So-net無料ブログ作成
死神と少女 ブログトップ

死神と少女 総評 [死神と少女]


死神と少女

死神と少女

  • 出版社/メーカー: 拓洋興業
  • メディア: Video Game



死神と少女 応援中!



死神と少女、ネタバレなしの感想です☆




①シナリオ ☆☆☆☆☆

ほとんどの乙女ゲームが、様々な「結末」を用意してくれているのに対して、このゲームは「解釈」を用意してくれています。「死神と少女」というゲームに隠された、様々な解釈を考察していくのがとても楽しいゲームでした。公式にあるように、日生→桐島→十夜→蒼、という順番で攻略することによって味わえる、ひとつひとつ、登場人物の物語が「終わっていく」様、また、物語を見る「視点」が増えていく様は、本当に美しかったです。ですので、個人的にはものすごく面白かったです!

しかし、これを「乙女ゲーム」として考えた場合には、星が2つくらいになるかもしれませんね。まず、「真の王子様」が(様々な解釈はあれど)ちゃんと設定されていること、あと恋愛っぽいシーンがあっても、どちらかといえば「恋」によるものではなく、「依存」ではないのだろうか、と疑ってしまうようなものばかりです。
そして「乙女ゲーム」らしくない最大の理由は主人公にあると思います。
「遠野紗夜」は、ヒロインではありません。この物語の登場人物の一人です。遠野紗夜という「お姫様」と、「王子様」の誰か、の物語であって、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。

ですので、ノベルゲームとして楽しむのをお勧めします!


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆

スチルに関しては少ないかなー、という印象。
あと、いまいち、ここにあって、ここにないのか…(笑)みたいなところもありましたね。
かゆいところに手が届かない感じ。
でも、キャラクターデザインともに、個人的に雰囲気があり好きです。
絵本の挿絵などもすごく綺麗で、しっかりした印象を受けました。このゲームを構成する大事な要素ですしね……!!

③キャラクター ☆☆☆☆

たった4人しか攻略対象(といっていいのかすら疑問)がいませんけど、どの物語も、恋愛抜きにして面白かったです。というか、このメンバーじゃないと、成り立たないお話ですね(笑)この作品に関しては、どんなキャラが攻略できるか、は…あんまり関係ないかもしれませんね。全員攻略しないと、話の本筋が全くわからない。
好き嫌い言わずちゃんと残さず食べなさい!!って言われてる感じがします。
その点で乙女ゲームとしてどうかという部分はありますけど、非常に記憶に残るキャラクターたちでした。

④システム ☆☆☆☆

TAKUYOさんのいつものさくさく快適システムは素敵でした!!でも、今回は、選択肢ごとにされるこのオートセーブ(OFFにすることも可能)で、すんごくいいところで、音声やBGMがぶつってきれたりするのが残念でした……!!でもその分選択肢間違えた時にさくさくもどれるんだけどね!!
一長一短。



⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆☆


完成度はとても高い。
たぶん…結局は蓋を開けてみれば、なんのことはないお話だと思います。
それこそ、400字ほどで書けそうな。

でも、それをうまく、丁寧にひとつの作品として、BGMや絵本をなぞらえるように進むシナリオ構成、言の葉を集めるシステム、などで幻想的に、美しく彩ったからこその、面白さであるような気がしました。
「真実」を一気に突き詰めては、この美しさはなかったと思うんですよね。

ある程度周回すると、プレイヤーとしてはだいたい予想はつくのですが、プレイヤー自身ではなく、その「真実」に直面する時、登場人物がどういう行動に出るのか、どのような「物語の終わり」を臨むのか、そういうところを考察しながら、彼らを見守ることに、なんとも甘美な味わいがあったような気がしましたね!

そういう楽しみ方が出来る方はお勧めします☆
きっと面白がってくださるでしょうから。


nice!(0)  コメント(0) 

死神と少女 蒼&フルコンプ感想 [死神と少女]





死神と少女、フルコンプ!!

…一気にたたみかけるようにプレイしちゃって、また体調悪化しちゃったよ…(涙)

PSPゲームってすんごい疲れる…からちょっとずつやらなくちゃ、って思ったんだけどね…!でも、面白くってとまらなかったよ…!!

ひとつの物語として、ひとつのゲームとして、とっても完成度は高い…けど。
これは、オススメだからみんなやってみ!!とは言えないゲームですね(笑)

まず、乙女ゲームじゃない…気がするww
…というのも、正直ここのシーンに萌え!!ってところが個人的に全くない。
…キスシーン(それ以上を仄めかす部分)もキャラによってはあるけど…、どこかすごく刹那的で…退廃的でもあって…どんな恋愛っぽいシーンも、萌えにはつながらない…(笑)

あと、真の王子様が、決まってるところもね…。
彼しかあり得ないからね。彼しか本当の意味では少女を救えないので。
いろんな解釈はあれど、模範解答がかっちり決まってるというところも、乙女ゲームぽくなかったかな。

それから、ヒロインの紗夜ちゃん。
個性が強い子は大好きなんだけれども、彼女の過去や彼女自身の色が、凄惨かつ強すぎて、嫌いな人はものすごく嫌いだと思います。ボイスもあるのも納得。
(私個人的にはいらなかったなぁ…。ヒロインは妄想でカバーしたいタイプなんで)
下手をすれば「ただの不幸ぶってる精神弱い子じゃん」…て思われかねないなぁと心のどこかで思いましたね。まあ、でも、「孤独に押しつぶされそうな精神的に弱い子」じゃないと、この話は成り立たないし、少女が死神たちに恋をすることもないですね。

しかも、フルコンプして「あとがき」まで見ないと、結局すべてがわかったことにはならない、このもやもや感が嫌いな方もたぶんムリ。

マイナスになりそうなところはこんな感じかな?
でも、萌えにこだわらず、謎めくお話を考察していくのがお好きな方や、シナリオ重視でノベルゲームを選ぶ方、幻想小説がお好きな方、なんかはすごくハマれるんじゃないかなーと思いました。

かくいう私も、もうどっぷり浸かった浸かった!
本当に、面白かったです。
やっぱりTAKUYO作品好きだわー!
公式で売ってる桜のブレスレット可愛いしww
でも、七葵が好きな私としては、秋桜のブレスレットの方が欲しい…ww(ないけど)


それでは、蒼ネタバレ感想、いきます♪




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

死神と少女 遠野十夜感想 [死神と少女]




面白くって、読む手がとまらなくって(というような表現がこのゲームにはふさわしいか)…、ついに蒼も終わって、「あとがき」まで読んでしまいました…!!!!(まだ、深層に言葉を刻んではないので、…フルコンプにはかかりますが)


…すごいなぁ…!!!
本当に美しい物語でした…!!

美しいですね…!!

ゲーム全体が「ひとつの物語」であるのは、基本的にこういったADVゲームは変わらないと思うのですが…。
この作品は…、「いくつもの結末」があるのではなく、「いくつもの解釈」がある、といった捉え方が正しいのかな。…その、一人一人攻略していくたびに、プレイヤーが獲得する「視点」の変化が、ものすごく面白かったです。

なんか、泣きゲーというよりも、迎える結末の美しさのひとつひとつに…鳥肌がたつようなゲームですね!
ほら、なんていうか、うまく表現できませんが、桜の木の下にある死体を美しいと表現するような…、そういうものをゲーム全体が醸し出している、といいますか。
本当に、素敵でした…!!
あっと言う間だった…。
ひさしぶりに、萌えとかそういうの通り越して、終わった瞬間拍手したくなるゲームでしたね。

ひとつひとつの物語の中で、主人公がくるくると変化していき。
一人ひとり攻略していくたびに、その「物語」がひとつずつ「終わっていく」。
そして、その「物語」を次のルートで噛みしめていると、次の「物語」の歯車が回り出す。
新たな視点を「神」に与えられながら。
新たに与えられた「言葉」は真か偽りかを選びながら。
そして、最後。
少女は死神に出会うのです。
本当の意味で。


全員終わっても、私は七葵先輩が好きです…!!
あとがき見て、さらに七葵先輩が好きです…!!
好きです!…好きです…!!
いくらいっても足りません(笑)
個人的には紗夜ちゃんになんて、渡したくはありません(笑)
と言うか、全部プレイすると、紗夜ちゃんをこの作品のヒロインとして、見れなくなりました(笑)あの人は片思いのまま、「死神と少女」の物語を、ずっとずっと…!!(ああ、これ以上七葵への愛を語ると…ネタバレww)

主題歌のIl Dio della Morte e La Fanciulla(死神と少女)がすごく素敵ですね…!!これ限定版のサントラにあるそうで…!!
欲しい…!欲しいなぁ!!


どっちから感想かこうかなー、と思ったのですが。
とりあえずは、兄貴の方からいきますかね!!!

あ、プレイされる予定のある方はどうか、どうか読まないでいただきたいです。この幻想的なお話を、実際にひとつずつ読み進めていただきたい…!その方が何十倍も楽しめるでしょうから!!


ではいきます☆





続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

死神と少女 桐島七葵感想 [死神と少女]




最初に思ったこと。
…七葵っていう名前、可愛いよねぇ…ww

というか、死神と少女の世界のキャラ名ってすごく雅ですよねぇ…!中でもこの七葵と書いて、ななき、と読ませるところがすごく綺麗…!女の子でもいけそうだけど…。(まあリアルにつけたら、ちゃんと読んでもらえるかどうかは…グレーなところだけど)
紗夜ちゃんは、同級生にいたんですよー。
とっても素敵な名前ですよね!綺麗っていうか…!!
そのクラスメートはお顔もかわいらしかったので、とっても似合ってましたww

はい、はーい!
千葉進歩さんのお声、銀魂以来聞く機会(個人的に)そうそう、なかったんですけど
…やっぱいいですね!惚れ惚れww

あと、私三瓶由布子さんの声、すんごい好きなんですよねぇ…!!結構な頻度で夏目くんでてくるので、ちょっと嬉しいですwwプリキュアとかたまごっちとかみたいな、ああいう可愛らしいお声と、こういう夏目くんみたいな口の悪い少年と…。実際この作品の中でも夏目姉もやってらして…くるくる変わる三瓶さんの声にこちらも惚れ惚れ…!!

あとは単純に森田さんがヴィルヘルム猫田…というところが可愛くてしかたないですねww


そんなこんなで。←どんなだ。
桐島七葵(ほんと、なんて綺麗な名前なんだろう!)、次いで千代、ネタバレ感想です!!




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

死神と少女 日生光感想 [死神と少女]


リリーのアトリエ1周して、昔の記憶がすっかり戻ってきたので…だいぶ燃え尽きてしまった…んでまあこれは置いといて(過去にエンドコンプしてるし)、死神と少女、やりました。

…しみじみとww
TAKUYOさん、好きだなぁ…。

いや、公式ブログとかちまちま見てたんですけど…、「神さまと恋コゴロ」の宣伝を、カエルメンツがやってたり、逆にカエルのダウンロードエピソード配信の宣伝を神恋のメンツがやってたり、…とフツーに読んでて面白かったww
ひさしぶりに、広瀬くんに会えた…カエルやり直したくなったなぁww

それはそうと、死神と少女。

さすがは「幻想物語アドベンチャー」と銘打つだけありますね。

とっても………哲学だね…。
いろんなところで、哲学してる。(文法的におかしいですね)
なんか昔のよーわからん授業思いだした→点数は最悪だった。
あかりさんは哲学というものがわかりませーん!!

そのため、哲学的なお話はちょっと苦手なんですけど、このお話はベースに「絵本」や「童話」があるので、だいじょぶでした。

1周目なので、まだわからないことがやまほどあるんですけど…。
システムがすごいですね。
これ、クリアしていくと、もらえるヒントがあるんですよ。
そのキーワード…つまり「言の葉」を再プレイ時に設定すると、ちょっと違う視点だったり、更なる真相だったり…に辿りつける…という。

凄まじく凝ってますね…。びっくりした…!!
こういう作りは、初めてで斬新…!!

しかも主人公の違う、いろんな物語を紐解いていかないと、その「言の葉」が集められないようになっていて…ほんと、この物語の根底にあるテーマ「死神と少女は言葉を探す物語」という部分をしっかり押さえているというか、なんというか…というかこれこそが目的なのか…、うーん1周じゃぜんぜんわかりませんでした。


お話としては、単に家を飛び出してきたお嬢様が、絵本作家の兄と暮らしてて、ある日「死神」と名乗る男に出会って…そこからいろんな人と出会っていく、というお話なんですけど。

共通ルート…なのかな?
あの…

1年間の記憶だけを失くした「ともゑ」の物語の章。
「ユメミルセカイ」という本の主人公だと自称する「ルイス」の章。
ヒロインの同級生夏目の親友を名乗るネコの着ぐるみ「ヴィルヘルム」の章。

どれも結末は…よくあるパターンで…想像ついてしまったけれども(というより、こちら側…プレイヤー側にもわかるような作りになってますよね、どの話も登場人物の数人が真実を知っている形になっている)でも、その語り方はとても素敵でした。

どのお話も、「童話」とリンクさせて語られていくんです。
というか、その「童話」がこのゲームの世界自体に存在するものなのかどうなのか…わかりませんが。
それこそ、すべてが兄の十夜によるものなのかどうかすら…疑問ですけど、考察していくのが楽しいですね。

特に好きなのはヴィルヘルムの章かな。
あれだけは…どこかファンタジーですよね。あとは現実的な結末なのに。
そこが好きです。
あのラストの絵本でネタばらしというところが好きです。

うーんでも、余韻とか雰囲気づくりにすごく拘ってるのに…すっごくぶつ切りなところがあったり、音飛ぶところが若干もったいない気もしますね?(オートセーブ切ったら大丈夫らしいw)意外と個人ルートがあっさり(日生だけかな?)だったり?でも。

…やっぱり好きですwタクヨーさんww
なんか、私はカエルからデビューでしたけど、他の方の感想とか見てても、ほんとこの会社はハズレを出しませんよね。どれもそこそこ人気あるっていうか、面白そうなレビューしかないというか。

やっぱ神恋やろーっと、と心に誓うあかりさんなのでした。
まずは断罪~からだけど…!!(なんで発売日一緒!?)
…ていうかなぜあのキャスト陣で…杉山さんがいないのでしょう(笑)
ほとんど…!ってか脇まで…脇までアクセルワン声優さんなのに!!!

うんでも、ハム男だから、しょうがないんだろうな…たぶんなww
ハムだから…!!

法月先輩みてたら、なんか久しぶりに代永さんの声ききたくなった…。
いそいそww

とりあえず、日生光、ネタバレ感想でーす!!






続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
死神と少女 ブログトップ