So-net無料ブログ作成

剣が君 縁 感想 [剣が君]






縁まで終わりましたー!

あとは、実彰、螢、鈴懸の3人ですね!


大変……申し訳ない……。
ちょっと剣が君、疲れました……(笑)

ちょっとフルコンプ厳しいかな、と思うくらいに疲弊したんですが(笑)
なんか3人まできて放り出すのはちょっと悔しいので、一旦寝かせてから帰ってこようと思います。

あいるびーばっく!

うーん。
長さ、的なものはあまり気にならないのですが、やっぱり自分が「ここは来てほしい!」って思うところで盛り上がらず「そっち!?そっちいくの!?」とシナリオが遠ざかる背中を何度も見続けるというのは精神的にキますね。
このシナリオの波長が合う人は、剣が君とても楽しめると思うのですが、私にはどうも……。

うまく言い表せないのですが、ちょっとこの君ルートと剣ルートの分かれ方にも、私にとっては問題があって。

この2ルートで攻略対象は全く別の顔をのぞかせてくれます。
それこそがこの「剣が君」の醍醐味だとは思うのですが、私にはどうしても根本のところから枝分かれしてしまってるように感じるんですよね。
例えば、彼らの過去などについての見つめ方が180度変わるような。
そんなイメージで。
だからイマイチ、九十九丸はこういうキャラ、とか掴んだはずだったのにわからなくなるといいますか……。

それが人の持つ「二面性」で、ちょっとしたことでどちらが出てくるかは、真央ちゃん風にいうとハーフハーフなんだ、と言われればそれまでなのですが、こればっかりは個人の感じ方による差異でしょうね。

まあそんな深く考えるなよ!と言われればそれまでなのです(*´ω`*)


では、とりあえず。
縁さん、忘れないうちに感想かいておきますー!!!






あのね。あのね。
私、正直ね……!!

辰影と十兵衛と縁の物語をもっと読みたかったの……!!!!!

むしろ縁を一番愛している(変な意味じゃなく)のは、十兵衛なんじゃないの……?!
香夜ちゃんなんかより……!!!

もっと十兵衛がオイシイルートはないんかい!

剣ルートで、十兵衛が香夜ちゃんに「あの人を見捨てないでやってくれ」みたいにくるところがあったけれど、私はあそこが一番グっときたよ……。
ただ、江戸を揺るがすほどの機密事項をいきなりべらっべらしゃべるのはどうかと思ったんだけれどwww
詳しくは自分からは話せない、でもこの熱意を汲み取ってくれないか、みたいに必死になる十兵衛、もっと見たかった(誰ルートやねん)

さらには実の兄なのに立場上本当の意味で理解してやれない辰影の立ち位置がすごくよかった。
わかってやりたいのに立場がそうさせない、本当なら健全に生まれて、しるしに選ばれて、その場所を変わってやりたかった、くらいの想いを抱えていると思うんですよね、彼。

だからこそ、十兵衛を縁の近くにおいてやり、母親のように口うるさく言う。
自分自身のプライド、やるせなさもあってか、八つ当たりをし傷つけてしまうけれども、本当の意味で彼もまた縁を愛しているんじゃないかなと思いました。


まあ、辰影さん、柳生さんのことはおいておきまして。

縁の本当の名は、徳川家光の養嗣子、松平信春。
御前試合の八百長やら、水戸藩の思惑やらなにやらで自分の意思とは関係なく、お殿様に祭り上げられてしまったお人です。

それなりの才能を持ち、しっかりと勤勉に剣の道を志していた信春が、腕を磨こうが、節度を持って真面目に日々頑張っていようが「何もかも必要のない努力だった」というかの如く、いろんな力が作用してぽーんと、三日月宗近という五剣を授かるまでの位まできてしまった。

そんな彼が、結局は何をしていたって俺の道を決めるのは自分じゃない、と精神を腐らせるも、それでも根っこのところで「真面目」な自分がソレと戦っていて、五剣に選ばれし自分の役目を果たさなければならないと、空回りしながら焦っているのがこのルートでは描かれていました。

この人は、そういう意味で最初からある程度「出来あがっている」人でしたね。
非常に殿様らしく「妥協」と「理想」の間で悩み、さらにはそんな風に悩んでいることさえ「無駄」で「松平信春としてただ役目を果たせばいいと」と政の道具のように実の兄からも言われてしまったために、何もかも放り出してに逃げていた。

しかし信春ではなく「縁」という人間に向かい合ってくれる人(香夜)を見つけたことから、自分の進む道について考えるようになる、というところはとても共感しやすかったし、個人的にこういうボーイミーツガール的なお話は好きです。

ボーイとちゃうけどwww


・君ルート

結局、君ルートはいまいち何がしたかったんだか……。
剣ルートと対比させる意味での「宗近返上」、そして一方は御用聞きに、一方の農民に、というエンドでしたが……。

結局、彼は松平信春としての生き方を捨てるわけですが、ここにくるまでの何時間という間、彼の内なる葛藤を見せつけられてきたプレイヤーとしては「ええええ」となるしかないですよねwww

「君ルート」というくらいなんだから、もうちょっと松平信春としてのすべてを捨てさせる「何か」が欲しかったです。

何故そこまで香夜ちゃんに拘ったのか。
何故ここまで縁が香夜ちゃんに依存していったかをもっと見たかった。

他者から見れば金も名声も地位を。
すべてを持っている縁が香夜ちゃんだけいればいい、他には何ももう必要ない、というくらいにめろめろになってこそ。

この「実はお殿様」設定が生きるってもんですよ!!(゚Д゚)ノ

その上で、御役目はもういいじゃありませんか、自分の幸せを考えたってもういいじゃないですか、私の傍にいてくれればそれでいいでしょう?というお話になる、ぐずぐず感を見たかったです(ノД`)

あの「侍なんてただの人殺しじゃないか、やってられっか!」というだけではちょっとなあ……。
そこが引き金になってもいいと思うのですが、これまで侍として自分が歩いてきた道、そのすべてを報いるものこそが香夜なのだというところが読みたかったかなあ。


・剣ルート

こちらは香夜ちゃんの登場、そしてその言葉により「松平信春」という名前に、「三日月宗近」という剣に向き合う、というエンドです。

とりあえずこっちは本当に容赦ないんですね。

御役目を立派に果たして死ぬか、己に絶望し、世界に絶望し、死に場所を探している鼓と刀を交え、その時のショックで記憶を失うか、という。

縁さん、せっかく頑張ったんだから、もうちょっとほろ苦系でも……(笑)と正直思っちゃったかなwwww

十兵衛が身代わりになって死んでくれそうな気がしてたんだけれど(そしたらあかりは泣けそうな気さえしたんだけど)そんなこともなく、本人がやられてしまいました。

そして、鼓という駿府の一番刀はいろいろとメンドクサイですね(笑)
騙されて自分の最愛の人を斬った挙句、死に場所を探して同じ五剣を持つ者に……という。
まあもうヤケなんでしょうけど、それの相手をちゃんとしてあげる縁が、やっぱりお人よしで、さらにはそれで記憶を失い皮肉にも「信春」として生きることになるんですから。

そういうバカさが結構好きです、縁さん。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。