So-net無料ブログ作成
検索選択

CHAOS:HEAD NOAH(カオスヘッドノア) 感想 [科学ADVシリーズ]






ちょこっとCZ記事から時間があきまして。

ヴァルプルガくらいから、ちょっと糖分摂取しすぎてしまい。

そうだ、ギャルゲをやろう。

……と。



CHAOS;HEAD NOAH

CHAOS;HEAD NOAH

  • 出版社/メーカー: 5pb.
  • メディア: Video Game




いそいそと前からプレイしてみたかったカオスヘッドで遊んでおりましたあかりです、こんにちはー!\(^o^)/

まあ、今、なぜ、カオスヘッドというチョイスなのか……。
それはね、うん、まあ、ね!
だって6月発売のカオスチャイルドやりたいしね(゚∀゚)えへえへえへ。


……まあ、不純すぎる動機は置いておきまして。


科学ADVシリーズの第一弾、2008年初出のゲームではありますが、今2015年プレイしても十二分に面白かったです。
ただ、やはり昨今のノベルゲームと比べると演出の点でどうしてもあっさりしてしまう印象ではありますが。それは仕方ないですよね。

しかし、ストーリー内容、設定、ネーミングセンスなどはなかなか。
物語のキーワードである「その目だれの目?」もかなり効果的に使われていて、それでいてキャッチー。
渋谷で起きる猟奇的連続殺人事件とその裏側にある陰謀に、人畜無害なネトゲ廃人引きこもり高校生(主人公)の日常がだんだんと重なっていくという物語なのですが、ストーリーテリングが巧いですね。
一見乖離している描写、話であったはずなのに、いつの間にか「すぐ後ろにいる」かのように話の方向性が決まってしまったり、逆に一気に違う話になっていたり。
プレイヤーを翻弄するのがとても上手だなあと思いました。

また、妄想トリガーというシステムによって、主人公の頭の中を覗ける仕様になっているのも面白いですよね。
ここが唯一のゲーム性といってもいい部分だけれども、この「ポジティブ」「ネガティブ」どちらを見るかによって次のシーンの心象がだいぶ違ったりするのが面白かったです。

さらに、主人公目線の時のカメラワークであったり、他者視点から語られる部分があったり……とをうまく使い分けて、プレイヤーを精神的に追い詰めていく感じ、恐怖を煽る感じにも結構クセになりましたね。

欲を言えば、もうちょっと物語をあっちへこっちへ振ってほしかったかなとは思いましたね。
ミスリード的なものが少なくストーリーの軸が結構シンプルだったので、半分くらいプレイするとだいたいの物語の想像がついちゃったといいますか。

でも、ある程度予想は出来ても、普通に面白かったです。

あと、私が女だからなのか?どうかはわかりませんが、イマイチこの作品はヒロインたちに惹かれませんでした。
そもそも……ヒロイン(メイン以外)と主人公の拓巳が絡んでるシーンが、物語全体の割合から考えると少ないような気がしてならない……?
梢ちゃんなんか、なんでアレだけの接触であんなエンドになるのか謎すぎて……(笑)

まあ、それこそ妄想で補完しろってことかな!

では、以下からネタバレキャラ別感想です。









☆西條拓巳

主人公からいっとこう。
結構早い段階で「将軍=西條拓巳」ということがなんとなくわかってしまったこともあって、冷静に彼のことを見つめてしまいましたね。
ただ、非常に彼のキャラクターの作られ方は面白かったです。
二次元ダイスキーな男の子が、実は本当にオリジナルの西條拓巳(将軍)が創り出した、実在しているけれども「二次元」的な存在、という非常にシニカルな仕掛けは大層好み。
ラスト付近、それを理解した、このゲームのプレイヤ―視点にいる拓巳が「キャラメイクをやり直せ」と痛切に訴える彼に、オリジナルの西條拓巳が「(不完全で歪)だからこそ君は人間らしい」と告げるシーンはとても好きですね。

基本的に他人任せで、自分のせいじゃないんだ、ほっといてくれ、助けてくれ、死にたいと呪文の唱えている印象のある彼ですが、彼のルーツを知るとなるほど、なるほど。

「立っている」と思っていた世界が、足元から瓦解していくその恐怖を、とても雄弁に吉野さんの演技が語っていてものすごく素敵でした。


☆咲畑莉深

メインヒロインの彼女が登場するシーンは、思わずログを繰りました。
それくらい鮮やかに……まるでそこにいて当然のように現れて、私も相当びっくりした……結構恐怖でした。
また最初の血まみれ莉深さんで、ヘンな先入観を持たされているから余計にね……ww

彼女の、ちょっと哲学的?なエンドよりかは、私は1周目に必ず迎えるエンドの彼女が好きかな。
オリジナルの西條拓巳のために、恋をしたコピーの西條拓巳を殺す。
彼女の正義は美しいけれど、切ないなと思います。
冒頭のシーンが、このラストでようやく理解できる構成も、ベタだけど好きですね。

まあ真エンドは真エンドで、ああでなくちゃね☆とも思うのであります。
ビシィッ!


☆蒼井セナ

ヒロイン、という印象があまりない女の子ですが、彼女の境遇、彼女が自分で背負い込んだ家族の問題、世界の問題……いろいろ。非常にヒロイックだなあと感じました。

逃げ出してしまうことが出来れば、それが最善だった気がするのに彼女の性格がそれを許さなかったんですね。彼女は父がやってきたことと向き合おうとし、母がなぜあんな状態になったのかを知ろうとし、それと同じことが起きるであろう世界について知ろうとしてしまう。
細いその身にあまることを一人でなんとかしようとしちゃう感じが、愛おしかったですね。

いろんな視点、物事の捉え方が出来るような冷静さをもっていながらも、途端自分に関わることとなると固執するところとかもすごく痛々しく愛おしいです。

☆楠優愛

普段のふわっとした雰囲気と、活用形……?みたいな文言を捲し立てて、冷たくこっちを追い込んでくるギャップの、あの感じが結構たまらなかった。
あの、間髪入れずに畳みかけてくる演技が素晴らしかったですね。
ぞくぞくしました。

非常に論理的に「ニュージェネレーションの狂気」に迫り、西條拓巳は解離性同一性障害であるというひとつの結論にたどり着くにも関わらず、実は自分自身こそが「優愛だと思い込んでる美愛だった」という人格破綻っぷりも好み。

彼女のルートはギガロマニアックスとか、ディソードとか、なんも関係のない、ただ犯人扱いされて「監禁される」というものだけれども、1ルートくらいこんなのがあったっていいと思いました。まる。

☆折原梢

大人しそうな外見に反して、かなりの極論でもってディソードを振り回す暴走娘っぷりにはびっくり。
でも私は嫌いじゃない、かも。
人間の負の感情をもっとも純粋に描くとこうなるのは当然かなとおもいます。
それを表したエンド「殺戮に至る病」には同名の小説と同様「えええ」と驚嘆したものの、まあこずぴぃならやりかねないなという感じはあったので、そんなにダメージは少なかったです。
自分を敵とみなしたものは皆殺しにしてしまえ、クラスメートの命を屠ったその刃で、止めようとしたたった一人の親友すら傷つけてしまい、妄想に負けた彼らの手で、彼ら自身も含め何もかもが死に絶えて……というなんともデススパイラルな内容は作品には合ってたかな、とは思いました。
そのあと、百瀬さんの意味深な会話で終わるところが、結構好み。
(あれ、このルート、だったよね……?違ったかな、あやせだったかな……?)

☆岸本あやせ

独特の世界観を持つあやせちゃん。
彼女のルートで、彼女の見ている世界を体感すると、「黒騎士が……邪心王が……ぶつぶつ」といいたくなるのもなんか理解できたわ……。

彼女のルートは終始(゚Д゚)こんな顔で見ていたような気がする……。
本筋では、拓巳をギガロマニアックスと覚醒させるキーとなっているんだけれども、あんまり絡み的には少ないイメージなので、あやせちゃんに関する感想がそう、ない……。

ずっと、電波なこといってるイメージしかないわ……。
あと歌ってるか、か……。


☆西條七海

彼女にもまたショッキングなことが起きてしまうけれども、そこはまあ置いといて、本筋の、彼女が「本当の兄は誰か」を思い出すところが結構好き。最後、西條拓巳のために祈るシーンで、しっかりと「兄」の手を握っているところとかも好き。

七海エンドも切ないですね。
右手を斬られ、ギガロマニアックスとして覚醒してしまった実在する「妹」に背を向けて、妄想で創り出した「妹」との幸せに逃げる拓巳の弱さも、なかなか。

まあ、本物の七海からしたら、おにぃのバカ!どころでは済まない話ですけど……(笑)

七海ちゃん可愛かったなー。



nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

かい

こんばんは!かいです。
お久しぶりです(笑)

突然ですが、私、ギャルゲーってしたことなかったのですが・・・
あかりさんのこのブログに感化(?)されて、初めてプレイしましたー

・・・なんていうか、

ギャルゲもいけるな、と。


はまりそうです。いや、すでにはまっちゃいましたかね?(笑)

楽しかったです!また、あかりさんのブログに感化させてもらって(?)新しいゲームもしていこうと思います!その時は、またコメント書かしていただきますね!
by かい (2015-05-15 21:24) 

あかり

>かいさん

こんにちはー!!
おひさしぶりです♡

>突然ですが、私、ギャルゲーってしたことなかったのですが・・・
あかりさんのこのブログに感化(?)されて、初めてプレイしましたー

おお、そうなのですか!?
……といっても、私もそんなにギャルゲは数えるほどしかプレイしてないので、まだまだ初心者なのです( *´艸`)

そうでしょ?!
イケるでございましょ!?(笑)

というか、むしろギャルゲの方が純粋にシナリオ楽しめちゃったり……。
ちなみに何をプレイされたのでしょうか(*´ω`*)
またよかったら教えてくださいませませ☆

わーい!
ぜひぜひ感想お待ちしてます(*^^*)
私も、ジャンルにとらわれずいろんな名作に出会いたいなあと思ってます~♪
素敵な作品に出会ったらきっとまた熱く記事を書き殴ると思うので、構って下さったら嬉しいです~☆
ではでは~♪



by あかり (2015-05-16 20:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。