So-net無料ブログ作成
検索選択

CHAOS;CHILD (カオスチャイルド) らぶchu☆chu!! 尾上世莉架・トゥルー 感想 [科学ADVシリーズ]




とうとうLCCも終わってしまいました。
ああ、楽しみにしていたゲームをプレイし終えたときの充足感と喪失感は何度味わっても……慣れないですね……!!

いやあ、面白かったです。
最高の”続編”でした。

続編というよりかは、”アンコール”といった方が正しいのかもしれないですね。
”終幕”を迎える前に、あと少し、もう少しだけ――。

彼の心は決して揺らがない。
彼は決して道を違えたりしない。
やっぱり宮代拓留はどこまでいってもカッコよかったです。

それでは!
LCCの感想はこれでラストになります!
メインヒロイン、尾上のネタバレ感想は以下からどうぞ~!!





・尾上世莉架

これって、ほんとにらぶちゅっちゅ、だよね……??

と、何度目をこすったことか……。
それくらい衝撃的な展開で私はもうびっくりよ、世莉架ちゃん。

正直な話、彼女が“普通”の少女のように、宮代拓留を愛せるはずがないというのは、本編の尾上世莉架から考えて自明のことなので、驚いたのは驚いたのだけれど、特別に違和感はなかったですね。まるで幼女のような理屈で、むちゃくちゃに拓留を縛る世莉架は恐ろしくもあり、滑稽でもあります。だからこそ、ほんとたくさん笑わせてもらったし、面白かったのだけれども、このカップルはどこまでいっても切ないなというのが私の感想。嫉妬と独占欲にまみれた、行き過ぎた愛情表現の数々は最高にクレイジーだったけれど、彼女がエスカレートすればするほどなぜだか切なくなっていくのはとっても不思議な感覚でした。

乃々ちゃん、雛ちゃん、華ちゃんに対して、ものすごいコンプレックスを抱えているところが、メンヘラ、ヤンデレチックなシナリオに昇華され華を添えていた感じでしたが、この“コンプレックス”はきっと、本編でもどこかで感じていたもので、嘘じゃないんだろうな……と思うと、ね。まあ、無意識のものな気はしますが。

本編では特に明記されていなかった世莉架の二面性についてですが、個人的に今回、「黒」と「白」に分かれていたのは案外彼女の潜在的な願望なのかもなあと思ったりもしました。人格が2つあるということは、責任を押し付けられるじゃないですか、どちらか一方に。彼女からすればきっとあの本編トゥルーの結末は「ベストエンド」ではないはずで、それをやはり悔いているところはあるんじゃないかな。(ただ、現実世界ではもちろん彼女は“普通の女の子”になっているわけだから、表面的なところの話ではないのだけれど)そういう意味で2つに分けてしまえば、「白」の世莉架だけは、拓留に対して永遠に嘘のない、綺麗なままでいられるような気がしたんですよね。とっても個人的な感想ですが、そんな風に思えてきちゃいました。

まあ、それにしても、すごかったな……(笑)
逆らえばヤバいことになるとは言え、よくもまあ……耐えられるな……。
いろいろと痛いし、イタいwww
そしてツライ!!!!!

個人的には、あそこが好きですけどね。
「白」さんも「黒」さんも、馬乗りになっておきながら何にもできないところは、流れが同じなのに、全然違うパターンで可愛くて……(笑)可愛さ感じてしまった時点で負けですよね、分かってるんですよ、ええ、ええ。
でもかわいない?あれ?下の世話までやっといて、あの流れなんだからすごいよね……ほんとこの子……www

でも、世莉架ちゃんルート、トリガーが1つしかなかったですよね……!?そこがちょっとびっくりでした!でも「もう戻れないぞ尾上ェ!」のポジトリガーの世莉架ちゃんはむちゃくちゃ扇情的で、素敵でしたね。ほんとあれはもう戻れないな……拓ちゃんな……。


・トゥルールート


まあね。

やっぱりな。

っていう感想しかないよね……。
わかってたよ、普通にいちゃいちゃするだけなはずないもんな。

和久井先生による“いたずら”だったという真相が、この全編通してどこかにある「試されている」感の正体だったのかなあと……漠然と感じました。
確かに、恋愛的なエンドもたくさんあるし、エッチな妄想もたくさんあるから、楽しい夢なんだけれども……なんか、結局どこのルートでも、宮代拓留は試されているなあ……って。男としてっていうのももちろんあるのだけれど、友達として、仲間として試されている部分も結構あったような気がして。ただ単に拓留が好き放題できる楽しい夢じゃなかったから、こういうイメージになったのかもしれないですね。

それにしても、澪ちゃんは大活躍でしたね。ほんと、かっこよかったです。
彼女があのディソード振り回すシーンは、ようやく見られた!って感じがして、この辺りもやっぱ爽快でしたね。
それにしても彼女に課せられたモノは、とても残酷ですよね。ある意味、憎まれ役というか。
それでも、彼女は彼の意志を尊重し続けなければならない。
それを彼が望んでいるから。

ただ、やっぱりラストは、あの大人びた声をした「彼」と、決して交わらない道を歩き出した「彼女」と、そんな「彼女」と知らない人としてすれ違う「彼女たち」には泣かされました。個人的な好みとして、ラストの乃々と拓留の“会話”はもうちょっとシンプルであったほうが嬉しかったけど、あそこの乃々の泣きには完全にもらい泣きしました。……っていうか、もう拓留が夢から覚めた瞬間から、すでに胸掴まれて泣いてるんですけどね……(笑)。

この気持ちを持ったまま、サイレントスカイ見に行けってことですよね!そうですよね!
2週間しかないけど、なんとか時間作って見に行くぞー!!!


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。