So-net無料ブログ作成

マーメイド・ゴシック 総評 [その他乙女ゲーム]






マーメイド・ゴシック

マーメイド・ゴシック

  • 出版社/メーカー: QuinRose
  • メディア: Video Game








① シナリオ ☆☆☆

「人魚姫」という童話の切ない世界観を大事に作られた感じのシナリオです。
多数のバッドエンド、ベストエンドでも少し痛みが残るエンドが多く、やっつけで大団円!みたいなエンドがほとんどないのは好感が持てました。

ただ、若干……というか結構ルートによって中身の濃さがまちまちだったり、ヒロインの箱入り人魚姫、リディアの常識とか知識がだいぶ変わったりするという粗さは目立ちますが、慣れてしまえばそんなに気にならなくなります。
また、真相ルート、物語の骨子であるルートは2周目攻略可能なバジルとロキなので、この2人と、気になる人だけ、という遊び方でも十分にゲーム全体のお話を掴んで楽しめる内容になっています。
フルコンプ派じゃない方にもおすすめできる点ですね。
個人的に、ガリレオルートが一番内容的に安定しており、まとまっているなという印象を持ちました。


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

差分、枚数がだんだんと減ってきたロゼさんですが、今作マーメイドゴシックは、好みもあるのですがとてもスチルが綺麗でした。
男性キャラクターたちみんなの表情がセクシーで素敵でしたね。
なんとなく似たような構図が多い(というのは、リディアが「人魚」であること、また彼女が「足」を手に入れるために支払った代償のせいだと思う)ですが、その縛りがある中ではなかなかに楽しませていただきました。

また、いつも簡素な背景(笑)のロゼ作品ですが、今回は結構いろいろと趣向が凝らされてましたね。
ミレティスの海の中はとても綺麗だったと思います。


③ キャラクター ☆☆☆

主役は完全にバジルとロキです。
どのルートでもなかなかに出張ってくるので、この2人を目当てにやるには楽しいゲームだと思います。

やはり蓋を開けてみても、実際の物語に出てくるポジションにいる彼らの物語ではありましたが、キャラクターそれぞれに恋愛テーマが違うので楽しませて頂きました。物語の軸にある「人魚姫が王子を殺す」というストーリーを念頭に置きながらも、ガリレオ、ガウェイン、エリアスは、メインの彼らの傍にいながらも方向性が違う恋愛をしていくのでその点は良かったです。

ただ、若干辛かったのは海賊側でしたね。
物語の構成上仕方ないとは思うのですが、彼らは少し分が悪いかなあと思いました。あと、物語の世界観的にも、個人的な好みとしては西洋系の海賊がよかったかなあ……(まあ他の作品でそういう類はいっぱいいるからなのでしょうけれども)
また、サブのくせに結構目立つダンを代わりに攻略対象にすればよかったんじゃ……と思ったのも正直なところ。

④ システム ☆☆☆☆

一時期に比べてだいぶ使いやすくなりましたね!
ジャンプ&スキップ、安定していてなによりでございました。
攻略も非常にしやすかったです。ちょっとダン回収は手こずりましたが……。
システムボイスも最初からお気にいりのキャラクターに変更できる点も嬉しかったですね!


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

3.5くらいの感じで。

手放しで面白い!!とかいうわけではないけど、そこそこ楽しみました。
ピンポイントで素敵なシーンが結構あったので、正直な感想としては、もうちょっとだけ丁寧にお話組み立ててほしいなあと思いました。
リディアに科せられた代償やら、真相を握るロキの正体、動機、海の色の変化の理由やらが若干「ご都合主義」的な、というかエンドの展開ありきの後付けなのかなと思えるようなところがあったのが少し残念でした。

あと、ロゼさんゲーにしては、かなりお色気表現はおとなしめ
約1名やらかしてる人がいましたけど……みんなすごくリディアを大切にしてくれましたね。

リディアちゃんも、端的に言えば無知なおてんば娘ですけど(笑)そこが可愛らしさとして生きてくる部分もあって(ルートによっては裏目に出ていますけど)そんなにクセが強いヒロインではないと思いますね。

彼女の思考パターンがわかってくれば、こっちの勝ちです(笑)



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。