So-net無料ブログ作成
検索選択

KLAP!! ~kind Love And Punish~ 感想 [その他オトメイト作品]



お久しぶりですこんにちはー!

ちょっといろいろバタバタしてたらほんと、ゲームする時間が最近とれなくて……あれれ……な感じでございましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうかー!

こないだまでプレイしていたのが、結構長めのゲームだったので、ずーーっと積んでたこちらのゲームに着手しました!!



KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game



KLAP!!です!!!

正直……あんまり乙女ゲームプレイしたい気分でもなかったんですけど(笑)
短めのものを少しつまんでみたくなったんですが……。

やってみたら、意外と面白い\(^o^)/

KLAPという作品が今のプレイスタイルにちょうど合ってた感じはしますけれども、非常にコンパクトにぎゅっと内容が詰まってて、素敵ですね(*^^*)

この、コンセプトがはっきりしているところと、ストーリー内容が簡潔にまとまっている感じは、最近の作品では「喧嘩番長乙女」に近いかな、と思いましたね。確かKLAPの方が先に発売している作品なのですが……私の中でこの2作は結構近いですね。

ムチなどでの調教システムに、SM選択肢……と、若干イロモノっぽい雰囲気を醸し出してるにも関わらず、ストーリーは意外にも真面目に切なく、それでいて冗長でもない。とても、まとまっているところにも好感が持てました。

調教パートはエロ面白く。
ストーリーは、甘切なく。
ギャグあり、シリアスあり、萌えあり、セクシーなところもあり……という、このメリハリの効いた感じが、飽きのこない構成になっているなあと純粋に感動。
やっぱり遊んでみないとその良さがわからないところが、乙女ゲーム。
久しぶりに、そのことを痛感した次第でございます(笑)

ストーリーの方向性としては「カエル畑DEつかまえて」とか「神なる君と」に似ているかなと思いました。

余談ですけど、KLAPはキャスティングも最高だったよ……各キャラクターかなりハマってて素晴らしかったです!!好みもあるけどね!!!

FDも発売されましたし、またこの生徒たちに会いたくなったらプレイしたいと思っております!!

それでは、ざっくりとですが以下ネタバレ感想です。







☆美作燈真

鼻が低いことがコンプレックスなようですが、ヴィジュアル的に天狗は鼻が低いくらいでちょうどいいかもね……!!
遙さまも嫌いじゃないけど、嫌いじゃないけどね!!!
彼の良さはなんといっても、面倒見のよさかな……。
特に、カッパルートの燈真は本当にいいヤツで、気持ちがいいというか、清々しいというか。
義理堅くて、どんな時もまっすぐで、本当に素敵な天狗様でしたね。

ルートストーリーも、家族愛をテーマにとてもよくまとまっていた印象ですね。
もちろんラブストーリーなんだけど、弟くんのことや母親のこと、そして亡くなった父親と天狗一族の長を決める選挙……といったお話から、どちらかというと暦先生が天狗の嫁になるためのお話だったかなと。
暦先生が家族に認めてもらうために、という方向性じゃなくて、彼女が血のつながった家族のように美作家を大切に思う気持ちが表現されているところにじんときてしまうんですよね。
暦先生にここまでされて、惚れない男はいないと思うの。ほんと美しいルートでした。

調教シーンで印象に残ってるのは「もげるー!!」ですね(笑)
なにがもげるのか、言ってごらんよ燈真……もっと鼻たたいたろ。


☆周防壮介

ざっくりあらすじだけ説明されちゃうと「マザコン……?」って思われがちなルートになっちゃうような感じに思うのですが、彼のルートのテーマは孤独であって、それ以上でもそれ以下でもないイメージはありますね。

彼が常に戦ってきた孤独。人間界ではもちろんのこと、幽魔の世界でも彼は男なのに雪女として生まれたレア中のレアキャラクター。そんな彼が今を耐え忍ぶために、心の支えとして手紙をくれる優しい実母との再会を夢みるのは、とても理解できるし、自然なことだと思うんですよね。だからこそ、終盤でわかる事実に激昂し動揺してしまう気持ちは痛いほどわかりました。

暦先生と、ペンギンのキーホルダーをめぐって応酬するシーンは必見。あそこの壮介の表現はとても素晴らしかった。自分の気持ちをひとつひとつ確認していく、それを諭す暦先生のなんとかっこいいこと……。教育者はほんと、こうであってほしいと願わずにはいられないシーンでした。

ああ言えばこう言う、素直じゃない雪女ちゃん、ほんっと可愛かったですね。照れながら一生懸命、想いを伝えようとしてくれるところとか、やっぱりそばにいてほしくて無意識に甘えてるところとか、それを指摘されて怒るとことか……ほんと可愛かった♡

調教シーンも可愛かったなー!!ちょっと挑発的なボイスがサイコー。


☆駿河明人

彼のルートはわかりやすい、遊び人との恋的なルートでしたね!
好きだ好きだと言われ続けて、本気じゃないんでしょって思ってたらいつの間にか自分も本気になってた、というかね。まあそれだけじゃないところがKLAPの良いところで、ここからさらに身分違い的な設定もあるから、いろいろとこじれるこじれる……(笑)

新米教師らしく、生徒たちに嫉妬されて嫌がらせされちゃったり、駿河屋の御曹司が人間と一緒になるなんてダメ!!みたいな、もう、ベタすぎる展開も待っててですね……www
まあ、こういうベタなところがまた、いいんですけどね!!

先ほども書いたけど、このルートは私、恋愛がどうの、というより明人が庶民の暮らしを燈真の家でするうちに、今まで知らなかったこと、知ろうともしなかったことを学び成長する、というところを描いてくれたのが好きなんですよね。
だからこそ、ただの金持ちのお坊ちゃんじゃなくて、きちんと暦先生に向き合えるようになったのかなと。

あとすっごい気になったのは、滝が流れている部屋……(笑)
ほんとすごいよね、この成金感……wwww

調教シーンは、一瞬声が似た別の名前の人かな???と錯覚するくらいエロかったです、立花さんボイス。

☆カミル=セッツェリン

カミルはいちいち、返答や反応がかわいくってかわいくって困っちゃいましたね!(笑)
電波なキャラって好きなんですよね……オンラインゲーマーらしい聞き間違いとか認識がたくさんあって、面白かったです(*^^*)
かしこまり~、っていう口癖がお気に入り。

彼は、吸血衝動のない吸血鬼ということもあって、最初はどことなく吸血鬼っぽさがないんですよね。だからこそお話の根底にはどことなく、アイデンティティがテーマの主軸にあったのかなと感じました。
彼女と恋をしなければ、大人の階段上る……じゃないですけど、吸血鬼にとっては喜ばしいことだったはずなんですよね、血への渇きに目覚めることは。でも、自分が吸血鬼であることを、暦先生と恋をしたから認識せざるを得なくなったし、共に生きていくために考えなければならないこと、暦先生の、人としての生き方を尊重してあげなくてはならないことを知るところは、また別の意味で大人の階段上ってるところが表現されててよかったなと思います。

また、暦先生の葛藤も描かれていたところも結構好きですね。しかも後先考えず愛に走ったりもしないし、かといって吸血鬼にならないと一緒にいられないの?と泣き出したりもしない。乙女ゲームヒロインとしてはなかなか珍しいタイプだと思いますね。

調教パートに関してはひとりだけなんかほのぼのしててかわいい感じでしたね(笑)
セクシーとは程遠いところが、またカミルの味かなw


☆播磨奏

おじいちゃん猫さん、とっても可愛かったですね……!!
やはり、というべきか、縁側でぽかぽか日向ぼっこ、みたいな恋愛で、暦ちゃんとのイベントはどれもほんと、ほのぼのしました。

でも、いざというときに見せる顔はとても男性的……エロな方向ではなく、とても紳士という意味でね……ギャップに結構萌えました。声色もいろんなシーンで変わるので、そういうところもすごく素敵でした!

「心残り」に対する想いの強さが生命力である猫又さん……ということが分かった瞬間に、あああ……と先の展開が読めてしまうにもかかわらず、少しずつ、少しずつ、大丈夫じゃよ、といいつつも弱っていく奏くんを見ているのは辛かったです……ううう。
人の姿を保てなくなって、やがて猫の姿になってしまって……それでも、いつか、播磨奏としての再会を願ってずっとそばで生活を続ける暦先生の姿は、涙を誘いますね……。愛が深い……。

個人的に好きだったのは、暦ちゃんが、自分がかつての奏の飼い主の生まれ変わりかもしれない、という事実をずっと秘めていたことがバレるシーンですね。あそこで、奏が、もう黙っていなくていいと、暦ちゃんを解放してあげるところは純粋にやさしいシーンとして好きですね。

調教パートも猫をくすぐってるみたいな反応でかわいかったです(*^^*)
それにしても、すごい声で鳴く時あるよねwww


☆出雲紫苑

まさか出雲先生が最萌になると思わなかった……!!です!
単にSっ気満点の同僚に、逆調教でもされるパターンなのかと思ったのですが、きっちり出雲先生も調教できました♡
なんというか、普段教えを請うている上司に、「暴走しそうなのでお願いします……」って言われて地下室で鞭を打つってなんか倒錯的だよね……しかもそこから生まれる恋愛感情なんだぜ、なんだよそれえ……!!!ってなるよね?え、ならない?(笑)

でも、私があなたの女王サマ的なお話じゃなくて、どこにいっても邪魔者扱いされる貧乏神さまと、神社の娘が幼い時に交わした約束が、長い時を経て果たされるストーリーになってて、どこまで王道なんだ、最高か!と胸熱でしたよ。ほんと。

何度も諦めようとした「愛される」という奇跡を手にした出雲先生。
単にそれは暦先生のことだけを指すのではなくて、忍先生やぬら校長、クラスメイトたちからの気持ちもそこにあるんだよ、というようなシナリオになっているところが私はとても好きでした。

王道中の王道だけど、近づけば近づくほど、最愛の人を傷つけてしまう、それならば愛するのをもうやめよう……というのは本当に切ないですね。愛するのをやめる理由が浅ければあんまり印象には残らないけれど、いつかこの「不幸」が最愛の人を殺してしまうかもしれない、と思うと……しかも未遂が何度も起きると……やっぱりこわくなって手放したくなる気持ちもわかりますよね。取り乱さずに、とても静かに関係を終わらせようとするところも、胸が痛かったです。

調教パートは、なんといっても札束で顔をぺちぺちできるところですかね(笑)
ちゃりーん♪って効果音もほんと遊び心に溢れてて……なんだかなww


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。