So-net無料ブログ作成

Blackish House(ブラキッシュハウス) sideA→ 藤吾・澪 感想 [Blackish House]




ブラハAまるっとクリアしましたー!

ハニビ作品の中では好きな部類にはいりますね!
キャラ的には最近でいうなら「あやかしごはん」の方が好きだし、シーンやシチュエーションの好みは「リバソン」の方に軍配はあがるんだけど、トータルでみてなかなか面白かったです!

いっぱい芸事に従事している子たちが出てきますが、それぞれに役者としてのカラーというか、壁に対する向き合い方とかが描き分けられていて、そのあたりはとても丁寧だったなと思いました。

確かに乙女ゲームらしい記号っぽさはあるにはあるんだけど、そんなに気にならないかな。
全体的に見れば、それぞれの過去であったり、コンプレックスや悩みなどが少し画一的なところもあるけれど、もしかしたらsideZで何かつながってくるかもしれないし、その辺りはまあ、他ルート見てからですかね。

sideZも近いうちにプレイしますね!

それでは、藤吾と澪。
ネタバレ感想です(‘◇’)ゞ




☆姫崎藤吾

藤吾が親の愛に飢えた幼少期に、澪の演技に希望を見出したエピソードはとても好きだし、澪の成功にのみ執着した理由も、だからこそ自分の芝居には無関心なところもとてもよくわかるし、そのキャラクター性にはなんともいえない刹那的なものを感じて好きです。

だからこそ、ふざけた信念をかかげて、役者として必要最低限の成功を収めてみせる天才肌の姫崎藤吾という役者は、タレントとして見た場合実に面白い。さらにそこを理解した上で、藤吾と付き合っている澪も実に面白い。この2人の関係性は、いわゆる、びーとえる的なものが出来そうなくらい面白い。

とは思うのですが、ごめんなさい。

男としては結構キツイかなと思いました。

「心がない」というキャラクターは大抵、「心」があった記憶があるから「ない」といえるわけなので、ヒロインとの触れ合いにより心を取り戻していくというお話の流れは自明なので良いのですが、自分で負うべきものを自分で負えない弱さ、というところは私にとっては萌えポイントに繋がらなかったですね(笑)澪に、雛に、そのすべての責任を押し付けて、自分の思い通りにならないと相手に当たり散らすのは、ほんとイケメンにしか許されないと思うの……(笑)

あと悠翔の足の件についても、あっさりカミングアウトしてしまうところは、何もわかってないなと思ってしまいますね。
それを今さら告白したからといって何が変わるのか。
悠翔の足が治るわけでもないし、藤吾が傷害罪、はたまた殺人未遂で捕まるような流れになるとも思えない。
単純に、藤吾が言いたいだけで、みんなに赦してほしいだけなんですよね。
「許す」というヒロインもヒロインですよ。私なら絶対に許さないし、そんなことをした人と恋人にはなれない。三つ子の魂百までなんですよ……。私はそこまで心は広くはなれないかな。


☆宇賀神澪


ぶっちゃけ本命だったんですが、ごめんなさい。

そんなに刺さらなかった……!!!!!(笑)

藤吾ルートでの発言などから、非常にストイックな役者であることもうかがえて、すごく期待していたんですが、後半の「悲劇のヒロインかな……?」という展開で少し冷めてしまったんですよねw

役者としては、彼のどんな時でも手を抜かない芝居に対する生真面目さがとても好きです。正論を偉そうにずばずばいってしまうから煙たがられる他人に厳しい一面は結構キツいけれども、自分にも厳しいから、ある意味で眩しさすら感じる役者さんでした。

ただ、男としてはちょっと遠慮したいかもしれない。
というのは、彼のルートのテーマは、父親との確執、自分の弱さを認めることだったと思いますが、その描かれ方は非常に劇的でした。これはものすごく好みなのですが、横柄で自分が一番だと俺様気取ってるのは、役者としての彼だけであってほしかった、かな。確かに彼が直面する、悠翔が腹違いの兄弟だったという事実や彼がいまだに自分が確執を抱えている父親とつながっていることなどはデリケートなことなのでいろいろと落ち込むのはわかります。

わかるんだけど、とたんに引きこもったり、芝居を放棄して悲劇のヒロインぶるところは本当にがっかりした、というのは正直なところかな。「女ってそんなにいいものなのか」と雛ちゃんを押し倒したところは、発想的には確かに若くてかわいいっちゃかわいいけど、私なら殴る

それは同意もなく襲われたからというわけではなく、誰に対しても「芝居には全力で向き合え」と説いてきた彼がバカみたいなことを言うからです。芝居に対する熱意、ポリシー、そういうものだけはどんなことがあっても曲げてほしくない、だってそんな彼をヒロインは愛したのだから。ヒロインの前だけで精神的にめろめろになるところを表現したいんだったら、もうちょっとポーカーフェイスでクリスマス公演まで頑張ってほしかったかな。
まあでも、高校生お坊ちゃんだししょうがないかな。
あと私チョロいから石川さんの声大好きなんで、楽しかったんですけどね!!!



それにしても、この作品家庭環境がいろいろとめんどくさいところが多いな……。
まあ、芸能関係だしわかるんだけど、もうちょっとバリエーションがあってもよさげな気がしますな(笑)


うーん、全員プレイしたら剛が一番よかったかな……。
女の子が極端に苦手、という以外はとても感覚的に一般的だったというか……あのルートは雛ちゃんが剛をどう攻略するか、必死にいろいろ考えて実践してたのが面白かったし、だんだんと剛と雛の会話が夫婦っぽくなっていくのがすごく可愛かったので楽しかったですね。

ぜんっぜん面白味がない感想になってしまったww
次は何して遊ぼうかな♪
sideZはちょっと期間あけて遊びますー!




nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。