So-net無料ブログ作成

ヴァルプルガの詩 総評 [その他乙女ゲーム]











① シナリオ ☆☆☆

読みやすさという点、くせのなさという点では抜群の安定感かな、とは個人的に思うのですが、その分あまりにもすらすらと読めてしまうせいもあって「この恋が私を殺す」という過激なキャッチコピーの割には、あまりクライマックスもなく淡々と物語が進むイメージでした。
「謎の青年」と名前すら明かせないキャラクターがいるにもかかわらず、その必要性があまり感じられないくらいの中身は意外とあっさり。
案外、話の内容、真相などよりも、このゲームのウリである「セクシーな吸血シーン」を楽しみにプレイする方がいいかなという印象を持ちました。
面白くないわけでもないのですが、取り立ててここが面白かったというわけでもない……というなかなか総評を書きにくいゲームであることは確か。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

好みはわかれる部分だとは思いますが、この項目に関しては意欲的な挑戦が見られたので☆5つに。
ぬるぬる動くスチルや、エンドごとに違うテーマソング、エンディングなどは軽いアニメーションのように何枚かのスチルを繋げて演出してあるところなど、創意工夫されていた気がしました。
ただそれに物語がすこし負けているかな……と思ったのは正直なところですかね。
この演出たちが鼻につくな、と感じる方も少なからずおられるとは思うのですが、こういう乙女ゲームもアリだとは思いました。


③ キャラクター ☆☆☆

どの子も素敵なのですが、攻略対象が4名という少なさの割にはあまりキャラクターに深さがなかったかな、とは思いました。あと、だいたい1ルートやってしまうとどういうポジションかが予想できてしまうので、意外性に欠けるキャラクターではありました。
謎の青年が、いわゆる「ネタバレ真相キャラ」というわけでもないような気がしますね。
それぞれのキャラクターに譲れない思いやしがらみがあり、どこからひも解いてもそんなに印象は変わらないゲームだとは思います。
また、サブキャラクターがたくさん登場し、ひとりひとりのキャラクターデザインは素敵でしたし、細かいサブキャラクターにまで背景を描いたSSなども用意されているため、細やかな作りではあると思いました。(ただそこに興味を惹かれるか惹かれないかはプレイヤー次第)
まさかヒロインの母親にまでSSが用意されているとは思わず(笑)


④ システム ☆☆☆☆

ボイスを保存できるボイスコレクションなどもあり、キャスト買いのみなさんにとっては素敵な仕様となっております。
個人的に辛かったのは巻き戻しができないところかな……。
他、システム面では特に不自由は感じませんでした。
目立ったバグもありません。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

ノベルゲームとしてはかなり微妙なストーリー、乙女ゲームとしては及第点かな……と、お前何様のつもりかというような感想で申し訳ないのですがここに残しておきます(笑)
それくらい、シナリオ面でかなり惜しい作品。

非常に丁寧に演出されている&丁寧なテキスト運びにも関わらず、物語の筋自体がかなり力技で動いていきます。(最近プレイしたものでいえばリヴァイスディーの感じに似ているかな……) とりあえずハッピーエンドが見たい、狙いすぎてないちょっとセクシーなスチルが見たい、ボイスが聴きたい、というニーズにはこたえているとは思いますが、乙女ゲームを物語の面白さ重視で選んでいるのであれば、あまりオススメはできないかなあ。
そういうスチル、ボイスを無理なく(?)物語に落とし込むために作られたストーリーな感じが否めませんでしたね。

個人的には期待していただけにちょっと残念でした。
でも、面白くなかった!と切り捨てるほどでもなく……なかなか評価すること自体が難しい作品でした。



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。