So-net無料ブログ作成

鏡界の白雪 総評 [鏡界の白雪]






鏡界の白雪 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

鏡界の白雪 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game







① シナリオ ☆☆☆☆

作品全体から受ける印象からは想像がつかないほど、意外や意外。

中身は大変丁寧な純愛ストーリーでした。

白雪姫という童話をモチーフに、絵本的なコンセプトで描かれた各ルートストーリーは好みはあれど、どのルートもとてもそれぞれ面白かったです。「狂気」とひとくちにいっても、この物語で描かれる狂気はどこか普遍的なものです。
人が日常抱える苦しみ、怒り、痛み、悩み。そういうものを絵本のように(子供にわかりやすいように誇張して描かれているような雰囲気)ファンタジーに落とし込んである感じですかね。

ファンタジーですが、恋愛過程はとてもリアリティがあり、こちらもとても普遍的な恋物語だったと思います。
何気ない仕草や、何気ない言葉にどきどきしたり、きゅんきゅんしたり。
現実側の彼らは、特別に飾り立てた言葉で末白ちゃんに迫ることがないので、とてもナチュラルに想いあう2人が描かれていたと思います。
鏡界側は「敢えて」乙女ゲームにありがちな台詞を突っ込んであって、両方のニーズに応えているともいえるかもしれませんね。
鏡界側と現実側にいい意味でも、悪い意味でもメリハリがあるので(だからこそ設定が雑な印象をうけるのも確かなのですが)その辺りは、プレイするたびにだんだんと好印象に変わっていくと思います。

ただ、かなりプレイヤーには優しくない(ほとんどのことが説明されない)作品ですので、ぶっちゃけ1周目は「はあ?」と言いたくなるほど意味不明だと思います。なので、できれば2~3周はプレイできるように、公式攻略順は敢えて無視して好きな順でプレイすると良いと思います(^^)
個人的には、初回推奨の壊音くんからいっても、他からいっても大差ないと思いますのでw


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

絵が苦手……と言われてしまえばそこまでなのですが、作品にはぴったりでしたね。
独特の雰囲気があって、素晴らしい。
キャラクターデザインも大変個性的で、イケメン……?って感じではあるかもしれませんけど、どの子も、プレイすればするほどヴィジュアルも可愛く見えてきてしまうから不思議ですね(笑)

とにかくキナコさんのイラストは、表情表現は秀逸ですね。乙女ゲームでこんな表情みたことない。
いい意味で乙女ゲームという枠にとらわれない描き方をしてくれるので(かっこよさを崩すことを厭わないといいますか)、とっても新鮮で、文面だけでは、声だけでは伝わらない、場面ごとの魅力を最大限に引き出していたように思います。

あと、引きのスチルがものすごく綺麗ですね。
ヒロインや男性たちの身体のラインとか、ポージングに目を奪われました。美しい。


③ キャラクター ☆☆☆☆☆

正直、プレイするまで全員興味なかったけど、トロコンした今ではヒロイン含めて8人まるっと可愛くて可愛くて仕方ありません。
攻略対象同士の関係性もきちんとあり、その辺りから見えてくる攻略対象の側面もあって、そこも面白かったです。(彼らの仲の良さがシナリオに生きているようなお話が好みの方にもおすすめできますね)

恋する相手としての好き嫌いはもちろんあるかもしれませんけど、どのキャラクターも非常に個性豊か。
8人もいるのに、誰ひとりとして方向性が被っていないので、その辺りも好感がもてました。
全員、男性としての魅力であったり、逆に人としての弱さであったりが、きちんと描かれているので、人間味があったように思います。

また、その中心にいるヒロイン末白ちゃんも、なかなかに個性的だったのがよかったですね。
ただの愛されヒロインじゃない。
彼女の方から、積極的に相手に働きかけていく、でも嫌味じゃない。
そんな絶妙なバランス感覚をもった少女だったと思います。


④ システム ☆☆☆☆

オトメイトさんの作品にしては珍しく、選択肢に意味がある作品だったと思います。
基本的にはどの子も攻略方法は変わりませんが、何名かトリッキーな子たちがいました。きちんと彼らの鏡界に向きあって選択しなければならないようになっていたところは、ただの好感度をあげる乙女ゲームではなかったという意味で、面白かったです。
罪と罰を選ぶシステムについても、周回するごとに意味合いがつかめてくると思います。

1度攻略するとどこのチャプターからでも始めることができるので、攻略するのも簡単でしたね(^^)


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

4.5くらい!です!
この作品の枠組みが若干雑で最後冷めてしまったのもあって、この評価になりました。
ほんとそこだけですね、最後までテンションがもってたら嬉しかったのだけど……!!

でも、満足度は文句なしに☆5つです!!!!!

どの子も、素敵なラブストーリーでしたからね。
ただその、ラブストーリーをはめ込んだ枠組みが若干お粗末だったかなとは思いました。
もうちょっとだけ、ちょっとだけ、捻って欲しかったかなと思います。

しかし、OPEDムービーや、SEなどの演出面、各キャストさんの演技、個性的なヴィジュアル面、コンプ画像やおまけコンテンツの気合の入り方などなど……どこをとっても、とても丁寧で美しく、作品のコンセプトを非常に大切に作られている印象を受けました。

なにより、8人も攻略対象がいるのに、これだけのボリュームと中身。
内容はもちろん、スチルが少ないと思ったこともなかったし、エンドもバッドエンドがいくつかあったりと(エンドリストは欲しかったかもよ!)お値段以上堪能させて頂いた気がします。

制作者さん側の、作品への愛を感じられるゲームでしたね!
ほんと、楽しかったです(^^)
何か新しい展開があったらいいなあ、久しぶりにそう感じた作品でした!



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。