So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年下半期乙女ゲーム(?)を振り返ってみよう! [その他]


下半期プレイしたのはこちらです!


・ルートレター
・ROBOTICS;NOTES
・7’s scarlet
・パルフェ
・Collar×Malice
・悠久のティアブレイド
・灰鷹のサイケデリカ
・ひぐらしのなく頃に粋


嘘……嘘でしょ……!!??
たった……8本……!!??


しかも、そのうち、乙女ゲームが4本しかありませんッ!!!!


もう、乙女ゲーマー失格ですね。
そうですね。
わかってはいたんですよ。


というわけで。
年の瀬なので、ちょっと今年プレイした乙女ゲームも含めて振り返ってみようかな、なんて思います。

(今回はちょっと萌えキャラはコレ♡みたいな記事ではなくテンション低いので……ご興味がある方のみどうぞ!)


すみません。
先にぶっちゃけときますね。

最近の乙女ゲームは正直。
どれをプレイしてもそんなに面白くない……。

そんなことない!!って思われた方が、大多数だと思います。
うん、私もそうだと思います。
客観的に見ればね。

でも、主観的に見たときに、コレは面白かったな!!ぜひ記事を書かねば!!!と思えるような作品は、今年は本当に少なかったです。
ただ、こればっかりは個人的な感想なので、どうしようもないですよね。

今年。
乙女ゲーム新作をいろいろと購入して、プレイしてきて。
結構しんどい部分が多くてなんか違う意味で考えさせられてしまって……。
結論からいいますと、そろそろ乙女ゲームに特化してノベルゲームをプレイするのをやめようかな、と思っています。

もちろん、乙女ゲームというジャンルは大好きだし、これからも応援していきたいとは思っているのですが、感覚的には、うーん、そうだな。
そろそろ「一周」しちゃったのかななんて思っています。

どんなジャンルでももちろんそうなのだけれども、好きだからといってその分野ばかり遊んだり、読んだり、見たりしていると、新作を手にしていてもどうしても既知のような感覚に陥るようなものってありますよね。

それは、たぶん受け取る側に「問題」があるのだと思うのです。
私の場合であれば5年分、約100本くらい?
もうちょっとあるかもしれませんが、それだけの「乙女ゲームヒロイン」が通ってきたラブストーリーを見守ってきた記憶が、新しいヒロインの物語を受け取る度に、邪魔になり、またそれが新鮮に捉える上で足枷となっていくんですよ。

どうやら私は、乙女ゲームの世界をぐるっと「一周」する旅が、知らぬ間に終わってしまっていて、いつの間にか同じ場所からリスタートしているみたいなんですよね。

普通に考えると100本近くも乙女ゲームをプレイしてしまうと、テーマがかぶっていたり、シチュエーションや台詞がほっとんど一緒、みたいなゲームはたくさんあるに決まってるんですよ。
だって、テーマにしているものが、恋愛なんですもんね。
舞台が違っても、設定やコンセプトが違っても、そこは絶対に変わらない。
どうあったって人と人が恋愛する物語から外れるわけがないのですから、そうそう新鮮味なんて見いだせるわけないんですよ。

だんだんと、物語自体を純粋に楽しめているのかどうかわからなくなってきてしまいました。

それでも、個人的な感想だし、こういうものもあってもいいだろうというような気持ちで記事を書き進めてきたのですが、もうさすがに「感想さえ抱けない」作品が多くなってきたのが、正直な気持ちです。

実は今年、たくさん記事にした作品以外にも買ってプレイしました。

でも、記事を書いてないものは、どれも1つとしてフルコンプできなかったんですね。
それは作品側の問題というよりかは、私自身の興味の問題なんだろうなあと思った次第なのであります。

ただ。
私自身による問題が最も大きいものだとは思いますが、ジャンル的にも「恋愛過程を楽しむゲーム」という意味での乙女ゲームが少なくなってきているのも事実かな、とは思っております。

短時間で、素敵なシチュエーションをイケボで楽しむ。

ここに重点が置かれている作品がきっとこれからは主流になってくると思います。
じっくりと据え置き機でプレイするようなゲーム性があったり、深く考えさせられるような興味深く、メッセージ性やテーマがしっかりある作品が増えるとは、今の流行作品を眺めていると、思えないんですよね。

それはきっと、たとえそういうものがあっても、プレイヤーに最後までプレイさせることが出来なくなってきているから。
クリエイターさんたちの力不足とかそういう話ではありません。
おそらく、その「最後まで遊ばせる必要性」があるようなもの自体にそこまでのニーズがない。
そこに理由があるんだと思います。

昔とは違ってプレイヤーがゲーム一本にかけられる時間が圧倒的に減っていると思うのですよ。
みんなだいたいスマホにはソシャゲを複数抱え、PCではいくつかのブラウザゲームを登録している。
ゲームだけでもそれだけの広がりがあるのに、昔と比べてはるかに数が増えたアニメや漫画などのコンテンツ、その上にSNSもチェックしなきゃですよね。

そうして、たくさんの文化を貪るように消費できるようになった私たちですが、個人一人当たりがもっている熱量は昔とは変わらないんですよね。
だから、乙女ゲームに限って言えば、簡単にクリアできるもの、簡単に読めるもの、簡単に世界観がわかるもの、簡単に恋愛シーンに入るもの、そういうものが求められるのだと思います。
プレイヤーの熱量をすべて消費させるようなコンテンツ自体が特に求められていないような気がするんですよね。

そんな時代の中に、プレイヤーをその物語やゲーム性に没頭させることを目的に作られるような大作というのは……そりゃあほとんどお目に掛かれるはずがない。
さらにはこのご時世、作る側がどれだけ思いを込めて作っても、あっさりネタバレされたりスチルをばら撒かれたり、動画にされちゃったり……そういう食い散らかしみたいなのも往々にしてあるじゃないですか、最近。ぶっちゃけ割に合わないと思うんですよね。作ってる側の方のことを思うと。

切ないなあとは思います。
ただ、それを悲しいな、とみているのではなくて、こうしていろんなものをいろんな人と享受できる時代になったことを喜ぶべきだと思うし(もちろん上記のような「食い散らかし」はいただけないなあと思いますが)これもまたひとつの文化の成熟だと思います。

しかしね。
やっぱり、ね。
私もイチ消費者なので、疲れてしまったのが本音です(笑)

だから、これからの新作乙女ゲームに関しては、ただの声オタファンの気持ちで買おうと思います(笑)
もう今年はだいぶそんな感じでしたけどねw

というわけで。

今年をもって乙女ゲームブログという形をとるのをやめようと思います。
これからは新作が出たらとりあえずプレイしてみよう!というスタンスでは記事は書けませんので、いつも新作など購入される際に参考してくださっている方には申し訳ないです……。

これからは気の向くまま、過去作新作女性向け男性向けジャンル関係なく、ノベルゲーム中心に感想を上げていきたいなと思います(^^)それでもよろしければ、これからも遊びにいらしていただけると嬉しいです(^^)


では。
続きからは今年プレイした下半期乙女ゲームについてでーす。






っていっても。
4作しかないんだ……(笑)

この4作で一番面白かったのは、やっぱり「悠久のティアブレイド」かなあと思います。

というか、たぶん今年全部合わせてもティアブレイドかな。(対アリは移植だからとりあえず置いときますね)
なんというか、ある意味でさっきいった「時代」に逆行しているというか。

短時間で消費できる萌えシチュ萌えボイス?
そんなん知るかーーー!!!

って作りになっていてね。そういうところがやっぱり大好きなんですよね。
シナリオ、スチル、構成、演出、音楽、キャストさんの演技、その他いろいろ。
すべてにおいて仕事が丁寧だったなあと思いました。
なんっていうか、2、3年前のオトメイト作品の感じですよね。遊び心もあったし。
ロボもの王道ストーリーの中に、乙女ゲームとしてのオリジナリティがしっかりあって面白かったです。

灰鷹のサイケデリカも素晴らしかった。
乙女ゲームとして見ると多少難しい部分もあったけれど、黒蝶のサイケデリカの続編としては最高の落としどころだと思いましたね。
ただの雰囲気ゲーにならないように世界観の中に作品全体の意義もあったし、登場人物たちのキャラクター性もまさにカレイドヴィア。
充分にサイケデリカ欲を満たしてくれた良作でしたね。

あとふたつに関しては、ちょっと乙女ゲームをプレイするのを控えようかなと感じたきっかけになった2作……です(笑)

ニルアド、セブスカ、カラマリ。
この3作は、今年本当に辛かった。
面白い部分がなかったとは言いません。
駄作だとも思ってないんですよ、それは個々の感想を見て頂けるとわかると思うのですが。

でも、なんだろうか。
とにかく乙女ゲームというものを消費するのに疲れてしまったんだなということを実感した作品でした。

私の個人的な意見ですが、この3作品に共通するイメージは「綺麗な箱」。
ものすごく綺麗な箱に入ったファストフードのような、そんなイメージなんです。
「ジャンク」という意味ではなく「手軽に食べられる」という方の意味合いでとってくださいね。

本当は手軽にさくさく食べられる中身なのに、すごく趣向が凝らされた、綺麗なパッケージで包まれていて、ラッピングをはずしても、箱をあけても、まだ食べられないような、そんなイメージの作品でした。

個人的には、そのラッピングを外す作業に楽しみを見いだせなかったんですよね。三作品とも。
さらに開けた時の「がっかり」感がもう、半端なかった。
あんなに綺麗だったのに……!?みたいなね。
ラッピングが楽しめなかったならもう、それは、満足度的には致命的なんですよ。

だから「疲れてしまった」ことを自覚してしまったのだろうと思っています。

ひとつひとつをとって作品単体で見ると、特に苦手だ、というわけではないのですが(ニルアドは本当に苦手だけど)このトリプルコンボが非常にキツかったです。

ううう……。
テンション低くてごめんなさいね。

しかし。
好きな作品の続編やらなにやらがいろいろ来年も出ますので!!!
それに想いを馳せながら……来年を待ちたいと思います!!

皆様良いお年をお迎えくださいませ!!
今年もお世話になりました。
来年も、よければよろしくお願いいたします。





nice!(0)  コメント(12) 

nice! 0

コメント 12

ねこった


初めまして、あかりさん(*^^*)
ねこったと申します

いつも更新楽しみにしてました!
実は1年程前からこのサイトにはよく来ていたのですが、
なかなかコメントする勇気も出ず、
かといってTwitterなどもしていないのでお話する機会がありませんでした。
今回、乙女ゲームを主としたブログは終わりということで
少し勇気を出してコメントさせて頂きます。

私はあかりさんの文章がとても好きです!
飽きずにサクサク読める爽快感があり、
それでも伝えたいことはしっかり伝わってきて時に涙することもありました。
「夏空のモノローグ」の文章や「大正×対象アリス」などは特に好きです。
私はまだ学生の身なので、
なるべく話のしっかりした面白いものを、少ない本数で選んで買いたくて
色んな感想を見てきました。
その中で、あかりさんの文章は私の中で突出していて本当に楽しく読ませて貰っています。

4、5年前から乙女ゲームをプレイしてきましたが
私もここ最近は心が乙女ゲームから離れてしまっていて、
不思議に思っていました。
今回のあかりさんの文章を読んでようやくその理由がわかりました。
私もさくっと終わってしまうものではなくて、ストーリーがあってのものが好きだったみたいです。
ディアラバをプレイしたあたりから違和感を感じていました。
時代は変わりますね。少し寂しい気もします。
少数派になっても、そういった人たちのために作品が生まれてくれるのを願うばかりです。

とにもかくにも乙女ゲームブログ、5年程お疲れ様でした!
ノベルゲームや乙女ゲームの話、また楽しみにしています。
これからもこっそり来させていただきます。

長文失礼しました。
また機会があればよろしくお願いします。
by ねこった (2016-12-19 22:37) 

あかり

>ねこったさん

はじめまして!ねこったさん(^^)
1年ほどまえからお越しくださっていたとのこと、いつもありがとうございます(*´ω`*)
こうしてコメント頂けてお話できる機会を与えて下さったねこったさんの勇気に感謝、感謝です……!!!
もしよろしければこれからもお気軽におしゃべりしにきてくださいませ♡

私のつたない文章が好きだといってくださり、ありがとうございます……!!
正直、ブログ自体どうしようかなと考えた1年でもありましたので、ものすごくうれしかったです……!!
夏空や対アリ関連の記事についても、すごくありがたいです。
私自身も、この2作につきましてはものすごく心に残っていて、その気持ちがブログ記事を通してねこったさんに伝わっていたんだなあと思うと、ブロガー冥利につきると申しますか……こちらこそ、ちょっと涙ぐんでしまいそうです……!!
本当にありがとうございます。

そうなんですよね、私もなんです。
新作をプレイするたびに、乙女ゲームから心が離れていくのが少し辛くなってしまいました。
個人的に(ねこったさんもきっとそうなのだと思うのですが)シチュエーションのための物語を読みたいのではなく、キャラクターのための物語が読みたいのでもなく、物語の中で光るシチュエーションやキャラクターを味わいたくてずっと乙女ゲームをプレイしてきていたんですよね。
私自身の問題ももちろんあるとは思うのですが、それでもあまりにもキャラクター&シチュエーション先行のものが増えてきて、その割合の高さに最近愕然としてしまうというか……。特に乙女ゲームジャンルは、シナリオゲーだったりキャラゲーなどが住み分けられてないというか、選べるほどたくさん発売されないニッチなジャンルなのもあって、発売前のプロモーションだけでは判別ができないんですよね。
体験版でもあればまた別なんでしょうけど。

ディアラバくらいから……なるほど、確かにそうですね。
ディアラバもそれはそれで最初は面白かったのですが……やっぱり時代ですかね、あんまりFDでて次くらいからついていけなくなっちゃいましたね。

>少数派になっても、そういった人たちのために作品が生まれてくれるのを願うばかりです。

そうですね!!
それでもきっと、こういうモノが作りたい!!という熱意あるクリエイターさんたちがいてくださる限り、まだまだ面白い乙女ゲームは出ると思いますし、私も、そういうものにはガンガンまだまだチャレンジしていきたいと思います。
それを発売前に見極めることはとても難しいですが……。
とりあえずは、好きなクリエイターさんの作品は引き続き購入プレイしていきたいなあとは思っています(*´ω`*)

余談ですが、現実的に年も取り(笑)私の感性が貧しくなっているからなのかなあなんて、寂しく思うこともあったのですが、学生さんのねこったさんも同じ気持ちなんだ!とわかって、ちょっと嬉しかったですw

乙女ゲームブログとしては、ひとつ区切りをつけたいと思いますが、ゲーマーとしてはまだまだ全然現役で頑張っていこうと思ってますので(笑)ねこったさんが乙女ゲームという枠に拘らずプレイされるスタイルのゲーマーさんでしたら、もしよかったら来年もちょこちょこ更新はしようと思っておりますので、また遊びにいらしてください(^^)

お疲れ様でした、というお言葉、記事が好きだというお言葉、本当にうれしかったです。
改めて、ありがとうございました(^^)

またお話できると嬉しいです!
よいお年をお迎えくださいませ!

by あかり (2016-12-21 14:11) 

ガツみ

こんにちは!楽しみに読ませてもらっていました。乙女ゲームからなんとなく数年遠ざかって、また今年乙女ゲームに帰ってこようと思ったとき、あかりさんのブログを読んで、プレイする作品を探しました。プレイする前に読ませてもらう総評も、プレイ後読むネタバレありの感想も、いつも分かりやすく、面白く、本当に参考になりました。感想が自分と違っても、なるほどなぁと思わせる素晴らしい文章力で、いつも楽しく読ませてもらいました。

これからもノベルゲームの感想ブログを書かれるとのこと。いちファンとして楽しみにしています。
by ガツみ (2016-12-24 21:24) 

あかり

>ガツみさん

こんにちは!コメントいつもありがとうございます(^^)

おお……そうだったのですね……!!実は私も何年か遠ざかっていて、ある作品のワゴンセール(笑)がきっかけで乙女ゲーマーにカムバック!したので、同じですね♡
ガツみさんの乙女ゲームの旅の一端を担えたのがとっても嬉しいです(^^)嬉しいコメント本当にありがとうございます……!!
わかりやすい、面白いといっていただけるなんて、本当にうれしいです……!!
ガツみさんもブログをやってらっしゃるのできっと共感していただけると思うのですが、意外とブログって書くのに時間もかかるし、熱意も必要だし……で楽しいことばかりでもないじゃないですか……だから、自分のために書いているといえどもこうして反応頂けるのはとてもありがたいです。
本当はブログ自体もどうしようかなあと考えた時期もあったのですが、やっぱり「書くことで物語を楽しむ」こともやめたくないし、こうしてガツみさんをはじめ、読んで下さるゲーマーさんたちとお話するのも楽しいし……で、新作をがつがつはプレイできなくはなるとしても、続けていこうとは思っています(^^)

こちらこそですよ!!!
ガツみさんのところもちょこちょこ遊びにいかせて頂いておりますので、これからの記事も楽しみにしています(^^)

来年はジャンル拘らず、商業同人過去新作こたわらず、いろんなノベルゲをプレイ出来たらいいなあと思います……!!
ガツみさんもよいお年をお迎えくださいませ……!!

by あかり (2016-12-27 10:19) 

れくと

初めまして。暮れも押し迫ってる中コメントを書かせていただきます。
2年程前から読み逃げばかりしていた小心者ですが、今回すごく共感させていただいたので勇気を出しコメントさせていただきます(大げさ

私は古参ゲーマーでして、それはもう、アンジェのSFCの頃から乙女ゲープレイしています。
当時、乙女ゲーが数少ない中で宝石箱を開け自分を着飾るイメージでプレイしていた記憶がありました。
プレイする作品の内容が濃く、ボリューミーで何周もプレイした記憶があります。…でも、途中から楽しめない…1歩引いた目線で見ている自分がいた時、一時卒業しました。
3年程前からまたプレイし始めてますが、最近の内容が薄い(中途半端で終わる)、逆ハー気味(最初から好感度が高い)、恋愛の過程が首を傾げられずにはいられない感じが酷い気がしています(言い過ぎ
アプリ系が流行りつつあるので逆にコンシューマなどは力を入れて欲しいとは思うのですが、最近の新規乙女様達は昔の乙女ゲーは逆に長過ぎると言う事を聞き、自分との溝を感じました。

自分の様に少し離れてみて、また楽しさ、面白さを再確認できる様になれば自然とプレイしたい欲が出てくると思います。
ネタバレ感想を読ませていただいて面白そうな作品だな〜!!と購入した作品がほとんどなのでこれからもブログを続けてくださる様で嬉しい限りです!!
内容を忘れてしまった作品はこちらで記事を読ませていただいて再確認するのがほとんどですので、個人的にとてもありがたく思っています。
一ファンとしてこれからもブログを楽しみにしています。
上から目線の文章になってしまい、何より長文で読み辛くなってしまい申し訳ありません。
良いお年をお迎えくださいm(__)m
by れくと (2016-12-31 13:48) 

あかり

>れくとさん

はじめまして、れくとさん!
そして、明けましておめでとうございます!今年もぜひ遊びに来ていただけると幸いでございます~(*´ω`*)

>2年程前から読み逃げばかりしていた小心者ですが、今回すごく共感させていただいたので勇気を出しコメントさせていただきます(大げさ

あ、あ、あ、ありがとうございます……!!
年明け早々、とてもありがたいコメント読ませて頂いて、とてもハッピーな気持ちでございます……!!ぜひぜひこれからももしよろしければいろいろとお話させてくださいませ☆

私もですよ……!!
私もアンジェのSFCの頃からのお付き合いになります……!!

一時期やはり乙女ゲームから離れた時期もありましたが、私も5年前くらいからカムバック!してきたので、似たようなゲーマー歴のお持ちのれくとさんとお話が出来るのが私もとても嬉しいです(^^)

そうなんですよね……。
まあ時代なんですかね……??
ある意味、アプリ系と棲み分けてほしいなあなんて願っていた時期もありましたが、そっち系が売れてしまうのでもうしょうがないですね……(笑)
昔の乙女ゲームは長すぎる、か……。
長すぎることが良いとはもちろん思わないのですが、その尺でしか語れないメッセージであったり、中身は確かにありますもんね。
私もちょっと寂しいなと思います。

ですよね!そうですよね!!
ありがとうございます(^^)
離れてみることも大事ですよね!また、何か新しい流れが乙女ゲーム業界にやってくるかもしれないし……!!
素直に、購入前に心があまり動かない作品はちょっと吟味してから手を出したいな……と思います(笑)

わー!ありがとうございます(^^)
プレイの参考や、復習に使っていただけるなんてブロガー冥利につきるといいますか、本当にうれしいです……!!こちらこそ、ファンだなんていっていただいて恐縮です……!!
全然上から目線じゃないですよ、これからももし気になったり、共感できたなあと思ったりしたら、気軽に話かけて頂けると嬉しいです!

とりあえず、今年は逆の目線から(男の目線から)ギャルゲーをがつがつプレイしようかなwwなんて思っていますので、よろしければお付き合いくださいませwww

丁寧なご挨拶、ありがとうございました!
重ね重ね、今年もよろしくお願いいたします(^^)
れくとさんの今年一年が、よい年でありますように……♡(*´ω`*)


by あかり (2017-01-05 16:24) 

吉岡


あかりさん、初めまして。
夜分遅くに失礼致します。

今年の秋頃から対称アリスのVita版をプレイしていて度々あかりさんのブログにはお邪魔させて頂いていました。
あかりさんの書かれる感想が本当に素晴らしくて対称アリスを何度も巡回しました...。笑

私もまちまちですが、乙女ゲーム歴約7年目ですが、あかりさんの仰る通り最近のものは面白くないようにも思えます(><)
ストーリー性に欠けているというか、結局なんだったの?というようなものが多い様に感じました(あくまで個人的な意見ですが)
ただ、絵が美麗で有名な声優さんを使い、そこそこの謳い文句だけでストーリーは薄いという様な作品が増えている気がします。

私も少し乙女ゲームというジャンルには離れようかなと思ってしまいました。

なんだかとても共感してしまうブログだったのでコメント、そして長文失礼致しました。

追伸、対称アリスのFDの感想も楽しみにしています(^^)



by 吉岡 (2017-01-15 01:29) 

あかり

>吉岡さん

はじめまして、吉岡さん!
こんにちはー!

対称アリスVita版の記事あたりから、遊びにきて下さっていたんでしょうか……!?
わー……!とっても大好きなゲームが縁でこうしてお話出来たことをとても嬉しく思います(*´ω`*)
また、対アリ記事、とても楽しんでいただけたようで本当にうれしいです!
吉岡さんのとって作品を楽しむ上でお役に立てたようで……!!素晴らしいなんてもったいないです、本当にありがとうございます!

吉岡さんも同じ気持ちだったのですね……やっぱりそうですよね、なんだか特に2016年発売のものには切なく感じたことが多かったです……。
どうしてもノベルゲーはシナリオが肝になるので、話が面白くないとイケボでも絵がキレイでも心がついていかないんですよね……。総合的に考えればいいとは思うのですが、もう何本も乙女ゲームやってると、そんなに真新しく感じられる文章やストーリーもありませんし、ある程度はしょうがないかなとは思いますが、それにしても……!みたいなもやもやした気持ちはずっとここ最近はありました……。
なので、こうして共感したといっていただけてとても嬉しいです(*´ω`*)
いえいえ、失礼だなんてとんでもないです……!!
いつでも、お好きな時に、気になった時にでも遊びにきてください♡よかったらおしゃべりもぜひしていってくださいね!待ってます(*^^*)

対アリのFDは絶対買いますし、絶対に感想書きますので、また吉岡さんとお話できるのを楽しみにしています☆

それでは!
改めて、コメントありがとうございました(^^)

by あかり (2017-01-16 22:21) 

夢ほたる

こんにちは!
以前、あかりさんが書かれたニルアドの隼人ルートの感想にコメントさせてもらったものです。

久しぶりにあかりさんのブログを見たら、自分と状況が似てて思わず書き込んでしまいました。

いくら好きなジャンルでも、ずっと同じジャンルのゲームをプレイすることによって飽きてきてしまったんだと思います。(私の場合は)
あかりさんの仰る通り、設定やら細かい部分が違えど、恋愛を軸にしていることに変わりはありませんから。
最近は展開に納得いかないことも多々あり、尚更、という感じもあります。

なので乙女ゲーは今年発売の気になるものもありますが、本来はRPGが大好きなので今はお休み中です。
乙女ゲーはスパイスのような位置づけでプレイするのが1番だなと個人的に思いました。たまに楽しむのが良いのだと。
離れることで、当たり前じゃない刺激やトキメキが感じられれかな、と。

あかりさんも、無理せず好きなゲームをプレイされてくださいね。
あかりさんがゲームを楽しんでる前提での感想が大好きなので。(勿論、作品に対する納得いかない点等のコメントも大好きですが。笑)
これからも楽しみにしております(^^)
by 夢ほたる (2017-01-21 11:38) 

あかり

>夢ほたるさん

お久しぶりです♡ 夢ほたるさん!!
また、お話できて嬉しいですー!ありがとうございます!!

夢ほたるさんも同じですか……!!最近似たように感じている乙女ゲーマーさんが結構いらっしゃるみたいですね……確かに、同じジャンルをプレイしすぎた、というのはありますよね……私もきっとそうだと思います。

>最近は展開に納得いかないことも多々あり、尚更、という感じもあります。

そうですね、飽きてしまったのもきっともちろんあるのだと思いますが、展開に納得いかないものが増えた、というのは一理あると思います。リアリティや萌え云々ではなく、純粋にストーリーに説得力のある作品ってなんとなくですが、少なくなったなあ……と思うんですよね。

夢ほたるさんはRPGがお好きなんですね!
私もずっとそうでしたよ!今はRPGプレイするだけの体力があまりないので、ごくごく限られた作品しかプレイできておりませんが……やっぱりレベル上げとか楽しいし……またやりたいなあ……。最近ではFF15をめいっぱい楽しんだのですがね……!

私は今年は、同じ読みゲーでも、ギャルゲを中心にプレイしたいなあと思ってます(^^)
あ、楽しんでいる感想が大好き、これからも楽しみにしている、という言葉もありがとうございます!細々とこれからも頑張ります♡
私もまた、夢ほたるさんとお話できるのを楽しみにしております(*´ω`*)

では!
また遊びにきてくださいませ\(^o^)/




by あかり (2017-01-23 09:56) 

ゆの

初めまして。夜分遅くに失礼致します。半年も前の記事にすみません。

以前から度々ブログをのぞかせて頂いていたのですが、勇気が出ず、コメントできないでいました。
あかりさんの感想がきっかけでプレイした対アリで、乙女ゲームへの苦手意識が払拭されたので、そのあかりさんが乙女ゲームから離れていくのは残念です。

個人的には、乙女ゲームでも一本道ノベルゲームが出てもいいんじゃないかな、と思います。攻略対象分のシナリオを無理して書き分けているのではないかと。男女比揃えてカップル固定だと嬉しいのですが、需要ないのでしょうか…

気分転換にフリーゲームの乙女ゲや女性向けノベルゲをやるのも良いと思います!商業とはノリが少し違うので。elelethシリーズ、pico、退紅、象牙の乙女あたりがおすすめです。趣味の押し売りですね!すみません。

wヒロインめあてで買ったろろアリがちょっとつらいので、ティアブレイド買ってみようと思います。男性向けゲームの感想・考察も楽しみです!長文失礼致しました。
by ゆの (2017-06-17 00:55) 

あかり

>ゆのさん

初めまして!いつも遊びにきてくださってありがとうございます!
いえいえ、半年前だろうが何年前だろうが、コメント頂けるのはとても嬉しいです♪気軽に話しかけてやってください!!

対アリを私の感想をきっかけにプレイしてくださったなんて……!!そういっていただけることが、ほんとブログやっててよかったなあと思う瞬間なので、嬉しいです。ありがとうございます!

乙女ゲームから離れることを残念に思っていただけてうれしいやらなにやらなのですが、新作がつがつプレイするのをやめただけで、一切やらない!と決めたわけではありませんので、よかったらまた覗きにきてやってください!!最近は、ブラキッシュハウスやってますよw(全然離れてない)
ちょっといろいろあってスピードは落ちているのですが、更新がゆっくりになってもブログは続けていきたいと思っております!

そうですよね、私も一本道ノベルゲームがでてもいいような気がします。攻略対象が多くなければいけない、みたいなこともないですしね。ただ、商業的にはなかなか厳しいのかもしれませんが……キャスト人気でもっているようなところもありますしね……。

elelethは実はプレイしている途中なんですよ(笑)ちょっと時間がなくてすすんでおりませんが……ほんと、フリゲって面白いものたくさんありますよね!やっぱりたっぷり時間かけて、サークルさんが作ってくださるものは内容が濃いものも多くて……。 

ろろアリ、つらいですかww私はちょっと吸血系はお腹一杯なので、様子見してましたwキャスト的にもそんなに刺さらなかったので……。ティアブレイドは普通に面白かったですよ!がっつりSFですけど、ちょっと乙女ナイズされているところがもしかしたらアレかもしれないのですが……!!

ありがとうございます!
男性向けも主人公にハマれればとっても楽しくて、こちらはこちらで発見がたくさんあります♪

またぜひ遊びにきてくださいね!
改めまして、コメントありがとうございました!!!



by あかり (2017-06-20 16:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。