So-net無料ブログ作成

Vamwolf Cross(ヴァンウルフクロス) 総評 [その他乙女ゲーム]









① シナリオ ☆☆

ぶっちゃけ意味わかんない☆

「人狼ゲーム」をモチーフにつくられたはずなのに、蓋を開けてみると荒唐無稽といってもいいほど浅いヴァンパイアもののファンタジー。小学生でも知ってそうな「吸血鬼の苦手なもの」をわざとらしくtips扱いし、それをヒントに「夜目がきく……この人怪しい」「ニンニクが嫌いなの?もしかして……」みたいに、嘘つきをふるいをかけていく(?)みたいなシナリオ(断じてシステムではない)は、正直乙女ゲーマー舐められてるのかな、と思いました。
あまりキャラクターを疑いすぎるとサディスティックタイムという、言わばプレイヤーにとっては「ご褒美」タイム的なものが始まりますが、あまりに迫り方が唐突かつ似通ったものが多くて辟易。というか、そんな、夜更かしをよくするとか、赤ワインが好きとかいうしょーもないことで疑われてたら。

そりゃ全力で怒るわ

まったく緊迫感のない戦闘描写、何にときめけばいいのかわからない日常会話やデート描写、さらに最終的に全員攻略しても「嘘つきは○○だったんだ!面白かった!」なんて満足感はゼロに近い物語になっているのは非常にマズいかなと思いましたね。
ある意味全員嘘つきだと思うし、ある意味で全員嘘つきじゃないような。
誰が吸血狼だったのか、とかいう問いに対しても「コイツ!」といまいち断定できない解答もかなりビミョー。

一人嘘つきがきちんといた上での推理可能な物語だったら、それを当ててしまうと他ルートが惰性になってしまう、というマイナス点はもちろんあるとは思っていましたが、むしろそれ以前の問題だった

作品作られた方には申し訳ないけれど、フルプライスでは誰にもおすすめできないゲームですね。
キャストさんがもう、むちゃくちゃ好きな人しかオススメできません。ルートコンプすればキャストトークが聴けるのでそれ目当てに声優ファンの皆様はファイッ☆です☆


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆

好みは分かれる絵柄だとは思うのですが、やっぱりちょっとスチル、ヴィジュアルに関しては怖いですね。絵的に。シリアス的なホラーっぽい「怖い」という意味ではなくて、視線とか表情がなんかそれ……何考えてるの、って感じの怖さです。
似たような構図が多かったイメージと、枚数もそんなにないです。
あんまりエフェクトとかヴィジュアルデザインもかっこよくないし、背景もざっくりした感じで、オトメイトさん作品のクオリティを見慣れていると、きっと???と思うレベルだと思います。
全体的に野暮ったい……そんな感じは否めないなあと思いました。


③ キャラクター ☆☆

ものすごくぶっちゃけると、全員攻略しても名前覚えられてないくらい。

誰も印象に残ってないです。
(正直に打ち明けると、キャラをすべて声優名で認識していたくらい)

キャラクターに息を吹き込んでくださった声優さんたちには申し訳ないのですが、もう彼らが何をしたいのか、何を言っているのか、一体どこでヒロインを好きになったのか、はたまたヒロインはどうして彼を好きになったのか、皆目見当がつきません。
やたらとラグジュアリーでセレブなキャラクターが多く、結局こいつ金目当てなんじゃないかと本気で思っちゃうくらい、買い物や食事デートを重ねてるうちに彼の過去を知ったと思ったらいきなり告白されて、ピンチになって真実が明かされてとたんに俺が……!私が……!みたいな命賭け大好き!なイメージですかね。(雑)

あとホント「嘘つき」を探すゲームなのに別に誰でもよかったんじゃないかな☆という感想しか残らない。それはなぜか。
自分で探し出したわけじゃなく勝手にあっちからカミングアウトしてくるからですね(真顔)

「狡猾な嘘つき」と言えるほど「吸血狼」側がゲームメイキングをしているわけでもなく、占い師などという「役職」じみた設定があるにも関わらず、単なる超能力的な描写しかありません。もちろんそれに翻弄されたり、時に逆手にとって推理したりという賭け引きができるほどヒロインが魅力的かといわれると、そうではありません。

エンドも3つに分ける意味もわからないし、全員があんまり変わり映えのしない、奥行のないキャラクターたちばかりでした。


④ システム ☆☆

ここ最近ではいっちばんキツいシステムでした。
スキップはこまめに解除されるし、SE再生中はキー入力を受け付けないし、あまりにもつまらないので多少強制スキップして進めた部分がありましたが、強制に関しては押しっ放しじゃないとスキップできないし、ストレスフル。
さらには、特定のtipsを持っているか持っていないかによってサディスティックタイム(スチルありイベントがある)が発生したりしなかったりするので、どうしても最初の方に攻略したキャラクターに関しては一度プレイするだけではスチルコンプができません。そのシステムにするのであれば、tipsをどのルートでも同じだけ獲得できるようにしておいて欲しかったですね。(tipsは全キャラ攻略して初めて全部埋まるのが今作品の仕様)
かといって、2周ずつ遊ぶほど熱意もないし、面白くもないし……という、かなりめんどくさい感じになっておりました。


⑤ 作品の完成度 ☆☆

乙女ゲームブロガーとして、記事はマイナスな部分もありながらもきちんと楽しかったところ、素敵だったところをね、中心に書こうと心に決めているのですが、この作品ばかりは擁護のしようがないかな、と感じています。
言葉を選ばないなら、本当につまらなかった。
正直1ルートで投げようと思いました。でもね、同時期にプレイしてるフォロワーさんのおかげと、あとこの前にプレイしていた作品も投げたので、さすがになあ……と思った次第でございます。
トロコンはできていません。でも全ルートエンドは頑張って通りました。

200本近く乙女ゲームをはじめとするいろんなゲームをプレイしておりますがひさしぶりにびっくりしましたね。全く関係のない作品を持ち出して恐縮なのですが、いわゆるクソゲーといわれた、某しらつゆ、今年に入ってからはポゼッションなんちゃらですかね?……個人的な感覚で言わせてもらうなら、それらの比ではありません

なので、積極的にオススメはしませんが、キャストさんのファンの方はそんな理屈関係なく入手されていらっしゃると思うので「頑張ってくださいッ!!」とエールを送りたいです。お目当てのキャラクターだけでも……十分です!!

たぶん、作品の中で一番面白いのはキャストコメントだと思います。
たいしてキャラやルートのことについて語られていないところが皮肉にも面白いのかもしれないですね。

D3オトメ部のこれからが、ものすごく心配になる1作でございました。
心配だけど応援してますね……頑張ってください、ね……。





nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

更

あかり先生!いつも楽しく拝見させてもらってまーす✩
あかり先生の、結構辛口(すみませんっ)評価が好きで読ませてもらってます!(笑)
なので、作品買うか迷ってるときはあかり先生のブログを参考にさせてもらってます♪

ヴァンクロはもともと買う予定ではなかったですが、もぅ↑ボロボロですね(笑)いやー楽しかったです!ソフトやるよりもブログで楽しみましたヽ(´▽`)/

また、楽しみにまってまーす✩
by (2015-07-28 23:17) 

あかり

>更さん

更さんこんばんはー!!
ま、まさかこんなに早くこの記事にコメントを頂けるとは思わなかった……!!
ありがとうございます(*´ω`*)

先生って……!恐縮です、いやいやしがない乙女ゲーマーでございます。
辛口www
そうですね、基本的にあまり、全部が全部面白かったー!というような書き方をしないので……(笑)参考になっていたら幸いでございます!!

うん、ヴァンクロはちょっと、そこそこ乙女ゲームプレイされている方にはかなりキビシイゲームだと思います……!!記事楽しんでいただけてありがたいですです~♪

こちらこそ、また遊びにきてくださいませ☆
それでは、またまた~!
ありがとうございます(*´ω`*)


by あかり (2015-07-28 23:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。