So-net無料ブログ作成
検索選択

TOKYOヤマノテBOYS BLACK VANILLA DISC 感想 [TOKYOヤマノテBOYS]





姉さん、事件です。



PSPの命が……風前の灯です……(涙)




そ、そうよね、オトメイトさんが「これからは全部Vitaで出します☆」っていっちゃう時代に突入したんだもんね……。すねちゃったのよね……わ、わかるわあ……。
し、しかしお、俺は、お前を見捨てたりしない……!!!(といいながらもVitaをちゃっかり購入しているあかりです)

お友達にコルダ3アナスカ神南をお借りしたのですが……悲しいかな、もううちのPSPではうまく起動しなくてですね……。

ノベルゲーム系は結構大丈夫なんですが、コルダのようにマップ移動、イベント、音ゲーモード&アニメーション、とくるくる変わるゲームは、もう老体にはご無理なようで(笑)インストールしてあっても、がしゃーこ、がしゃーこ、2分くらい「少々お待ちください」の状態になります……(T_T)

執事男子、芹沢くんだけをプレイして、そっと……そっとUMDを本体から抜きました……。

というわけで、当分はPCゲーム消化したいと思います♪
……結構、いっぱい……積んでるんだよね(ノД`)ジツハ……。


で。

いまさらですけど、TOKYOヤマノテBOYS!!!!

いまさらっていいましたけど、私、リジェットさんらしくてTYB大好きですよ!
今でも!
今でもね……!!!

PSPに移植されたので、FDも移植されるかなあ……とずっと、ハマーみたいにもじもじして待ってたんですが。

PSP……売れなかったんですかね?(笑)

まあでも……わかる気はするんですよね……。
TYBというか、リジェットさんのゲーム全般そうな気がしますが、キャストありきなところがあるところであったり、ちょっとキャラクターの中身&デザイン的に「乙女受け」悪そうな部分もあるので……、パッと見、手を出しづらい作品ではあります。

「リジェット」という会社、ブランドがファンを増やして、ここまで大きくなった今だからこそ、ぜひ、ディアラバやBWSなどでリジェットさんのファンになったよ!とおっしゃるお嬢様たちに、TYBもぜひ一度プレイを!!!と個人的におすすめしたいです(*´ω`*)

リジェット作品の中で、あかり比ではありますが、こんなにもカラフルでメロディアスな、攻略対象たちがいろんな面を見せてくれるゲームはありません。
9人いるプリンスたちのライバルでありながらも友情に近い絆や、その中心にいるプリンセスの「絶妙な立ち位置」など、きちんと「恋愛だけではない青春シンデレラストーリー」が描かれているのが特徴かなと思います。

私自身の感覚なのですが「泣ける」作品よりも「笑える」作品の方が、心にあまり残らないにも関わらず、作るのは難しいんじゃないかな、と思うんです。

TYBは、後者です。

こういうさっぱりと遊べる上に、攻略対象たちが一喜一憂する様子が可笑しくて可笑しくてたまらなくて……そんな、あまりにもトんだ考え方をする彼らの行動が2年前にプレイしたにも関わらずきちんと思い出せる。そんな作品は貴重だと私は思うんですね。

またキャストありき、な部分はもちろんなのですが、このキャラクターとお声のバランスがなかなかに面白いです。声優さんそれぞれがお持ちの引き出しをいろいろと開けてくれるキャラクターたちになっています。
そういった意味でも、ぜひプレイしてみてほしいなあと思いますね。
特に梶さん、諏訪部さん、鈴木さん、浪川さんがご担当のキャラクターは、結構面白いキャラクターになっていてキャッチーなので、ファンの方で未プレイの方はおすすめです(*´ω`*)


……と、TYBについて語りましたが、以下はBLACK VANNILA(FD)についてさらっとネタバレ感想を書きたいとおもいまーす☆


☆ちなみにTYBに関するネタバレなし記事はこちらになります。








☆二ノ宮悠斗


相変わらずの悠斗様でしたね……!

さすがFD、ちょっと(アレでも)落ち着いてましたね……wwww
なんとなく、プリンセスのフォローによって、だんだんと佐藤、鈴木、田中の三人の姿がちらつかなくなるのが寂しかったり……(笑)

庶民デート、は可愛かったです。
ファミレス、カラオケ、ファーストフードにプリクラ……。
いろんなことを経験して、悠斗様はさらに高みへとのぼられるのですな……(笑)

隠れて「庶民」を学び、プリンセスにいいとこみせようとするところが可愛いです。
「かっこつけない男はだめ」と素敵なバーのマスターがこないだおっしゃっていたのですが、まさに、ですね。

普通は逆だと思うんだけど(無理していいレストランに連れていくとか)、そこは悠斗様。
無理して「高校生らしく」かっこつける悠斗様は見ていて微笑ましかった。
いくら失敗しても、そうして「かっこつけてる」ことがバレて悠斗様が拗ねちゃっても、それをきちんと「私を愛してくれてるからだよね?」と笑顔で受け止めるプリンセスは、やはりプリンセスですね♪

個人的にアナザーのヒーローショーネタが好きです。
ルーシーのやる気ないMC、それにタジタジしちゃう怪人がTYBらしかったです♪


☆ルーシー


ルーシーの世界を守るためにアングラで生きていくか、それともプリンセスの未来のためにメジャーデビューか、……というところで悩むルーシーが、ルーシーらしくないようで真面目で男らしいルーシーらしくて、とっても良かったです。

TYBは若干男性目線、というのが感じられるシナリオなんですよね。
プリンセスの解答は、「もっとも男が欲しがる解答」なんじゃないかな、と思います。

「ルーシーの世界は、もう私の世界でもあるんだよ」

これ以上の殺し文句はありません。
あなたの夢は私の夢だ、なんてね。

現実ではそうもいかないことが多いのでしょうが、「あなたの夢は私の夢だ」と女性に言わせたいなら、それだけの人にならないとね。
そのことをきちんと理解しているルーシーは、ルーシーなりに覚悟を決めて夢に踏み出していく。そんな姿がFDで見られて嬉しかったです(*´ω`*)

……ここまで書いてて思ったわ。
私、ルーシーのおかんか。
フネさんじゃないよ?
磯野だけに。

る、ルーシー……ご、ごめんなさい。

アナザーは相変わらず、池袋のブヒ☆なラーメン屋さんが元気でよかったれす\(^o^)/


☆濱田慎之介


相変わらず、うるさ……。

いえ……(笑)ごほん、ごほん!!

今回の名言は「デビルハマーは生きる術だったんだね……」というプリンセスの一言。

どちらかというと、デビルではないハマーを、もうそれこそ「コレ以上でない!」っていうくらいの母性本能絞りだして包むように愛するハニーちゅわんですが(容赦ないスルーはご愛嬌)、今回はデビルハマーさんの不憫っぷりを知って、ちょっと考えを改めていたところがとっても面白かったです(笑)

あとデビルハマーも、ハマーであることには変わりないんだね。
プリンセスに弱い弱いwwww

ほんと、FDになってますます思いましたけど、ハマーの扱いがむちゃくちゃうまくて、正直ハマーがどうのこうのより、プリンセスに惚れ直しましたね。
お友達からあれだけ「趣味悪イイネ!」と言われようとも、ハマーのめんどくさいストーカー気質が半年たっても抜けなくても、「それもこれも私のため」と笑って愛せるハニーちゃんがステキ!

しかも怒るポイントは押さえてるし!お母さんみたいでカッコイイ!(違う)
あんな感じでも実は奥手なハマーに、積極的に触れ合うハニーちゃんも男前!

ほんと、なんでハマーを選んだんだろう……というルーシーと悠斗様の呟きは、ごもっともですねえ。

(ハマーではない)プリンセスのストーカーを牽制するために、「プリンセスが行方不明」というデマを流し情報操作までしてしまうハマーのイタさは健在&ドタバタ他プリンスが乱入……というところは、ものすごくTYBらしい面白さがあってよかったです(*^^*)

そんな大事件に発展してしまったコレを「ハマーったらまたやっちゃったのね」くらいのノリであっさり受け流せるハニーちゅあん。
そして、「ハマー」という単語を出したとたんにすべてを理解するプリンスたちも、相当ハマーのお友達度が上がってますよねwwww

……うーん♡
愛は盲目なのね(*´Д`)


アナザーも面白かったです☆
ちょこっと本編バッドエンドを彷彿とさせる感じでしたね!
……ギャグだけど。





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。