So-net無料ブログ作成
検索選択
その他乙女ゲーム ブログトップ
前の10件 | -

7'scarlet(セブンスカーレット) 総評 [その他乙女ゲーム]







7'scarlet 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

7'scarlet 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game






① シナリオ ☆☆☆

物語の質感をどうとらえるかについては、かなりそのプレイヤーの乙女ゲーム歴&ミステリーの定義に左右されると思います。
単純にこのお話を面白いと感じるか、面白くないと感じるのかの根っこに、完全にそれがありますので、一概に秀作だとか、駄作だとかはいえない作品でした。

特別にクセもないシナリオで、伏線の張り方や、プレイヤーを煽る表現などは特別巧いとは感じませんでしたが、ノベルゲーとしては十分だと思います。
しかし、個人的な好みとしては面白いとはいえなかった。

というのは、乙女ゲームとしては、恋愛過程がほとんど描かれておらず、まさに「ダイジェスト」といった感じの個別ルートであったこと、「推理」「謎解き」「犯人当て」そういう意味合いでのミステリーからは遠い物語であったこと、この2点が「面白いとはいえない」という感想に結びついてしまいました。
名作ノベルゲームを彷彿とさせる雰囲気は、どことなくノスタルジックでよかったと思います。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

映像表現に関しては、他の乙女ゲームでは見ない形を採用していて、そこは純粋に素晴らしかったですね。
細かい動きも多くあって、ホラーミステリーを演出する上で効果的だったと思います。
ここまでするなら、キャラクター自身や立ち絵などにも工夫があったら……と思いますが、ないものねだりですかね。
映像表現がとても活き活きとしているのに、スチルなどがかなり平面的というか、そんなに記憶に残ったものがないです。
この辺りのギャップはちょっと残念だったかな。
でも美しかったです。


③ キャラクター ☆☆☆

ミステリー上の登場人物としての役割、としての意味合いはまあおいといて、純粋に乙女ゲームの攻略キャラクターとして考えるのであれば、かなりテンプレートなキャラクターたちだったと思います。
ヒロイン大好き幼馴染、チャラいシェフ、インテリ医大生、ツンデレオーナー、ギャップ萌え美男子ですか、まあそういう記号を持ったキャラクターなのですが、だいったいの乙女ゲームで「こういうキャラはこういう話」というのをそのまんま踏襲したようなルートだったと思います。

乙女ゲームをプレイしている本数が多ければ多いほど、新鮮味に欠ける恋愛模様でした。
シチュエーションも特別感がなく、展開もあまり変わり映えもしないので、乙女ゲームのキャラクターとして、楽しめたかと言われると個人的にはかなり厳しかったです。

④ システム ☆☆☆☆

スキップがとても遅かったですね。
しかし内容が短いので、許容範囲です。
しかしTIPSは楽しかったです。ああいう小さなこだわりが見られるのはいいですね!
基本はいつものオトメイトさんです。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

乙女ゲームというジャンルで発売したこと自体が、完全に作品世界の邪魔をしてしまったかな?という印象のゲームでした。
個人的な好みを抜きにして考えると、物語の骨子、設定自体は、ホラーミステリーとしてはアリな作品だと思います。そこにとってつけたように恋愛を足してしまったから、なんだかよくわからなくなってしまった。
そんな感じがしました。
乙女ゲームとしての楽しさや、推理小説的な面白さを求めるのであれば、あまりおすすめはできません。(好きなキャストさんがいるなら別なのですが……)
ただ、とてもコンパクトにまとめられている作品ですので、奧音里に軽く遊びにいってみようかな、というノリであればきっと楽しめると思います(^^)


nice!(1)  コメント(0) 

罪喰い体験版をプレイしてみた。 [その他乙女ゲーム]





最近、あっついですねー。
もう動きたくない……。
暑さのせいでゲームも興に乗らないですが、ちまちまパルフェを進めながら、もろもろこなしております。

そんな中。
もう少ししたら、発売日!
罪喰いの体験版をやってみました!!!



罪喰い~千の呪い、千の祈り~

罪喰い~千の呪い、千の祈り~

  • 出版社/メーカー: Operetta
  • メディア: DVD-ROM




個人的にOperettaというブランドにとても思い入れがありますので、かなり食い気味に遊んだような気もするのですが……うーん、すみません、体験版だけでは、そんなに個人的には惹かれず。
期待値が高かったのか、それとも転生モノが苦手なのが影響しているのか……。
あんまりこれからどうなるんだろう!?というようなわくわく感はちょっとなかったかな、とは思いました。



(以下、体験版に関するネタバレが含まれますので、気になる方はご注意ください)



なんだろう。

すみません、すごく端的に申し上げますと。

R18ならすごく絵、シチュエーション的に映える設定だと思う……!!!!!


罪喰いの儀式といい、その身体の「調整」の仕方といい、陸家の立ち位置といい。
これっくらいのスピード(恋愛)、これっくらいのあざとさが生きるのは、やっぱり年齢制限ありのシーンがついてこそ、な気がしてならなかったんですよね。

全年齢というのであれば、ちょっと性急すぎる展開かな、とは思いました。

ヒロインも、すんごいすんなり納得してるし……あなたは世羅姫の生まれ変わりです!え!そうなんですか!……わかりました!みたいな感じで進んじゃうもんですから(もちろんイメージです、梅さんのシナリオなので、その辺りはすごく自然に受け入れているようには描かれています)あまりのヒロインの物分りのよさに、プレイヤーがおいてきぼりを食らうのであります……!!!

だって……いきなり、「私は前世のあなたの従者です!」みたいにイケメンがやってきて、キスかまされたら、えええええええ????!!!ってなりませんか……?
まあ、いや、ね、わかるんだよ、力がなくってそんな抵抗すらできない、みたいなやつね……でもなんかさ、なんか……全年齢ならキスシーンは大事にしてほしいっていうか、ごにょごにょごにょ……。
あと急に守人さん出てきて、最初っから、俺の!世羅姫!ってなっちゃうところとか……乙女ゲーム的にはお約束展開なんだけれども、うーん、うーん。

物語的に掴みは大事かな、とは思ったのですが、こういう掴みじゃない方がよかった……個人的には。
紅花は、ああいう世界観でのオハナシなので気になりませんでしたが、今回現代ファンタジーなんですよね……ううん、なんか私個人としてはのりきれませんでしたね。完全に好みですが。

たぶん私、前世設定がダメなだけなんでしょうね、そこが間違いなく影響しているとは思います。
この「いきなり感」が許されているのは、間違いなく「前世」があるからでしょうからね。

ただ「罪喰い」の設定としては、他のブランドではできないような重さがあって素敵ですね。
梅さんのシナリオですから、勧善懲悪物語にはならないでしょうし、この辺りは楽しみな設定ではあります。
罪人を食うことで命を繋ぐ世羅姫、それは罪なのか、それとも生きていくために仕方のない犠牲なのか。

罪を犯した人は殺されて当然なのか。
姫だからといって断罪することが許されるのか、否か。

このあたりの葛藤がどう描かれるのかは見てみたいですね。

あと、大変これも個人的な感想ですが、若干キャスティングが合わない……気がしたのは私だけなんでしょうか、何名か、ですけど。うーん、みなさん演技がお上手な方ばかりなのですが、声色的な意味で、私がイメージしていたものとは結構かけ離れていたかな、という率直な意見でした。
でも、あんまりそのテのキャラを得意としている方ばかりあてたんじゃ、面白味がないからかもしれませんしね、この辺りはきちんと遊んでみて耳で感じたいと思います(^^)



nice!(0)  コメント(0) 

喧嘩番長乙女 総評 [その他乙女ゲーム]





喧嘩番長 乙女 【早期購入特典】ドラマCD&【Amazon.co.jp限定】ドラマCD付

喧嘩番長 乙女 【早期購入特典】ドラマCD&【Amazon.co.jp限定】ドラマCD付

  • 出版社/メーカー: スパイク・チュンソフト
  • メディア: Video Game







① シナリオ ☆☆☆☆

雑味のないすっきりとした作品。
ヤンキー学校で繰り広げられるといえども、少女漫画的なお約束はきっちりはずさない。
内容的にも非常にコンパクトにまとめられていて、長すぎず短すぎずのボリュームで、アツい展開あり、涙あり、笑いありとラブコメとして安定感のあるシナリオでした。

喧嘩番長といっても、内容的には基本お上品です。
クラスメイトたちの言葉遣いが粗いのはご愛嬌ですね♡

ただ、難点はせっかく漢ルート、乙女ルートにわけてあるにも関わらず、話の筋がまったくかわらないところですね。攻略キャラクターからのアプローチが変わるだけで、基本的には同じ話を2回読む必要があるというのは若干もったいなかったかなと思いました。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

こちらに関しても抜群の安定感だと思います。
枚数もしっかりあったし、スチルもとても綺麗でした。
こわいオニイサンたち、モブまでしっかり立ち絵があって(しかも面白いヴィジュアルしてたりして)視覚的にもたくさん楽しませて頂きました。


③ キャラクター ☆☆☆☆

とってもみんなイケメン。
きらきら画面が輝いて見えるくらいイケメンヤンキーばっかりだったので、眼福でした……♡
またどの子も「ヤンキー」なんだけれども、俗にいう不良ではないといいますか(タバコ吸ってー学校さぼって遊びにいってーみたいな、ってことね)とてもマトモで、しっかりと大切なもののために、己の信念をもって戦える男の子たちでした。

特に、サブキャラクターが物語をしっかり引き立てているのが素晴らしかったですね。
ひなこの双子の兄ひかるとそのお目付け役坂口が、大抵シリアスになりがちなルートストーリーに一石投じてくれて面白おかしくしてくれます。だからこそ攻略キャラクターたちがかっこよく輝くような気がしました。


④ システム ☆☆☆

喧嘩システムはこのゲーム独特でいいのですが、周回プレイ必須の乙女ゲームとしてはかなりめんどくさいシステムにはなっていました。
スキップできるできないという問題ではなく(というのは、作品のコンセプト的にこのシステムは外せないと思うのです)、単にコマンド入力するだけのミニゲームなので1~2回プレイしたらプレイヤーを飽きさせてしまう、というのが一番の問題点かも。(ただ、うまく共通ルートフラグ回収しながらやると、共通ルートはそんなにやらなくて済む)
タンカを切るシステム(煽り文句をコマンド入力)については、裏ワードがあるという遊び心はよかったのですが、それを入れたからといって何か特別に面白い反応がないというのはちょっと残念でしたね。

あと、バグも若干あったので、この評価です。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

ほぼ4とかいう、すっごいフツーな評価で申し訳ないのですが、おそらく「誰がプレイしても楽しめるゲーム」としてこういう感じになりましたね(笑)

システム面は若干改善の余地はありそうかなとは感じましたが、キャラクターもルートシナリオも王道だし、誰がプレイしてもきっとどこかに焦点を置いて楽しめる作品だと思います。
絵はかっこいい、キャストは豪華、その上、音楽、ムービーなどの演出面も○、さらにそれを根底で支えるのはラブコメとして申し分ないクオリティのシナリオです。

これ以上、何を望めと。
というレベルですね。

乙女ゲーム的に「しっかりど真ん中に投げてストライクとる」のがたぶん一番難しいんですよ。
個人的には喧嘩番長乙女、それが出来ている作品だと思いました。

「変化球」が好きな私としましては(笑)どハマりするというまではいきませんでしたが、こういう作品があってこその「変化球」だと思っておりますし、さらにはこういうまっすぐなラブコメ作品は貴重ですので、個人的にはいろんな方に手にとって頂きたい作品だなあと思いました。




nice!(1)  コメント(0) 

喧嘩番長乙女 感想 [その他乙女ゲーム]





喧嘩番長 乙女 【早期購入特典】ドラマCD&【Amazon.co.jp限定】ドラマCD付

喧嘩番長 乙女 【早期購入特典】ドラマCD&【Amazon.co.jp限定】ドラマCD付

  • 出版社/メーカー: スパイク・チュンソフト
  • メディア: Video Game





喧嘩番長乙女!
さくさくさくっとプレイいたしまして、トロコンいたしやした!!!

面白かった。

うっ……ここにもまた、乙女ゲーム界の貴重なラブコメ作品が生まれたことが、私はッ……私は……ッ、嬉しくてですねッ!!!

もうそれだけで、私には何も文句はない。
何も文句はないんですよ、若――ッ!!お嬢――ッ!!(CV坂口)

文句はないんだれども、これをお読みで、これからプレイするみなさんに喧嘩番長がめんどくさくならないためのアドバイスをば。

全員のイベント(!マークついてるやつ)を回収しながら、全ミッションごとにセーブをしておきましょう。
あとはお目当てによって調節してね♡

これでだいぶ攻略はマシになるはず……です!!
BAD回収も楽々だよ!うん!
(たぶんもっと簡略化はできるはずなんですが、とりあえずこれくらいは初回からしておいた方が楽だと思います)

若干喧嘩システムがかったるい(し、あんまり面白くない)ので、馬鹿正直に、全員共通ルートから周回プレイすると疲れちゃうのでね。攻略情報みずに攻略したい方にはおすすめです。


まあそんなめんどくささを抜きにしても、最近ではめずらしい、すっきりした雑味のない感じの乙女ゲームですね。

ヤンキー学園生活の中で生まれる友情と恋愛。
もうほんと、その旨みを最大限に生かした乙女ゲームとなっていると思います。

特筆すべきは、キャラクター自体のかっこよさでしょうかね。
ほんと、キャラクターデザインからして、今っぽいイケメン。顔立ちも立ち姿も、スチルでの構図も、ほんと素敵でカッコよかったです。
サブキャラクターに至るまで濃い面子ばかりだし、心からちょっと特殊な学園生活を楽しみました。

若干遊び心に欠ける部分があったり(裏メンチは相手の返しがあんまり面白くなくて△、でも恋顔メンチは攻略対象に仕掛けられると可愛くて○)会話イベントで攻略対象にメンチきれる意味合いがイマイチわからない(漢ゲージがたまりすぎるので必要性もない、スキップできる必要性も特にない)など、謎の仕様があったりするものの、細けえことは気にするな。とにかく楽しんだモン勝ちだァ!

というわけで、以下からは簡単に攻略対象別ネタバレ感想になります。
気になる方はどうぞ~♪


続きを読む


nice!(1)  コメント(8) 

Double Score~Cattleya×Narcissus~ 感想 [その他乙女ゲーム]





Double Score~Cattleya×Narcissus~ 限定版

Double Score~Cattleya×Narcissus~ 限定版

  • 出版社/メーカー: BlueMoon
  • メディア: DVD-ROM






喧嘩番長乙女♡までちょっと時間が空いたので、ダブスコ2プレイしてみました。
インストールしてたけどずっと眠ってたんだよねえ。

まあ、なんですか。

発売中止になったタイトルを、こう、今からプレイすることの虚しさよ……!!!

作中、どれだけ神園サンが気になろうが、保健医の麻衣ラブ♡っぷりに笑おうが、もう彼らを攻略することは永遠にできないのですよ。

切ないのう。

ダブスコプレイして本当に思うのは、乙女ゲーム界において、フツーの高校生がフツーの兄ちゃんと恋愛する、いわゆるフツーのラブコメは貴重。

ほんと。
ないんですよ。
時代モノでもなく、異世界モノでもなく、SFモノでもないやつ。

なんでこんなにラブコメってないんでしょうね??(笑)

ラブコメっぽいものはあるんですが、きちんとコメディとして成立している作品はなかなかに少ないのでね……ダブスコ、ほんと、お話の流れとかそういうのではなく、会話を楽しんだり、キャラクターを楽しめるシリーズでした。

神園ディスクはブランケットに変わってしまいましたが、またどこかでこの方のシナリオが読めるのを楽しみにしていたいと思いますね!(3巻まだあるって……?はて?存じ上げないな……?)

それでは。
ざっとネタバレ感想ですー!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

百花百狼~戦国忍法帖~ 総評 [その他乙女ゲーム]






百花百狼~戦国忍法帖~

百花百狼~戦国忍法帖~

  • 出版社/メーカー: D3PUBLISHER
  • メディア: Video Game





① シナリオ ☆☆☆☆

十三支演義をプレイされた方なら、一番わかりやすいのは「シンプルな十三支」シナリオという感じですね。
十三支のサブシナリオやら長い背景説明モノローグ辺りを省いた感じ。さくさく進み、さくさく展開するので、お手軽にノベルゲーをプレイしたい方におすすめです。
ただ、やはりそこは一長一短で、波乱の戦国時代とそこで散っていく数々の命を描写するには若干あっさりしすぎているので、没入感はあまりありません。
十三支もそうですけれども、結構ルートによって、ヒロインの考え方や感じ方に温度差があるのでその辺りが人によっては気になるかもしれません。
しかし、昨今の新作D3乙女ゲームに比べれば格段に読みやすい、しっかりとしたシナリオだったと思います。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

悌太さんのスチルは本当に綺麗ですね。
また、ヒロインの立ち絵が画面上にでてくるので、ヒロインを登場人物として見ながらプレイされる方にはとても嬉しい演出だと思います。
枚数もしっかりありましたし、立ち絵のバリエーションも多かったですね。
武器を構えてるところとかすごく雰囲気ありましたし。
ただ、悌太さん以外が手掛けているだろうサブキャラクターとの差が、激しかったかな(笑)
まあ、些細なことです。


③ キャラクター ☆☆☆☆

サブキャラクターも含めてみんなとっても素敵でした!
一人はきっとお気に入りの忍ができると思いますね。
みんなヒロインに優しいし、男の子としても素敵だし、可愛い一面もあって楽しかったです。

いろいろと抱えているものがあった上で一生懸命、ヒロインのために、里のために、時代のために生き抜こうとする姿はどのルートでも感じられました。
前述しましたが、若干ヒロインがルートによって差異があるので、その点でヒロインの個性は弱いかなと思いましたね。彼に都合のいい感じに変わっていっちゃうというか。
攻略対象ありきのヒロイン、という雰囲気はありました。
ただ、ヴィジュアルはとても可愛いし、忍の里の姫として育てられているので、こういう雰囲気なのも頷けるというのも正直なところですね。


④ システム ☆☆

なにせ、使いにくい。
攻略が非常に簡単だったからいいのですが(バッドエンド&グッドエンドしかないので)選択肢画面でクイックセーブが出来ないのはかなり苦痛でしたね。さらには両方の選択肢を選ばないと回想に既読シナリオが追加されないというめんどくさい仕様になっていました。
D3さんはもうちょっとこの辺り改善して頂きたいですね。
あと、バックログからジャンプもできませんしね……。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

ちょっと辛いかもしれませんけど、本当は3.8くらいのイメージです。
D3さんゲームの総合的な評価がかなり低くなっているところで、このクオリティで発売されたからどうしても採点が甘くなるかなとは思うので、そこを差し引いて、私はこれくらいの印象、ということにしておきます!(何様だ申し訳ない!)

だがしかし。

乙女ゲーム全体でみても、良作であることは確か。
シナリオ良し、絵良し、音楽良し、と三拍子そろう作品もなかなかありませんからね。
それだけで、確実に良作です。
ただ、何か新しさであったり、この作品でしか楽しめない雰囲気、というものは個人的にはなかったかな?
乙女ゲーム初心者の方で、時代モノのシナリオをお求めの方には、さっくり遊べる割になかなか感動出来たり、きゅんとできたりできますので、お薦めです♡


nice!(0)  コメント(0) 

百花百狼~戦国忍法帖~ 感想 [その他乙女ゲーム]


なんとなく久しぶりな乙女ゲーム新作。
今年入ってからトロコンしたのはアンジェだけだったから、そんな気がするのかもしれませんね……ということで!


百花百狼~戦国忍法帖~

百花百狼~戦国忍法帖~

  • 出版社/メーカー: D3PUBLISHER
  • メディア: Video Game




百花百狼、トロコンいたしましたー!

おつかれさまっしたー!!

とにもかくにもみなさんが一番きにしてらっしゃること。

D3オトメ部作品だけど(ばんうるふくろす、ていこく、びりーばーなどなど)大丈夫か!?!?

ってことだと思うんですけど。

安心してください。
きちんと乙女ゲームですよ(^^)



端的にいうならばさすがREDさん。
雰囲気はシンプルな十三支演義、といったところでしょうか。
キャラクターデザインも悌太さんですから、もうまさに、といったところですね。

非常に読みやすいテキストで、内容も共通はさっくり(4章くらいまで)個別をじっくり(11章近くまで)といった感じ、起承転結もはっきりしていて解りやすい内容でしたね。
きちんと恋愛シチュエーションを引き立たせるドラマティックな物語にもなっていますし、乙女ゲームとしても面白かったです。

ただ若干「あのオトメ部作品だから」というのでだいぶハードルが下がってたこともありますので、その点から評価が高いように思うのも本音ですね。
個人的には、そこまで何か特別な面白さがある作品だとまでは思いませんでした。
というのも、至極真っ当。
ストレートど真ん中、みたいな乙女ゲームです。
まあでも最近そういうの少ないですからね、絵よし音楽よしシナリオよし、3点揃った、それだけでかなり良作ではあると思います。あとは好みの問題ですね♡

激動の時代の中を駆け抜けていく忍たちの物語というよりかは、お姫様的ヒロインを守りぬく攻略対象たちのかっこよさを表現するための展開が用意された物語、というようなイメージなので、乙女ゲームらしい定石からは外れることのないルートストーリーだったなとは思いました。

内容としては、戦国時代としては妥当な、なかなかシリアスな展開だと思いましたが、結構とんとんと進みますし、そこに焦点を当てているシナリオでもないので、人が死んだり、殺されたりという展開がよほど苦手でなければ大丈夫だとは思います。

あと、他とは違う点というところでいうと、ヒロイン立ち絵が頻繁に出てくるので、ヒロインを登場人物のひとりとみて遊ばれる方には嬉しいシステムですよね。
ただシステム面では、クイックセーブが選択肢で出来なかったり、全選択肢を選ばないと回想に入らないなど、面倒な仕様があるのも、相変わらず使いにくいなあとは思いましたね(笑)


それでは。
簡単にではありますが、キャラクター別感想です♪


続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

アンジェリークルトゥール 総評 [その他乙女ゲーム]





アンジェリーク ルトゥール

アンジェリーク ルトゥール

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game




① シナリオ ☆☆☆

初代ファンはなんの疑問も抱かずに受け入れられる、懐かしさ溢れる最低限ボリュームのシナリオだけれども、これが初プレイ!という方には「なんじゃこりゃ?」となるのはしょうがないかな……というくらいの濃度のシナリオだと思います。

大前提にある「新宇宙の女王候補としての試験」という部分もかなりざっくりとした設定で、この辺りは当時のまんま。アンジェリークはノベルゲーではありませんので、基本育成ゲームだということを念頭に置いてプレイしていただきたいかなと感じました。

恋愛に関して。
会話だけのデート+αで進む恋愛は逆に今でいえば新鮮かもしれませんが、キスにすら発展しない恋愛です。その点はもう古典中の古典乙女ゲーなのであしからず。
また乙女ゲお馴染み「選択肢」に関しても、どちらかといえば相手の感情を読み取るというよりかは、クイズ形式です。相手の好み、仲良い相手、育成中の星の具合など……そういったことを把握しておかなければ答えられないものになっています。

② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

かつてのエンドスチル構図をそのままで、ブラッシュアップされた綺麗なスチルの数々は純粋にとても嬉しかったです。またオリジナルよりもイベントもいろいろと増えてましたから、たくさんキラキラした守護聖様との想い出♡があって楽しかったです!

が。

やはり初見プレイだと、他の乙女ゲームの枚数に比べると……となってしまうのは、もう仕方がないですね。
しかし、ブライアンに関しては新キャラだからか、内容の割に枚数があったように思いますね。

③ キャラクター ☆☆☆☆

キャラクターデザインに関しては、当時の雰囲気を崩さないギリギリのラインで2015年verにリメイクされていたなあと思いました。みんな、かわいい。
なにより素晴らしかったのは当時のキャストのままだったこと。(おひとりは故人なので仕方がありませんが)
この一点だけで☆5つでもいいかな、というのが個人的な気持ちです。

確かに初見プレイの方には「無理あるだろ……」プレイされる方の世代によっては「誰だろう……?」というキャスティングなのは間違いない(笑)のだけれども、やはり守護聖様の声帯は彼らじゃないと、もはや別人だ……!!というのが昔のファンの本音だと思うんですよね。
その点を汲み取っていただけたのはすごくうれしかったし、ものすごく懐かしかったですね。しかし、やはりこの点に関しても、キャラクターの性格であったり雰囲気などはかなりクラシックなので、初めてプレイする方がどう受け止めるかはまた別の話かな、とは思いました。

④ システム ☆☆☆☆

もちろん昔はなかった機能「クイックロード&セーブ」があるため、いくらアンジェリークが運ゲーだといえどもだいぶ楽!!!ではありましたが、なかなかにシビアな条件下で起こるイベントが多いからですかね。
ある程度慣れないと、股がけプレイは難しいかもしれません。
しかし、基本的な恋愛イベントは少ないので、慣れればそんなに苦労せずに全スチル回収などはできると思います。
ただ、トロフィーコンプはなかなか至難の業。
我こそは生粋のアンジェリーカー!なお嬢様にとっては、なかなか歯ごたえのある、しかし手が届かないわけでもない絶妙なトロフィーになっておりましたので、ぜひ挑戦してみてくださいませ。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

懐かしい。

もう、ほんと、その一言につきますね。
リメイクでこんなに懐かしくてうれしくなれることってなかなかないです。
当時の雰囲気はそのままに、キャラを壊さないようにヴィジュアル的にかなり美しく生まれ変わった今作品に出会えてよかったです。
作品、シリーズに対する愛情が感じられた一作だっただけに、こちらも負けじと限界まで(まだ未読が少しあるけど)遊ばせて頂きました。

おそらく、このゲームは過去アンジェリークを遊んだことがあるファンに向けたゲームであると同時に、ネオロマンスゲームの原点であるこのアンジェリークシリーズを一度プレイしてみたいなと思っていた方向けだと思います。
ネオロマの新作乙女ゲーム、と考えてプレイしてしまうと、だいぶ他の作品と毛色が違うのでびっくりされてしまうかもしれませんね。
その点はご注意くださいませ。





nice!(2)  コメント(0) 

アンジェリークルトゥール 感想 [その他乙女ゲーム]




みなさん、あけましておめでとうございますー!!
今年もよろしくお願いいたします(^^)

今年はいつもよりもなんだかバタバタしてまして、旧年中のご挨拶やらなにやらを完全にスルーしたまま、結局年を越してしまいました……!!
すみません……!!

いつも当ブログに遊びにきてくださる方々をはじめ、Twitterで構って下さる方々、仲良くしてくださるブロガー様などなど……みなさまのおかげで昨年は楽しかったです☆
今年も、昨年同様、いや!それ以上に仲良くしていただけると嬉しいです(*´ω`*)


というわけで。

年始最初の記事はこちら。



アンジェリーク ルトゥール

アンジェリーク ルトゥール

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game



じゃーん。
アンジェリークルトゥールゥゥゥ!!!!






……頑張りました。(暇か)
もうなんでも聞いてください(たぶん)
さすがにシーン回収100パーセントまではやってないのですが、でもほぼ9割は埋まりました、ああツカレタ。


初代のあたり。
つまりプラットフォームがスーパ―ファミコンだかPCだか……まあそんな時代からこのゲームを知っている「世代」、つまりですね。
そんな私と同じくらいの、もうすっかり大人になったお嬢ちゃ、いえ、お嬢様方にとっては間違いなく「懐かしい!!!!」そして「楽しい!!」作品でした。

ロザリアの案外口ほどにもない感じといい。
好感度が地味にコンスタントに会わないととじりじり下がっていく感じといい。
好き勝手に好きな相手の大陸に力を送ってくれる、なかなか自分に正直な守護聖様方といい。
大陸視察ほっぽって「守護聖様とデートしちゃったわ♡うふふ♡」、好感度サイアクの相手に「苦手な女性像」を聞いちゃうリモージュちゃんのお花畑感といい。
かの有名な「ラブラブフラッシュ!」もご健在で。

いやー、ほんと。

楽しかった。

ジュリアス様とゼフェル様が同時に遊びに来られて、ぎゃー!ド修羅場!これこれ!!これやで!!!!(クイックロード)とか、ちょっと全然告白してくれなんだけど!オスカー様!ほら!森の湖誰もおらんやん!お願いやから告白してよーーーー!!(ロード5回目)とか言いながらテンション上げて、その勢いだけでセーブ&ロードを繰り返し、トロコンした感が強いですね。

なんだろう、あのよくわからない高揚感……。

しかし、何よりもとても嬉しかったのは、キャストを変更しなかった点(絵はしょうがない、でもとても今作品キレイでした)あとは、エンディングイベントも覚えている限りではシチュエーションが同じだったところですね。攻略の楽しさよりも何よりも、懐かしさが一番にきてしまって……いやー、ホント感無量でした。

と。

ものすごく「初代アンジェリーク」をプレイして楽しかったよ!という方にはおすすめできますが。

正直、コレを初めてプレイするというお嬢様方がどれほど「面白い」と思うのか、と考えた時には私は……手放しではおすすめできない作品かなあとは思いました。

①作業ゲー&通いゲー(かなり運に左右されるQセーブ&ロードを繰り返す必要がある)
②今の乙女ゲームに比べると恋愛が恋愛じゃない(公園でプライベートなお話♡どきどき♡なレベル)
③「女王候補生として新しい宇宙を育てる」という軸にある話がかなりシンプル(ノベルゲーではないのでざっくりした設定)
④ブラッシュアップされたとしても、やはりキャラクターがクラシック(個人的に、初代のファンにも受け入れられるこのラインが限界だとは思う)
⑤スチルの少なさ(こんなに頑張って育成してこれだけ!?って絶対初プレイの方には違和感あると思います)


うーん。
やっぱり「リメイク」であることの一長一短はあるかなあと思いましたね。

たぶん、いろんな今の乙女ゲームを楽しんでからコレに戻る、となるといくら絵やシステム、ヴィジュアルが美しくなっても……なあ、というのが正直なところ。

コルダや遙か、下天ともまた全然違いますしね。
ああいうトキメキを求められる方にも、またちょっと違うかなあと、個人的には思います。

まあでも、乙女ゲームの中ではアンジェリークは、古典中の古典。
「プレイしてみたいかも!」と思っておられた方は、それなりに楽しめる内容にはなっていると思います。

作業ゲー無理!つらい!!
という方にはおすすめは出来ないですね……。
かなり計算して頑張れば2~3周でなんとかなるかな……?とは思いますが。
計算が面倒でざっくり2~3人ずつ攻略して、恋愛イベントだけ見られればいいかな、というノリであれば、そんなにかからないとは思います。
ただ、恋愛イベント見るだけで満足できる内容か、と言われるとちょっと厳しいかなとも思います。

ほんとに。

大陸育成しつつ、公園で会話して、湖でデートして、プレゼント貢いで、告白する(される)だけのゲームです。

でっ、でもでも!!今回まだ舞踏会とかお茶会とかあったから(たしか昔はなかったような気がする)!!
そこにきちんとスチルもあったし、個人的には大満足なんですけどね!
うんうん。

さっきからフォローしたりおすすめできないかもっていったりまぎらわしいな!と思われるかもしれませんが、とにかくそういう感じです……!!(笑)
これが、……時代の流れ、だ!!!

まあでも、アンジェリークシリーズたくさん続いてたので、後々の方(新しい方)は、やっぱり時代と共にいろいろと恋愛色強くなっていくんですけどね……!!

やはり初代!!だから!!ですね!

余談ですが。

ネオアンジェリークも、オトメイトと共同で続き?なのか?新展開があるそうですが、おそらくそちらの方が「今の乙女ゲーム」感は強そうですね。
キャラクターは全く違いますが、ネオアンジェも初代アンジェよりかは恋愛色もあるし、ストーリー要素も多いし、RPGっぽいところもあるので、まだ発売も発売日も発表されておりませんが、受け入れられる層も広いんじゃないかな?というような気はします。
が、一度アンジェシリーズはオトメイトさんとタッグ組んでらっしゃってあちらの評価が全体的にうーん、な感じだったようなのでどうなるのでしょうねえ。(私は未プレイなのですが)
なんだかんだ言っても、私はネオアンの方もレインに会いたいからプレイしてそうですけどね!
あめーいじーんぐ!!

ごちゃごちゃと言いましたが、私自身は遊び尽くした感じがして、大満足でした!!
トロコンはなんともいえない達成感がありますね……!!

参考になれば幸いでございます(^^)


nice!(0)  コメント(2) 

Vamwolf Cross(ヴァンウルフクロス) 総評 [その他乙女ゲーム]









① シナリオ ☆☆

ぶっちゃけ意味わかんない☆

「人狼ゲーム」をモチーフにつくられたはずなのに、蓋を開けてみると荒唐無稽といってもいいほど浅いヴァンパイアもののファンタジー。小学生でも知ってそうな「吸血鬼の苦手なもの」をわざとらしくtips扱いし、それをヒントに「夜目がきく……この人怪しい」「ニンニクが嫌いなの?もしかして……」みたいに、嘘つきをふるいをかけていく(?)みたいなシナリオ(断じてシステムではない)は、正直乙女ゲーマー舐められてるのかな、と思いました。
あまりキャラクターを疑いすぎるとサディスティックタイムという、言わばプレイヤーにとっては「ご褒美」タイム的なものが始まりますが、あまりに迫り方が唐突かつ似通ったものが多くて辟易。というか、そんな、夜更かしをよくするとか、赤ワインが好きとかいうしょーもないことで疑われてたら。

そりゃ全力で怒るわ

まったく緊迫感のない戦闘描写、何にときめけばいいのかわからない日常会話やデート描写、さらに最終的に全員攻略しても「嘘つきは○○だったんだ!面白かった!」なんて満足感はゼロに近い物語になっているのは非常にマズいかなと思いましたね。
ある意味全員嘘つきだと思うし、ある意味で全員嘘つきじゃないような。
誰が吸血狼だったのか、とかいう問いに対しても「コイツ!」といまいち断定できない解答もかなりビミョー。

一人嘘つきがきちんといた上での推理可能な物語だったら、それを当ててしまうと他ルートが惰性になってしまう、というマイナス点はもちろんあるとは思っていましたが、むしろそれ以前の問題だった

作品作られた方には申し訳ないけれど、フルプライスでは誰にもおすすめできないゲームですね。
キャストさんがもう、むちゃくちゃ好きな人しかオススメできません。ルートコンプすればキャストトークが聴けるのでそれ目当てに声優ファンの皆様はファイッ☆です☆


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆

好みは分かれる絵柄だとは思うのですが、やっぱりちょっとスチル、ヴィジュアルに関しては怖いですね。絵的に。シリアス的なホラーっぽい「怖い」という意味ではなくて、視線とか表情がなんかそれ……何考えてるの、って感じの怖さです。
似たような構図が多かったイメージと、枚数もそんなにないです。
あんまりエフェクトとかヴィジュアルデザインもかっこよくないし、背景もざっくりした感じで、オトメイトさん作品のクオリティを見慣れていると、きっと???と思うレベルだと思います。
全体的に野暮ったい……そんな感じは否めないなあと思いました。


③ キャラクター ☆☆

ものすごくぶっちゃけると、全員攻略しても名前覚えられてないくらい。

誰も印象に残ってないです。
(正直に打ち明けると、キャラをすべて声優名で認識していたくらい)

キャラクターに息を吹き込んでくださった声優さんたちには申し訳ないのですが、もう彼らが何をしたいのか、何を言っているのか、一体どこでヒロインを好きになったのか、はたまたヒロインはどうして彼を好きになったのか、皆目見当がつきません。
やたらとラグジュアリーでセレブなキャラクターが多く、結局こいつ金目当てなんじゃないかと本気で思っちゃうくらい、買い物や食事デートを重ねてるうちに彼の過去を知ったと思ったらいきなり告白されて、ピンチになって真実が明かされてとたんに俺が……!私が……!みたいな命賭け大好き!なイメージですかね。(雑)

あとホント「嘘つき」を探すゲームなのに別に誰でもよかったんじゃないかな☆という感想しか残らない。それはなぜか。
自分で探し出したわけじゃなく勝手にあっちからカミングアウトしてくるからですね(真顔)

「狡猾な嘘つき」と言えるほど「吸血狼」側がゲームメイキングをしているわけでもなく、占い師などという「役職」じみた設定があるにも関わらず、単なる超能力的な描写しかありません。もちろんそれに翻弄されたり、時に逆手にとって推理したりという賭け引きができるほどヒロインが魅力的かといわれると、そうではありません。

エンドも3つに分ける意味もわからないし、全員があんまり変わり映えのしない、奥行のないキャラクターたちばかりでした。


④ システム ☆☆

ここ最近ではいっちばんキツいシステムでした。
スキップはこまめに解除されるし、SE再生中はキー入力を受け付けないし、あまりにもつまらないので多少強制スキップして進めた部分がありましたが、強制に関しては押しっ放しじゃないとスキップできないし、ストレスフル。
さらには、特定のtipsを持っているか持っていないかによってサディスティックタイム(スチルありイベントがある)が発生したりしなかったりするので、どうしても最初の方に攻略したキャラクターに関しては一度プレイするだけではスチルコンプができません。そのシステムにするのであれば、tipsをどのルートでも同じだけ獲得できるようにしておいて欲しかったですね。(tipsは全キャラ攻略して初めて全部埋まるのが今作品の仕様)
かといって、2周ずつ遊ぶほど熱意もないし、面白くもないし……という、かなりめんどくさい感じになっておりました。


⑤ 作品の完成度 ☆☆

乙女ゲームブロガーとして、記事はマイナスな部分もありながらもきちんと楽しかったところ、素敵だったところをね、中心に書こうと心に決めているのですが、この作品ばかりは擁護のしようがないかな、と感じています。
言葉を選ばないなら、本当につまらなかった。
正直1ルートで投げようと思いました。でもね、同時期にプレイしてるフォロワーさんのおかげと、あとこの前にプレイしていた作品も投げたので、さすがになあ……と思った次第でございます。
トロコンはできていません。でも全ルートエンドは頑張って通りました。

200本近く乙女ゲームをはじめとするいろんなゲームをプレイしておりますがひさしぶりにびっくりしましたね。全く関係のない作品を持ち出して恐縮なのですが、いわゆるクソゲーといわれた、某しらつゆ、今年に入ってからはポゼッションなんちゃらですかね?……個人的な感覚で言わせてもらうなら、それらの比ではありません

なので、積極的にオススメはしませんが、キャストさんのファンの方はそんな理屈関係なく入手されていらっしゃると思うので「頑張ってくださいッ!!」とエールを送りたいです。お目当てのキャラクターだけでも……十分です!!

たぶん、作品の中で一番面白いのはキャストコメントだと思います。
たいしてキャラやルートのことについて語られていないところが皮肉にも面白いのかもしれないですね。

D3オトメ部のこれからが、ものすごく心配になる1作でございました。
心配だけど応援してますね……頑張ってください、ね……。





nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - その他乙女ゲーム ブログトップ