So-net無料ブログ作成
検索選択

Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~(リバソン) 総評 [その他乙女ゲーム]










① シナリオ ☆☆☆

死後、未練を残したものたちが集う「冥府」――その設定自体はかなりざっくりとしたものでしたが、ルートごとのテーマ、彼らの遺した「未練」については「なさそうでありそう」なありふれた悲劇で彩られたものでした。
その辺りが、お話としてやりすぎていない感じがして、好感がもてました。

ただ個人的にその、個人個人の絆の物語で編まれた結末と余韻を、大前提にある設定が壊しているような気がしました。
どうしてもハニービーさんのシナリオコンセプトはハッピーエンドにあるので、物語の整合性よりも「2人が幸せになること」に重きが置かれています。
その点についてはプレイヤーの好みが分かれると思いますが、乙女ゲームとしては十分面白かったです。
それは、彼らが惹かれていく過程、きゅんとくる仕草などはちゃんと描かれているからだと思います。

ただ、誤字脱字、また音声と異なる台詞などが目立ちましたので、その辺りはあまり気になさらぬよう……(笑)


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

さといさんの絵がお好きな方には文句なしだと思いますが、やはりとても綺麗でした。
ただ、昨今のゲームに比べると、枚数&差分が若干少ないように感じるかな?しかし、キャラクターデザインもとても素敵だし、ヒロインの表情もたくさんあってとても可愛らしかったので個人的にはとても楽しみました。
このゲームは全体のデザインもとても可愛らしく、とても好みでした(*´ω`*)


③ キャラクター ☆☆☆☆

どのキャラクターも(?)とても優しく暖かで可愛らしかったです。
深さはないかもしれないけれども、ただ、ただ恋愛としての愛をくれるキャラクターたちではないところがとても良かったですね。
みんなそれぞれ、厳しかったり、優しかったりしますが、どのルートでも彼女のことを大切に想っていることが伝わってくるキャラクターたちでした。
また攻略キャラクターたちが単に「恋のライバル」ではなく、しっかりと「仲間」であることが描かれているところも面白かったです。

落ちこぼれ、として特別クラスの一員となるヒロイン。
最初は仲間としての親愛が芽生えていくのですが、それがだんだんと恋愛の情へと変わっていく様子は丁寧だったと思います。
そうした描写はフツーの「学園モノ」のソレに近いので、そういう甘酸っぱい青春ラブストーリーが好きな方にはおすすめです。


④ システム ☆☆☆☆

特に不自由はなかったです。
バグなどもありませんし、攻略も2択なので難しくありません。
あやかしごはんをプレイした後だと、意外とおまけ要素が少ないなと思うのですが、それくらいですね。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆

総じて面白かったです。
さといさんがお好き、好きなキャストさんがおられるというのであればプレイしても損はしないレベルだと思います。

また、おそらく、ハニービーさんのPCゲーム「あやかしごはん」と比べてぶっちゃけどうよ?という方が多くおられると思います。
私の個人的な感覚では、方向性としては近いので大丈夫だと思います、とお伝えしたいです。

ただ、あやかしごはんの方が作りこまれていた……というか、作品に対する思い入れが強いのかもしれないな、というのは感じました。
両方プレイした感想ですが、設定のざっくりした感じ、ハッピーエンドへの持って行き方、シナリオの密度はあまり変わらないかな、と思います。
ただ、どこかあやかしごはんの方が作品的に濃い気がするのは、コンセプトをどれだけ大切にしているか、に違いがあるのだと思います。

というのは、個人的に、このリバースデーソングのコンセプトである「歌」の部分がもうちょっと演出されていたらな、と思ったからです。
死神の鎮魂歌が軸となってお話が進んでいくこの作品。
その鎮魂歌がどんな歌なのか、ヒロインの奇跡のような歌声はどういったものなのか。
それに関する演出がスチル以外ありません。
BGMで作品自体の儚さは演出されているように感じますが、やはり「歌声」となると……。

また「鎮魂歌」であることがテーマであるにも関わらず、しっとりと終わるエンディングに合わせたのはバリバリのロック。
この辺りの「雰囲気作り」を見ると、あやかしごはんの方が上かなあと感じた次第でございます。

しかし、個人的にシナリオの運び方はリバソンの方が好みでしたね。
あやかしごはんよりも、攻略キャラクターの内面に寄っていく形のシナリオだったからかもしれません。
おそらくそうした、世界の仕組みではなく、キャラクターひとりひとりをクローズアップして描くことに焦点を当てられた作品はこちらです。

この辺りも好みが分かれるかな、とは思いました。

どちらの作品も、拘っている部分が違うだけでそれぞれの面白さがあるように感じました。

……というわけで参考になれば幸いでございます(*´ω`*)


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。