So-net無料ブログ作成

熱血異能部活譚 Trigger Kiss 総評 [その他オトメイト作品]






熱血異能部活譚 Trigger Kiss 限定版

熱血異能部活譚 Trigger Kiss 限定版

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game







① シナリオ ☆☆☆☆

トリガーキスがちょっとでも気になる方はぜひ気軽にプレイしてみましょう。
これもまたブログでは伝わらない面白さでした。

個人的にはオススメしたいゲーム。
重ためな真相があったり、シリアス路線の乙女ゲームが多い中、このコメディという路線で勝負をするチームのみなさんを称賛したい気持ちでいっぱいです。
どうしてもコメディは乙女ゲーム的に分が悪いんだなというのを痛感しましたね。
物語の壮絶さや悲惨なトラウマなどで、恋愛に深みを持たせられないから。
それが一番の厳しさだと思います。

でも、それを全力でカバーする「楽しさ」が個人的にはあると思います。
さすがグラハチームです。
ただ前作が恋愛を軸のコメディーだっただけに、乙女ゲームとの相性がよかったですね。
今回は部活を軸にしたコメディーですので、その一点で不利だったのかなと。
個人的には、きちんと恋愛はしているなあと思ったし、ゲームとしてとても完成されている&クオリティの高い作品だなあとは思ったのですが、どうしても「部活」ありきの作品だから……試合の連続、という似たような展開の仕方をするので、ストーリーの起承転結がね……。
ただ、それを差し引いても、テンポのよいダイアローグ、マンガ調の演出、背景や吹き出しタイプを選択肢してルート分岐していく面白さはやっぱり素晴らしいなと思いました。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

物語がベタな熱血モノにも関わらず、スチルがとても乙女ゲームらしくきらきらしていて、とても綺麗でした。でもタイトルが筆字だったり、厳ついデザインもあったり……と、「定番」をちょこっと外してくるセンスのよさはやはり素晴らしいですね。
そのミスマッチにも思える両方をうまく組み合わせて「面白い」に変化させるのが上手だなあと思いました。


③ キャラクター ☆☆☆

ライバル校のメンツも含めて、キャラクター全員に嫌味がなく、アツく可愛い。
どのルートもすっごく面白かったし「可愛い~♪」ときゅんきゅんさせてもらいました。
☆3つにしたのは、大変申し訳ないのだけれど「萌え」の観点から個別感想を書こうと思った時に、書けなかったからです。
それぞれにいいところがあり、テーマがあり、それぞれがとても可愛かったのだけれど、ひとまとめにしてしまうのであればどの子も「青春」しているという印象が強い。
自分の限界、仲間との絆と亀裂、選手生命と試合の天秤、過去の因縁、代々守ってきたものと責任感、積年の夢……などなど。本当に構成する要素が「青春」そのもの。
その中で築かれていくのは、恋というよりもどちらかというと仲間としての絆です。
部活一筋で生きてきた男の子たちが、そうして仲間として自分を支えてくれたり、時に叱咤してくれるヒロイン(しかも試合中キスをしてくれる女の子)を好きにならないはずがない。
悪く言えば、その「型」からは基本的に全キャラクター外れないところが、あまり心に残らないのかもいしれないですね。

しかしフルコンプして「あー面白かったー!!」と叫べるほどにはみんなひっくるめて大好きだし、みんな可愛かったです(*´ω`*)


④ システム ☆☆☆☆

基本的はいつものオトメイトさんのシステムですね。
まあでもこの作品。
一番笑えるのはやっぱり「トリガーキス」発動時の手のひら(手の甲)にプレイヤーに実際にキス(タップ)させるという演出ですよね(笑)
Vitaならではだと思いますし、この辺りの遊び心は素敵。
あと前述しましたが、背景や吹き出しタイプを選択肢してルート分岐していく斬新さにも驚かされました。
おまけなどもあって、大満足でした。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

ただ、純粋に面白かった。

トリキスは、会話劇の中にキャラクターの可愛さがあり、かっこよさがあり、愛おしさがあるので、ブログでは面白さはそう、伝わらないと思います。
ですので、気になった方、キャストさんのファンの方はぜひ遊んでみて頂きたいですね(*´ω`*)

少年漫画のアツい展開がお好きなら、たぶんほっとんどの方に受け入れられるタイプのゲームです。
ベタだけど気持ちいい。
読めるけど、面白い。
そんな展開をしてくれます。

それぞれの持つ「異能」をうまく使った、絶体絶命的展開やその突破口を描き出したバトルシーンの面白さもきちんとあったし、その中で「この人頼りになる♡」「こいつデキるな!」と双葉ちゃんがきっと感じたであろうドキドキも、しっかりと伝わります。
決して「なんちゃって部活」じゃないし、部活ばっかりやって、途中で唐突に恋愛シーンが入る感じではないので、そこはご安心を。
短い期間の中で、すごく自然に「仲間」から「好きかも?」の過程が描かれていたように思います。

その点がものすごく健全で、微笑ましい物語でした。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。