So-net無料ブログ作成
検索選択

ペンタゴンシンドローム 感想 [その他同人ゲーム]


DLして放置していたゲームその②。
じゃじゃーん!

ペンタゴンシンドローム。


フリーゲームでありながら、シナリオボリューム的に5ルートあわせると結構あったんじゃないかと思います。


絵も可愛オシャレだし、スチルもちゃんとあるし、周回するごとにプロローグが追加されていく演出などもイイし、音楽のチョイスもセンスあるし、これがフリーだなんて。

お得!!

と、ベタ褒めしといてなんですが、乙女ゲームだと思ってプレイすると痛い目みると思いますのでその辺りはご注意ください。

ゲームデザイン、演出力などに関してはもちろん商業作品ほどではありませんが、それを十二分にカバーするだけの、作者さんのセンスの良さが光る作品でした。
会話のテンポの良さと言い、シナリオ構成力といい、素晴らしかったです。
個人的には萌えるシチュエーションや、「ハッピー!」なだけではないエンドの数々、ものすごく堪能させていただきました。

作者様のページには「ある18禁美少女ゲームのオマージュ的作品であること」やら「フルコンプしてもなにもないので適当にエンドを回収してほしい」との注意書きがあるのですが、元ネタが分からなくて申し訳なかったけれどもそれはそれで純粋に面白かったし、適当にエンド回収、なんて出来ないくらいにどのエンドも見たくなっちゃうくらいに面白かったです(*^^*)

ただ「乙女ゲームとしてみると痛い目みるかも」というのをネタバレしないように説明しますと、これは敢えて言うなら「女神ゲーム」かもしれません。
あなたが女神様となって、彼を深い闇の底に手を突っ込んで引っ張り上げるような、そんなゲームなんですよね。

だから「きてほしい」タイプの乙女ゲーマーさんには向かないと思います。
純粋に仕掛けが施されたノベルゲームが好きだったり、そういう「救いの手を差し伸べる」ゲームがお好きな方には楽しめるゲームだと思います。

個人的には恋なんて錯覚から始まるものだと思っているので(笑)こういう話の転がり方はリアルにスリリングでしたし、読んでいてとても楽しかったです。

気になった方は公式さんからDLして遊ばれてみてくださいませ♪
(すみません、フリーリンクのバナーかどうかわからなかったのでこちらからはリンクさせて頂いてませんので、検索から制作者・ヤマナカ様の公式サイト「a.ymnk-P」をお探しくださいませ。よろしくお願いいたします)

以下、続きからちょいバレ感想です(*^^*)
(内容については詳しく書いておりません)












「ペンタゴンシンドローム」(五重人格で一個体としての人間がバランスをとっている)の意味の明かし方がどのルートもとても巧みで素敵でした。

ラストのカラスくんルートはそういう意味で「治療」の真骨頂ですね。

フィクションでありながらも、ものすごく作者さんがいろんなことをお勉強されて制作されたことが伺えるような内容になっていて、破滅を迎えるエンドも含めて美しかったですね。


個人的に驚いたのは、まず個別(人格)ルートの「分け方」が素晴らしかった点。
すべて「身体の持ち主」の自己防衛本能から生まれただけあって、彼らのそれぞれのルートで、彼らの「得意分野」それぞれが痛々しいほどに輝いていたように思います。
社会生活をうまく一つの身体で無理なく送ることをバランスよく続けてきた彼らの、そうした光の影でそれぞれが、主人格が放棄した過去の痛みも分かち合っている部分がじんわりと描かれている点が秀逸でした。

セイという人格以外は「食べられない」ことや、岡目が脇腹をさする様子、文太が気にする「森田」など、すべてにおいて彼らの始まりは「あの少年時代」なのだということがこれでもかと強調されています。
殺意という反社会的な人格があることでバランスがとれている点もそうですね。
本当にこの辺りの「役割分担」とそれぞれの物語の描き方は素敵でした。

次にヒロイン、カナちゃんの性格です。
この「恩着せがましくない」感じはどうやったら出るのか。
あやかりたいくらいに「踏み込む」ところと「引く」ところが絶妙なヒロインでした。

大抵、こういう精神的に若干問題のある攻略対象を「攻略」する時、乙女ゲームでは勝手に相手が心を開いて、勝手にトラウマしゃべりだしてそれにつられてヒロインが泣きだす、みたいなシナリオになってしまうものですが、彼女の場合は違いました。

彼女は未開拓の土地を、自分の足で開拓していきます。
まっすぐで真摯な姿勢で。

もちろん踏み外せば、「俺(人格)を殺すな」と返り討ちにあってしまいます。
そのさじ加減を読みつつも、迷いながらも「自分の信念」「自分の想い」を持っている女の子です。
ノウハウはかじった程度にあるとは言えど、かなり楽観的すぎるのですが、彼女は決して自分がとった言動を間違いだった、と後悔しないタイプなんですね。
だからこそ、あそこまで踏み込んでいけるのかなと思います。

それが全く嫌味たらしくなく描かれていて、素敵でした。

1~2キャラクター攻略してしまうと、大まかな仕組みはわかってしまうと思うのですが、そんなカナちゃんが5人の人格の命運を握るキーパーソンになっていく様子や、最終的には誰を選ぶのか、どうやって選ぶのか、その行方はなかなか予想がつかなくて(というかパラメータ操作、一発BADなど、なかなか選択肢がシビアで本当にキャラクターによっては難しかった)久しぶりに先の読めないハラハラドキドキを楽しむことが出来ました。


個人的には岡目くん人格が一番萌えました。
でも、主人格のカラスくんもとっても可愛かったです(*^^*)
あれはベストエンドが良かったですね。
簡単に言ってはいけないのですが、彼の中での様々な葛藤や焦燥感が、あの4つの人格に徐々に現れていく様子は、スリリングでありながらも泣きそうになりました。

生きる糧が復讐だなんて悲しすぎますよね。(二次元的にはおいしい設定だが)
カナちゃんが生きがいになった今、幸せになってほしいですね(*´ω`*)
面白かったです!!


nice!(0)  コメント(7) 

nice! 0

コメント 7

みゃめ

こんばんは!
ちょうど今、私もペンタゴンシンドロームをプレイしています!
5人のベストエンドや、その他のエンドをちょっと見て、今は残ったエンドを回収しているところです。
エンドも多く、ボリュームもあり、本当にフリーでいいのかと思うくらいです。

私も、元ネタは何となく内容知っている程度でプレイしたことはないのですが、それでも純粋に楽しめましたし、しっかりペンタゴンシンドロームの作品の世界が出来上がっていると思いました。

それぞれの人格にしっかりと個性(役割)が割り振られていて、その分野で輝ける部分と、それ以外のところでは行動を制限されてしまう部分と、正と負の部分が描かれているのが面白かったです。
あとは、第一印象と攻略し終わった後ではかなり印象が変わるキャラが多くて楽しかったです。
カラスくんはギャップがすごすぎました。
第一印象でカラスくんがすごく気になってたのですが、ルート入って、ギャップに見事にやられてしまいました。
岡目くんのルートも好きで、彼は身を引きたがるので、その優しさに切なくなったり、どうなるのかハラハラしました。

シナリオがすごくしっかりしていて、文も読みやすく、5人の人格のバランスが壊れて行ってしまう様子にハラハラドキドキしました。
多重人格であることは割と早めに気づいたのですが、主人公の母のことなど、進めれば進めるほど謎が出てきて、最後まで楽しめました!
最初はあまり気にしてなかったのですが、「木村」や「森田」みたいに固有の名前ではなく、「カナ母」表記になっているのは敢えてなのかなぁと、だんだん思ってきました。

1つの選択でバッド直行したり、値調整など、なかなか一筋縄ではいかないですが、そういうところも攻略しがいがあるので、フルコンプできるように頑張りたいと思います。

ではでは、これからも感想等、楽しみにしております!
コメント失礼しました。

by みゃめ (2014-10-09 23:41) 

しおり

あかりさん初めまして!乙女ゲーマー歴3年のしおりと申します。
いつもブログ、楽しく拝見させていただいております。
攻略対象についての考察がいつも本当に素敵で・・・!
ペンタゴンシンドロームは私も大好きなゲームでして
ぜひあかりさんにもやっていただけたらなーと思っていたので
とても嬉しいです・・・!ありがとうございます!
ちなみに私は文太くんに心臓をもってかれました。色々とドストライク過ぎて・・・。
これからも応援しています!長文失礼しました。
by しおり (2014-10-12 23:59) 

あかり

>みゃめさん

お久しぶりですー(*´ω`*)
おお!みゃめさんもペンタゴン……!あかりも嬉しいです(*^^*)

残ったエンドというのは……あれですね、バッドエンドとかバッドエンドとかデッドエンドとか……(笑)
個人的にセイくんは本当に読めなくて、エンドリストコンプリートするのにものすごく苦心した覚えがあります……。
一番マトモそうな顔をしながら、一番ヤバいのはアイツだと思っております(笑)

ほんと、フリーなんて申し訳ないですし、元ネタがあっても、個人的な意見ですが多重人格設定なんてひとつのジャンルだと思ってるので(笑)それくらいいいじゃないかー!素晴らしいじゃないかー!!!と正直思いました……!

>それぞれの人格にしっかりと個性(役割)が割り振られていて、その分野で輝ける部分と、それ以外のところでは行動を制限されてしまう部分と、正と負の部分が描かれているのが面白かったです。

ほんとそうですよね。
最近の乙女ゲームって、あれですもん。
絶対あるハズのその人の短所、みたいな部分を完全無視して「こいつかっこいいでしょ」ゴリ押しだから好きになれないんですよね……。
裏表ではなく、本当に正負がきっちり描かれていて、それがカラスルートという真相ルートに繋がっていくところが本当に素晴らしいなと思いました。

>多重人格であることは割と早めに気づいたのですが、主人公の母のことなど、進めれば進めるほど謎が出てきて、最後まで楽しめました!
最初はあまり気にしてなかったのですが、「木村」や「森田」みたいに固有の名前ではなく、「カナ母」表記になっているのは敢えてなのかなぁと、だんだん思ってきました。

おお!素晴らしい!!
ワタシ、確か木場さんからいきまして、すんごいぽやーっと読んでたので衝撃くらった覚えがあります(笑)

「カナ母」表記は確かに確かに……ですね!!
でも特に違和感なく溶け込んでてあの辺もすごい。
全員がある意味で「あだ名」的表記ですもんね。
楓くんも苗字しらないしな……(笑)思い出せないのか……。

攻略は本当に難しいですよね……!
カラスとセイは攻略メモのお世話になりましたもん(笑)
調整が微妙すぎてwwww
ほんと、否定することも時には必要、っていうところが非常にリアルですよね……。
ダメ、八方美人。

カラスくんはずるいですよねえ……(笑)
あれは反則……!!
中身を知れば知るほど可愛くてかわいくて愛しくて仕方なくなりますよね……!!!

余談ですがあのルートで私、岡目くんに殺された時は辛かったです……!!!(号泣)
うわあああん;つД`)
まあこういう不器用なストレートさが好きなんですが!!!!

こちらこそ、コメントありがとうございます(*´ω`*)
あ、そうだ、相互リンクの希望コメントをさせて頂いてます♪
ご確認お願いいたします(^^)/

ではでは☆
また遊びにいらしてくださいませー!


by あかり (2014-10-13 21:47) 

あかり

>しおりさん

はじめまして!!しおりさん!
わあ、ありがとうございます(*^^*)
とっても嬉しいです!!

乙女ゲーマー歴3年!!一緒ですね!同士ですね!姉妹ですね!!(笑)

いやいや、そんな……!!
嬉しいお言葉ありがとうございます……!!
妙なツボに入ったりして妄想と自己満足に突っ走った感想もあるかと思いますが、よろしければこれからも見守ってやってくださいませ……!

こちらこそこうしてペンタゴンのお話で盛り上がれるのが嬉しいです!!
作者様が実況プレイを許可されてらっしゃらないので、いろいろ細かく感想書きたい気持ちを出来るだけ押し殺し(笑)みなさんに紹介したい気持ち&プレイ済プレイヤーさんとおしゃべりしたいという気持ちだけで、かなりどこまで書くか、葛藤いたしました(笑)
なので、こうしてコメント頂けるととっても嬉しいです(*^^*)

文太くんもほんと……素敵ですよね……!!
というか、彼がいたからこそ、というのがすごく……胸が痛くて(特にカラスルート)不憫だけれども人一倍優しくて努力家な彼は、私も大好きです\(^o^)/

岡目くんが萌えたのは、あのラスト、キスする仕草がストライクだからなんですよね……wwwここだけのオハナシ☆うふふ!!

暖かいお言葉ありがとうございます!!
気になる乙女ゲームがある限り、あかりはがんばりたいと思います(笑)

またぜひ、お気軽にしゃべりかけてやってください(*^^*)
コメントありがとうございました。

こちらこそ長文で失礼いたします。
ではではまた~☆


by あかり (2014-10-13 21:56) 

みゃめ

こんばんは!

相互リンクのお話、ありがとうございます(*'▽')!
大変光栄です!
こちらこそ是非お願いいたします!

リンクに追加させていただきましたので、ご確認していただければと思います。
まだまだ未熟者ではありますが、よろしくお願いいたします。

ではでは失礼いたします。
by みゃめ (2014-10-13 22:28) 

あかり

>みゃめさん

わお!こちらにお返事頂きありがとうございます……!
すみません、こちらから勝手にご挨拶に伺ったのに……!

こちらこそ早速リンクしていただきありがとうございますー!!
私も貼らさせて頂きましたのでご確認お願いいたします☆

こちらこそ至らぬ点はあるとは思いますがよろしくお願いいたします(*´ω`*)


by あかり (2014-10-14 21:52) 

みゃめ

こんばんは!

リンク確認しました!
素敵な紹介文まで添えていただき、大変恐縮です!

改めてよろしくお願いいたします!(*´▽`*)

ではでは、失礼します。


by みゃめ (2014-10-15 00:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。