So-net無料ブログ作成

RE:VICE[D](リヴァイスディー) ユキネ感想 [その他オトメイト作品]




RE:VICE[D] (通常版)

RE:VICE[D] (通常版)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




リヴァD、終わったー!!


ユキネのフラグをひとつ取り忘れてるみたいで、トロコンは出来ておりませんが(そこまでの情熱がなかった)とりあえず全エンドを見たのでいいかな!

「お湯がぬるいので、もうちょっと沸かしたい」
ホント、こんな感じ。

もうちょっと「遊ぶ」か、もうちょっと「ガチ」でいくか、個人的にはしてほしかったです。
ヴィジュアルや、ヒロインの若干キツめの毒舌くらいしか、全体的に魔族らしさが感じられませんでした。

あるルートで「魔族も生き物で感情がある」的な感じのお話がありますが、それを抜きにしても、ちょっとフツーの感覚すぎるかな、と。
人間界の常識にとらわれないという部分は表現されているけれども「魔界では誇らしいことが人間界では悪いこと」をしでかしちゃうようなギャップ、みたいなところがなくて(大人の事情なのかもしれませんが)いまいち「魔族である必要性」を感じられませんでした。

非常にプレイしやすい長さではあるのですが、全体的に「魔王選定が行われるまで」のお話で、それ以降は個別ルートであるにも関わらず、起承転結へ移るスピードがとても速いです。
最初じっくり、ラストバタバタと畳むようなルートもあれば、非常にシンプルなお話をとんとん、と進めていくルートもあります。

それぞれにしっかりルートテーマが分けられているので、お話に飽きる、というようなことがないところは素敵なのですが、若干キャラに気持ちが乗る前に終わってしまうという感じがありました。

また、あんまりラストなんとか都合をつけて大団円エンドにもっていく感じがお嫌いな方にもおすすめできないかなと思います。
逆に、なにがなんでもハッピーエンドがいいんだ!というプレイヤーさんには、大変向いている作品だと思います。


うーん。
個人的には案外あっさりとしていて、次々プレイしたくなるような感じではなかったですね。

でも、設定や世界観、展開などはなかなか斬新でした!
選定の書のラクガキからイベントに跳べたりするのも面白かったですしね!

好きなキャラランキングは、今回はダントツでミケかな。
あの子、一番しゃべってると思います。
一生懸命突っ込んで、ボケて、リアクションして。
結構くだらないノリまで拾ってて、ホントあいついいヤツです……(笑)
ほんとお疲れ様ですwwwww

それでは、本日はユキネ。
ネタバレ感想です。


メインヒーロー、ユキネくんは、実はアイカの「片割れ」でした。

過去、リヴァイシアを襲った「凍土の災禍」。
その当時の魔王と輝士が、凍土の災禍の「魂」を人間界に追放、さらに「器」を魔界の監視下におくことに成功します。
この出来事こそが、彼らの悲恋の始まりです。

先代の魔王がいなくなり、次の魔王選定に向かった「器」は、かつて共にあった「魂」を無意識のうちに次代魔王候補として見出します。
お互いに自分が何者かしらない彼らは出会い、惹かれ、そして。
触れ合います。
その瞬間、融合された「魂」と「器」は、凍土の災禍を引き起こし、人間界全土を凍てつかせていきます。

ようやく自分の正体に気づいた2人を待っていたものは、他四天王たちの襲撃でした。
凍土の災禍を倒さないことには、人間界を元に戻すことはできないからです。
彼らの正体を知って激昂する四天王たちに弁解をしながら逃げ惑う「凍土の災禍」の前に現れるクロダが告げます。
「ひとつだけ願いをかなえてあげましょう」
彼女が願うのはただひとつです。

私の「魂」、ユキネともう一度会いたい。
ユキネは再び実体化し、2人は話し合いの末、一緒に世界から消滅することを決意、短剣を胸に沈めるのでした。



ありのー♪ままのー♪

……ううん、なんでもないの。


そうですねえ……このルート、ひとつだけめちゃめちゃ異質な気がするのは私だけなのでしょうか……。

ずーっと、ユキネが正体不明、っていうのがネックなのはわかってましたけれども、凍土の災禍、ってなんかぽーん!といきなり単語が出てきて、キスした瞬間に、全面氷!

……っていう展開が、なんかものすごくおおざっぱだなあ……と感じてしまいましたねえ。

また、この話かなりクロダルートともかぶっているので、個人的に「凍土の災禍」を二分割する必要はあったのだろうか(アイカが凍土の災禍だった、ではだめなのか)と思ってしまいました。

決して結ばれてはいけない運命、というのをやりたかったのをわかるんですが……。

かなり致命的なのはなぜ「クロダ」がもっと早い段階でユキネを消滅させないのか、です。
「惹かれあう」ことがわかっていながら、彼は放置しました。
恋心と、世界とでは、天秤にはかけたときお話にならないのに、です。

それがものすごく解せないです。

この点に関してはクロダの正体が分からずとも、ラストの展開を見てしまうと、プレイヤーの誰もが考えることじゃないかなと思います。
まあ、序盤の声の感じ(加工してあるっぽい?けど)だけでも、おそらくわかる方にはクロダの正体わかっちゃうんですけどもね……。
それともクロダは彼らがここまでの仲になるまで、器と魂という関係性を見破れなかったってこと???
……ほんとに……??

……まあ、いいや。

ユキネくん自身のキャラはミステリアス調でなかなかいいだけに、残念でした。
個人的には、フツーに死人だった、とかでもよかったような。

死人が第二の人生、魔王としてやり直すとか、楽しそうじゃありません?
なんかいろんなもん、ふっきってやれそうだよねwwww

それはおいといて。

しかしこのルートは、この器、魂という紐付けで、彼女がユキネに惹かれる理由はありますよね。

それにしても、現実を直視させないためにユキネの仮想世界?にアイカを放り込んでいる、というようなあのチャプターは、なんだかすごいですね。

凍土の災禍様、最強説ですわ、ほんま。

しかも魔王さえもひとりでは退治できない「凍土の災禍」なわけですから、2人で凍土なる世界に魔王として君臨しちゃえ!!!的なはっちゃけルートでもよかったと思うんですよ……?

まあ叩かれるだろうけれども……wwww

あと、あのラストシーンはなんなのでしょうね??

2人で消滅したはずなのに、アイカのみ生き残って……で、人間になったユキネとの感動の再会……!
なんですけど、なんで生き返ったんでしょう。

……謎です。ホント。









nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。