So-net無料ブログ作成
検索選択

乙女ゲームブランド別雑記⑤:大好きなのはー?オトメイトー!編 [その他]




ハイ!!

自己満足な雑記も最終回にございまする~♪

いろいろ書いてきましたが、別段面白い話もなく、ただ単に私が個人的にそのブランドにどんなイメージをもってるか、ってことをだらだら書いてるだけになってしまいました。

いつものことか。

まあでも、貴方様の、何かちょっとした暇つぶしになれば嬉しいです(*´ω`*)


他にはハニービーさんとかね、花梨さんとか、D3さんとか。
たくさん乙女ゲーム出しておられるブランドさんありますけど、私自身数えるほどもプレイしてないブランドについてはなかなか語れませんので割愛させて頂きますね。申し訳ございません。

またoperettaさんやMIOさんについても、発売されている作品(&プレイした作品)が少ないので、そちらについても割愛させて頂きますね。ふたつとも大好きなブランドさんではありますが……!

作品一つ一つに対しての感想は残してありますので、もしご興味がおありでしたら、そちらを楽しんでいただければ幸いでございます。

それでは、ラストのオトメイト編です。
よろしければ続きからどうぞ。




出会いはもちろん代表作「薄桜鬼」


やっぱり!
私も!


薄桜鬼 真改 風ノ章

薄桜鬼 真改 風ノ章

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game



例にもれず、薄桜鬼なんですよね!

あ、私はもちろん移植&リメイク最新作版↑ではなく、PS3で随想録とセットでプレイしました。

やはりなんといいましても。
圧倒されたのは(PS3でプレイしたのもありますけど)ヴィジュアル面の美しさです。

オトメイト作品の特徴だと思います。
ここまで、キャラクターデザインが安定して美しいのは。

ストーリーと、乙女的な「萌え」の温度がなかなかマッチしていた作品だったなというイメージですね。シナリオは結構長いように感じますが。
さらに私がFDというものの存在を知ったのもこの作品が初めてだったかもしれません!

あ、えっと余談ですが薄桜鬼は、一さん派です♡

基本的に歴史モノが苦手な私ですが(おい)それでも、最後までまるっとプレイさせてくれるだけの萌えと燃えと切なさがこの物語にはありましたね。
もともとの新撰組ファンの方がお好きなイメージもある作品なので(私は明るくありませんが)その辺りが物語自体丁寧に作られているという証拠かなと思います。

ここを起点にたくさんのオトメイト作品を遊んできました。
あまりにもたくさん作品がありますので、プレイ出来ていない作品も多いのですが……!
2016年もたくさんの新作が発売予定ですし、これからも楽しみなブランドさんですね(*´ω`*)


★乙女ゲーム界最大手ならではの「幅の広さ」


あれ?よくよく考えてみれば、オトメイトさんのゲームしかプレイしてないかも?

……という乙女ゲーマーさんもいらっしゃるんじゃないかしら、と思えるくらい、いっちばんこのジャンルで作品を世に送り出してくれているブランドさんといっても過言ではないと思います。

まあなにより。

オトメイトの作品は本当にプレイしてみないとわからない。

他のブランドは、だいたい1本プレイすれば、そこから時期的に発売日の近いものについては(だいぶ過去作とかになればまた違うのだと思うのですが)概ねそのプレイした1本が合うか合わないかで、次回作買うか買わないかの判断はつきやすいとは思うのですが、オトメイトさんはそうはいかないです。

オトメイト作品が好きだから、といって、すべてのゲームが合うとは限りません。

クリエイターさんがたくさんいるからなのだと思うのですが、発売前情報だけで選ぶのは本当に難しいです。
なので、全く何もオトメイト作品をプレイしていない状態で、自分が楽しめるものを探すために何かを参考にするとするならば、ホント、プレイ済の方のレビューしかないんですよね。
でも、それも自分の感性と合うかどうかがわからない。

乙女ゲーマー5年目、100本以上乙女ゲームをプレイしても(いや、しているからこそ、なのか?)オトメイト作品はなかなかにギャンブル性が高いと感じてしまいます。

いろいろプレイしてきたはずなのに、オトメイト作品は、発売前プロモーションが上手なのと、美麗なサンプルCGやキャッチーなキャラデザに惹かれるので、あっ知らない間に買ってた、みたいなことが往々にしてありますね(笑)
それもまた一興!!なんですけどね。
こういう、プレイしてみるまでわからない感じも、個人的にはオトメイトさんの魅力かもしれないと思うのです。(ちょっと斜めですけど)

まあ、以前プレイしたことのある作品のクリエイターさんが関わっていたりすると予測も立てやすいということもあると思うのですが、なかなかそんな作品ばかりじゃありませんからね……!新しいクリエイターさんも次々参加されてますし……!

しかし逆を返せば、非常に幅があるということ。
そのためプレイヤーの、ファンの裾野が広い。そんなイメージがありますね。

ひとつの作品、シリーズが大好きで一途な方もいらっしゃいますし、好きなキャストさんやイラストレーターさんで選ばれる方もいらっしゃいますし、私のようにいろんな作品をプレイしながら、基本キャスト買いでありながらも、いわゆる「ジャケ買い(乙女ゲだったらパケ買いかもしれない)」を楽しんでいるタイプの方もいらっしゃると思います。

また、すごくブランドとして大きいので、人気次第(?)で、ドラマCDや書籍、グッズ、続編、ラジオやイベントなどなど、いろいろと違うメディアでも楽しませて頂けるところも大きいですよね。
そういう意味でも「幅が広い」なあと思います。

作業系ゲームが苦手で、アニメやラノベが好きな延長で乙女ゲームプレイしてみる!という方には、ネオロマンス作品よりもオトメイト作品の方がすんなり入れるかもしれませんね♡



★作品をチョイスする上で参考になるかもしれないクリエイターさんたち


前述したとおり、オトメイトさんの作品はそれぞれに関わっているクリエイターさんが異なりますので、他みたいに「ブランド買い」という買い方はあまりしない方が多いイメージです。

個人的にプレイしてきた感覚ですけれども、作品の方向性は、なんとなくですがどの方がその作品の制作を担当されているかで「自分に合うか合わないか」の一定の判断が出来るかなあと思います。

いわたさん「ワンドオブフォーチュン」「レンドフルール」
藤澤さん「薄桜鬼」「※十鬼の絆」
ジョーさん「夏空のモノローグ」「神なる君と」「Code:Realize ~創世の姫君~」
島さん「CLOCK ZERO~終焉の一秒~」「S.Y.K ~新説西遊記~」「※AMNESIA」(新作はCollar×Malice)
中村さん「Glass Heart Princess」 「熱血異能部活譚 Trigger Kiss」
藤村さん「忍び恋うつつ」「I DOLL U」

(※作品は、厳密にはディレクターさんではありません)

一応、ある程度調べて記述しましたが、もし表記等間違ってたらごめんなさい!

あとはオトメイトさんの方ではありませんが、クリエイターさんの持ち味が作品に色濃く出る方といえば、片桐さん「ガーネット・クレイドル」「プリンセスアーサー」「戦場の円舞曲」(新作は「ニル・アドミラリの天秤」)、高木さん「デス・コネクション」「華ヤカ哉、我ガ一族」「Enkeltbillet」(新作は「薔薇に隠されしヴェリテ」)ですかね。

特にこのお二方は、シナリオに独特の癖があるため、結構好みが分かれるところだと思います。

ざっくり、有名どころを集めるとこんな感じかもしれません。
細かく見ていくと、シナリオライターさんが企画ディレクションやってらっしゃったり、いつもはディレクションされている方がプロデューサーだったりと、いろいろと違ったりはするんですが、オトメイト的に有名なクリエイターさんといえばこんな感じかなあと思います。
あと、REDの伊東さんもそうかもしれませんけど、私の中ではそれぞれ共同制作されるブランドさんによってゲームの雰囲気やイメージが違う印象です。(「十三支演技」「SRX」など)

あ、絵でゲームを選ばれる方は公式ページや、店頭でパッケージ買いを楽しんでくださいませね♡
ということで、キャラクターデザインの方に関しては割愛しますね。


★これから購入予定のオトメイト作品


・BAD APPLE WARS
→たぶん今年最後の「博打」。久しぶりにオトメイト新作に特攻してみたくなったので楽しみます♡

・灰鷹のサイケデリカ
→個人的に今年一番面白かったオトメイト作品「黒蝶のサイケデリカ」の続編。わくわく。期待してます。

・鏡界の白雪
→全く読めない。三国恋戦記、ヴァルプルガの詩などのトムさん、あさき、ゆめみしなどの化野さん、さまざまなオトメイト作品(トリガーキスなど)に参加されてらっしゃる結城由乃さんなど、シナリオ面はなかなか期待できそうだけれども、公式ページが何言ってるのか、かなり謎。でもキャスト買いゲーマーとして外せない一本なので、買います♡


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。