So-net無料ブログ作成
検索選択

NORN9 LAST ERA ノルン+ノネット ラストイーラ 結賀駆 感想 [NORN9 ノルン+ノネット]








宵夜森も無事抜け出せたので、Vitaに戻ってまいりました。

ノルンノネットラストイーラ!

とりあえず忘れそうなので(9人もいるとね……)ひとりずつ感想を書いていきたいと思います。

でもまず最初に言わせて。

おまけをチケットで買えるような仕組みになってるんですが。

必要チケット数多すぎないですか……!!!!????

しかも1キャラコンプしても1枚もチケットもらえないし!?
うん、まあね、新しいスチルとかはないからいいんだろうけどね……。
私このミニゲーム「ノルンライフ」が苦痛です……(号泣)
だって、だってだって、一気に全部チケット失ったりする鬼畜仕様だよ!?
ヒドイよう……!!!!!

というわけなので、トロコンは半ばあきらめた状態でスタートでございます。
まあ出来るだけボイス関連のオマケは頑張ってみますね……(瀕死)


駆ルートだけやった印象なのですが、個人的に私は悲しいです。
いや、何がっておっしゃると思われる方の方が多いとは思うのですが、ただ悲しいです……ううっ。
でもいいんです。
私が悪いんです、きっと。
私がずれてるんですたぶん。

ゲーム中に「自分が正しいと思ったものこそ正解で、それを信じて貫いてみるしかない」みたいな言葉が出てくるのですが。
うん、これを製作者さん方が「正解」としたのならば、私にはなにも文句はないです。
この「正解」を出来るだけ楽しみますね。
だってFDはお祭りなんだもの。

というわけで。
とりあえず、駆ルートの感想です。








とりあえずプレリュードから。



・prelude

もしかしたら私のピークはここかもしれない。

まだ全部プレイしていないからわかりませんが、それくらいこのプレリュードは面白かったです。
連作短編のように、搭乗する順番ごとに視点を変えて展開していく物語。
前作ではわからなかった、点と点がつながり、見えなかったものが見えてくる、こはるが乗ってくるちょっと前のお話、はものすごく興味深かった。

駆と正宗の探り合い。
深琴と朔也の閉鎖的な関係性。
恐ろしいまでの一月の観察眼と洞察力。
市ノ瀬兄弟のジレンマと、それに対する七海の想い。
さらにはロンが夏彦について真理を語り。
平士が持つ危なっかしさの片鱗を覗くことが出来るこのプレリュード。

いやあ、素晴らしかったです。

暁人がヒヨコを苦手とする理由とか、千里ちゃんの痣についても補足してあるし、私本当にここだけで十分楽しみました。
もうこれだけで私プレイしてよかった。

うんうん。



・Concerto

洗脳の後遺症とともに、これからどう生きるか、という壁にぶち当たっている駆。
そんな彼が、地上げ屋に苦しむ孤児院を「正義の味方」として救った出来事をきっかけに、自らの過去、父親であった結賀史狼のやってきたことを清算する、というシナリオです。

すべての武器に仕掛けられた「自爆装置」。
アイオンが辛うじて機能しており、能力の返還に応じることが可能であった。

……この2つの設定で丸く収まってしまった――この悲しさ。

この2設定は、完全にチートや……。
自爆スイッチってなんやねん、しかもそれを史狼さんだけがいれられる(他の人間が分解しようとすると自動的に自爆する、という設定はそれでよかった、技術泥棒対策っていう点で)てなんやねん。
しかも完全にアイオンが機能停止した体で終わった前作エンド、加えて能力を持ったまま生きるために、抑止力としてお互いがお互いを止められる位置で生活していて、そうした「これから」に独特の切なさを感じて悶絶した私を返してくれ。

かえしてくれええええええ!!!!!(号泣)

もうこの事実が、私の中で、駆が救われてよかったとか、駆とこはるの幸せな生活についてがどうだとかそんな問題ではなくなってしまいました(笑)
ラスボス(史狼)が生きていた……!というところまでは許容範囲なんだけども。
なんだけども……!!そりゃあないぜ、そりゃあないぜ!!!

本当に申し訳ない。
これこそがきっと、望まれていた「完結」なのだとわかっていても私はどうしても悲しい。
そんな簡単に解決してほしくなかった。
というか、むしろそれがテーマだったんじゃないのか。
世界は救えないけれども、たった一人君だけは救いたい。
そういうテーマだったんじゃないのかわあああああああ(号泣)


……すみませんね、取り乱しました(笑)

ノルンには偏った愛情を向けすぎている私の戯言だと思って聞き流してくださいませね。
そんなに設定に拘りはない方(たぶん)なんだけれども、なんかまるで一期でハマって二期裏切られた、みたいなこといってますね、私。
ごめんなさい……でも、一ファンとしてはこれが本音なので一応書き残しておきます。

でも、素敵な点もたくさんありましたよ、もちろん。

千里が指物師としてやっていけるか悩むシーンから、駆の問題を浮き彫りにしていく感じとか。
常に悪役を買って出て、物事をうまく回してきた駆が、初めて「計算した結果」ではなくて、正義の味方となり、孤児院の子供たちを救うところとか。
月影のラスト、史狼の言葉。

お前の存在は、負担だった。
心の容量を食い尽くす勢いで
忘れなければ、私はもっと早くに停止していただろう

そう告げたあとに、初めて彼のことを「息子」と呼ぶ。

ここは、ずっと背中を向け続けていた史狼が、初めて父親として駆を振り返ったシーンだと思うので、非常に感慨深いものがありましたね。

……それにしても。
こはるちゃんが、まさか、史狼の奧さんと同じDNAを持った存在じゃなかったなんて。

……いやどう考えても本編のアレの感じじゃ、そう読み取るだろうよ……じゃああそこまで彼女に拘ったのは、完全に火使いであったことが一番の動機だったってことなのか……あああああ。

なんだかいろいろと悲しかった駆ルートなのでした。
うん、でもこはるちゃんは相変わらず可愛いね。
それが救いだわ……。
あと、駆と朔也と暁人の友情ね、とても素敵だわ……。


・Fuga

こちらは本編を彼の視点から、というものなので特に驚きはなかったのですが、計算だったこはるとの戯れが本気に変わっていく様子が描かれていて素敵でしたね。

収穫としては、ロンが駆の目の前で史狼(スペア)を殺していたという事実と、ヒヨコさんが暁人にやたら絡むことが多いのは製作者基久がヒヨコさんに彼の能力を探らせるために監視対象として登録していたから、という細かい設定がわかったことくらいかな。

さらに本編ではわからなかった、駆にとって「父親」がどういう存在だったかがとても表現されていたシナリオだったと思いました。
人の役に立ちたいと、誰かのためにおせっかいをやいてしまうのも、侮られたくないから余裕の姿勢を崩さないのもすべては父親に認められたかったから。
それでも、父親は決して彼のことを「息子」として認めてくれなかった。
このFugaをみてから、Concertoのあのシーンを見ると駆の涙の意味が、より伝わってくるなあと思ったのでした。





nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

みなみ

はじめまして!みなみと言います♪
ノルンノネット ラストイーラを昨日からプレイしてるものです(*´ω`*)
2ヶ月位前に、ノルンノネット ヴァールコモンズをクリアし、やっとラストイーラをはじめました!!まだ、駆しかプレイできてないのですが、本当にこれは、FDなのかっというぐらいの、ボリュームでびっくりしました!!
私は、暁人→千里→駆の順で好きです♪
こはるちゃん、すっごい可愛いですよね♡
初コメントで、長々と失礼してすいませんでしたっ(;´Д`A
by みなみ (2015-12-26 21:33) 

あかり

>みなみさん

はじめまして!こんにちはー!
ラストイーラ攻略おつかれさまです!!
ノルンはボリュームが多いので、なかなかぶっ続けでプレイできませんよね……!!

そうですよね、ラストイーラもすごくボリューム満点ですよね……!

私も暁人千里の兄弟大好きですー!!
駆くんも自ら悪役にまわったりするところがとてもイイですよね♡
こはるちゃんほんと可愛いです……♡

SSまでなかなかに長いですけど、楽しんでくださいませ♡
みなみさんもよいお年をお迎えくださいませ!!

コメントありがとうございました!
いつでもまた遊びにいらしてくださいねー!


by あかり (2015-12-28 11:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。