So-net無料ブログ作成

猛獣たちとお姫様 感想 [その他オトメイト作品]




猛獣たちとお姫様 - PS Vita

猛獣たちとお姫様 - PS Vita

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




お久しぶりでーす!

実はブラハをずっとプレイしていたんですが、あまりにも安い値段でこちらのタイトルが売っていたので……プレイしてみました。

が。

うーん、まあ、値下がりしてるのは、なんとなくわかるかなって感じの作品でしたね。

ぶっちゃけ、だらだら長いよりかは、わかりやすくすぱっと短く楽しく!みたいなコンセプトで作られた乙女ゲームもそれなりに好きなので長さに関しては特に気にならなかったです。ただ、うーん、シナリオのバランスが若干悪いかなとは思いました。
というのも。

猛獣たちの前座感が半端ない。

まあ、もう出てからだいぶ経ってるので言っちゃいますが、全員プレイしたら攻略できる魔術師さん、攻略制限がかかってるリシャルトの話が、あまりにもメインすぎて他の動物さんたちはいったい……状態なんですよね。

……だって、塔に閉じ込められてたお姫様とずっと一緒にいたのは、動物たちなんだよ!?
もっと(シナリオ的に)報われてもええやんか!!!
なんで全部CV櫻井孝宏の魔術師がもっていくんや!!!!!
(ちなみに櫻井さんは大好きです)

もう、後半2ルート(ifも含めて)「実はお前はな……なんとかかんとか」「俺の正体はうんたらかんたら」とかいう説明ばっかりで、私ぐったりでしたわ……www


内容的にはまあ、よくあるファンタジーなんだけれども、前作「猛獣使いと王子様」とのつながりも見せていて、そんなにひどいっていうほど、ひどくはない。というか、むしろオトメイトさんの作品のなかではなかなかに安定している部類に入ると思います。読みやすいし。ただ内容は、小学高学年女子が読むノベルくらいのファンタジーものといいますか、まあ、全体的にやさしい世界なので、大人には物足りないかもしれませんけどね。

確かに私みたいなガチな乙女ゲーマーはおよびじゃない内容ではあるけれども、絵がキレイ、好きなキャストさんが出ているからプレイしてみよ♪というようなライトユーザー、または若いお嬢様たちにはそこそこ満足できそうな内容であることは確かなんですよ。

ただ、見せ方がちょっとまずかったかな……?と思ってしまいました。

でも、やっぱりフリーモフモフシステムはかわいいし、にやにやしますね。
なんというか、ディテールが細かいというか。
画面を撫でると、動物たちの毛とか服がふわっと、ふわふわっとするんですよ!!!

あれは、なんか癒されますね。
あと、動物の時の顔がなんせみんなとっても可愛い。

個人的にはクマが好きです。クマがくま……いや、困った顔をするときが好きです。

紫あやさんのイラストは相変わらず美しいですね。
SNOW BOUND LANDでもそうでしたけれど、ほんっと綺麗でファンタジーの雰囲気たっぷりな絵柄は素敵。スチルも結構充実してたし、そこは素晴らしかったです。

うーん、個別感想書くほど何か引っかかった点もないので、各キャラ別には書けないのですが、個人的に好きなルートは、ユゼフかな。あの、何も考えていないようで本質を突くことを言ったり、誰もが躊躇することをやってのけたりするユゼフのキャラクター性が結構好きです。
余談ですが、代永さんってミアーシュみたいな役多いな……(笑)
リシャルトもいけすかないやつだなって思ってたんですが、まあ、アレは理由があるからいいとします……ww

最後にいいたいのは、魔術師ルートはVita投げ捨てたくなりましたw
深くはきかないでね。
……白イタチはメリーバッド的なやつでよろしい!!!(笑)
魔術師さんがどうの、というのではなく、魔術師ルートの姫様がキツかったです……www


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。