So-net無料ブログ作成
検索選択

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Extime 追加要素 感想 [CLOCK ZERO]




~CLOCK ZERO ~~終焉の一秒~~ ExTime 限定版

~CLOCK ZERO ~~終焉の一秒~~ ExTime 限定版

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game








CZ Extimeざっくりとプレイし終わってトロコン!


最初に謝っておこう。
すみません。(追加が蛇足だったとかいう感想ではありませんよ!)

管理人は、CZPS2版の時に一度もろもろあって鷹斗を残しセーブデータがすべてぱあになり(笑)、PS2バージョンをまるっと2周、PSPを軽く2周プレイしているのですよ……つまり。

正直、これほど何度も何度も周回プレイしているゲームは他にない。
そのくらいCZの物語を遊んでいます。

そんな私が新鮮な気持ちで、感想が書けるはずもありません。


さらには、もうかれこれこの作品が発売されてから、ドラマCDやら移植やら……と、4年近く付き合っていたような気がするので、もう乙女ゲームというよりかは、ヒロインや攻略対象たちを、母親のような心境で見つめているあかりです(笑)

もうCZに関しては、萌えの境地を越えた何かが私の中にあるような気がする……んだ!www

というわけで何を申したいかといいますと、「Vitaで初プレイなんだー!!」というお嬢様には、この感想はあんまりアテにならないかもしれない、ということを念頭に置いて読んでいただけると嬉しいですね(*^^*)


(以下追加内容などについて触れています。前情報を入れずにどこが追加になってるかどきどき♡プレイされたい方はご注意ください!内容ネタバレはしておりません)




オトメイトさん作品はたくさんありますし、どの作品も制作チームに愛されている作品だとは思います。が、CZは私がプレイしてきた作品の中では、最も製作者側の愛情の深さを感じられる作品です。

今回がおそらくラストになると思うExtime、その内容をまるっと楽しませてもらって、その愛の深さを再認識しましたね。

ざっと箇条書きにすると。

・央ルート追加
・帰還エンド後日談の後日談(攻略対象全キャラクター追加)
・残留エンド後日談のスチル追加
・楓エンド追加
・レインルート加筆&スチル追加
・はじまりの物語スチル追加
・フルコンプ画像追加
・各キャラルートごと微妙な追加台詞、描写もアリ
・課題問題一新(ルートごとに違う)
・央ルート派生のために円ルートに選択肢が大幅に増えている
・ボーナストラック、ショートノベル追加

ボイス・音楽関連だと、
・CGコメント撮り直し(らしいです、私の耳ではわからなかったw)
・デフォルト「撫子」呼び追加
・ボーナストラック、ショートノベル音声追加(こちらも撮り直しされているらしい)
・追加楽曲多数

……もっとあったかもしれない……?
ごめんなさい、定かではありませんがだいたいこんなもんだと思います!!

ほんと、もうこれ。
Vita初プレイで、ハマれなかったらフルコンプが辛すぎる仕様になっております(真顔)

とにかくエンドリストを埋めるのが時間かかりましたね。
かなりスキップしてもかかったので、これをイチからしっかりプレイするとなると……途中でどれだけ好きでもお腹いっぱいになりそうなボリュームでしたね。

正直、PSPくらいのボリュームが一番ちょうどかもしれません。
腹八分目がイイネ。
でも、たぶんこれがラストだとは思うので、フィナーレを飾るには……というか、これまでずっとFDを夢見てついてきてくれたファンの方たちの期待に応えたい!という想いがぎっしり詰まった素晴らしい作品となっていると思いましたね。

そういった意味で、鷹斗並の愛の重さをこの作品に感じましたね。ホント。

個人的な感想はどうだったか、というのは続きから書きたいと思うのですが、CZExtimeは、本当に「ファンの期待に応えて作られた」作品だと思います。
それでいて、FDによくありがちな「とりあえずいちゃいちゃさせとけばいいんだろう?」的な雑さもなく、甘さを残しながら、ニーズに応えながらも、いかにCZの世界を美しく「閉じるか」ということを考えられて作られていたように感じられましたね。
「閉じる」というのは「終わらせる」というのではなく、移植ではなく、ひとつ、また新しい作品として括る、というイメージですかね、そういう意味です。

……というわけで、CZファンの皆様は安心してプレイして頂きたいですね。
特に、攻略対象5人のうちに、ものすごく好きなキャラクターがいらっしゃる方はぜひ。
正真正銘のラスト、あれこそがすべての終わりで始まり。
そんな素晴らしい彼らの「未来」が詰まっているボーナストラックlatterパートは、正直どのキャラクターも涙なしには見られなかったですね。

いやー。
ほんと、たくさんの「撫子」を幸せにしてくれてありがとう、島さん。
誰一人この4年近くぶれることなく、それぞれの「撫子」を、それぞれの手で幸せにしてくれてありがとう。

私はそれだけで感無量でした。


では、以下。
ざっくりとにはなりますが、個人的な追加要素中心のネタバレ感想をば。
各キャラ本編内容に関しては、portable改訂版感想をご覧ください。(ただ、記事がかなり古いので感想が今以上に拙いです、ご了承くださいませ)












★央ルートについて

「この人最初から攻略対象でしたのん??」といいたくなるほど、至極当然のように央が攻略キャラクターの顔をしていましたね。

もうびっくり。

ただ、央ファンの方にはすみません、やはり個人的には央は「円の兄」で永遠にいて欲しい、というのが正直なところでした。
お話的にも、おそらくラスト推奨かな?(円&トラ後というのはよくわかる)と思えるほど、「どちらの言い分も読み取れる」ストーリーになっています。

CZ政府の理想も理解できる、有心会の怒りも理解できる。
きっと何かが掛け違ってしまっただけなんだ。
お互いに望んでいたのは、非常に些細な、人として当たり前の「幸せ」。
この世界は、キングが酷いことをしようとして出来上がった世界じゃない。
きっと、平行線にも見えるその二つが交わる時がきっとくるんだ。

そんな信念を元に彼は「撫子を犠牲にせずに未来を掴みとる」という遠回りを選びます。
彼の想いはただ一つ。撫子を元の世界に返すこと。
しかし、彼女と行動を共にするうちに情が移り、恋をして、その手を離したくないと思うようになっていまいます。
それでも彼は、撫子の幸せを願って「手を離し」ます。


どの物語も「撫子」が「軸」となりますが、彼の物語だけは「世界」が「軸」となっています。
この辺りがとても好感が持てましたね。
ぶれない。
央は、やはり、央なんだなと思いました。

彼だけは「ヒーロー」なんですよね。
撫子を本質的な意味で「救う」のは彼だけ。
彼のルートだけは、撫子が普通の女の子として、普通にヒーロー的な青年に恋をする話です。
毎日交わす「ただいま」「おかえり」をテーマに、自分のために、世界のために頑張っている央にきゅんとする撫子、その撫子を可愛いなと思う央、でもそれには「違う世界軸で生きる人」というジレンマがあって……というような恋愛模様を描いたお話なんですね。

ぶっちゃけ乙女ゲームとしては最も真っ当なルートです。

これが追加されたことを、蛇足とみるか、何とみるか。
という話なんですが――。

個人的には、物語的にもう語りつくされている部分がある(キングの目的、有心会の目的、世界の成り立ちなど)ので、あまり面白味は感じなかったというのが正直な感想ではありました。
ただ、初見時に央を何番目にプレイするかによって印象はだいぶ変わるとは思います。

きちんとバッドエンド(瀕死に陥った撫子を生かすために無理やり転送してしまって、ただ一人壊れた世界で生きていく央)も描かれていて、その辺りの丁寧さであったり、彼だけは厳密に言えば「帰還」エンドしかないところもものすごく「らしく」て、その辺りを貫くところは素晴らしかったです。

英央という人が「この世界で一緒に生きて」というお願いをするはずがありませんからね。
幼少期から、あの円を受け入れてきたこの人が。
「この世界の未来もきっと明るいんだ」と、「この時代はtwilightなのだ」と撫子に優しく説く彼なら、振りほどいてでも撫子を元の世界に返すはずなんです。
エンドは2つあるものの、どちらも帰還させられるという体なので、そこはさすがだと感じましたね。

ただ、1つのエンドでは、撫子が央を忘れられなくて戻ってきます。
この「戻ってくる」というのは、追加要素の中で最もひっかかった部分でした。

海棠鷹斗の協力が絶対的に必要になる、という点はもちろんわかるのですが「あの世界に帰ることが出来るルート」というものを作ってしまうことによって、生じてしまう気持ち。

他の帰還ルートはどうなるんだ( ゚Д゚)

幸せそうな2人のスチルには大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、あそこだけは戻って欲しくなかった。
あと「意識転送した後の小学生の撫子は目覚めるから安心して」もいらなかった。
そんな大団円作ってしまったら、一体他のルートはどうなるのか。
ここだけが追加要素で一番解せなかったですね。


★レイン関連の追加について


演出、スチル、立ち絵の変化など……さすがラスボス(ってわけでもないけど)ものすごくこだわりをもって追加されていたように感じます。
PSPの時から、私はこのレインの追加に関しては個人的にあまり「好きではない」ということを書いているんですが、今回さらにレインのここまでの経緯をさらに事細かに、レイン視点で、さらには最終的にレインがはっきりと、明確に撫子に「恋」をしていることまで描かれている……ので、レインを幸せにしてあげたいファンの方たちには申し訳ないのですが。

これはいらんかった……。
特に撫子への恋を自覚して、鷹斗とライバル関係に……みたいながっつりなのは正直ほんまいらんかった……。

レインにとって、撫子はどこまでも「駒」であってほしかったですねえ。
駒だと思っていたものに、ふとした瞬間惹かれていることに気づく、みたいなの、わかる!わかる気もしないではないんだけど(どっちだよ)私PS2の時のミステリアスレインなままが好きなので、どうしようもないですよね、もうこれは好みの問題なのですが。

確かにレインがレイチェルの命日を忘れて、否が応でも前に進まされている感じまで演出されているにも関わらず、レインをあの可哀想なままのレインでいてほしいと願うのか、と言われるとは思うのですが。

それは別にレインが憎いわけではなくて、単にやっぱり、鷹斗の対比の存在として、いて欲しかったんですよね。

彼は、レイチェルを失って。
彼はそこに、とどまり続ける。
彼の一秒は、決して動き出すことがない。
というか、彼自身の秒針を、というか時計自身を粉々に砕いたのは彼自身で。

だからこそ、鷹斗が憎らしく、愛らしく、時に同情すべき存在、時に嘲笑ってやりたくなるような存在なのではないのかな。

だがしかし。

絶対にレインを幸せにしてあげて!というファンの方がおられる(というかむしろそっちの方が多いだろうと思う)ので、彼が自らの幸せを模索しようとする、前を向こうとするお話の大切さもわかるような気はもちろんするので、なかなか複雑だったりします……(笑)

あっ追加スチルはとても綺麗でした……!!!


★それぞれのウェディングエンドについて


もしかしたら、このExtimeが初プレイの方にとっては「ふーん」という感じかもしれないのですが、PS2からずっと彼らを見守ってきたファンといたしましては、この追加後日談にはもう、胸がいっぱいになってしまって、どの子もうるうる来てしまいました。
そうまるで、撫子の母親のような気持ちで(笑)
また「巡り逢う双曲線」が涙腺を刺激する、刺激する……www
ほんと、満ち足りた気分になりました。


この「結婚」というひとつの区切りを帰還エンド後として描いてあるところは、本当に切ないですね。
あの世界の「彼」の犠牲をもとに成り立っている「幸せ」。
しかも撫子がね、無意識にあの世界の「彼」の仕草を追うようなシーンがあったりして、少しプレイヤーとしてはちくりとするものがありつつも、その奇跡のような恋の成就に泣かずにはいられませんでした。

鷹斗に関しては、本当にようやくこの時がきたんだというような感動がありましたし、理一郎も、遠回りしてきたからこその絆が2人の間に見られてじーんとしてしまいましたね。
円はこの中でも一番攻めるタイプのくせに、ここ一番で手を優しく握るだけの、あまりのスチルの優しさにぼろぼろ泣きました。一方、兄の央は、彼のルートでの流れを汲んでか、撫子→央という気持ちの強さを表現した、撫子からキス、なスチルが可愛かったです。

中でも特に印象深かったのは、寅之助と終夜でしょうか。

個人的に西園寺寅之助というキャラクターは、私がそれなりに乙女ゲームをプレイしてきた中で、5本の指に入る大好きなキャラクターの一人です。
最も「撫子と結婚する」ためのハードルが高い彼のウェディングエンド、とは一体どうなるんだろうか、とものっすごい不安だった(力技で家族関係解決させちゃわないか心配)のですが、彼だけは結婚するのではなく、「寅之助が自ら考え示した、ひとつのけじめ」を表現したエンドになっていて、もうほんと。

めちゃめちゃ嬉しかったです。

父親と同じように「駆け落ちする」道を選ばずに(ちょっと本気で「駆け落ちすっか……」と独白しているシーンは萌えた)、正攻法で時間をかけてでも頑張ろうとするところに男としての成長を感じ、さらには「若」とは違う愛情の示し方に、ついついVita握りしめて泣きじゃくってしまいました。
教会貸しきって2人だけの結婚式(予行)、給料三ヶ月分の婚約指輪は、乙女ゲームでは非常にありがちではあるのですが、彼にとって、こんな「ありがち」なことをすることがどれだけ大変なことか
だからこそ、撫子があそこでわあっと泣いてしまう気持ちが痛いほどわかりました。
お互いにずっと好きだとは思っていた。
中学生からの付き合いだからすべてわかっているつもりだった。
それでも、彼がどれほど本気で、撫子の幸せのためにこれからを尽くそうとしてくれているのかを自分で考えて伝えてくれた、そのことがものすごくうれしかったんだろうなあと思いました。このシーンと、トラの声色が、おそらくCZのゲーム内で一番優しいんじゃないかなと思いますね。この慈愛に満ちた声にも、本当に泣かせられました。

一方終夜。
こちらは、全員が彼らの結婚前夜を祝福するというシーンが入っていて、そこでの終夜の、ひとりひとり皆への感謝、母への感謝、鷹斗への特別な思いを優しく告白するところはもう画面が滲んで滲んで……。
あと、最も泣けたのは撫子が懐妊したことを終夜に告げるシーン。
あそこでボロ泣きしながら撫子に感謝を伝える終夜には、もらい泣き。
彼にとって、生きていくことは罪悪感でしかなかった。
そんな彼が、命を繋ぐこと、こうして自分が幸せを享受することへの感謝の思いに……もう言葉がありませんでしたね。
なんて石田さんの涙声って涙を誘うんだろうか。ぐすっぐすっ。


★その他

楓エンドはまさかの央ルートからの派生でびっくりしましたね(笑)
しっかし、楓も撫子争奪戦に参戦してて……私は、もう、ちょっとこの、あたりの盛り上がりはよく、わからない……?(笑)いやでも楓のことは好きなんだよ?
中等部からの知り合い、という感じでいろんなところで出てくるのはまあ、いいんですけど……なんかいろいろと撫子の周りがハーレムになっていくのはちょっと頂けなかったかもしれない……(そうでないと、あの5人が小学生時代からの布石があって恋愛することの意味が薄れてしまうような……うまく言えないのですが)

あと、地味に辛かったのは課題問題が全ルート違うこと。
あれは初見プレイだったら「まあこんなもんか」と思えるのですが、前回PSPで一度解答した問題はスキップできた(つまり共通1周やれば課題解答はスキップできた)ので、あそこはかなりツラかったですね(笑)
まあでも、拘って変更された部分なので、ね!!
さらにコレ、前回はパートナーに選んだキャラによって答えがわからないという鬼仕様だったから変更されたんでしょうし、何度もプレイしているプレイヤーとしては疲れましたが、ナイストライかつ意味のある仕様変更だとは個人的に思います。

そうだなあ……他は、やっぱりフルコンプ画像ですかね。
前回のフルコンプ画像もあるのに、さらにフルコンプ画像!!
ほんと、太っ腹ですよね……このチーム。

いやあ、あの絵はすごく、ものすごく綺麗だった……。
ナガオカさん帰ってきてくれてありがとう……。
セクシーりったんとトラは、もう一体誰に言われてあのポーズをしているのやら……wwww


という感じで。
CZ、Extimeもものすごく素敵な作品でした(*^^*)

彼らが奇跡のような確率でつかみ取った幸せが。
掛け替えのない絆が。
限りなく永遠に、続きますように。




nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

ほぴ

あかりさ~ん、こんにちは、再びです!
私はPSPから始めたので、まだ4年弱ほどしか経っていませんけど、
PS2からのドラマCD収集やら、季節ごとのSSにオトパに、
それなりに付き合いは長いので、お気持ちはわかります~
萌えとは別次元のところにある作品なんですよね。
ストーリーもキャラも絵も、もっといいなと思うものは他にもあるけど、
そういう諸々を総合的に見て、自分はCZが好きだなあと。
「そしてまたここから」の絶妙な入りによく泣かされましたが、
「巡り逢う双曲線」でも涙が……。

そしてスタッフ愛!S.Y.Kのときも思いましたけど、
ここのチームはサービス精神に溢れすぎていますよね(笑)。
ナガオカさん本当にありがとう。
後日談の後日談と央ルートの追加は、実質的なFD要素ですね。
ボリュームあるある!
私はフラゲしたにもかかわらずまだ終わらず、
ちまちまとスチル回収に勤しんでいます。

私はPSPで「どうして央のルートがないの?」と思ったクチですので
今回の央攻略対象昇格は大歓迎でしたが、
楓エンドとレインエンドはいらんかったに同意です。
楓は殿先生贔屓のお人よしでヘタレな下っ端構成員のままでよかったと思うし、
レインに恋愛的な救いはいらなかったと思っています。
あかりさんのおっしゃる通り、駒に心惹かれる瞬間があるのはわかるけど、
そういう描写だけで十分というか、レインまで争奪戦に加わってしまったら
焦点がボヤけてしまいますよね。

央ルートはついさっきまでサブキャラだったとは思えないほどの
高い完成度を感じました。
ずっと温めてきた展開だったのでしょうね。
ただ央の残留?エンドには私もあれれ?と思いました。
それってアリなの!?と。
央の立ち位置としては帰すしかないから、
残留エンドも必ず作らなきゃいけないとしたら、
ああするしかなかったのかなあとか。
でも鷹斗頼みなのがちょっとなあとか。
「小学生の撫子も目覚める~」の発言も蛇足だよね、と私も思いました
むむむ、でも、央とは普通の恋する女の子って感じで
撫子がすごくかわいらしく感じられましたし、
こういうのもいいなと思いました。
大人になった央はCZの癒し!須藤さんのお声も素敵でした。

後日談の後日談、泣けました~
唯一あちらの世界の記憶を持つ終夜の発言は
ちょっとした言葉にもグッときますね。
鷹斗は「今日も明日も明後日も、10年後だって…」の既視感に
ここでこう言わせるか~と涙腺崩壊
いやあ、CZをやると涙の乾く暇もなくて大変です。
これで最後、と思うと寂しくなってしまいますが、
そう思える作品に出合えて本当に良かったと。

さて、あと1ヶ月もしないうちに大正アリスですね!
かぐやさんとグレーテル、どちらから先にやろうかなあと今から楽しみです。
それではまた!

by ほぴ (2015-05-06 12:18) 

あかり

>ほぴさん

わー!
こんにちは☆また遊びに来ていただけてうれしいですー♪
いつもありがとうございます(*´ω`*)

そっか……PSPからでも相当……年月は経ってますよね!!
PS2が……2010年か、一年前だからそんなに変わらないですもんね!

そうなんですよね……なんだかいろいろと年月が経ちすぎてるのと、スタッフさんたちが我が子のように慈しむ様をいろんなところで拝見&感じたりするからなのか、なんかほんと、このVita版を卒業証書みたいな(笑)そんな気分で受け取ったあかりですwww

長い間触れすぎていて新鮮に捉えられないという部分はもちろんあるのですが、再プレイするとやっぱりいろいろ考えて作られている作品ではあるなあと、また別の感覚でプレイしちゃいましたね。

そうですよね、追加要素はほんと、FDとして一本にまとめて売っても文句は出なかったはず。それでも頑なにFDにしなかったところに、島さんのこだわりと言いますか、感じられますよねえ……。

央に関して。

私も、央のルート、撫子ちゃんのある意味で「普通の女の子」として恋をしていく一面はとても素敵だったと思います(*´ω`*)
ただ、あの残留エンドの「元の世界に帰る」が可能なルートを作ってしまったことにはかなり動揺しましたね(笑)

帰れるんかい!
って全力でツッコんだ気がします。
央は、帰還エンドだけでもよかったような気がするんですよね。あと、なぜ撫子が、央の前だけではあの他ルートでの意地を見せないのかが不思議でした(笑)何が何でも食い下がって欲しかったと思います。私なんて言われても帰らないから、的な。
正直、ここでだいぶ冷めた気がしたんですよね(笑)
そのあと、レイン、楓を回収したので、ああやっぱり、ここまでくると、もうお祭り的要素も入ってきちゃうのはしょうがないよね、とは思ってしまいましたねえ。

盲目的に作品を愛せるタイプではないので、ほんとどこで急に自分のスイッチが切れるかわからないので怖いですホント(笑)

それでも、作品がとても愛されてここまできたことはとても伝わりましたし、後日談の後日談だけでも、私には十二分に価値がありましたので、ほんと、プレイしてよかったです(ノД`)・゜・。

私も、あのウエディングまでのlatterパートはみんな泣けました。
もうほんと、6人撫子がいればいいのにね!(笑)
この世界の理論上、一応「いる」のでしょうが、同じ時間軸にはいないもんね……(涙)

>これで最後、と思うと寂しくなってしまいますが、
そう思える作品に出合えて本当に良かったと。

ほんとにね……。
なかなかCZ並のクオリティ、ポテンシャルをもった作品に出会えませんが、これからもそれを夢見て乙女ゲーマー続けていきたいと思いますwww

……と思ったら。

そう!!
私たちには今年、対称アリスがあるんだ!!!!

かぐやさんとグレテル……どっちからやろうかな……!
私もすごく迷います……!
ちょっと、江口さんの泣きが気になったので、私はグレテルからかな~♪
ああ、楽しみ……!!!

それでは☆また遊びにきてくださいませませ~♪
ありがとうございます♪







by あかり (2015-05-06 22:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。