So-net無料ブログ作成
華アワセ ブログトップ
- | 次の10件

華アワセ[蛟編] 姫空木感想 [華アワセ]



華アワセを裏で起動して、顕現キャラソンループしながらPC作業するのが日課になっております……。
なんか、じわじわくるな、コレwww
そこまで期待してなかっただけに(楽しみにはしてたんだよ)嬉しい誤算な華アワセ。

それでは姫空木ルート、ネタバレ感想です♪

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

華アワセ[蛟編] いろは感想 [華アワセ]


華アワセフルコンプ☆
1~2日でコンプできるかな、とか思ってたら甘かったですねwww

……いやー!1470円でめいっぱい遊ばせてもらいました☆
満腹、満腹~♪

私、蛟編、なのに、個人的にものすごくいろはが好きになりました。
ぜんっぜんノーマークだったのに、いろはwww

五光の皆さま、それぞれに素敵で、それぞれにヤんじゃう感じがあったりしましたけど……うーん、難しいけど、一応恒例なので(自分ルール)順番つけてみようかと。

いろは>唐紅>蛟=姫空木、かな。

あれっ、メイン……。


うつつはまったく登場しませんので、考慮にいれませんけど……彼がくるとどうなるのか、楽しみ☆
きっと例に漏れず……(ルートによって?)病むんだろうな……(笑)

兎にも角にも。
結構好きなヤンデレばっかりだったので、楽しかったです♪

早く姫空木編出ないかな~☆
楽しみだな~☆

というか、いろはってこの感じだと、幸せにしてあげられるルートがなさそうなのですが……。
3部作にいろはが主役のお話ってないですもんね??
メインヒーローといっても過言ではないのにどうなさるんでしょうか?
……華アワセ、これからの展開に期待です☆

さてさて。
ではいろは、ネタバレ感想です♪

続きを読む


nice!(0)  コメント(8) 

華アワセ[蛟編] 雑感&蛟ルート感想 [華アワセ]





華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)

華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: ムック






さーて。
ビズログ10周年記念作品。
鳴り物入りでようやくデビューした華アワセですが。

……もう、このボリューム。
1470円とは思えません。

蛟編、と題打つだけあって、すべてのルートが「蛟を軸に置かれた」ストーリー展開ではあります。
……ありますが。

きちんと、いろは、姫空木、唐紅ルートが用意されています。
シナリオのボシュームへの不安も、なんのその。
エンド数も、単に1つずつじゃない。
頑張っても初回6時間はかかるんじゃないかなぁと思います。

スチル数、そのクオリティも……たぶん6000円強で売ってるPC乙女ゲームの枚数と遜色ない。
さらには、花札をベースとした独自のカードゲーム「華遷(華うつし)」の楽しさといったらない。
(逆に、カードゲームとかまどろっこしいのはキライ、と言う方にはかなりおすすめできないゲームになりますね。ゲームに勝てないと、話が進められませんので投げる可能性大です)
難易度の設定もすごくちょうどいいし、花札というものに知識がなくてもすんなりと理解できるシンプルな仕組みにされています。

びっくりです。

まさかここまでとは。
恐れ入りました、ビズログさん。
さすがです。

これは、ちゃんと全部買おうと思いましたねー。
他キャラを攻略すると、その彼について、知りたくなる。
それだけじゃなく。
五光にとっての「みこと」、ツキについて、運命について、華アワセというもの自体について。
もっと知りたいなぁという純粋な欲求が芽生えます。

乙女ゲームとしても、「ああ、これぞ全年齢対象のPCゲームwww」という、PCだからこそのある意味ではユルい、思春期男子っぽい発言の数々に笑わせてもらったり、純愛やら嫉妬やら、狂愛やらを楽しませてもらっております。

うーん、なんだろうなぁ。
個人的には、ものすごく少年マンガっぽい気がするのですが、どうでしょうか??
……ぶっちゃけ、どこぞの少年マンガ×乙女ゲーム!とか言ってたマフィアごっこしてるゲームよりよっぽど、少年マンガっぽい気がする……。(ぼそっ)

友情!努力!勝利!ではなく、愛情!努力!勝利!な感じですけどね(笑)


「華」(彼)を咲かせるために存在する「水」(私)。

その水は決して汚れてはならないんです。
つまり、どれだけ華を愛そうとも、華に汚されてはならない。

五光と水妹、という関係性でいなければ、あなたの傍にはいられない。
でも、そのままでは永遠に、ひとつにはなれない。

……まあ他にもいろいろと絡んでくるのですが、この設定が、すべてなような気がしますね。
このゲーム。

蛟編では、蛟の水妹として生きたいと願う彼女が、その「願い」を叶えるために、どういう行動にでるかによって、運命が分岐していきます。
みことを泉姫として目覚めさせることができる華は誰なのか。
それをちゃんと見極められないと(笑)ツキに見放されちゃう。

あ、そうそう……選択肢はすごく少ないので、そう、分岐に迷うこともありません。
カードゲームがあるから、これくらいでちょうどいいかもしれませんね。

まあざあっと書きましたが、こんな感じが雑感です♪
1470円なら、気になるなら買って損はないですよ~♪


ではでは、とりあえずメインヒーロー蛟の感想をば!!!

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
- | 次の10件 華アワセ ブログトップ