So-net無料ブログ作成
検索選択

戦場の円舞曲 総評 [戦場の円舞曲]











① シナリオ ☆☆☆

学園モノだと認識すれば◎、伝説の魔剣を巡って時代の波に呑まれていくスペクタクル乙女ゲーだと認識すれば△、というような内容。

どう考えても国を治める側の、軍事、外交、政治的手腕を描写する部分がヒロインに都合がよすぎる解釈ばかりで若干、悲劇のヒロインが紆余曲折あって苦難を乗り越えて成長していく過程があまり感じられないところが残念。
しかし、攻略対象たちがヒロインに抱く恋情の描写であったり、彼女や自らに降りかかる使命、試練、秘密にしている過去などからくる後悔、哀惜、葛藤などの表現は美しいです。その点で、純粋にキャラクターとの恋愛を楽しめるゲームではあったと思います。

ただ、その綺麗に表現された「感情」がのっかっている「基盤」に、そうした、悪い意味での「乙女ゲー」らしい温さがありますので、そのあたりに目を瞑って楽しめる方にとっては良作だと思います。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

効果、演出、スチル等、非常に透明感があり非常に美しかったですね。
背景等もすごく綺麗でした。
枚数も少なくない。さらには、魔石を溜めて(エンドをクリアするたびにもらえます)shopでラフ画やおまけの絵なども買えるのでその辺りも充実していましたね。


③ キャラクター ☆☆☆☆

サブキャラクターの人数が、乙女ゲームではあまりみないレベルでしたね。
さらには、ものすごくキャストが豪華。
純粋に緒方恵美さんや竹内順子さんが乙女ゲームにサブとしてご出演されるなんて……驚きでした。
作品世界自体を壮大に見せているのは、そうしたサブキャラクターの豊富さ、といっても過言ではないと思います。
意味もなく数多く登場しているわけではなく、ルートごとに絡んでくるキャラクターが違っていて、その辺りも好感が持てました。

攻略対象たちは、みんなとっても可愛かったですね。
性格的にバリエーションに富んでいるので、一人くらい好きな攻略対象が見つかりそうです。
ただ、個人的にあまり攻略制限をかけている理由がわからなかったですね(笑)


④ システム ☆☆☆☆

基本的にいつものオトメイトさん仕様ですね。
2択なので非常に攻略しやすかったです。トロコンを目指すには探索モードで全員のところに足を運ばなければならないのでセーブデータ管理要注意です。
クロニクルシステムは前作プリンセスアーサー同様の仕様ですね。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

プリンセスアーサーがお好きな方には問題なく楽しめるゲームだと思います。
逆に、前述した作品が合わなかったのであれば、お目当てのキャストがいないのであれば特におすすめはしないかな、というくらいの内容だったかなと思います。
そのくらい作品の方向性も、キャラクターの雰囲気も似ていますね。個人的な感覚ですが。
ファンタジー世界モノで、ハッピーエンドが甘いものを求めている方にはおすすめです。
魅力的なキャラクターが多数登場するので、攻略対象がイマイチでも、お好みのサブキャラクターに出会えるかもしれません。

非常に個人的なことを申しますが、石川界人さんのファンの方にはぜひプレイして頂きたいですね。

ものすごくかわいいです。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。