So-net無料ブログ作成

ピリオドキューブ~鳥籠のアマデウス~ 総評 [その他オトメイト作品]



ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~ 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~ 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game






① シナリオ ☆☆☆

非常に読みやすく、シンプルなシナリオ運びでした。
また、オンラインゲームの世界に親しみのある人ほど、あるある的な楽しみ方もできるかもしれませんね!
たくさんのサブキャラクターが出てきて、仲間になったりパーティを組んだりして、目的地に乗り込むまでの話を丁寧に描いていると思います。

ただ、やはりRPG設定と乙女ゲームは個人的には相性が悪いと思いましたね。
マルチエンディング系ならまだしも、基本目的はどのルートも変わらないので、それに対するアプローチも(例外のキャラもいますが)基本的には変わらない。また、RPGなので、システムメッセージや、ミッションに対する説明、アイテムや場所などに関する説明などがどうしても必須となってしまうので、ルートごとに「前周回」と同じ現象、疑問点について別のキャラが繰り返し説明する、というようなところがたくさん見られます。(これはどのルートからもプレイ可能、という乙女ゲームの自由さが裏目に出てしまうパターンですね)

しかし、シチュエーションCD先行型の作品ですので(私はすべて未聴ですので)、そちらの情報を加味してプレイされるとまた違った感触の作品かもしれませんね。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

オトメイトさんらしく、キレイでスチル枚数、差分も多く素敵でした。
あと、そういうオンラインゲーム画面を意識したエフェクトであったり、ステータス表示、コマンド表示なども素敵でしたね!
独特の色使いで、青を基調とした雰囲気で統一されていたところもキレイでしたね!
背景や、モンスターのバリエーションの多さ、MAP演出などにも力が入ってました。
MMORPGの世界観の演出に大きく貢献していたデザインの数々だったと思います。


③ キャラクター ☆☆☆

さすがシチュエーションCD派生というべきか、それぞれキャラクターの立ち位置が違うところは好感が持てました。(いまだにディメントのオマケ感にはびっくりしてはいるのですが)
個人的に誰かにのめりこむことはなかったけれども、現実世界での設定、そこから作ったアバターキャラに意味があるキャラクターもいたりして、オンラインゲームという世界だからこそ描けるキャラクターの萌え、というものは理解できました。
サブキャラクターの数だけでなく、一人ひとりのキャラも濃いし、みんなでオンラインゲームをしている雰囲気は出ていたと思います。

☆がいまいち伸びてないのは、ヒロインの設定に起因しています。

あまりにもチートすぎる。

もうそのひとことです。
でも、これもまた、CDの時からの設定云々の問題がありますので、なんともいえないですね……。


④ システム ☆☆☆☆☆

非常に遊び易かったです。
選択肢ジャンプ搭載(しかもきっちり未読で止まってくれる)、さらにチャプターから好感度など調整できますので、メリーバッド回収もらくらく。
また、オンラインゲームに疎い人(つまり私だ)には用語集もきっちり用意されていて、非常にプレイヤーにもやさしかったです。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

CD先行作品ということを考えれば、ファンのための作品なのですから評価は変わってくるとは思うのですが、私としては特にそこまで何か惹かれるものもなかったのでこうなっちゃいました。
ただ、キャラクターのかっこよさ、可愛らしさであったり、オンラインゲームの風味は生かせている作品だとは思います。

思うのですが、うーん、あまり内容がなかったかな……。
メリーバッドもそこへ入るまでの過程もどの子も一緒なので、攻略しやすかったのはあるけど、ちょっと面白味がなかったかな……。
設定のせいもあって、物語にイマイチ幅がないところが気になってしまいましたね。
しかし、何度もいいますがCDの時の設定覆すわけにはいかないので、難しいところかも?


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。