So-net無料ブログ作成
検索選択

I DOLL U(アイドールユー)雑感&ルカ・レオ・セイヤ 感想 [I DOLL U(アイドールユー)]












あいどーるゆー♪を楽しくプレイ中でございます。

さすがオトメイトさんというべきか。

これぞ乙女ゲームだ。

最近ね。
シナリオがなかなか面白いものをプレイしていたせいなのか、ちょっとね、見方がおかしかったのかもね、ヴァンクロに関してはね、なんかプレイ順的なものかな、申し訳ないね、とか思ってたんだけど。

やっぱり違ったわ。

乙女ゲームの良さは、多少、使い古された設定だったり、シナリオのつじつまが合わなかったり、明らかに現実的じゃなかったり、唐突に脈絡のないラブ♡なイベントが挟まれたりしても「作品」がそれを許していれば普通に受け入れられるところだと思います。

まさに、I DOLL Uはそれ。

どっかの韓国ドラマかな?と思わせるような、双子の妹が兄の代わりにアイドルを、という設定。明らかに「いや芸能人それおかしい」的な展開。何度も何度も男同士(ヒロインと攻略対象)でハプニング的なキス事案が発生するというリアリティのなさに、何故かキスモードは(まだ恋愛に発展していないにも関わらず)少しセクシーに汗ばんでいて裸(!)な攻略対象にタップしまくって吐息を頂きまくるという、脈絡のなさ。

それでも。

いいんです。

キャラクターを可愛いと思えれば。
恋愛模様が楽しければそれで。

いいんですッ……!!!!!

ただ、この「さじ加減」というのはとても微妙で、ある一定のラインを超えてくると冷めてしまうし、ただイケメンにキスして楽しむ、ただの馬鹿っぽいシチュエーションゲームのようになってしまうんですね。

そうなることを避けているのは、作品自体のコンセプト、筋がきちんと見えているところと、キャラクターたちそれぞれに説得力があるからだと思いました。

アイドルとして問題児である彼らが、何故兄と入れ替わったヒロインを「リーダー」として認めていくのか、心を開いていくのかというストーリーと、何故「問題児アイドル」となったのかというキャラクターの軸の部分がしっかりとリンクしているんですよね。

そういう、押さえるべきところはしっかり押さえているからこそ、「遊び心」が映えるゲームなのだと思います。
エイベックスさんが関わっているだけあって、音楽方面のクオリティは高いですし、ここあさんの可愛らしいキャラデザはキャラクターの魅力をとてもよく表現されていると思いましたし、さらにスチルなども効果付で、とてもきらきらしていて作品にはぴったりでしたね。

また、キャストさんのファンの方にはぜひプレイして頂きたい作品ですね。
キャラソンが聴けるというだけではなく、個人的にすごく「キスモード」楽しいです。
あんまりこういうの得意じゃないほうなんですが、照れたり恥ずかしがったり(?)するキャラクターたち、可愛いです。

しかも男だとおもってんですよ、ヒロインのことを。

その照れ方、意味がわからない。

その、何故か男同士だという認識の段階からデレる、という部分が嫌な方もいらっしゃるとは思うのですが、もうこの子たち、みんなちょっとヘンなので、人類愛的なものを何かと錯覚してるんだと思っちゃえばいいんだと思います(そういう問題ではないのですが)


まあ、うだうだいってないで個別感想いってみまーす。
気になる方は気軽にお手に取ってみくださいませませ~☆

とりあえず、本日は、ルカ、レオ、セイヤ感想です。










★御神ルカ

アイドルなのに女の子が苦手、なんだ……。
おんなのここわいおんなのここわいおんなのここわい……(エンドレス)

という、解りやすいキャラクターでしたね。
物腰もやわらかく、穏やかで優しく、笑顔がキラキラな……ザ☆王子様ルカくん。
というかむしろ、女の子より男の子の方が好きなんじゃね?
とツッコミたいのは山々なシナリオでしたが、ヒロイン=女子、という認識が我々にある時点でオールオーケーなのであります!

男だって思ってる相手にキスされて、フツー言います?
「そこはやだ」
違う場所やったらええんかい。→しかも正解が唇。

……(゚Д゚)

「ルカくんってもしかして男の子が好きなの?」
とかいう発想にアイカちゃんが至ってこじらせてたら、乙女ゲームとしてとんでもない方向になってたよ!ぎりぎりだったよ!
よかったね、こじらせなくて(笑)

ルカくんはバレる時が面白かったですね(笑)
天音アイカが女の子であったということよりも、アイカという「女の子」とならべたべたいちゃいちゃしても全然怖くない自分にびっくり仰天という、あの感じがやっぱりズレてて、可愛かったです。

女性が苦手、という理由についても、母親ではなくて人気俳優の父親の女癖の悪さからキテたというのも個人的に意外で楽しかったですね。
この父親、どうやら他にもいろいろ絡んできそうですが、これは真相なのかしらどうなのでしょう?
違うのかな?
あと、最後のあたりの「実は兄妹かも!?」事件はいらないかなとは思ったのですが(笑)明らかにルカの空回りなのが見えるのでね。


まあでも、すごく可愛らしかったですね。
私カッコイイけんぬさんより、ちょっと女々しいけんぬさんボイスが大好きなので、そういう趣味の貴女にぴったりなキャラクターだと思います。



★獅堂レオ


ねこみみキャラを卒業したいのにゃーーーー!!!!

ほんとコレ。
全編通してコレ一本。
そこが素晴らしい。

しかし、きちんと、ねこみみキャラ「獅堂レオ」を愛してくれるファンを大切にしつつ、そこから脱却をはかるという、限りなく矛盾したジレンマを抱えながら、それに折り合いをつけてどう乗り越えていくのかを描いているところは、とても良かったです。

定着したイメージというものを、いかに払拭するのが難しいか。

しかしそれを変えていく唯一のものは自分たちの努力でしかない、と知っているレオのひたむきさは素敵だったし、時にくじけそうになるその小さな猫耳のついた頭を撫でたくなる気持ちも共感しやすかったですね。

ただ、やはり本人からも部屋からも滲み出ているのですが。

猫が大好きなんだにゃーーー!!!!!

なので、ストイックさはあまり感じられませんね(笑)
正直、本気で卒業する気はないとおもいます。
でもそれでいいと思うの。
たぶん結局彼もねこみみキャラの自分を愛さずにはいられないのでしょう。
だからこそ、その「ねこみみ」というライトでかわいい記号的な外面と、卓越した演技力を持ち、クールな考え方をする努力家という内面を、もっとうまくビジネス的にだな、プロデュースするやつが必要でだな……。
ちょっとこの2人は芸能人になるにしては、愚直すぎるんだろうなと思いましたね。

まあでも、たぶんこういう真っ直ぐさとか、人の良さとか、見えない努力とかって、伝わる人には伝わるから成功するんだろうなあ……と思います。

キャラ的には下野さんがひたすら「にゃーにゃー」言いまくるイメージですね。
どんなところにも「にゃ」を入れてきます。
じゅうにゃにゃ、ぐんにゃい☆ にゃにするんだにゃ!
語尾だけじゃない徹底ぶりに若干「もういいよ!」と思うこともあるかもしれませんが、それがレオレオの魅力です☆彡
個人的にもうちょっと、レオが役作りをしているところと、普段のレオとの違いがあればもっと素敵だったかなあと思いました……せっかく下野さんイケメン声も出せるのに……みたいな?



★諸星セイヤ

本当は、そんなことが言いたかったんじゃない!
ポップスターを目指す俺だけど、ソウルはみんなと共にある、みんな大好きだ仲良くしようぜ!(ごめん適当)

ということが、全くもって伝わらない、なかなか斬新な「炎上アイドル」セイヤくんのルートはげらげらと笑わせてもらいましたね。

帰国子女な上に、結構偏ったMANGAの趣味をお持ちのようでチョイスする台詞がおかしい。
それが誤解を招く表現だということを知らなかったセイヤくんは「世界が俺の才能の前に跪く!」とか「誰の助けもいらない。なぜなら俺は孤高の星だからだ」とか意味のわかんないブログを書きまくって炎上させ続けます。
でもこれが単に表現のマズさという浅い問題ではなく、「誰にも心を開こうとしない」という問題がきちんと根底にあることがわかるので、とても読み進めていて面白かったですね。

神様に愛されたといっても過言ではない、天性の作曲センス、その実力を持ちジュニアード音楽院を首席で卒業するほどでありながら、彼はその常識外れた感性の突飛さから理解されたことなんて一度もなかった。
リライズにきて初めて。しかも兄の「アイカ」の時ではなく、妹の「アイカ」と出会っては初めて、彼は自分を理解し、その上でたしなめ導いてくれる者を見つけます。

それが、男であろうと女であろうと、彼にとっては全く問題じゃなかった、というところも、そういう過去がわかれば理解できますよね。
性別という壁が「愛」を拒むことが理解できない。
「アイカ」が男であろうと、彼は告白し続けます。

だからこそ彼は、中盤、烈火のごとく怒ります。
「男同士だから」という理由で、実は女であったアイカが彼の気持ちをはぐらかし続けたことに。

この真っ直ぐさと、実はものすごく恋愛の本質をついているかのような反応がとてもセイヤは素敵でしたね。彼にとっては本当にこの出会いこそが「運命」だったんだなあと。

それにしても、細谷さんのあんな高い声で「ふぇっ!?」とかいう台詞、初めて聞きましたね(笑)
「忠犬セイヤ」と作品中でも言われていますが、ほんと、常にしっぽ振ってそうな声でした……。ほんっとかわいかったです。
キスモードの、困った吐息が本当に素敵でくらくらしました。
ああかわいい。








nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

しろね

あの三人はいいですよね‼︎
特に私の中の2トップはセイヤ君とレオ先輩です‼︎
声優さんも豪華ですし‼︎
(妹 ツバサ推し)
by しろね (2015-12-18 22:13) 

あかり

>しろねさん

はじめまして!
あいどーるゆーは、みんなひっくるめて可愛いです♡
セイヤくん&レオ先輩、可愛いですね!
声優さんもほんと豪華、歌がうまい方ばかりですし、アイドルにぴったりですね!
妹さんはツバサ推しですか、私はイツキ推し!
あとはルカ推しを連れてきましょうか!!(笑)

コメントありがとうございました(^^)



by あかり (2015-12-22 21:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。