So-net無料ブログ作成

RE:VICE[D](リヴァイスディー) 総評 [その他オトメイト作品]






RE:VICE[D] 限定版

RE:VICE[D] 限定版

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game





① シナリオ ☆☆☆

魔王の側近、四天王の一人がヒロイン……の割には、全体的にぬるい印象を持ちました。
基本的には、魔王選定までが恋を育む「起」の部分、個別ルートで「承」「転」「結」を急ぎ足で駆け抜ける感じの構成になっておりました。その点から、簡単に攻略ができる一方、どうしてもどのエンドも印象に残りにくかったです。
また、個人的な感想なのですが「魔王選定」というテーマが意外ときっかけでしかなかったので、少しびっくり。
ですので、少しネタバレになるかもしれませんが「魔王育成計画」「魔王とその側近」的な恋愛を楽しもうとしてこのゲームに挑むと、肩透かしを食らうかもしれませんのでご注意を。

② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

ここに関しては、さすがオトメイトクオリティというべきか。
絵に関しては好みが分かれるとは思いますが、綺麗ですし、枚数的にも十分だと思いました。
(最近いつもこう言ってる気がするw)

ただ、あんまり甘いスチルはなかったかな?
まあでも、ゲームの雰囲気からすれば、十分かなと思いました。
個人的に凝ってたなあと思ったのは、選定の書に描かれたラクガキを選択することからイベントが発生したり、クリア状況やイベント前後でラクガキの内容が微妙に変わっていくところです。
あのあたりはすごく芸が細かいなあと思いました。

③ キャラクター ☆☆☆

毒舌で、ツッコミもなかなか容赦のないヒロインは、オトメイトとしては新しい感じはするのですが、あまりそれが生かしきれてなかったかなと感じました。
「魔族」と「人間」という種族を分けているにも関わらず、あまりその違いを感じられなかったところが残念でしたね。
人の世の常識が通じない、というところはある程度描かれていたように思うのですが、魔族だからこその残忍さとか、狡猾さとか、そういったものがもうちょっとあれば面白かったかなと思いました。

攻略対象はみんななかなかいい性格をしています。
しかしルートによって結構お話の濃い薄いがあるので不利なキャラクターが出てきてしまって、可哀想でしたね。(特にユキネ)
キャストさんが好きで、公式に上がっている情報だけでキャラを可愛いと思えるなら、プレイする価値はあると思います(*´ω`*)

④ システム ☆☆☆

Vitaにした割には、オトメイトさんは大してあんまり変わらないんだなあ、と……。
タップでテキスト繰れるくらい??
あとスチルが綺麗……なくらいで、他はほんと特に新たな試み、みたいなものはないんですねえ。

⑤ 作品の完成度 ☆☆☆

無難なところでまとめられた、普通に楽しめる作品だと思います。
かなりオトメイトさんが宣伝に力を入れていたのと、魔族なヒロイン、結構キツめのヴィジュアルで、新しい感じのゲームをやろうとされているのかな?と思いきや、中身をあけると、やっぱりハッピーエンドにどうにかして落ち着かせる感じのお話だったので……。
ゲーム全体から感じるイメージとストーリーに結構ギャップがありましたね。

魔界と人間界、という結構大きなスケールでありながら、描写があっさりしているので、その辺りもいまいち私はのめり込めなかった原因かなと思いました。
しかし、非常に短時間で遊べて、サブキャラクターにもきちんとエンドがあり、そんなキツいエンドもないですし、プレイヤーに易しい作品ではあると思います。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。