So-net無料ブログ作成
検索選択

悠久のティアブレイド 総評 [悠久のティアブレイド]










① シナリオ ☆☆☆☆☆

乙女ゲーム×ロボ、このコンセプトを最初から最後まで熱い展開で描き切ってくれた心意気に☆5つです。

正直な話、かなり好みは分かれる設定&ヒロインの立ち位置ではありますが、コードリアライズとほぼ同じテキスト量だとは信じられないほどに、あっという間に読み終わってしまう感じがしましたね。
体感的には半分くらいだった気がします。

どの章、どの話もきちんと「見せ場」があって素晴らしい。
各話、入りも引きもとても上手だし、少々の展開の強引さが気にならなくなってくるつくりでした。
さすが、中村D作品らしく、王道展開。
GHP、トリガーキスが楽しめた方なら間違いなく大丈夫だと思います。テイストは全く違いますが、中村さんらしい安定感のあるプロットが光る物語だったと思います。

一周目はなんだかテンションとアツさでトゥルーまでもっていかれた気がしたのですが、ゆっくり復習していくと、一周遊んだだけではわからなかったこともいろいろと見えてきて、意外とスルメゲー。
最近、「恋愛のために作られた物語」が多いオトメイト作品でしたが、ティアブレイドは久しぶりに「物語の中で出会い恋をする少年少女の物語」でした。(例外はいる、が、それがいい)
Wヒロインですが、おそらくプレイヤーの目線はスタート時から物語を一緒に歩むイヴの方に固定されると思いますので、あまりそこは心配なさらずとも大丈夫だと思います。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

W原画なんて、なんてオイシイことをやってくれたんだ……!!!
ここまで絵が物語の要素として組み込まれているゲームがかつて乙女ゲームにあっただろうか。
その発想に脱帽です。

攻略キャラがかっこいい、背景が綺麗、スチルが麗しいのが当たり前のオトメイト作品で(それだけでも十分に素晴らしいのに)、それを超える「何か」を+αしてきたチャレンジャー精神が本当に素晴らしいですね。

お2人ともとても素敵なキャラクターデザインをされる方ですが、そのお2人の個性と特徴を潰さずに、同じ世界に生きるキャラクターを無理なく、自然に表現されているところに感動しました。
スチル枚数も多いし、キャラコンプ画像、おまけ画像などは、古き良きオトメイトだなあと懐かしく感じられるほど、とても可愛らしかったです。

③ キャラクター ☆☆☆☆☆

なによりも素晴らしかったのは、どのキャラクターも、自分のルートではまぎれもない「主人公」「運命の人」だった、そこが本当に最高によかったです。
おそらく、ひとりのルートでヒロインがもう一方になるのも、コレを損なわないことが理由な気がしますね。

どのキャラクターも、背負っているものがかなり重い、というか厚みがあってよかったです。
ひとつの歴史の、終焉とはじまりに大きく関わっていくキャラクターであるにふさわしいバックボーンとキャラクター性がきちんとあって、思わずヒロインよりも攻略対象に感情移入しそうになりました。(特にアタルヴァとロウ)

ヒロインのイヴはどちらも、とても可愛らしく、強い。
3000年という途方もない時間を過ごす間に、彼女に何があったのか。
そこにきちんと入り込めると、たぶんラストまで物語を楽しめると思います。
彼らが愛するに値する少女たちだったと思いますね。

個人的には、キャラクターの台詞がそれぞれにとてもキャラが立っていてセンスがよく、そこに惹かれたのもありますね。そのキャラクターにしか絶対に言えない台詞がきちんと、ありました。アツいですよね。
地の文よりも、台詞のかっこよさ、力強さ、そういうものがとても印象に残っています。
短い言葉に彼らの彼女の想いがぎっしり詰まっているような。
そんな感覚は久しぶりでした。
それに感情をのせてくれるキャストさんの演技もですね。
みなさん本当にアツかったです。最高でした。

④ システム ☆☆☆☆

システム面はいつものオトメイトさんですね!
特にティアブレイドだけが違うという面はありませんでした。

ああ、でも、システムボイスの多様さとそれがいちいちキャラクターにきっちり寄せてあって面白かったですね。進行度合いによって地味に増えたりするのもすごく楽しかったです。ゲームスタート時の「しかけ」などもすごく、お、面白かったですwww
あと、全体的なデザインもとっても作品に合っていて良かったですね。
白で統一されている感じもとても好きでした。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆☆

文句なしの秀作。

ど真ん中に据えたテーマもなかなか挑戦的だと思いましたが、なによりオトメイト作品でこんなに行間のある物語を読んだのは、久しぶりでした。

この物語は、答えを敢えて伏せたまま、ある意味で「未完成」のまま終わらせてあります。
このゲーム本編「悠久のティアブレイド」で描かれているのは、きっとこの壮大な物語のほんの一部。
そう思わせてくれる物語の広がりを感じましたね。
その余地を、無理なく、無駄なく残してあるところは本当に素晴らしかったと思います。

さらにトゥルールートは、間違いなく、ここまで積み上げてきた彼らと彼女たちの物語があるからこそのルートでした。これからプレイされる方は、いろいろひっかかったところをメモを取っておくと面白いかもしれません。

ただ、たったひとつ言いたかったのは、ここまで乙女ナイズする必要はなかったんじゃないだろうか。
ほんとそれだけですね。
例えば「封印する」というひとつの表現をとっても、もっと使いたかった言葉、用語はたくさんあったのではないでしょうか。そう感じさせるような設定だったし、物語だったと思います。
解りやすさ、読みやすさとのバランスをとる、ギリギリのレベルだったのかもしれませんね。
それでも、十分かみごたえのある作品であったことは確かなので、なかなかこの辺りは難しいですね。
まあ個人的に思ったことなので、未プレイの方にはあまり伝わらないかもしれないです……!
乙女ゲームにしておくのがもったいない、そんな矛盾する感想を抱いてしまいましたw

いやー、久しぶりにオトメイト作品で、心から面白いと思える作品でした。
これはFDでるでしょう!!
期待してます♡



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。