So-net無料ブログ作成
検索選択
越えざるは紅い花 ブログトップ

越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~ PC版と比較して&エスタ・ジギ感想 [越えざるは紅い花]







越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~

越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~

  • 出版社/メーカー: dramaticcreate
  • メディア: Video Game







Operettaさんの初!!!

初!PSPゲーム!!!

……というわけで、PC版を繰り返し、繰り返し……たぶんスレン&ナランルートは数えきれないほど回想した覚えのある「越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~」プレイしました!!

いやー、何度プレイしても面白いし、コンパクトにまとまってますなあ。
じ、実は、特典CD(私はステラワースさんの特典でしたが)を聴く限りでは「なんかちょっと乙女向け意識しすぎてる感じでアレだなあ……」とか思っちゃったあかりなのですが、ちゃんとPSPになっても、キャラの味わい深さやお話の面白さが損なわれることがなく、とてもよかったですね。


「PC版と何が違うの??」
という点に関してですが。

はっきり言って、ほとんど変わらない。
というのが正直な感想でしょうか。

まずは、もちろんですがいちゃいちゃシーンに代えて、追加シーンがあります。
ほとんどのキャラクターが、そういうシーンはすべてさらっとフェードアウト→事後ピロートーク(スチル)になってる感じですね。
一部違うキャラもいましたが。

そこで語られている心情であったりダイアローグがなかなか素敵で、PC版をプレイしていても楽しめる内容でございました。

次に、エスタ&ジギルートが追加されていることですね。

PC版ではノール派生エンドのひとつだったエスタのお話だけでなく、ひとつ独立したルートになっています。(話の流れはノールルートとニアリーイコールですが)
ジギルートはエスタルートからの派生、となるので、あくまでオマケの攻略対象、といった感じではありました。
(これについては畳んで詳しく感想書きたいと思います)


あとは敢えてあげるとするならば、メインキャラバッドエンドの変更ですね。

PC版では、どうしても年齢制限系ゲームなので、凌辱系バッドエンドがありましたが、性的にではなく、精神的に痛めつけられる、という形で変更されたりして、愛憎乱れるバッドエンドという雰囲気はそのままに、だったのでそこまでの違和感はなかったです。

まあでも大人の私といたしましては、初出のバッドエンドをすでに知ってしまっているので、「ナァラたんはこんなことでめげる、弱いおなごではありませぬぞ!!!」とかいいたくなってしまう気持ちがあったりもするのですが、それはもうしょうがないです(*´ω`*)

「R18は抵抗あるけど、評判いいからプレイしてみたい気持ちでいっぱい!!」というプレイヤーさんをPC版発売当時たくさんお見かけしましたので、そういう方に諸手を振ってこちらをオススメできるというのは、ファンとしてもうれしいのですよ……!!!

他は、小さなことでPC版でのちょっと過激な発言がマイルドになっていたり(とある軍事司令官様が少しお上品になられました)……と、キャストさん変更です、か?www

うん、その辺りですね☆

個人的にとても嬉しかったのは、シーンを追加するために、区切りのいいところまで、追加部分が含まれるシーンの音声を録り直してくださっている、という部分でしたね。
声の雰囲気がたとえそのまんまだとしても、全くの同じ、という音質になるのはおそらく不可能なのでしょうね。そういうちょっとした「違和感」を残さないようにされているのかな、と感じたところがあったので、ちょこっとここに書き残しておきます。


それでは。
追加されたエスタ&ジギルートのみになりますが、ネタバレ感想になります!
(他キャラクターはほとんどPC版と変わりませんので割愛させて頂きます、ご了承くださいませ)







続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

越えざるは紅い花 総評 [越えざるは紅い花]




ネタバレなしの総評です♪




越えざるは紅い花

越えざるは紅い花

  • 出版社/メーカー: Operetta Due
  • メディア: DVD-ROM









①シナリオ ☆☆☆☆☆

やっぱりOperettaさんの作品は、シナリオが本当に素晴らしいと思います。

コンパクトにまとまっているにも関わらず、きちんとルート同士で、キャラクターの背景や、キーワードの解釈を補い合っているので、浅くもなく、複雑でもない、という、絶妙なバランスのシナリオは、感動モノ。
前作の全年齢対象作品noiseほどゲーム自体が纏う空気がダークではありません。
しかし「女が極端に不足した世界」「罰=セックス」というような、ある意味「あざとい」「狙いすぎ」な設定に、巧い具合に説明を付けて、プレイヤーの常識とすり合わせていくところが、ものすごく秀逸だなと感じました。
第一印象こそ『憎むべき敵』であれ、蓋をあけてみればものすごく純愛に溢れたお話でした。
でも、ちゃんと愛憎乱れる嫉妬ルートもあるので(思ったよりも少なかったですが)本当に面白かったです。


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆


個人的には私、つきのおまめさんのキャラデザ、スチルはとても好きです。

しかし、やっぱりR18だという点でなのか、そういうシーンのスチルは「ん??これはどうなってんだろう?」って思ってしまったものもありました。どっちかっていうと、普通の恋愛シーンのスチルの方が萌えたりしたので(笑)でも、私はあまりそういうのが気にならない人なので、雰囲気と色気さえあれば、それでいいかな、と思ってしまいました。noiseの時よりも、すごくキラキラしてて、綺麗で大人っぽくて……私は十分満足でした。


③キャラクター ☆☆☆☆☆

乙女ゲームにはめずらしく捨てキャラがない!!と興奮してしまいました(笑)

全然興味なかったキャラでも攻略すると、とても愛着がわいたり、愛しくなったり……!!
全員、本当に様々な考え方を持っていて、立ち場も違い、ヒロインの愛し方も全く違います。
メインキャラはもちろんのこと、メインから派生していくキャラクターもしっかりと練られていて、その派生ルートでさらに、メインルートキャラの側面が垣間見えて、思いがけないとこできゅんきゅんしたり、と……本当に、大好きです。全員。

なにより素敵なのは、ヒロインだと思います。
「ああ、この子なら、誰もが惚れるだろうな」と思えました。
心身共に強く、優しく、さらには、愛敬もあり、誇り高い。
でも、とても『人間らしさ』を曝け出している王女様なのでものすごく好感が持てました。

また、あまり聞いたことのないお声がたくさんあって、予想がつかずそういう意味でもどきどきできたりしました。


④システム ☆☆☆☆


選択肢は結構、多めです。
しかし、自力コンプできないほど、複雑でもありませんでした!
共通ルートがとても短いのも良かったですね。(体験版がまるまる共通ルート)ほとんど最初から個別ルートです。選択肢一個前に戻れる機能はありましたけど、バックログから巻き戻しはできません。
あと、PCゲームですが、バグはなく、フルコンプできました!!
(誤字や音声など、多少プレイ改善ができる、修正パッチが公式にアップされてるようなので、今からプレイなさる方はぜひそちらを当ててされるといいかも、です☆)



⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆☆


正直、いまんとこ今年、一番かなーと思ってます(笑)
それくらい、文句なしに楽しかったし、萌えました!

まあ……R18作品ならではの、ベッドシーン目当てであるならば評価は変わってくるのかもしれません……(若干似たような流れが多いので)全くそこは考慮にいれずにこの評価です。R18初心者なので、あまり比べる対象がありませんので、比較ができませんでしたww(あえて言うならば個人的にそういうシーンのドキドキ感は「蝶の毒 華の鎖」というゲームの方があったような気がします)

音楽、ゲーム全体の雰囲気、キャラクターの深さ、シナリオのクオリティ、ボリューム、すべて、申し分なく、何度でも思い出してプレイしたくなる作品のひとつになりました。

欲、を言うならば、もう少しOperettaさんらしい、ダークなエンドが欲しかったかな、といいうくらいかな。
でもそれを抜きにしても、傑作でした!

本当に、面白かったです……!!!!

ぜひ!!!!
ぜひFDをお願いします……!!!!!



越えざるは紅い花 ルジ感想 [越えざるは紅い花]




すっかり、忘れてました。
紅花のルジ感想……!!

これで終わり、ですね!!


個人的には、ルジはトーヤやっちゃうと、結構話が似てるので……。
ルジも可愛いんだけど、豹変もしないし……(バッドエンドのルジは怖かったけど)そうかーって感じでした(笑)

ノールとセフ、スレンとナランほど、対の相手、という感じがないなぁ……。
もっと、トーヤが嫉妬してくるのか、と思いきや……という感じだったので……なんとなく欲求不満??(笑)
ルジは、最後にしない方がいいかもしれ、ないwww
というか、トーヤの前にルジをやった方がいいような気がします。


それでは、ルジのネタバレ感想でーす♪

続きを読む


越えざるは紅い花 トーヤ&ウル感想 [越えざるは紅い花]


それでは、紅花。
トーヤネタバレ感想です♪

……それにしても最近皇帝さんばっかり攻略してる気がするwwww




続きを読む


越えざるは紅い花 ナラン感想 [越えざるは紅い花]



くるり、radiohead、SEKAI NO OWARI、小林桂、スキマスイッチ。

なんか懐かしいのが聴きたくなって(新譜もありますが)、借りてきました。
久しぶりにCD借りた気がする。
ここに、あと、キャラソンとエレクトロニカが入れば、もろに「私」なんだけどなww

本当は七尾旅人借りたかったんだよなぁ……。
こんな田舎にはやっぱりないなあ、ネットで待つか……!!

あと、うた恋い。のOP主題歌。あれ欲しいー!!
これも、店舗にないー!
やっぱり小さいとしょうがないよねぇ……!

というわけで、そんなCDたちを聞きながらナランルートの感想いきたいと思います!!
(ナランの感想といいながら結構スレンのことも書いたので長いですww)





続きを読む


越えざるは紅い花 ノール&エスタ感想 [越えざるは紅い花]




ときめける変態さん、ノール。

ぜんっぜんノーマークっていうか、むしろ苦手な部類の人だと思って、テンション上がってるうちにやってしまえー!と突撃したんですけど……。

意外と、よかったよ……!!(不覚!)

紫原さんが、すごく素敵だった……!!
ほんと、ドキドキした……!!
しかも、スタンダードな意味でも、別の意味でも(笑)割と、本気でドキドキさせてくれるノールさん。
展開に目が離せなかったよー♪

もっとセラ(NOISE)っぽい感じかな?と思ってたんですけど(政務補佐っていう役柄的にも)……いや、っぽくはあるんだけれども、セラとはまた違う変態路線で、なんといいますかww

スレンとナランにもドキドキさせてもらったけど、と、と、とまらない☆
どうしようー!!楽しいよー!

それでは、ノールネタバレ感想いきまーす♪

続きを読む


越えざるは紅い花 雑感&スレン感想 [越えざるは紅い花]



うわぁぁぁぁぁん!!
紅花面白いよぉぉぉぉ!!!(涙目)



早速、スレンフルコンプ!
何周やったろう……、何回見ただろうあんなシーンやこーんなシーン(笑)


相変わらず内容がとってもコンパクトだ……!!
風呂敷を広げすぎてない感じが素敵だなー。
わかりやすい、けど、別に浅くもない。

やっぱり好きだなぁ、Operettaさん☆

メインキャラは、全部でバッドエンドが3つ、ベストエンド1つ。

……いやー、その中でも嫉妬ルートのエンドは、す、す、凄まじかった。
お、思わず涙目になりました……!!


そして、ベストエンドは、たぶん終始、間違えることなく攻略対象に対して好意を持ってるような反応をし続けなければならないみたいですね。
その、「ベストな反応」が、ナァラちゃんツンデレだからわかんないんだよ……!!(笑)
選択肢が多いけど、自力コンプできないくらいでは、ないかな。


……予想外に、ナランが可愛いので……もう、先に食べてしまおうかと思いましたが(笑)←スレン攻略後じゃないと、ナランエンドは迎えられないみたいです☆

……やっぱり本ルートキャラからいこうかなぁ。トーヤって攻略制限かかってるのかなぁ??←かかってないそうです。


とりあえず、次はノールにいこう!!!
ときめける変態さん!!

ちょっとスレンでエキサイトしすぎたwwww
とかいってて、ノールでもかなりエキサイトしそうな予感はあるけれども(笑)


それでは、ネタバレ、かつ、スレン感想いきます♪

またお話の概要や共通ルートに関しては省いております。
そちらをご覧になりたい方は、よろしければ体験版の感想をどうぞ☆







続きを読む


越えざるは紅い花 体験版やってみました★ [越えざるは紅い花]

9月7日発売の「越えざるは紅い花」、体験版が上がってたのでさっそくやってきましたー☆

他情報と照らし合わせた上で、私の耳が正しければ(笑)

トーヤ→皇帝さん
スレン→堀川忍さん
ノール→紫原遙さん
ナラン→紀之さん
ルジ&オーリ→????
(他のキャラはまだ登場しない)

って感じでした。(現在は公式にて確認できます☆)

ルジがとてつもなく気になる…!!
どこかで聴いたようなことがある分、気になります…!!!
あと、個人的に女性声優さんにうといのもありまして、ヒロインのナァラもわからずww


と、まあキャスト誰それは置いときまして。

面白かったよーーー☆
約1時間ほどの体験版、主役3人(上から三名)のスチル1枚ずつ(トーヤは2枚)。R18シーンはなし。たぶん、序盤1~2章、って感じです。


ナァラが幼き日に、お母さんをナスラにさらわれるシーンから始まります。
やがて時を経て、十数年後。

ルス王オーリとの結婚に踏ん切りがつかなかったナァラですが、先代の王の気持ちを汲もうと1カ月後にその結婚を決意したその夜に、王妹の誇りを持って必死に抵抗するも、昔の母と同じようにナスラにさらわれてしまいます。

ナスラは、女性だけが罹る「腐死」という世界的な伝染病が蔓延し、年頃の娘が一切死に絶えた国なんです。しかも、まだその疫病が残っていて…。
でも、この子孫繁栄に関わる問題を解決すべく、女性がまだ比較的多く存在するルス国に女を誘拐しにくるんです。

そして。

監禁された部屋の中で、ナスラにつれてこられた女たちを、気丈にもなだめてまとめるナァラ。落ち着いた頃に、スレンが入ってきて、一言。
「俺の部下をかわいがってくれた女はどいつだ?」
ナァラとの言葉の応酬の果てに、スレンはナァラを押し倒します。
「お前をここで犯して女たちの心を折ってやろうか?」

すると、それを止めに入るナスラ王、トーヤ。
続いて入ってくるのは、政務官のノールでした。

スレンを窘めた後、王は女たちに頭を垂れて謝ります。
そして、女たちに示す「男女選択法」。

女は男を選ぶものであり、男は女に選ばれるものである。
それを守れなかったものは、「死罪」。

それを聞かされた上で、限られた敷地内であれば、完全に自由の身だとも約束されます。

そうして、ナァラたちのナスラでの生活ははじまります。
一人、また一人、とルスの女たちはナスラの男たちにほだされていきます…。
が、ナァラはルス王の王妹。
そのことを隠したまま、誇りを持ってナスラ脱出の機会をうかがっているのでした。



というところまで…が体験版。


☆トーヤ

王でありながら、命令しておきながら「女性を誘拐する」という罪悪感に苛まれて、ナァラに優しく、真摯に接してくれます…!!
序盤から、かわいいとこもありますww王の政務が嫌で、市場に女装して逃げ出すっていうwwそこを通りかかったナァラに「なにやってんのよ!」とひっぺがされる…!!ナァラが一緒にさらわれた友達の看病やら気疲れで、眠れてないのを知って、お酒をどちらがたくさん飲めるか!みたいなのを、負けず嫌いのナァラにもちかけたり…なんか、やっぱりNOISEもそうだったけど、メインヒーローの、いい男っぷりは健在ですねwww
皇帝さんは…あってると思うなぁー!
若き王、の高貴な感じが出てますよねぇ…!!


☆スレン

粗暴で俺様軍師でありながら、なかなか頭の回転が早く、その性格のせいか、強く聡明な女が大好きなので、もうすでに「ナァラは俺の嫁」と決めつけています。

…このコ、粗い感じなんですけど、…聡いんですよ…!!
そこがいいね☆
短気だけど、頭は悪くないので、ちゃんとわかっててやってる、というか。

でもスレンは…ほんと口が悪そうだなwwこんな短いシナリオの間でもピー音が入るほどの暴言を吐いたww
…そういうシーン、しかも純愛じゃない方…とかはどうなるんだろうww
もう酷い言われような気がする!

スレンの弟分がナランで、ちょっとだけ出てきますけど…かわいい感じでした☆
お兄ちゃんに忠実、みたいな。
まあ、でもNOISEのシナリオライターさんですから、…豹変…したり、するかもしれないですけど??

てか、ここでも兄弟的関係だったんだね…。堀川さんと紀之さんwww



☆ノール

ナァラを王妹ということを知っていながら王には報告せず、「トーヤを選ばなければ…その時はあなたを…」とナァラに告げ、政治の駒に利用しようとしています。

何考えてるのかわからない人…!!
しかも女に全く興味ないキャラ…!(どうしてもセラを思い出す)
策士、という言葉が似合う感じですね。ナァラを王妹かどうか確かめるために、オーリ(今の王)が捕まった、とかハッタリでいっちゃったりとか、言葉の選び方がすごく素敵です。じわじわ攻めてくる感じですねwww
奴隷の売買とかを、あえて覗かせたり、ナァラがまくしたてた「正論」を、…なんていうか、歯牙にもかけずにあしらう、みたいなとこは気にいりましたね…!!
紫原さんの落ち着いたボイス…セクシーだwww

あと、ルジなんですが。

ルジは薬師として登場しますが…、すっごい素敵キャラだった…!
なんか、素敵な、爽やかなお医者様って感じ。
ナァラも途中から敵対心燃やすの忘れちゃって…って感じだったんですが。
…まあ…、まあこのコも豹変しそうな気がする…。

誰が豹変要員なんだろうww
絶対いるはず☆
気になる!!!


…まあでも何よりもいいのは、ナァラだと思います。

誇り高くて、強くて、かっこよくて、聡明。
声もすごく合ってるし、かわいいだけじゃない感じ。
台詞まわしで、「王族の娘」って感じがすごく出てて、好きだなー!!

でも、照れたり、困ったりするとこもしっかり押さえてて、すっごいナァラが好きww
…やっぱ乙女ゲームはこうじゃなきゃねぇ…。

このコなら、男性陣が好きになるのもわかるな!というのがないと、楽しめないので…。


…みんな気になるな☆
どの子も、良さそう…!!
…でも、タイプなのはスレンかなww
やっぱり。

そして、ナランは、スレンの婚約者なのに(もしくは奥さんなのに?)…横恋慕して嫉妬しまくるルートであるに違いないwww
ヤバイ!ヤバイ!

ルジが読めないなぁ。誰ルートからルジに派生するのかな??
…お母さんがルスの人らしいけど…まさか…連れ去られたナァラのママじゃないよね…!?
きゃー!!

…あと2カ月もあるのかぁ…。
待ちきれないなぁ…!!!



nice!(0)  コメント(0) 
越えざるは紅い花 ブログトップ