So-net無料ブログ作成

POSSESSION MAGENTA(ポゼッションマゼンタ) 総評 [その他乙女ゲーム]











① シナリオ ☆☆

内容というよりも、構成的に☆2つで。
個別ルートがない構成というのに特に抵抗はありませんが、それにしては共通ルートに芸がなさすぎました。

連続殺人事件の謎を解明すべく、首を突っ込む高校生たちと犯人のスリル満点のイタチごっこ、というわけではなく、単純に攻略対象ひとりひとりの、隠していた気持ちや知らなかった過去とヒロインが1章ごとに向き合っていくだけの話。そのために、捜査というよりかは単にポゼった(狂気に囚われた)攻略対象をピュリする(正気に戻す)ためのタロットカードを探す方が多いイメージですね。
またその探索方法に関しても、特にプレイヤーが試行錯誤することなく話の流れで勝手にみつかってしまうので、どのあたりがミステリ調なのかが甚だ疑問でした。

さらに普通の乙女ゲームでは個別ルートで表現されることを、すべて共通ルートに入れ込んでしまったため、キャラのイメージや印象、恋愛に関する展開が画一的になってしまい、プレイヤーはどこに焦点を絞って楽しめばいいのかわからなくなります。

しかし、6名の攻略対象&多彩なサブキャラクターで織りなす会話のにぎやかさ、RAIN(LINE)を使ったコミュニケーションの表現、それぞれのキャラクターを立てたバッドエンドシナリオは、唐突ではあるものの振り切った感じは面白かったので、そこは素敵でした。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

さらちよみさんのスチルのエロ可愛さ、マゼンタピンクで統一された可愛らしくスタイリッシュなヴィジュアルデザイン、おまけ的要素で集めることが出来る「うさねこラバスト」もキュートだし、とても素晴らしかったです。
キャラデザもポップで可愛らしいので、画面がとても華やかでそれを見ているだけでも楽しかったですね。


③ キャラクター ☆☆☆

シナリオ構成のせいで、圧倒的に掘り下げと描き方が足りず、それぞれ浅くなってしまっていますが、高校生らしい可愛らしさはあって私自身はみんな好きですね。記号的でありつつも、6名それぞれバリエーションがあるからかそんなに気にはなりませんでした。
どちらかというと、攻略対象よりもサブキャラクターのテンプレ感が目立つ作品ではありましたね。
全体的に感情移入も、ハマり込むことも出来ないキャラクターでしたが、勘のいい声優さんたちが表現したポゼった状態のキャラクターにはそれぞれの味があってとても素敵だったと思います。
その点を踏まえて、☆3つです。


④ システム ☆☆☆☆

前後ジャンプ、早送り、巻き戻し、スキップなどなど……攻略のしやすさは素晴らしい。
ただ一回一回「次の選択肢までスキップしますか?」と注意書きが入るのは面倒でしたね(システムで変えられるのかな?)あと、がしがしジャンプスキップ使ってると、動作が一瞬止まる時があってそれも怖かったです(笑)

まあ、1本道シナリオなので(笑)攻略は簡単。
構成的に、好感度調整が若干しんどいような気はしますが……。(最初の方にお当番の章があると、好感度調整をかなり序盤で行う必要があるため)


⑤ 作品の完成度 ☆☆

乙女ゲームとしてもノベルゲームとしても、かなりマズいゲームだと感じました。
ヴィジュアル的に可愛い顔をしているゲームなだけにもったいないですね。
素敵な部分がたくさんあるのにも関わらず、どうしてもシナリオのつまらなさが悪目立ちしてしまっていて、なんだかいたたまれない気持ちになりました。
ただ、キャストさんのファン、さらちよみさんのファンの方には十分楽しめる内容ではあると思いますね。

うーん。
というか逆にキャストとキャラデザにピンとこない方にはおすすめできないゲームかな?

まあ、個人的にはサブキャラクターまで豪華キャストなので、声優ファンとして楽しみました(^^)



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。