So-net無料ブログ作成
検索選択

あさき、ゆめみし 東雲霖&安綱 感想 [あさき、ゆめみし]




というわけで。
あさき、ゆめみし一応、フルコンプでーす(*^^*)

称号コンプはちょっと勘弁してもらいます……。

非常にバランスのとれた良作でした。
戦闘シーン、残虐な殺害シーンなどがあるのでそういうのが苦手……な方には向かないかもしれないのですが、ほんわかした日常会話とのギャップがあって、この温度差がよかったように思います。

非常にストーリーの骨の部分がしっかりしているので、安心してどのルートも遊べました。
ある程度予想が出来る部分もあれど、キャラクターたちの反応がいちいち可愛かったり、愛らしかったりするので、そんなに飽きがこないですね。

なかなかフルコンプには骨が折れましたが……!
なにせBADが多いですね。

さすが「特殊」な血をひくヒロイン。
殺されるわ、死ぬわ……!!(どっかの記憶喪失ヒロインよりある意味惨い)
ノーマルBADが何気に怖いです、一番。
ほとんどが死別ENDなので、BADはほんとツラいですね……!

しかし、とっても遊び応えのある作品でした。

ヒロインの沙耶ちゃんもかっこいーしねー!!

では恒例の萌えキャラランキング

愁一郎>>壱人>高虎>以下同じ

ですかね(笑)

カガチや祇王は可愛いけど……可愛いけども恋愛対象としては見れなかったかな☆
私ぶっちゃけ、虚空は2人以上に好きですww

やっぱ愁ちゃんですね……!( *´艸`)

こんな可愛い29歳……反則。
オマケボイスでも萌え転がりました。……語尾をちょこっとあげて、自信なさそうに答えるとことかが最高に可愛いですね。真剣な言葉やささやきなんかよりも、愁ちゃんはこの「年上なんだけども母性本能をくすぐるダメさ」がとてつもなく可愛いです。

……まあ、リアルだとめんどくさい時もあるだろうけどな……ww
ま、でも、個人的にはこういう人の方が楽かなあとは思いますけどね。

それでは最後!
満を持して攻略可能になりました!
東雲霖&安綱ネタバレ感想です☆











☆東雲霖


沙耶ちゃんにこの依頼をくれる、愁ちゃんと仲良しな謎の情報屋である東雲さん。
冗談なのか、本気なのかわからないことを、独特のふざけた口調でまくしたて、会話自体に意味をなくしてしまうような人です。
変態発言、奇抜な行動が多いので、みんなからは変態、変態と言われていますが、それは「親愛」の裏返し。
そんな風に、中心ではないけれども、どこか輪の中でみんなを一歩引いて見守っています。

そんな彼が主役になるストーリー。
あさき、ゆめみしのラストにふさわしいエンドが用意されていて、ずるいぞコノヤロな人ですね。

まあそりゃそうか。だって霖たんは。

カミサマだからー!!!

むかーしむかーしのナオヒである、千方の時代からいる神なんですね。
しかし、なんの役目も持たずに生まれてきてしまったカミサマ。
神なので死ぬことも許されず、永久に近い時を生かされるわけです。

そんなカミサマは千方に出会います。
そして彼女と過ごすうちに「霖」という名前をもらい、「母親」的な愛情を知ります。
しかし、千方は他ルートでもあるように、退魔のものを裏切ったとして、鬼に堕とされ屍となってもまだ、紫文の「必要悪」として時代ごとに呼び出される道具と成り果てています。

そんな千方を、幾千の夜を超えて忘れようとしても、忘れられない。
さらに千方だけでなく、大切な人を失うことを何度も経験してきた霖は、次第に「傍観者」でいることを決めます。

自分が傷つかないように。
もう愛するものに置いて逝かれることがないように。
だから、彼は沙耶ちゃんを「好きにならないように」拒絶します。

そういうところから始まる霖たんルートですが。

こういうキャラは設定がずるいよね、といつも思います(笑)
私は個人的に「傷つきたくないから近寄らないでくれ」というキャラよりも、「傷ついてもいいから破滅してもいいから愛したい」というキャラの方が好きなので、アレなのですがね。

でも、わかる気がします。
霖はカミサマだけれども、永遠の時を生きる「人間」に変わりない。
自分が死ぬのと、愛する人がみな死んでこの世からいなくなるのとでは、どちらが絶望的なのでしょうか。

きっと。霖の心はこうして死んでいったのだと思いましたね。
冷たい瞳をする、と愁ちゃんがどこかで言っていましたが、それは冷たいのではなく、色がないというような、そんな感じなんじゃないかなと思います。

どんな色も、うつさないように。
そんな眼鏡ごしの瞳には、沙耶ちゃんはまぶしすぎたのでしょうね……!

いやはや参りました。
「君の子孫たちと楽しくつかず離れず生きていきたいから、俺より愁ちゃんを選びなさいな」というようなことをいう霖に。

「それなら、東雲さんの子供、孫でいいじゃないですか!」

と、子供つくりたい宣言をしてしまう沙耶ちゃんの、この男前っぷり……!!!!

霖たんが、か、霞んで見えます……!!
さ、さやさーん!!

どちらかというと、沙耶ちゃんも真っ当に人ではなく「異能の者」なので、カミサマに近い存在ではあるんですよね。
でも、カミサマだとか人だとかそんなのは関係ない。
あなたと一緒に、限られた時でもそばにいたいと思うのはダメなことなのか、と突きつける沙耶ちゃんが素敵でした。

そうだよね。
沙耶ちゃんのいうように、自分の子供の、また子供のその子供の……って見守っていけるってなったら、それはちょっと希望が見えてくるかもしれませんよね。
みんな自分を置いて去って行ってしまうかもしれないけれど(カミサマと人の間にできるのは、カミサマなのか人なのか?)「置いていかれた方」と一緒に泣ける、不幸中の幸いというのもね、あると思うんですよね。

だから東雲さんのこの「距離の置き方」を否定する沙耶ちゃんはかっこいい。
長く生きているからこそ、曇ることもあるんだなあ……って思ってしまうルートでした。

千方様の過去も、壮絶でしたね。
ジャンヌダルク的なイメージ
自分の信念のもとに戦ったのに、「謀反した者」として、しかも夫に殺されてしまうなんて。

そんな千方がこのルート最後では、人や妖を食らう鬼として暴走してしまうところは、霖たんじゃなくても見てられなかったです……(/ω\)

禍神のアヤと太夫の恋についてもしっかり補足してあったわけですが……。
なんだかなあ、です。

「呪う」役目を与えられた神の悲しさ、虚しさでいっぱいのアヤ。
そんな彼女が好きになったのは、人を呪うことで、復讐心だけで立っているような人でした。
愛する男の役に立ちたい一心で、忌み嫌われるはず「呪い」の力を役立てたい、行使したいと思うのは、皮肉にも非常に人間的な心理だなあと思いました。

こういう非常に人間くさい動機であったり感情が、すべての根底にあるところがこの作品はとっても素敵ですね。

最終的には千方を祓い、結界を薙羽哉と張りなおしてハッピーエンド。
(やっとここまできてわかりました。薙羽哉と力を二分割することで命をまるごとささげなくてよくなるってことですね!)

全員攻略後のベストエンドで生まれてきた子にアヤと名付ける二人。
こういうところの「廻り」は絶たないでおく演出はとても綺麗でした……!


☆安綱


……正直、これ必要?????(笑)

薙羽哉ルートとほぼほぼ変わらないからか(相手が安綱に代わるくらいだからか)いまいち、なんにも残ってませんね(笑)

もうちょっとなんかないのかな?
沙耶ちゃんが敢えて安綱に惹かれる理由もいまいちわからずで……。

まあ彼に関しては、ノーマルBADがイイですけどね。
こう、自分の「守るべきもの」を何に変えても守る、という強い意志がね、見えるので。

……なんか、ね。
ヘンゼルとグレーテルの魔女みたいじゃないですか。

何も知らさないままぬくぬくと郷で暮らさせといて。
いよいよヤバくなったら「あなたの命を郷のために捧げてください」なんてさ。
沙耶ちゃんも、裏切られたというよりも「ああやっぱりな」と納得するところがもう……やっぱり歴代のナオヒはどの子も……(号泣)

いくらひとりにはしません私もお供しますっていわれてもさあ……。
いわれてもさあ……(:_;)


でも浜田さんのお声は相変わらず素敵―♪で楽しかったですけど☆



あさき、ゆめみし。
とっても楽しめました♪
澪さんにはこれからも頑張って頂きたいものです……!!


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

サトコ

フルコンプお疲れ様です(*≧∀≦*)/!!
でも、東雲さん…カミサマなの!?カミサマなのΣ( ̄□ ̄;)!?しかも味方だったの!?←(笑)いや、ゲームには色々な神様がいますよね。自分勝手な神様とかはた迷惑な神様とかww

≫こういうキャラは設定がずるいよね、
は、私もあかりさんに同意です。こういうキャラって設定がずるいですよね!本当に!

でも、全編通して沙耶ちゃんが格好良くて男前(女の子に対してそれどうなのwwですが)で素敵だと思いました(*´∇`*)♪芯がしっかりしてると言うか強くて!こういう女の子って素敵ですよね!

ところで、好きなキャラだと愁ちゃんとか高虎くんをよく聞きますが……このゲームのメインヒーローって薙羽哉くんじゃないの(*・∀・*)??とかパケのイラスト見てて思ってたのですが、実際は…??

それでは。長々と感想を失礼致しましたm(__)m
by サトコ (2013-10-04 15:01) 

あかり

>サトコさん

こんばんはー(*^^*)☆
ありがとうございます♪

そうそう、カミサマらしいですwwあ、なんか敵っぽいですよね?(笑)私も若干そう予想しながらプレイしてたんですけど、中立的な立場から、沙耶ちゃんの味方になるって感じでしたね!!
ほんと、ひとくちにカミサマっていってもいろんな神様いますよねー♪

そうそう、設定がずるいですよねえ。
こういう真相とか、ラストを務めるキャラってだいたいこういうオイシイ設定じゃないですか。
霖たんだけは、ベストエンドとグッドエンドが存在するのもうなずけますよね(*'ω'*)

……あれ??ちょっとまって?
メインヒーロー薙羽哉くん、そういえばどこいったのかしら????(笑)

PCで出されたFDも、愁ちゃんと高虎くんのルートしかないという……wwwww
どんだけ薙羽哉くん、空気なのか……。

でも本当に、本ルートでも影薄いですし(古い昔話にそのほとんどを食われているため)他ルートだと結界はるためだけに出てくるくらいだし(笑)なんか可哀想になってきます……(笑)

と!
とにかく!!

ほんと、沙耶ちゃんが素敵な子でした!
サトコさんも好きそうなヒロインちゃんでしたよー♪

いえいえ♪
いつもありがとうございます(*'ω'*)
また遊びにきてくださいませ☆




by あかり (2013-10-04 21:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。