So-net無料ブログ作成

下天の華 夢灯り 秀吉・信行・百地・官兵衛・半兵衛 感想 [下天の華]





下天の華 夢灯り (通常版)

下天の華 夢灯り (通常版)

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game




あっという間に攻略してしまいました。
下天の華FD、たのしゅうござました……♪

本編をプレイしていても、デジャヴ感はあまりなく、新な物語として楽しめましたね(*´ω`*)
エンド数も大団円エンドなども含めたくさんありましたし……大満足!

値下がりしないわけだわ……www


それでは続きからは残りの武将様たちのネタバレ感想になりまーす!
よろしければどうぞ☆









★羽柴秀吉

多くを語らない男のかっこよさは健在。

本編以上に男前度があがった秀吉様。いやあ素敵ですね。
自分を慕うあまりに過ちを犯そうとしている部下と、自分を大切に想うあまりにそのために危険を冒そうする女をうまくまとめる方法を、2人に気づかれぬように一人模索する……。

なんてかっこいいんだ(*´Д`)

複雑に絡みあっているように見えながら、糸は秀吉のことを大切に想う気持ちひとつで紡がれていることにいち早く気づき、誰も傷つけないままに収める方法はないか考えて考えて、だんだんと精神的に弱ってくる秀吉様……はあんなナリしてちょっとアンニュイで素敵でした……むふー。

それでも明るく、くだけた感じは崩さないんだけどね。
そこかまた痛々しくもあり……切なさを感じさせるのでありました。

ほたるちゃんも半兵衛も、結局は最後の最後まで諦めないのですが、彼はすべて自分を「悪者」にして片づけようとするんですよね。
ほたるちゃんには「安土の盾を利用していただけ」とわざと突き放すようなことをして、半兵衛には「いざという時には自分が半兵衛に手を下せるような」お膳立てをする。
そうして、自分が傷ついて終わるのであればそれでよしとする、信長様とは違った意味での大きさを持つ人だなあと思いました。

なんでしたっけ、官兵衛が言ってた「大きな犠牲が伴う策ほど、ご自分ひとりで済ませてしまう」ということ、また「秀吉様に絶対的な信頼があるからこそ、どんな案でも献上できる」ということからも、彼の人となりがわかりますね。

まあそんな秀吉さんもほたるちゃんのアグレッシブさには完敗なわけなのですが(*´ω`*)
そういう意味で、秀吉様くらいになるとほたるくらい「秀吉様のことなんてお見通しなんだから!」じゃないと釣り合わないですねえ☆



★織田信行

やっぱり今回もどこに惚れたのほたるちゃん(゚Д゚)

いや、言うまいよ……。

私は大好きなのですが(盲目)普通に考えると完全に同情が恋に変わるっていうパターンでなんともごにょごにょ。
しかしなかなかに一度閉ざした心は開かない、というところが描かれているのは素敵でしたね。

兄と比べてしまって「いじけてる」「腐ってる」と捉えがちですが、「本能寺」という大罪を犯してもなお、血の繋がりから赦そうとする兄との器の違いをまざまざと見せつけられ(灯篭流し)さらには信長の弟であるから故に許されてしまったこと、そして今なお自刃を命じられることもなく、意味なく生き長らえている自分の不甲斐なさに、どうしようもないやるせなさを感じているのですよね

言葉で表現すると「僕なんて放っておけばいいんだ」「お前に僕の気持ちがわかるはずがない」ということになってしまうのですが、信長の弟だから許される、ということ自体が、ある意味で「信行という個人を殺す」ことであり、周りの言動、反応に気がおかしくなるのも解る気がします。

こういう部分を踏まえての、ほたるちゃんの張り手―!いっぱーつ!!ですから効きますよねえ……。
きっと、彼には今の信行こそが兄に対して一番甘えており、その態度こそが非常に情けないことなのだ、ということを叱ってくれる人すらいなかったんです。

みんな腫物に触るようにして、彼を見守る(または利用する)という選択を選んだ。
でもほたるだけは彼のこれからを思い、気持ちの赴くままに手まで上げてしまう。
そういった自分への想いの向け方の「違い」を瞬時に理解し、彼女の本質を見るところはやはり信長の弟らしい勘のよさがありますよね。ただの拗らせ系男子じゃないんダヨ!

伊賀攻めの件で一芝居打つところもとても彼らしかったです(*^^*)
兄のためじゃない、ほたるのためだと言い切っちゃうところもなんだか素直じゃないですねえ。こうして少しずつ自分の中で、織田信行としての生き方を見つけてくれるといいですねえ♪

それにしても、信長の仮病を本気で心配して叫び泣く信行様素敵でしたわあ……♪
ほんと、涙の似合うお方ですこと。



★百地尚光

幼な妻と勘違いされて内心にやにやの師匠ですww

ほたるの前では厳しい師匠でいなければ……という義務感と、もういっそ身を委ねてしまえという誘惑にふらふらする師匠はやっぱり見ていて楽しいですねえ(*^^*)
相変わらず「逃げられると追いかけたくなる」感じの恋愛ですね。
師弟関係で恋仲になるなど……!!とおっしゃる通り、師匠ったらほんと洒落にならないデスwww

今回本当に師匠にお会いする機会がなく(笑)一体どうしたものかと思ったのですが伊賀攻めの件などでごたごたした際は、やっぱり同郷で同じ立場の人を好きになるっていうのはとっても安心感がありますね。

お前だからこそ背中を預けられる、なーんて言われた日には、おそらくほたるにとっては「好きだ」と言われることよりも嬉しかったんじゃないかしら、と想像したりしちゃいましたよ。

個人的には信行様をいつまでも案じる百地が一番じんわりきちゃいましたね。
結局、ほたるの「甘さ」はこの人ありきだよなあと。
もともともってた性質というだけでは割り切れない部分があるような気がしますね。
やっぱり彼に従事していたからこそ、今のほたるがあるのでしょう。

また、「わらび」つながりでいろんなエピソードが盛り込まれてるのもいいなあと思ったり。
師匠に近づきたくて一生懸命わらびを好きになろうとしていたのかしら、少女ほたるは。

また抜け忍である蜉蝣丸(半兵衛)についての想いも、しっかりと描かれているのが素敵でした。ほんと百地っていろんなことを抱えて生きてるなあ。
いつかその「相手に寄り添いすぎる」部分から破滅しそうなももぢ。

見てみたいのう(*´ω`*)



★黒田官兵衛


何この人ずるい(゚∀゚)

冒頭「傘の人」として登場し、なにやら明智の姫=安土の盾ということに気づく大変分析能力の高い人……なにやつ?とか思わせときながら。

なんて可愛いお方……(*´ω`*)

彼の素敵なところは、明智の姫=安土の盾だと確かめたい理由が、自分があの夜相対した安土の盾に一目ぼれをしたからであって、見初めたきっかけのが「姫であるほたる」じゃないところなんですよね。
そういうところも「本質を見抜く力がある」という設定が生かされているというか。

明智の姫の正体を確かめるために強行手段(またの名を押し倒すともいう)に出ちゃう官兵衛さんがあまりにも唐突で色っぽいの可愛いのってもう大変でございました。
興津さんの声も、すごくセクシーなのにどこか朴訥としていて、彼にぴったりなんですよね。

個人的に好きなのは、姫様が間違えて古いお寺に閉じ込められちゃうところ。
あそこは官兵衛様らしさが一番感じられて好きです。
幽閉された過去を持ち、その時の記憶を未だ心の中に色濃く残す彼が、同じ状況を少しだけど体感した姫を慰めようと必死で言葉を紡ぐ彼が愛おしかったです。
言わなくてもいいこと、言わなくてもわかることはあまり発言しない彼が、自発的に姫に共感し、そして自分を知ってもおうとすること自体がとても珍しくてきゅん。

彼は「自分が信じたものは絶対」というところがとてもかっこいい。
半兵衛に自分の過ちを認めて欲しくて、すべて罪をかぶり官兵衛が切腹する、というところまでもっていくシーンにもそれを感じますよね。

半兵衛が自分を裏切るはずない。
そのひと想いだけで、たくましい腹部に刃物を向ける堂々とした姿のなんたる眩しいことか。
いやあ、しびれますわ。

そういうところを踏まえてのエンドもとっても彼らしかったですね。
ほたるの心が追いつくのを待ってずっと恋文を……なんて。ほんと可愛い。
序盤のがっつきようは、あれは「安土の盾」だったらなんなくかわすだろうと考えたからであって、彼的にはアレは恋愛的に迫ってる感覚はなかったんだろうなあ。
結果的には、ほたるにとってアレが恋愛フラグだったと思うんだけどwww



★竹中半兵衛


恋のために生きるより、夢のために死にたいんだ。

今回の謀反人、半兵衛の物語はもしかしたら全ルートの中で最もシビア、かつ切ないものかもしれませんね。
自分の命が長くないことを知り「せめて自分の人生の恩人といってもいいくらいの秀吉に天下を取らせてから死にたい」と望むその想いは、尊いものだと思うの。
そのやり方が人道的にどうなのか……というものであったからみんなに阻止されてしまったけれども、ぶっちゃけこれくらいしないと彼が生きている間に秀吉が天下をとることは出来ないですよね。

焦燥感からか、それを実現させたからといって秀吉が喜ぶわけがないということを失念しているように見えるけれども、聡明な彼が気づかないわけがない。
秀吉ならすべてが終わった後であれば苦い顔をしながらも、せめて信長の意志を継ごうとそこに立ち続けると思ったんじゃないかな、と思いますね。

彼にとっては、自分と信長様の戦いというよりも「いかに秀吉にバレずに進めるか」という、ある意味秀吉との対決だったような気がします。
でも、官兵衛に相談するところや、誰にも弱みを見せるべきではないのに(信長側でもある)明智の姫にころっといきそうになるところなど、彼も「鬼」になり切れないところがあるんですよね。
伊賀の里を抜け、辛い思いをたくさんしてきたはずなのに本質的な部分は彼のままなんでしょうね。
そういうところを官兵衛は信頼していたのでしょう。

やはり秀吉、信長の方が何枚も上手なんだなあ、策は一流でもまだまだ若いなあと感じさせられる半兵衛ルートでした。

ラストシーンもいいですね、彼の想いをすべて知っていながらも「それは過ちだと思う」と迷いなく真正面から彼を受け止めにいこうとするほたるはかっこいい。
そして、すべてが無駄に終わったとして天守から飛び降りる半兵衛を受け止める桜に変化したほたる……というところはとっても美しくて、彼のエンドに相応しかったですねえ。

これからも春になるたびに私と一緒に桜を何度でも見ましょう。
という告白に胸うたれない男がどこにいましょうか!(涙)

まあでもラストの沙汰が「しっかりほたると一緒に療養に励みなさい」みたいなところがなんともネオロマだなあと思ったわけですがね……。
みんな優しいなほんと大丈夫かな安土は……wwww



いやあ、両兵衛ほんと可愛かったです。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

お米らいだー

はじめまして、お米らいだーと申します。

いつも楽しく読ませて貰っています。
下天の華夢灯りの信行について感想を書いていらっしゃったので、
思わずコメントしてしまいました!

確かにほたるちゃんは信行のどこに惚れたんだろう…。
プレイ中は信行をなんとか立ち直らせないといけない!と思い湧きあがる使命感に駆られていたので、注目していなかったのですが改めて考えると惚れる要素がないですね。
しばきたくもなりますね。
仕方が無い人なんですが、個人的には涙が誰よりもお似合いな放っておけない殿方です。

あかりさんの記事を読むとプレイしたい作品がどんどん増えていくので、
更新されるのを楽しみにしています!
それでは、突然のコメント失礼いたしました。
by お米らいだー (2014-11-28 21:04) 

あかり


>お米らいだーさん

はじめまして!
嬉しいお言葉ありがとうございます(*´ω`*)
私も、こうしてコメント頂けておしゃべりできて、とっても嬉しいです☆

夢灯りもっと早くやりたかったんですが、PSPが不調だったりいろいろと重なって発売されてからだいぶ経ってしまいました!!
なのに、こんな風に、しかも信行様について!おしゃべりできるなんて、あかり、至福でございます!!

>しばきたくもなりますね。

お米らいだーさんのこのコメントに爆笑してしまいましたww
そうそう、しばき倒したくなります(*´ω`*)愛ゆえに、愛ゆえにね!!!!!

そうなんですよね、これほどまでに涙が似合う殿方はある意味でくすぐられるというか、私がいなければこの人は……みたいな、それこそ使命感にかられるといいますかwww
なんともいえず魅力的で……私は大好きなんですよ、信行さま。

重ね重ね、ありがたいお言葉をちょうだいし、もったいない限りです……!!

余談ですが、お米らいだーさんちにも少しよらせて頂いちゃいました♪
乙女ゲーマー7年目……大先輩です……!!
ヨシュア解体新書……www私にとって超タイムリーで存分に楽しませて頂きました☆
ヨシュア……ほんといい加減にしてほしいヨシュア……www


すみません、関係のないことも書いてしまいました!
また他記事見に、遊びに行かせて頂きますね♪
こちらこそありがとうございます☆

ではでは♪
いつでも話しかけてやってください~♪




by あかり (2014-12-01 21:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。