人的に一番心に残ったのは、彼女をはじめとする、席の周りにいる浴衣女子たちの表情でした(笑)

両手を胸の前で組むようにして乙女の顔で、前方のお二人を眺めてらっしゃるのには、なんだかこっちが。

胸きゅん……!!

でございました(*^^*)


高校時代、演劇部に所属していた仲間たちが夏祭りに集まり、かつての夢と現在を語る、という内容の朗読劇に始まり、トークコーナー、シチュエーションボイスコーナー、じゃんけん大会、ラストは歌で、という約90分の催し物でした。

どうやら夜の部の方が、鈴木さんのフリーダムに拍車がかかっていたようで、某ハムスターアニメのめがねの子やら、朝にやってる某アイドルアニメのクマが飛び出したりと……たくさん笑わせて頂きました。
ん?杉山さん?
それはもう、安定の杉山さんでしたね!!!

敢えて好きな浴衣の柄の名言を避ける杉山さんとか……もうさすがとしか言えないですwww
あと、夏のデートコースとか、今年の夏の過ごし方とか、すべての質問に対して「僕は人ごみが嫌いなので……」という枕詞により三段オチみたいになっているのも、杉山さんらしくて思わず笑ってしまいましたwww

一方千尋さんは攻めに攻めまくる感じで(笑)こちらもさすが、といった感じでとても楽しませて頂きました!ころっころ雰囲気を変えてこられるので目が離せない千尋さん。また、本当はMCさんがお二人の言葉を拾ったりしなければならないところを、逆に千尋さんがMCさんにふったり、拾ったり突っ込んだり……と、白石さんと津田さんは振り回されっぱなしの90分間だったのではwww

でも、その構図がとてもイベント全体の雰囲気をあっためてて、とても皆さんの仲の良さが伝わってきましたね!
バランスがとてもいいといいますか。

白石さんや津田さんが(MCも演じてと)ふられた「シチュ台詞」を、ものっすごく恥ずかしそうにされているのとかも、とっても新鮮でしたね!

あと個人的にはさらっと白石さんが別名義でご出演の某蜂ゲーをちらっと話題に出されたのには、びくっとしてしまいましたが(条件反射ですね)みなさんのいろんな演技をたくさん拝聴することができ、ものすごく楽しかったです(*´ω`*)

ラストはなぜこの曲なのか……?と思ったりもしたんですが、はじめてのチュウをみなさんで。(このイベント、お決まりなのかな?)

あの場面、壇上のみなさんだけでなく、お嬢様たちも浴衣きていらっしゃるので、ワタシ、なんだか温泉施設でよくある歌謡ショーみたいな雰囲気を思い出してしまい、ひとりでツボにはまってしまって大変でしたwwww
うん、きっとノスタルジックかつ、アットホームな感じがそう思わせたんですよね。

いやあ、ほんとお二人とも歌がお上手なのです(*^^*)
浴衣姿もとても素敵でございました……!


と、イベント感想はこの辺りにしまして。

そろそろクロダのネタバレ感想です☆



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - その他オトメイト作品 ブログトップ