So-net無料ブログ作成
検索選択

下天の華 夢灯り 信長・光秀・蘭丸・家康 感想 [下天の華]





下天の華 夢灯り (通常版)

下天の華 夢灯り (通常版)

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game




ずーっとやろうやろうと思って後回しにしておりました。
下天の華FD。

やっぱりネオロマの上品さは唯一無二ですねえ……うっとり。
ほんと、楽しいです(*´ω`*)
久々にひっぱり出してきてキャラソンループに突入しております。
信行様の曲は前々から大好きだったのですが、今回の夢灯りにて、光秀様のキャラソンにもハマってしまいました。
ああん、兄様ったらなんてセクシー。

さて、もう前置きはいらないですね(笑)
それでは、ざっくりとネタバレ感想です☆








★織田信長

とにかく眩しい。

非の打ちどころがない、とはこのこと。確か本編でもいったけど、FDでもそれは変わりませんでした。
もうカッコよすぎる。男として出来杉くん。
萌える萌えないの問題ではない。
「萌えてみせよ」と強要されるような感じがします(笑)

すごく素敵だったのは、織田信長は「信行の兄」としてではなく常に「第六天魔王として」いるべきなのだと自分自身に課していると、ためらいもなくほたるに打ち明けたところですね。
弱い部分を晒すという意味で、甘えや恋の駆け引きを表現しているのではなく、ほたるの忠心を受けて、単にまっすぐに織田信長のあり方をほたるに知っていてほしいというだけの想いなんだろうなあと、妙に感慨深かったです。

何かを押し殺して、彼は第六天魔王として君臨しているのではない。
いや、本当は弟に殺されかかったことをうじうじと考えているのかもしれませんが(笑)それをおくびにも出さず、未来だけを見据えてどんなことがあってもうろたえずに天下統一の夢を現実のものとしようとする力強さは、さすが。
もう唯一無二の信長様でした……!!

恋愛に関してはもう最初っから翻弄されっぱなしでですね……ww
いくら抱きしめられようが、膝に頭を乗せられようが、肩を抱かれようが……「信長様がまさか私なんかを……!」っていうね。
ほたるちゃんの気持ち、わからないでもない(*´з`)
めちゃめちゃ解りやすい人のはずなんだけど、もう太陽に手を伸ばすような感じがする恋愛なので……現実味わかないですわなwww


★明智光秀

当て馬の官兵衛美味しすぎwwwww

いや、ほんと「兄妹」のただならぬ雰囲気を嗅ぎ取って「それはどうかと思う(嫉妬)」と再三突っかかって来る官兵衛が面白すぎて、ほたるちゃんもそりゃあびっくりですよなあ……!!

しかしそんな横やりがあったからこそ兄様も独占欲をむき出しに、ほたるちゃんに迫る迫る……!
兄様、ほたるちゃんの苦手な色事関係で揺さぶってみるも「そんなに私のことを信頼なさってないのですね……」と逆効果。ほんともうこの兄妹はじれったいなあ(*´ω`*)

光秀としては、彼女のことを愛しているからこその「戯れ」なんですけど、それがなかなか伝わらない。
でもほたるのくちびるから紡がれるのは「光秀様だから信頼して頂けなければ悲しい」ということばかり。

わかってやってんの??
って光秀でなくても思いますよね(゚∀゚)
もちろんそれが「素」だってわかってる兄様、ああん、もうなんて可愛いんだ!!!てなっちゃって、余計に意地悪しちゃう気持ちはわかりますよねえ……。

相変わらずアメとムチの使い分けがうまいといいますか。
本当にほたるの心が沈みそうになると、ほたるを心から信頼していることを甘くやわらかな声で囁くのですからずるい。
「私はね、人を信用できないんですよ」と前置きしてからの言葉だから猶のことずるい。

ああそう私はあなただけの小鳥……♪

寝ぼけ眼で抱きすくめられたのも萌えたけど、ラストの屋形船の中で、私の妻になっておしまい、なスチルもヤバイ。
ついに妹から出世です!師匠!!(笑)

★森蘭丸

FDだからか、さらにチョロくなった蘭丸。

いや、本能寺の変でのことがあったからこそ、だよね!(笑)
あれだけ「くのいち何するかわからん……ぶつぶつ」だったのに、ほたるちゃんの言葉にあっさりころっといく蘭丸、相変わらず愛いやつよのう。
前作よりもちょっぴり男らしくなったような気がしました。
さすが、ラストには城主になることを決意するだけのことはありますな。

七介=ほたる、ということを打ち明けるシーンは面白かった(笑)
友だけに共に行水に!ってなったところで「それはお受けできない……」っていう流れのイベントなのですが……変化というのはなかなか難儀なものなんだね。変化してもやっぱり中身は女の子だし、それに蘭丸の裸を見るわけにはいかないですもんね(゚∀゚)キャー

七介=ほたるということで友を失ったとショックを受ける蘭丸ですが、七介という存在を通してほたるの本質に触れていたということに気づいていくところは素敵でした。
姿形なんて関係ないものね!
どんな姿をしていても、ほたるはほたるです。

またその逆も然りで、ほたるも七介という姿を借りて蘭丸と交流を深めていたからこそ解り合えた部分もあると思うんですよね。
そういった意味で、戦友としての絆が恋愛に発展していく感じはこのルートの醍醐味なのでしょうね。
それにしてもこの2人は無意識に抱き着いちゃったり打掛を(お揃いにして)送っちゃったりするもんですから、見ていて可愛らしいわあ、うふふ。
と思ってたら、城主になったあたりから、信長を見習ったのか否か、急に蘭丸が積極的になっててびっくりしました( *´艸`)
そんなところまで見習わなくていいのに♪
あと、謀反人である半兵衛の動機を自分と重ね合わせて熱く信長に語るところもとっても好きです。


★徳川家康

小鳥(変化回数)が足りなくなる……!!

小鳥さんになってついていったり、家康ちゃんの「小鳥さんになっていただけますか」というリクエストに応えていると起こる現象。
今回えらく家康さんは巣を直したり気遣ったりするシーンが多く……思わず。
どんだけ小鳥好きやねんwwww
と突っ込んでしまいましたがその辺りも家康ちゃんクオリティ。

ストーリーに関しては、女性苦手を直していく感じの中にも「ほたるがやはり特別なんだ」というところがすごく強調されていて、じんわりしてしまいました☆
他の女性でも大丈夫になっちゃったんだな……とがっかりするほたるもどこか可愛い。
FDだからか、2人の心の距離の近づけ方がすごくゆっくりで、香を焚いたり、逢瀬に誘ったりするひとつひとつのシーンが優しくゆったりと描かれていたのが印象的でした。

ただ、やはりあの「徳川家康」であらせられるので、最終話あたりの展開に持ってる男っぷりを遺憾なく発揮しておられますね。
官兵衛を偶然に見つけるところや、半兵衛が自刃を未遂に終わらせる腕などから感じられて、その辺りはきゅんとしますね。相変わらずお強いし、そういうギャップが素敵。

あとは、宴の席で無意識にプロポーズをしてしまう家康様にもにやにや。
あそこでしっかりと「(その周りを顧みないほどの一途なお気持ちが)嬉しかったです」と言えてしまうほたるちゃんに惚れそうになります。

エンドロール後の抱擁スチルまで、癒し系でほんと素敵でした。
おでこにキスできるようになっただけでもすごい進歩ですなあ、家康ちゃん。

ほんと、可愛らしかったです。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。