So-net無料ブログ作成

百花百狼~戦国忍法帖~ 総評 [その他乙女ゲーム]






百花百狼~戦国忍法帖~

百花百狼~戦国忍法帖~

  • 出版社/メーカー: D3PUBLISHER
  • メディア: Video Game





① シナリオ ☆☆☆☆

十三支演義をプレイされた方なら、一番わかりやすいのは「シンプルな十三支」シナリオという感じですね。
十三支のサブシナリオやら長い背景説明モノローグ辺りを省いた感じ。さくさく進み、さくさく展開するので、お手軽にノベルゲーをプレイしたい方におすすめです。
ただ、やはりそこは一長一短で、波乱の戦国時代とそこで散っていく数々の命を描写するには若干あっさりしすぎているので、没入感はあまりありません。
十三支もそうですけれども、結構ルートによって、ヒロインの考え方や感じ方に温度差があるのでその辺りが人によっては気になるかもしれません。
しかし、昨今の新作D3乙女ゲームに比べれば格段に読みやすい、しっかりとしたシナリオだったと思います。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

悌太さんのスチルは本当に綺麗ですね。
また、ヒロインの立ち絵が画面上にでてくるので、ヒロインを登場人物として見ながらプレイされる方にはとても嬉しい演出だと思います。
枚数もしっかりありましたし、立ち絵のバリエーションも多かったですね。
武器を構えてるところとかすごく雰囲気ありましたし。
ただ、悌太さん以外が手掛けているだろうサブキャラクターとの差が、激しかったかな(笑)
まあ、些細なことです。


③ キャラクター ☆☆☆☆

サブキャラクターも含めてみんなとっても素敵でした!
一人はきっとお気に入りの忍ができると思いますね。
みんなヒロインに優しいし、男の子としても素敵だし、可愛い一面もあって楽しかったです。

いろいろと抱えているものがあった上で一生懸命、ヒロインのために、里のために、時代のために生き抜こうとする姿はどのルートでも感じられました。
前述しましたが、若干ヒロインがルートによって差異があるので、その点でヒロインの個性は弱いかなと思いましたね。彼に都合のいい感じに変わっていっちゃうというか。
攻略対象ありきのヒロイン、という雰囲気はありました。
ただ、ヴィジュアルはとても可愛いし、忍の里の姫として育てられているので、こういう雰囲気なのも頷けるというのも正直なところですね。


④ システム ☆☆

なにせ、使いにくい。
攻略が非常に簡単だったからいいのですが(バッドエンド&グッドエンドしかないので)選択肢画面でクイックセーブが出来ないのはかなり苦痛でしたね。さらには両方の選択肢を選ばないと回想に既読シナリオが追加されないというめんどくさい仕様になっていました。
D3さんはもうちょっとこの辺り改善して頂きたいですね。
あと、バックログからジャンプもできませんしね……。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

ちょっと辛いかもしれませんけど、本当は3.8くらいのイメージです。
D3さんゲームの総合的な評価がかなり低くなっているところで、このクオリティで発売されたからどうしても採点が甘くなるかなとは思うので、そこを差し引いて、私はこれくらいの印象、ということにしておきます!(何様だ申し訳ない!)

だがしかし。

乙女ゲーム全体でみても、良作であることは確か。
シナリオ良し、絵良し、音楽良し、と三拍子そろう作品もなかなかありませんからね。
それだけで、確実に良作です。
ただ、何か新しさであったり、この作品でしか楽しめない雰囲気、というものは個人的にはなかったかな?
乙女ゲーム初心者の方で、時代モノのシナリオをお求めの方には、さっくり遊べる割になかなか感動出来たり、きゅんとできたりできますので、お薦めです♡


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。