So-net無料ブログ作成

Collar×Malice(カラー×マリス) 柳愛時 感想 [collar×malice]


カラマリ終わりましたー!

いや、厳密には終わっていませんね。
トロコンは……ちょっともう勘弁してもらいました(笑)

エンドリストもないのにバッドエンド全部拾うのは無理ー!!!
でも、主なものは全部拾えていると思うので(ギャラリーはコンプしたよ!)大丈夫でしょう!!!


それでは!
ガチガチ攻略制限のかかってた柳愛時さん。
ネタバレ感想です!!





☆柳愛時

・真犯人にたどり着ける唯一のルート

もう、それ以上でもそれ以下でもありませんね。
このルートで明かされる新しい情報は、柳さんの過去だけ、といっても過言ではないので、何故柳ルートでなければ、真犯人にたどり着けないのかがいまいちわかりませんでした。

柳愛時の過去と冴木の過去のどこかにリンクが欲しかったというか(あったっけ?)彼でなければ冴木までたどり着けない何かが欲しかったように思いました。

非常に雑な言い方ですが、神視点じゃないと冴木がクロなのにはたどり着けるハズがない。(他キャラルートでのあれこれやら、声オタのジョブスキルもったプレイヤーにしかわからない)
さらには、正義について語り合ったことのある、家族の話をしない警察関係者で、市香の生活リズムを知っている男性、という絞り込み項目に関してはXday事件の詳細、全く関係なかった……!!!!!

……というところは、物語として若干……どうなんだろうと思ってしまいましたね。
Xday事件をすべて解き明かすからこそ見えてくるアドニス像が欲しかった。
アドニスは最初からアドニスのままだったから……(内部分裂起こしてたってそれが特に物語のミスリードや、クライマックスに生かされていたわけではないような)

なので、どこのルートでもこの展開は可能なような気がしてしまうところが、ちょっと残念でしたね。

・正当防衛で無罪放免になった過去

幼いヒロインを助けるために、誘拐犯も半殺しにしてしまった過去を持つ彼が、罪悪感と自分のしたことの正当性との間で苦しみを抱えていたことはよくわかったし、そういう彼だからこそ、理想を追い求めようとすることもわかりますね。

うーん、でもなんだろうな、どちらかというと、そういう柳の苦悩であったり葛藤を描いているというよりかは、あの時怯えられた市香という少女と向き合う資格がない、みたいな描き方がされてるので、私としてはイマイチ共感できず。

っていうか、なによりも誘拐犯がかなり「悪人」として描かれているから、共感しにくいんですよね。乙女ゲームとしては、攻略キャラクターをヒーローとしたいからなのかもしれませんが、誘拐犯がお金のために杜撰そうな犯罪を犯しているので、その誘拐犯の事情を考えてあげる必要があったのでは?とそれこそキレイごとを言われても……な……というのが私の正直な感想ですね。

愛時さんの理想は、彼も言っているけれども本当にきれいごとすぎる。
きれいごとすぎて、ちょっとふわふわしちゃうというか……。

ああでも、敢えて言おう。
過去会ったことある設定を使うのをやっぱり私は、やめてほしいんだ……(苦笑)


・デレたら別人

柳さんの声は、優しくて眠くなりますね、んー素敵。
最初は、結構かっこよかったというか、何気ないやさしさとか、気遣いが素敵で素敵な人だなと思ったのですが、市香ちゃんが好き!好き!!ってなって、それを受け入れてからがちょっとツラかった……。
俺の女だから手ェだすなよ(雰囲気です)って感じで、みんなの前でほっぺにキスとかしちゃうくらいから、もうああああああやめてええええってなりました(笑)

最後は壁ドンだっけ?
この人もやっぱり……としみじみ思いました……。しくしくしく。

いや、かっこよかったよ。
かっこよかったけどなあ……(笑)しかも首輪の向こうに冴木がいるってわかってからも、普通にいちゃいちゃしてるし、なんだかなあ……。


☆物語の感想


うーん。
個人的には、あんまり面白いとは言えなかったかな。

それぞれの「正義」がテーマのお話ではありますが、冴木のいう「日本の再生」……が、共感はしやすいのですが、かなり漠然と描かれていた印象がありますね。
わかるんですよ。
理不尽な社会に憤りを感じるようになった理由もわかるし(チャプタークリミナルを見れば)彼の言う罪も、悲しみも、理解は出来るんです。
しかし、正直、何がしたかったんだろう?
という印象がぬぐえない。

突き詰めてしまうと、結局は一人では死ねなかった男の壮大な自殺計画、ということになってしまうような気がするんですよね。(れいさんはちょっと違うような気がするけど)
彼のいう正義もわかりますし、市香で試してみたかったこともわかりますけど、正しい者だけが生き残る世界=弱者が生きられる世界と考えたのはなぜなのでしょうね。
正論ばかりがまかり通る世界も、それはそれでかなり生きづらく、しんどいで。
まあ、そもそも論だとは思うのですが。

あと、なぜ新宿に限定したのかもいまいち意味がわからなかったですね。(物語的なね)
アドニスのプロパガンダ、扇動が、どう働いているのかがかなりわかりにくいからでしょうね。(新宿区に限定したカウントダウン事件だけで、そもそもこういう封鎖や隔離というような展開にはならないのでは……という大前提についてツッコんだらもうどうしようもないんですけど)


まあでもこの作品に対して大して何も感じられなかったのは、価値観とか社会観のズレが大きいかもしれないですね。
そこがどうしてもズレてると、物語として入り込みにくいかなと思いました。

他には、そうだな……やっぱり「意外性」の演出がなかったところかな。
犯人当てのゲームではなく、恋愛ゲームだからいいのですけれどもね。

・これらのカウントダウン事件が交換殺人による復讐である
・ヒロインの首輪を外す方法を探す

すべてのルートでこの2点を軸に話が展開するので、どうしても物語的に変わり映えはしなかったかなあという印象ですね。
あと、黒幕が冴木であることも、2ルートくらいプレイするとだいたい見当つくので、その辺りも、冴木と思わせておいて実は香月!くらいの意外性は欲しかったかなと思います(笑)

ヒロイン視点以外にも他視点が複数入れ替わるところとかも結構苦手でした。
ヒロイン以外の視点によって、物語に多様性というか、深みを持たせようとしているところはいいとは思うんですが、個人的には気が散るんですよね……。
相手がどう思ってるかとか、敵側が何を考えているかなんて、ヒロインは知り得ないじゃないですか。
知り得ない情報を一周目から与えられるとピントがずれちゃうので、あんまり好みじゃないんですよね。


もろもろ書きましたが、最近の作品の中では最も優等生な作品だな、とは思いました。



nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

ガツみ

あかりさんこんにちは!
カラーマリスの感想楽しく読ませてもらいました。私の感想と違って知的ですね。知的レベルはずいぶん違いますが、萌えたところが似ていて、そうそう!と頷きながら読みました。尊可愛いしか言ってないにとても共感しました。
またおじゃまさせてくださいね!
by ガツみ (2016-08-31 19:27) 

あかり

>ガツみさん

ガツみさんこんにちはー!!
ありがとうございます!!いえいえ、全然そんなことないですよ……!!ガツみさんの感想も読ませて頂きました!各キャラごとにしっかり書かれててすごいです(^^)

尊カワイイですよねー!!
もう私の中では完全にこのゲームは、笹塚ゲーとなりましたww
ガツみさんは白石がお気に入りかな?私も周りでも白石に落ちた方はたくさんいらっしゃいました~♪ずるいですよね、白石も♡

こちらこそ、また遊びにきてやってください!
コメントありがとうございました!!


by あかり (2016-09-01 09:37) 

うるめ

あかりさんこんにちはー!カラマリお疲れ様でした!
遅ればせながら私もカラマリ終わりました。いやー、エンドリスト無しのBAD回収は苦行ですね・・・。

あかりさん・・・私も思いました。「これ(真相)、柳さんルートじゃなくてえぇやんか。」と・・・。
私は笹塚⇒岡崎⇒榎本⇒白石の順で進めたんですけど、白石さんが好きすぎて笑。
(はい、ここにも居ます。白石に落ちたヤツが笑!)
柳さんルートの物語が妙にスカスカに感じてしまったんですよねぇ・・・。

これだけガチガチに制限かかっているから、絶対誘拐犯とゼロには関わりがあるんだ!
きっとそうに違いない!!と思いながらやったのに・・・何も無いなんて(笑)。
だったら柳さんルートは柳さんルートとして(制限無しで)、彼がしっかり過去と向き合う物語にして
ゼロの正体にたどり着く本当の「真相ルート」をつけても良かったような気もします。むー。
ルート解放時のガラスが砕けて柳さんが出てくるエフェクトは好きですけどね笑。

ただ、秀作ではないかもですが、良作ではありましたよね!
とりあえず私としては今年一番の木村良平さんにめぐり合えたので満足です(笑)♪
市香ちゃんが目覚めるシーンを何度リプレイしたことか・・・!!
ホント、この手の木村さんには脱帽です。はぁ。

因みにカラマリの後、猛獣姫をやったんですが・・・順番誤ったかもしれません(笑)。
「これは乙ゲーじゃなくて絵本だから内容薄くてもご都合主義でも仕方ないよ!」
と自分に言い聞かせながら進めました。
色々突っ込みたいところ満載だったので、久しぶりのブログ更新を目論んでます(笑)。

今はセブスカやっているので、終わったらセブスカ感想も読ませていただきますー!
それまで我慢我慢・・・!!!←読みにいきたくてウズウズ(笑)
by うるめ (2016-09-06 13:35) 

あかり

>うるめさん

うるめさんこんばんはー!!!うるめさんもお疲れ様でした(*´ω`*)
そうですよね……エンドリストなしのエンドコンプは苦行ですよね……(笑)

私もうるめさんと全く同じ順ですよー!!ちょっとブログ記事は前後してたりしますが……!!
ですよね、柳さんじルートじゃなくてええやん、って全力で突っ込んでしまったので、もうあんまり素直に楽しめてないかもしれません……!!

白石のルートもキャラが立っていたというか、テーマがはっきりしていて解りやすかったからか、柳さんのルートの、総集編っぽい感じが目立ちますよねえ……柳ルートにこんなに制限かける必要性がわからない……。

>だったら柳さんルートは柳さんルートとして(制限無しで)、彼がしっかり過去と向き合う物語にして
ゼロの正体にたどり着く本当の「真相ルート」をつけても良かったような気もします。むー。
ルート解放時のガラスが砕けて柳さんが出てくるエフェクトは好きですけどね笑。

ほんとその通りだと思います(笑)
まあでも、ゼロの正体だけでルート一本つくられても、私は疲れてしまったかも……あまりにも同じ事件をぐるぐるぐるぐるするもんですから、ほんと、もう、ぐったりしてしまって……。
ゼロの正義もイマイチ共感できないし、なかなかに私としては厳しかったです……(笑)

白石の木村さんはほんっとよかったですよねー♪
木村さんのああいう役はほんと素敵といいますか、いいですよね☆

ああ、猛獣姫……(笑)
私は前作を実はプレイしていないので、予約しては買ってないのですがみなさん一様に、薄い……っておっしゃってて……でも最近オトメイトさんそんなのばっかりなので、ちょっと食傷気味なんですよね……。
乙女ゲームしんどい、くらいの勢いで疲れちゃってるので、新作ティアブレイド&灰鷹に期待してます……!!!ヴェリテももったいないのでゆっくりプレイしたいと思ってます……!!www

セブスカ!!!
セブスカも結構あっという間に終わると思いますよ☆
ぜひ、感想、きかせて……ください……お願い……私……ききたい……(笑)

それでは!!
お身体に気を付けて、お仕事頑張ってくださいね♪
また遊びにきてくださいませー!!!

by あかり (2016-09-07 22:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。