So-net無料ブログ作成
検索選択

ニル・アドミラリの天秤 雑感&星川翡翠 感想 [ニル・アドミラリの天秤]










ノリで買ってみました。
ニル・アドミラリの天秤。

最初に断わっておきますね。


片桐さんの恋愛の描き方であったり、表現のチョイスであったり、サブキャラクターを駆使して物語を広げる感じはとても好きなのですが、如何せん個人的にひっかかるところがあるのも事実なので、手放しに褒めるような感想にはなっておりませんので、ご了承くださいませ。



今回も1ルート早速やってみましたが、やっぱり恋愛中心に物語が回っているなという印象はありましたね。
でも戦ワルやプリアサのように、風呂敷広げすぎた感は弱まっていると思います。

というのも、今回は各ルートの物語がかなり個人的な話に焦点があてられているように感じたからですね。
大きな軸になる物語を動かすための彼と彼女の話、というよりかは「稀モノ」の取り締まり、何か不穏な動きがある、というバックボーンがある上で、彼と彼女だけの物語が動き出すのが個別ルート、というような雰囲気がありました。

ありましたが、それにも関わらず若干恋愛する過程が弱いように感じました。
これまでの作品で、そこをあまり物足りなく感じた記憶はないんですが、今回は特に誰のルートに入るのかを選択肢で決めるからなのか「特定の彼と恋をする前提」で物語が進められているので、何故ツグミが彼に惹かれていくのか、彼がなぜツグミに惹かれていくのかが、あんまりよく掴めないまま、好きだ嫌いだという話になってしまった印象ですかね。

ただ、今回特に、何物にも染まっていない白色のような没落華族のお姫様がヒロインなので、その点でこれまでの我が強いヒロインとは一味違う味わいを出していましたね。
それがいいか悪いかは完全に好みなのですが、私はこれまでのヒロインも、今回のヒロインも趣がちがって興味深かったです。

恋愛描写に関しては安定の片桐さんですね。
ひとつひとつを切り取るととても濃く、美しい。
キャラクターが好きになれるかどうかにはよりますけれども、特に惹かれなくても読んでいて楽しかったです。

あとシナリオで気になったのは、すんごい細切れだった点かなあ……。
こんなにチャプター分けする必要あったのかな……?これが一番ひっかかりました。
シナリオに対する没入感にかなり影響しているように思います。
あとタイトルでだいたいその章の話がネタバレるというのもちょっと頂けなかったかな。

スチルはむちゃくちゃ綺麗だし、デザインもとっても素敵。
BGMもジャジーでおしゃれ、雰囲気はとてもある作品なので、プレイしていて楽しいですね。

乙女ゲームとして良作であることには違いないでしょう。

私としては、珍しく櫻井さんのキャラが気になるので(あまりないこと、私の好みのキャラに櫻井さんが声をあててくれるのは)最後まで楽しみたいと思います(*´ω`*)

それでは。
星川翡翠くん、ネタバレ感想です。









炎のアウラを持つオッドアイの少年。
帝国図書情報資産管理局探索部所属で、新入りのツグミと共に稀モノの探索にあたっています。
彼の物語は、愛することを否定しながらも誰よりも欲している、その矛盾と身勝手な理想に身を焦がすお話でございます。


☆愛することは美か、醜か

自分が遊女とその客であった舶来人との息子である出生から「恋愛」をとても醜く汚れていると感じている翡翠。その一方でツグミに恋愛感情を募らせていく矛盾を抱えきれず、彼は身勝手にもツグミに「人を好きになって欲しくないんです」と告げます。

人を好きになるなといいながら、誰にも触れられるなといいながら、誰よりも彼女に触れたいと願う翡翠は非常に若くて青いですね。
その「あなたは誰にも抱かれて欲しくない」という理想とは裏腹に、誰よりも抱きたいと願うのは自分で、勝手に嫉妬して、勝手に欲望がとめられなくなって思い余ってキスしてしまうところが、とてつもなく青い。

青い。

この若さ故のがっつきようが乙女ゲームらしいといえばとてもらしいんだけれども、個人的には「おい」と全力で突っ込みました。

恋愛を生殖行為=汚らわしい、いやらしいと思い込んでいる割にはあっさりと手を出すんですよね、彼。
もう少し、悩んでほしいかな。あれほどまでにツグミに寄ってくる他の男性に対しては嫉妬して噛みついていくんだから、自分にだけ甘いのはちょっとなあ……と思いましたね。
やっぱり血は争えねえな的な発言で済ませちゃうところらへんはあんまり好きじゃないかな。己の欲望を御しきれないことを、母親の血のせいにするなよ。器の大きい男を見習って大きくなるんだよ。
しかも一回手を出しちゃったら、もう次からはためらう様子さえないよね(゚∀゚)
当人同士がよければそれでいいのだけれどもさ。

ただ、彼のこうした、男性性に対して感じていることをサブキャラクターの力を存分に利用して描き出している点は素晴らしいですね。
ツグミ本人が冗談で流しているのに、下ネタや今だとセクハラっぽい話題(嫁にいけるだのいけないだの)にもがんがん噛みついていくのが痛々しいくらいで、それこそが彼のどこか歪んだ潔癖さがでているといいますか、そういう間接的な描き方が面白かったですね。

あと、要所要所に、性的なものを連想させるシーンがあるところもテーマを大切にしているのがわかりました。
直接的なエロさではないんだけれども、スカートのすその短さに触れたり、議員の不倫について口に出したり、とかですかね。そういうあまり本筋に関係のない会話こそが、雰囲気作りには大切だと個人的には思いますので、素敵だなあと思いました。


☆カワセミと母親の想い出

出生に嫌悪感をあらわにしておきながらも、彼は母親が語ってくれた「カワセミが出てくる童話」の原本を探しています。それは彼が本当は母親に愛されていた記憶を大切にしたいと感じている証拠でもあります。さらには「翡翠」という母親にもらった名前もすごく大切にしていました。
翡翠色のものを集めたり、翡翠と名がつくものを欲しがったり。
こういうとこもあまのじゃくといいますか、母親が確かに自分を愛してくれたという記憶を手繰り寄せるようにして自分を慰めているというところが可愛らしいですね。

そうした彼の願いを感じ取ったツグミは、その原本を入手したかもしれない四木沼薔子という女性の元へ、個人的に赴くようになります。しかしその四木沼薔子とは、フクロウが稀モノを取り扱う闇オークションの元締めと睨んでいる男の妻だったのでした。

ぶっちゃけると、私は薔子さんこそが翡翠の母親でよかったと思う……んだ?
ちょっとね、まどろっこしいなあと思っちゃいました。
薔子さんの親友の息子て。
まあ元遊女が社交界になんかいるわけないんだけれどもさ。

いいじゃん!!フィクションなんだからいいじゃん!!!!

薔子さんが、彼女の親友を奪い、さらには親友の愛息子を奪おうとしたマッドサイエンティスト百舌山をためらいもなく刺し殺し「私はどこにもいきません」と凪いだ瞳で翡翠を見つめるシーンはとても美しい。
夫たちが何をしているのかを知っていて、長年籠の鳥を「好きでやっているのだ」」と自らに思い込ませてきた氷の白薔薇が、初めて心のままに想いを決壊させた瞬間なのですよね、あそこはぐっときたかな。

大事なラストシーンのいいところが完全に薔子さんに奪われちゃったところも可哀想だったかもしれないね、翡翠くん。

そんな風にして翡翠の未来を守った薔子さんには申し訳ないけれども、私はツグミちゃんが止められないまま、百舌山を翡翠が燃やし殺す方が好きかもしれないですね。あの後物語がどう続くのかが知りたい。

あとわがままを承知で物足りなかった点を言わせてもらうならば、童話の内容はしっかり欲しかった。
読みたかった。
その中で彼をどれだけ母親が愛していたのかを表現して欲しかった。
息子の代わりに百舌山に売られた、みたいな、母親が身を挺して息子を庇ったことで示すんじゃなくて。
アウラの力で「お母さんあなたを愛してたのよ」的な幻影が見えるんじゃなくて。
母親が童話作家になりたかった夢にのせて、自分がいなくなっても息子にいつかこの物語が届くように。
その時のための物語、でもよかったのでは??と思ったからこそ、ちょっと残念でした。


☆恋愛シーンに関して


全体的に甘い。
甘いよ、スチル綺麗だし堪能したよ。
甘いんだけど、一番びっくりしたのはアレですよね。

好きだって告白したらおもむろにブラウスのボタンに手をかけてだな。

「やり方はわかってるんで」
「うまいと思いますよ」


がっかりだ……………。

やり方は知ってるからうまいと思うだ????

なんだよそれ?????
びっくりしました。
しかも事後に感想きいてるし、なんなのこの子……??

私にとって彼は宇宙人です。

以上!!



nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

みらるか

初めてコメントさせていただきました
ずっとずっと引っかかっていた翡翠ちゃん
私の周囲では可愛い可愛いと溺愛されるキャラでありまして。

もうですね 言いたいことがぜーんぶあってすっきり!しました!
そして 大爆笑させていただきました

なんなのこの子……??
まさにそれです!(笑
by みらるか (2016-04-25 19:55) 

あかり

>みらるかさん

はじめましてこんにちは(*^^*)
コメント頂きありがとうございますー!

大爆笑……!!
楽しんでいただけたなら幸い、です……!!

正直、ニルアド感想は、きっと誰かを怒らせているだろうなと頭の片隅におきつつも、率直に感想を書いていますので、共感していただけたのならすごくうれしいです!!

翡翠くん、宇宙人すぎてもう私はついていけませんでした。
頭でっかちなオトコノコはかわいいです。しかし、それが彼をつまづかせる原因にでもなってれば、かわいいー!となったとは思うんですけどねwww

ありがとうございました(^^)
また遊びにきてくださいねー♡


by あかり (2016-04-26 15:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。