So-net無料ブログ作成

Vitamin R 総評 [Vitamin R]







VitaminR (通常版)

VitaminR (通常版)

  • 出版社/メーカー: D3PUBLISHER
  • メディア: Video Game








① シナリオ ☆☆☆☆


乙女ゲームとしては、微糖かもしれませんが、教師と生徒が着実に信頼関係を築いていく様子がしっかりと描かれているストーリー構成、流れはとても素敵でした。
W6メンバーそれぞれ、ストーリー展開がかなり違い、テーマにしているもの、乗り越えるべきものも変わってくるので、そこもとても好感が持てました。

笑える部分はノリを大事に、W6と先生たちの絆を描くシーンはきちんとシリアスに。

全体的にライトにまとめつつも、テンポとメリハリを意識して作られたシナリオはとても面白かったです。
vitaminシリーズ初プレイなので、この「ツッコミどころ」を織り交ぜたテキストはとても新鮮でした。Rからプレイでも全然問題なかったです。ちらちら細かいネタが仕掛けられているようなので、シリーズプレイするともっと楽しめるのかもしれませんね!


② スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆


久しぶりに前田さんキャラデザのゲームをプレイしましたが、若干……キラキラ度アップした気がするのは私だけでしょうか……?
独特のスタイリッシュさは残しつつ、若干顔つきが柔らかくなっていたり、きれいめになっている気がしました。
スチルに関しては若干似たような感じが多かったような気がしますが、リジェット独特のCGクリック機能があったり、お家芸の水着シーンがあったり、お楽しみ満載でした。

個人的に一番素敵だったのは、楽器を演奏している立ち絵(キャラ絵)です。
悪ガキの彼らだけど、音楽を演奏することにおいては天才、というのがすごく表現されたカッコイイ絵でした……!


③ キャラクター ☆☆☆☆☆


W6、L6、自称ライバル黒部くんに、音楽のカミサマたち。
みんなみんな魅力的なキャラクターでとっても素敵でした。
かなりトんだ「特殊能力」やら「ペット」やらが登場するところも、味ですね。ウケを狙うために死角なし、といったところでしょうか(笑)
ガチで面白くて笑える、というよりも、バカらしくてかわいい、という雰囲気が強いキャラクターたちでしたね。見ていてとっても和みました。
特にヒロイン先生の慈愛に満ちた行動の数々に完敗。
ヒロインがとっても器の大きいキャラクターなので、見ていて応援したくなる作品です。


④ システム ☆☆☆☆


テキストを注意深く読み進めながら、ツッコミorスルーをするアクションポイントを見極めるシステムが、シリーズ初プレイの私にはとても新鮮で楽しかったです。(たまにマジボケなのか、ツッコミポイントなのかがわからないところがあったりw)
CGクリックからおまけのキャラクターマニア、チャプターごとにLOVE or STUDYの究極のおまけシナリオ選択、エンドも3種あったりと、ノベル系ADVにしては、ゲーム性もそこそこあり、なかなかやり込める作りになっておりました。


⑤ 作品の完成度 ☆☆☆☆


音楽学校という、そのちょっとお高くとまったイメージを崩しにかかるように仕掛けられた、動物ネタ、サムいギャグやポエム、容赦ないおイタ、先生たちのハイテンションなどが絶妙です。さすが人気シリーズ、他の乙女ゲームとは一味違うなあという印象を受けました。
コメディ路線の作品にも関わらず、シナリオの中身も意外としっかりしていて遊び応え十分でした。

この作品最大の魅力は、やはりキャラクターたちのキャッチーさです。
ヒロイン先生を入れて、癖のある子たちばかり。
まさに天才とバカは紙一重を表現したキャラクターたち(先生を含めて)は本当に素敵でした。

あと、クラシック楽曲をモチーフにして作られているBGMやキャラテーマソングなどがとてもかっこよかったです。サントラ欲しい。

ただ、この楽曲が素晴らしかっただけに、ルートごとのクライマックスシーンの演出、コンクールやオーケストラ曲はもうちょっとこだわってほしかったなあと思いました。
大人の事情はあるのでしょうが……もうひと工夫……!!





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。