So-net無料ブログ作成
検索選択

月影の鎖―狂爛モラトリアム― 神楽坂&望月感想 [月影の鎖-錯乱パラノイア-]




月影の鎖FDで、今年は遊び納めでございます。

まず、ゲームの感想より先に、ごあいさつをば。

本年もみなさま、大変お世話になりました……!

いつも作品に対する熱い想いをコメントでぶつけて下さる読者様方をはじめ、今、こうして足をお運び下さる方々皆様に支えられて、当ブログは来年1月で3周年を迎えます。
今年はTwitterを始めたこともあり、拙い記事に対しての暖かい感想や、「それはこういうことではないかい?」という貴重なご意見などを頂く機会も増えまして、本当にありがたい限りでございました。
素敵なブロガーさんたちに仲良くして頂くことも多くなった年で、あかりはとっても幸せでした。
改めて、御礼を申し上げたいと思います(*^^*)

今年の想い出は……そうですねえ。
やはり、しらつゆの怪の発売後、プレイ中の皆々様と、阿鼻叫喚しながらお互いに支え合いながらフルコンプしたことでしょうかww
本当に……楽しかったでございますね……(いろんな意味で)


来年は、個人的な抱負としましてはもうちょっと本読みたい(最近全然読めてない)と思っていたりするのですが、乙女ゲーマー的には、同人ゲームの方にも、もうちょっと手を伸ばしてみたいなあと思っております。
さてどうなることやらやら!

(プレイ予定作品)

図書室のネヴァジスタ THE FOOL
ソラユメ portable
ジュエリックナイトメア
-8
参千世界遊戯(R18)

1月~2月は、だいたいこの辺りのどれかかな、という感じです(*^^*)

こんな感じで、3年目もふわふわ続けていきたいと思っておりますので、来年もぜひぜひ、よろしくお願いいたします。ちょっと年末年始はばたばたしておりますので、コメント等お返しが遅くなると思いますが、必ずお返事させて頂きます!!
ツイッターやってるよ!という方は、そちらからでも大歓迎でございます(*^^*)



えーさてさて。
続きまして。

本年ラスト作品になりました、月影の鎖―狂爛モラトリアム―の感想になります。








月影の鎖FD。
皆様きっと同じことを思われたと思います。

……短っ!!!!!!!!

スノーバウンドランド3~4日で終わらせたあかりさん。
おそらく、本気になったら半日だったと思います。
ドットカレシもびっくりです……、きっと。

大井川ルートが若干のボリュームがあるものの、アフター、アナザーはSS並みでしたね。
(スチル1パターンずつしかないしね!)
紅霞市観光案内ルートは、はたして必要なのか……???(笑)

と、言いたいこと満載なのでございますが、もうFDはね、買ったもん負け、みたいなとこあります。

だってー、月鎖の鎖という作品がー、大好きだからー!!!

これで、アナザー、アフターがキャラ変わってたり、破綻してたらちゃぶ台ひっくり返すところなのですが、そこはさすが……だったので、文句は飲み込みます。

飲み込みます……!!!!

しかし、カウントダウンボイスが全部収録されていたり(TAKUYOさんはいつもやってくれますが)ブログや雑誌掲載絵なども入っていたりして、月影ファンにはたまりませんね。
ほんと、紫を基調としたイラストの数々。
美しいです……!
これ、欲を言えば特典CDとか冊子の絵も入れてほしかったなあ……それじゃあ特典じゃないって?
ごもっともです……www


では、以下青年団側(神楽坂&望月)感想になります。
ここからはネタバレですので、いいよ!という方のみお進みくださいませね!

最後になりましたが、重ねて、ただただ遊びに来てくださる皆様に御礼を申し上げたいと思います。


それでは!!
皆様、よいお年を!

来たる年が、これをお読みの皆様にとって良い年でありますように……!!






★神楽坂響

・アフター

前作プレイした後に、「この人のせいでFDは無理なんじゃないか」と思っていたのですが、その短い「生」、そしておそらくその中での「最良の時」を描いたアフターは、胸に迫るものがありましたね。
彼のアフターは、めぐみちゃんが懐妊したことが分かる時のお話です。
真秀くんが、生まれてくる前のお話ですね。

「余命数か月の命」である彼の子を、そのお腹に宿しながら。
そのことを彼に言えないでいる状況で。
めぐみちゃんは「竹取物語」をどのような気持ちで聞いていたのでしょうか。
「律成さんはかぐや姫のようだ」
今、ここにいることが嘘のように、いつかあなたは月へ帰ってしまう。

そんな彼女の逡巡を読み取るかのようにして、ラスト、懐妊の事実を知った律成がとてもうれしそうに子供について語るシーン、お腹を撫でる記述はとても美しかったです。

この想いだけで、生きていける。
あなたと私の子供を、この想いだけで育てていける。
そんな、めぐみちゃんの幸福感と決意が、じんわりとくるアフターでした。

律成さんの「懐妊しているのか」という言い方が、とても柔らかく、すこし呆れたような感じの声だったのが素敵でしたね……。

飾らない「音羽律成」という人の魅力が描かれていた、素敵なお話でした。



・アナザー

こちらは、もし「螢さんが亡くなった直後(神楽坂が残月島に来た直後)に出会っていたら」というお話。

このお話では、旅人と地元の人、という距離感で2人は出会います。
その姿のせいでどこも宿をとれない神楽坂を家に招き入れたことをきっかけに、兄の長期留守中に不安定なめぐみと家を預かった神楽坂に、めぐみちゃんが恋愛感情を芽生えさせていく、という感じなのですが……。

神楽坂さんよりも、兄ちゃんの方にいろいろと闇が垣間見えるのは私だけでしょうか(笑)


大井川ルートの感想でだらだら言いたいのですが……ほんっと、兄ちゃん、苦しんでるんだなあと、ちょっと私まで苦しくなりました。
こうして、際限なく依存させてやりたい気持ちと、家に縛らず自立させてやりたい気持ちとの葛藤→逃げ、を幾度繰り返してきたのでしょうね、この人は……。

って、神楽坂さんの話だった。

こちらは神楽坂さんの性格上、「恋愛」とは違うような感じはしますね。
穿った見方かもしれませんが。

めぐみちゃんの「異常な精神状態での恋愛感情」を、非常にニュートラルに捉えた上で利用する彼は素敵だと思います。

「憧れの人からのキス」という「まじない」で、彼女の世界に色がつく。
もちろん、まんざらでもないのでしょうけれども、そうして「彼女の世界」と「月の畔」を結び付けてやることこそが彼の目的。そこまで深い感情はおそらくこの時にはないのではないかな、と思ったりしちゃいました。

そういうところから、崩される恋、というのも素敵ですよね。
さすが大人。
これでこそ、神楽坂さんにしか出来ない「大人な恋」だなあと思いました。


★望月理也

・アフター

一筋縄ではいかない萌えが詰まっていましたね……!!!

本編ではキススチルすらなかった彼の「戯れ」に、うっとり。
めぐみちゃんの傍でだけは、「こうでありたい」と願う自分を脱ぎ捨てられるんだなあということが、ものすごく表現されたアフターだったように思います。

あなたが好きだといったから、月に関する本を読んだと告げる。
ひょうずだんごを2人で食し、手が汚れる彼女を見る。
魔が差してその手を舐めあげる。
心底困惑した彼女に被虐心を煽られて、「冗談」だけど少し本気で港の木箱で押し倒す。

あなたは月で、私を狂わせる。
なんて理由はすごく乙女ゲ的「言い訳」なのですが、私がものすごくパンチを食らったのは、次の一言です。
なぜこんなことをするのか、とめぐみちゃんに問われ、仕返しをと思いまして、という言葉に続く、理也くんの言葉。

「あなたに思い余られた時の話ですよ?」

めぐみちゃんが、本編で彼との関係を迫った「あの時」を「思い余られる」と表現する美しさ。
さらに追い打ちをかけるのは。

「外、ってどう思います?」

……絶対に、理也くんの性格的に「外」でできるわけない、って分かっていても、声色とスチルの色気にね、若干の本気が伺い知れて、ものすごくときめきました。

理也くんの良さはやはり「すべてを語らない」ところですよね。
彼が口にする、その先を想像して、うっとりしてしまいます。

「また機会がありましたら……」ぜひ、理也くんのストーリーを読みたいものです……!!


・アナザー

こちらは、めぐみちゃんと出会うのが「商店街と決裂した」あの瞬間だったら、の話ですね。
厳密には微妙に違うけれども。
これを見てしまうと、めぐみちゃんとの出会いが、望月理也という人にも少なからず影響していたからこその本編なのだなあと感慨深いものがありました。

めぐみちゃんという月に理也くんという太陽が浸食されていく様子が、なんともいえず素敵でしたね……!!彼女という人は、闇を暴き立てるのがとても上手い。
ひたひたと忍び寄る影のように、理也くんを優しく包むようにして食い殺していく感じにくらくらしました。

軍によって完全制圧されてしまう残月島。
圧倒的な武力によって支配された島で、ただ燃え尽きる理也くん。
「こんな役立たずは連れていく価値すらない」と軍に連行すらされないまま。
島は完全に孤立し、たった一人の家族である兄の安否もわからない。
ただ虚ろな瞳で、感情のない声で呼びながら、私だけを求める彼を慰める日々。
鬼灯を噛み、嚥下して。あなたと共にもがきたいと告げる。

すべて失ってしまったけれども。
私には一番素敵なものが残った。
私の首筋に歯を立てながら。
責めてほしいのか、赦されたいのか。
彼はただ、ただ苦しそうに私を詰る。
あなたの嫌いな鬼灯の味を、言葉の代わりに口移す。
すると、あなたはぽつりとつぶやいた。

「これが俺の本質だった」

もう、いろいろと……ぞっとしてしまいましてですね……。
「狂爛モラトリアム」とは、彼のことだったのかと。


また深読みなのかどうかはわかりませんが「子供をおろす」ために使われた鬼灯を口に含み、彼を抱きしめる、という行為は……と思うとですね……もうですね……私はですね……。

PSPを凝視しながら、獣のように唸りました(笑)
わあああん!語りつくせない、の、です!!!

ただただ、私は望月理也という人が好きなのだなあと実感いたしました(笑)





nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

どらごん

年末の忙しい中、お邪魔します!今年最後の子とメントになりますねw

まずひとつ宣言します。
理也君「あなたに思い余られた時の話ですよ?」
(●Д●)ごくり・・・
・・・2014年、月影の鎖、やります(宣言)だってやっぱりあかりさんの感想見たら・・・見たら・・・外見もどんぴしゃですし・・・おすし・・・欲しくなります!だめです!買います!後いい加減華アワセ1買わなければ!2でる前に!忙しい!やった!(歓喜

そしてジェエナイについて。良くも悪くもオトメイトさんのゲームですねー。展開的にも、キャラ的にも。主人公が悩み解決のきっかけになる感じのもので、キャラにひねくれまくりを期待してしまった自分は肩透かしをくらってしまいました・・・。いや、うん、しょうがない・・・。まだ何人か残っているので年始は頑張ります!でもクズ石はその・・・えっと・・・、ファンディスクに期待ですよね!(笑顔)彼のために買いますよ、ええ、きっとでますとも(願望

最後にびずろぐ、久々に買いました。なんかカラフルでいっぱい情報つまってたのでくらくらしましたw目が滑るwwwなぜwww
とりあえずハートの国のアリス、また絵がちょっとかわりましたかね・・・?前のアリスが幼すぎたからちょっと大人目になりましたかね・・・?双子、ああ・・・これですね・・・ええー・・・。ど、どうしましょう、買う・・・でしょうか、どうでしょうか。
とりあえずクインロゼさんのページ多くなりましたねー、昔と比べると。逆にいうとすごいペースでゲームだしてきてるってことなんですね・・・(遠い目
ううーん、わけがわからなくなってきたぞ・・・。

というわけで、ささーっと今年の感想を全て書いたところで、紅白見てきます←
年末気分を味わうために。さらーっと・・・。
あ、後ですね、PSPがやばいです。なにも押してないのにホーム画面に戻りますか案内がでます。どうしましょうか・・・vitaの時代がくるにしろ、PSPは必要ですし・・・。vita、いつか買わなきゃいけない乙女ゲー時代がくるんでしょうねぇ。

ではでは、よいお年を!また来年!
by どらごん (2013-12-31 20:28) 

あかり



>どらごんさん

こちらからは2014年初コメントとなってしまいすみませんでしたー!!
どらごんさんあけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたしますね♪
うふふ♪

理也くん!!いいですよ……!!!(ごくっ)
ぜひ、どらごんさんが月影プレイされる日をお待ちしております……!
あ、あと華アワセもね……!
いいですよお……失恋萌え、といいますかねえ……www

おっ!
ジュエナイお疲れ様?です?!!

なかなかフォロワー様やお友達の間では面白いと評判なので、私も近々プレイしてみる予定であります!
なんか文章が、文学的とか?

キャラはあんまり凝ってない、んですかね。
うーん、まあオトメイトさんだからなあ、ちょっと優等生なところはありますよね、きっと……!
おそらく新年最初のプレイはジュエナイになる予定なので、また感想書いたら見てやってくださいませ!
私は泉翠さんが気になっておりますのよ!

あービズログ!
そうですねえ……ロゼさんのページ増えましたよね……。
びっくりするほどゲーム出てますもんね。
私もあれにはいつも驚くといいますか……。

ツインワールドは、私ももしかしたら、か、わないかも、しれません(笑)
どうしよう、ハトアリが原点だったはず、な、のに。

……最近、あんまりアリスに魅力を感じなくなってきてww
ダイヤはまあ、面白かったから、いつかはやりたいと思うんですけどね。

PSP!?
私もそれありましたよ、GE2やってる時。
でも他のゲームだと全く大丈夫なんですけど……もしかしたらソフトとの相性かも???

それでは!
今年もぜひよろしくお願いいたしますねーん!(*´ω`*)

いつもコメントありがとうございます!
嬉しいです♪



by あかり (2014-01-07 21:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。