So-net無料ブログ作成
検索選択

あさき、ゆめみし 総評 [あさき、ゆめみし]













あさき、ゆめみし おまとめセット

あさき、ゆめみし おまとめセット

  • 出版社/メーカー: 澪(MIO)
  • メディア: DVD-ROM





あさき、ゆめみし



①シナリオ ☆☆☆☆


日本神話や伝承を取り入れた、全体的にまとまったストーリー。
やや、ふわっとしているルートもあれど、きちんと骨の部分があってぶれないので、最後までやればどのルートも理解できる結末であったり、解決法でした。

シリアスとコメディのバランスがちょうどよく、登場人物たちのほんわかした関係、それを表すコメディセンス抜群のダイアローグが楽しめたので高評価です。
なかなかに惨いデッドエンド、戦闘シーンもちょっとハードめだったりするので、その辺りと日常のゆるさのギャップも素敵でした。


血の表現が結構あるので、苦手な方はご注意ください。



②スチル・ヴィジュアル ☆☆


個人的に、ここはもうちょっと頑張れよ、と思います(笑)
澪さんの作品はこれで2作目ですが……やっぱり絵が惜しい……!
嫌いな雰囲気のものではないのですが、もうちょっとスチルにこだわってほしいですね。
あと、ファッションデザインといいますか……(笑)

スチルの背景がモノによってはピンク一色だったり、構図も似たようなものが多い。
ここ一番!のスチルに関してはとても綺麗だったりするから……このバラつが気になりました。
スチルによってキャラクターの顔なども結構違うように思いますし、正直スチルできゅんときたものがなかったですね……。

うーむ。

……辛いかな?



③キャラクター ☆☆☆☆☆


サブキャラクターまで作りこまれていて、とても魅力あふれるキャラクターたちでした。
メインヒーローは、うん?メイン?って感じになっちゃってるのが若干可哀想な気がしましたが、それぞれに抱えている「運命」があって、その運命を自らの手で切り開いていこうとする強さがちゃんとあって、素敵な男の子&男性たちばかりでした。

しかし一番男前なのはヒロイン沙耶ちゃんかもしれません。

特殊な環境で異質なものを持ちながら、どんな時も「守る」ことに一生懸命です。
それがどんな形であれ、どんな結末をもたらしても、自分の中での筋をきちんと通す少女です。そこがものすごく好感がもてました。



④システム ☆☆☆


ロゼさんからの移植なので、R1スキップはもうしょうがないですね(涙)
あと、BGMとボイスのバランスを自分の好みにカスタムするのが非常に厳しい。
おおざっぱな設定しかできないのはちょっとツラかったです。
あと、フルコンプするためには結構周回を重ねないといけないので(しかも結構ルート判定がシビア、ひとつ間違えるとBADいき決定なんてザラです)それを想定したシステムであるべきかなあと思います。
クイックセーブ、ロ―ドは使いにくいし、インストールしてプレイいていても読み込みは遅いです。
しかしPCからの移植なのでこのあたりはしょうがないですね。
きっとPCだともっと快適だったと思うので!



⑤作品の完成度 ☆☆☆☆


伝奇、伝承をうまく取り入れて、現代を舞台にした和風ファンタジー作品。
良作でした。

恋愛に関してはややあっさりしているかなと思いますが、このくらいの甘さである方が作品にはあっている気がしました。
恋愛イベント以外で、攻略キャラ同士やサブキャラクターとのイベントなどもたくさんあるので、それによっていろいろなキャラクターへの理解を深めながら遊べるのも楽しいですね。

多彩なBADENDが用意されているので、BADEND好きさんにもおすすめ。
攻略方法によってはカードゲームも出現したり、称号システムなどもあり、やりこみ要素は十分でした。

BGMもとても合っていましたし、蝶が舞う幻想的なものや、殴られた時のコミカルなエフェクトなど、そういう部分での演出もしっかりなされていて、全体的に非常に満足です!

ほんと、スチルだけが惜しい……です(笑)



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。