So-net無料ブログ作成
検索選択

NORN9 LAST ERA ノルン+ノネット ラストイーラ 宿吏暁人 感想 [NORN9 ノルン+ノネット]


本日は、宿吏暁人、ネタバレ感想です!
続きからどうぞ~♪


















・Concerto


「島」を離れ、駆、こはると千里、七海と5人で暮らし始めた暁人。
それぞれのこれからに思いをはせながら、平穏に過ごす毎日に水を差したのは、七海の実家からの手紙でした。
家に戻れ。
脅迫めいた、帰省を促す手紙は七海の心を乱していきますが、すでに能力を返還した身であることを知らないだけだから、きっとそのうち諦めてくれるはずだ、大丈夫だと暁人は彼女にいいきかせます。

2人の時間をつくるために海へと小旅行にいくのですが、その先で七海の村の追手に囲まれ、宿に閉じ込められてしまいます。
火をつけられ、殺されそうになるのですが2人で脱出、そして2人はもう能力がないことと、平穏に暮らしていきたいことを訴えます。
暁人は将来を考え、嫌がる七海をなだめ、父親に対峙。
帰ってこい、という命令。暁人のことを否定するような物言い。
しかし暁人は、それがわかりにくい娘への愛情表現だということに気づきます。

娘は罪悪感でこの男と共にいるのではないだろうか?
いつか裏切られて、娘が悲しむのではないだろうか?

彼は必ず七海を幸せにすることを誓い、父親を説得します。

「結婚」という夢に向かって。
2人は2人のペースで、2人が笑顔でいられる方法を模索していくのでした。



一月に引き続き、暁人のことは大好きだけど「ただのノロケかな?」パート2、でしたねwwwww

あっくんのコンチェルトは、本当、ザ☆FDって感じでしたね……!!!!
あんまり何も考えないで出来ました。
もうキャラ変わってるくらい甘々でびっくりしたし、さらに千里の成長に感極まって泣き出したりと、本来はやっぱりこっちの性格なんだろうなあ……と、ねえ。
ツンデレ詐欺(笑)
いや、詐欺じゃないよね、ずっと肩肘張ってただけだもんね、あっくん。

それにしても日輪のオカマの鳥……いや、違った、大屋敷のオカマ(大した違いはない)に迫られる(スカウトなんだけども)というのも、ねwwww
個人的に、オカマと七海ちゃんが意気投合するところとか見たかったんだけど(違うか)

ラストはとても穏やかな終わり方で、素敵でした。


・Fuga


こちらは、いかに暁人がネガティブで、勝手で(笑)というのがよくわかって面白かったですねえ……www
それを自覚しながらも、この思いを止められないんだどうすればいいんだよ、みたいなね。

それにしてもなんか本編プレイした時はさらっと流してたんだけど、七海ちゃんが「世界」に力を返す前に過去と向き合いたいの、といって正宗の力を借りる……というシーンは結構強引だったんですね。必死さが垣間見える。
暁人目線だからそう見えるのかな?

あと彼についても、すごく冷静に駆と朔ちゃんのことを見ていて、それが面白かった。
でも一番響いたのは、あの平士とケンカするところかな。
絶対にいっちゃいけないことを平士にいっちゃうところは、なんか見ていて苦しかった。
平士も傷つき、暁人も傷つき。
でも、これでこそ理解し合うってことだよね。
精神感応力なんて必要ないくらい、彼らが分かり合えた瞬間なんじゃないかなと思いました。



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。